この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DtsPipelineComponentAttribute.UITypeName プロパティ

 

コンポーネントのユーザー インターフェイスを実装するアセンブリの修飾名を取得します。値の設定も可能です。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.PipelineHost (Microsoft.SqlServer.PipelineHost.dll 内)

public string UITypeName { get; set; }

プロパティ値

Type: System.String

IDtsComponentUI インターフェイスを実装している種類の完全修飾名です。

このオプションのプロパティでは、SQL Server または SQL Server Data Tools (SSDT) でコンポーネントを編集する際に表示されるユーザー インターフェイスを指定します。

このプロパティの形式は、次の要素を含むコンマ区切りの文字列です。

  • 種類の名前。

  • アセンブリ名

  • ファイルのバージョン

  • カルチャ

  • パブリック キー トークン

このプロパティで指定した種類名は、IDtsComponentUI インターフェイスを実装します。 グローバル アセンブリ キャッシュ内のユーザー インターフェイス アセンブリのプロパティを調べると見つけられる、Culture パラメーターと PublicKeyToken パラメーターの値です。

次の例は、このプロパティを使用してエディターを指定するコンポーネントを示します。

using System;
using Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Design;
using Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper;
namespace DtsDocumentation
{
   [DtsPipelineComponent(DisplayName="MyComponent",UITypeName="MyNamespace.MyComponentUIClassName,MyAssemblyName,Version=1.0.0.0,Culture=neutral,PublicKeyToken=")]
   public class MyComponent : PipelineComponent
   {
   }
}
[Visual Basic]
Imports System 
Imports Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Design 
Imports Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper 
Namespace DtsDocumentation 

 <DtsPipelineComponent(DisplayName="MyComponent", UITypeName="MyNamespace.MyComponentUIClassName,MyAssemblyName,Version=1.0.0.0,Culture=neutral,PublicKeyToken=")> _ 
 Public Class MyComponent 
 Inherits PipelineComponent 
 End Class 
End Namespace
トップに戻る
表示: