この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

IDTSComponentMetaData100.InputCollection プロパティ

 

コンポーネントの IDTSInput100 オブジェクトのコレクションを取得します。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap (Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap.dll 内)

[DispIdAttribute(102)]
IDTSInputCollection100 InputCollection {
	[DispIdAttribute(102)]
	get;
}

プロパティ値

Type: Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSInputCollection100

コンポーネントの IDTSInputCollection100 コレクションです。

このコレクションには、コンポーネントによって定義される IDTSInput100 オブジェクトが含まれます。 このオブジェクトを使用して、コレクションの入力オブジェクトのアクセス、追加、および削除を実行できます。 コレクションの New メソッドを呼び出すことにより、新しい入力オブジェクトが作成され、コレクションに追加されます。 プログラムでコンポーネントを追加したり、データ フロー タスクの既存のコンポーネントを変更したりする場合は、コレクションを直接変更しないでください。 代わりに、コンポーネントのデザイン時インスタンスのメソッド、CManagedComponentWrapperClass を呼び出してください。

トップに戻る
表示: