この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

IDTSOutput100.SynchronousInputID プロパティ

 

IDTSInput100 に同期している IDTSOutput100 の ID を取得します。値の設定も可能です。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap (Microsoft.SqlServer.DTSPipelineWrap.dll 内)

[DispIdAttribute(102)]
int SynchronousInputID {
	[DispIdAttribute(102)]
	get;
	[DispIdAttribute(102)]
	set;
}

プロパティ値

Type: System.Int32

IDTSInput100 オブジェクトに同期している IDTSOutput100 オブジェクトの ID です。 既定の ID は 0 です。

SynchronousInputID プロパティが 0 である場合、出力は非同期です。 つまり、コンポーネントの開発者は、ProcessInput メソッドで返される入力バッファーでコンポーネントが受け取る行を、PrimeOutput の際に受け取った出力バッファーに追加する必要があります。

逆に、SynchronousInputIDIDTSInput100 オブジェクトの ID が含まれる場合、PrimeOutput はコンポーネントに対して呼び出されず、データ フロー タスクによってコンポーネントの入力バッファーから出力バッファーに自動的に行が追加されます。

トップに戻る
表示: