この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

IDTSOutput100 インターフェイス

 

グラフの下流コンポーネントで利用できる IDTSOutputColumn100 列のコレクションが含まれます。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap (Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap.dll 内)

[TypeLibTypeAttribute(TypeLibTypeFlags.FDual | TypeLibTypeFlags.FDispatchable)]
[GuidAttribute("1A1504B9-0B44-41A1-A1AC-6918D7B7F41F")]
public interface IDTSOutput100 : IDTSObject100

名前説明
System_CAPS_pubpropertyBuffer

PipelineBuffer オブジェクトに割り当てられる IDTSOutput100 の ID を取得します。

System_CAPS_pubpropertyComponent

IDTSComponentMetaData100 オブジェクトの IDTSOutput100 を取得します。

System_CAPS_pubpropertyCustomPropertyCollection

IDTSCustomProperty100 オブジェクトに定義される IDTSOutput100 オブジェクトのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyDangling

IDTSOutput100 がアタッチされていない可能性があることを、データ フロー エンジンに通知する値を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyDeleteOutputOnPathDetached

データ フロー エンジンが IDTSOutput100 オブジェクトからデタッチされるとき、IDTSPath100 オブジェクトを削除するかどうかを指定する値を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyDescription

IDTSOutput100 オブジェクトの説明を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyErrorOrTruncationOperation

IDTSOutput100 オブジェクトのエラーまたは切り捨て操作を示すテキストを取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyErrorRowDisposition

実行時の出力列の処理中にエラーが発生した場合、コンポーネントがどのように続行されるかを指定する値を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyExclusionGroup

ExclusionGroup オブジェクトの IDTSOutput100 プロパティを取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyExternalMetadataColumnCollection

IDTSExternalMetadataColumnCollection100 オブジェクトの IDTSOutput100 を取得します。

System_CAPS_pubpropertyHasSideEffects

データ フロー コンポーネントの入力が上流コンポーネントにアタッチされておらず、データ フロー タスクの RunInOptimizedMode プロパティが true の場合に、データ フロー コンポーネントをデータ フロー タスクの実行プランから削除するか、または実行プランに残すかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyID

ID オブジェクトの IDTSOutput100 プロパティを取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyIdentificationString

IDTSOutput100 オブジェクトを一意に識別する文字列を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsAttached

IDTSOutput100 オブジェクトが IDTSPath100 オブジェクトを介して別のコンポーネントにアタッチされるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsErrorOut

IDTSOutput100 オブジェクトがエラー出力であるかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyIsSorted

出力オブジェクトの列を並べ替えるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyName

IDTSOutput100 の名前を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyObjectType

DTSObjectType オブジェクトの IDTSOutput100 を取得します。

System_CAPS_pubpropertyOutputColumnCollection

IDTSOutputColumn100 オブジェクトに定義される IDTSOutput100 オブジェクトのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertySynchronousInputID

IDTSInput100 に同期している IDTSOutput100 の ID を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyTruncationRowDisposition

行の列に対する操作の結果、列が切り捨てられた場合にコンポーネントがその行をどのように処理するかを指定する値を取得します。値の設定も可能です。

IDTSOutput100 オブジェクトには、データ フロー コンポーネントによって公開される IDTSOutputColumn100 列のコレクションが含まれます。 出力は、2 つのコンポーネント間のデータ フローを確立するため、下流コンポーネントの IDTSInput100 に接続されます。

出力は IDTSInput100 オブジェクトへの同期または非同期出力とすることができ、SynchronousInputID プロパティで指定します。

出力列コレクション内の列は、下流コンポーネントで利用できます。 列は、デザイン時にコレクションに追加、またはコレクションから削除されます。

次のコード例では、IDTSOutput100 メソッドの呼び出し時に入力に同期している ProvideComponentProperties を作成するコンポーネントを示しています。

public override void ProvideComponentProperties()
{
    IDTSInput100 input = ComponentMetaData.InputCollection.New();
    input.Name = "Input";

    IDTSOutput100 output = ComponentMetaData.OutputCollection.New();
    output.Name = "Output";
    output.SynchronousInputID = input.ID;
}
トップに戻る
表示: