この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ForEachEnumerator クラス

 

ForEachLoop で繰り返し処理を行う対象として割り当てられている項目を列挙します。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.ManagedDTS (Microsoft.SqlServer.ManagedDTS.dll 内)


public abstract class ForEachEnumerator : DtsObject, IDTSForEachEnumerator

名前説明
System_CAPS_pubmethodForEachEnumerator()

ForEachEnumerator クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCollectionEnumerator

Boolean ループ列挙子がオブジェクトまたはコレクションのどちらのコレクションを列挙しているのかを示す foreach を取得します。値の設定も可能です。

System_CAPS_pubpropertyTargetServerVersion

System_CAPS_pubpropertyVersion

パッケージのバージョン番号を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

名前説明
System_CAPS_pubmethodCanUpdate(String)

新しいパッケージの XML で古いパッケージの XML を更新できるかどうかを示す Boolean です。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

2 つのオブジェクト インスタンスが等しいかどうかを判断します。(DtsObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator(Connections, VariableDispenser, IDTSInfoEvents, IDTSLogging)

コレクションに対する繰り返し処理で使用するマネージ列挙子 IEnumerator を返します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。(DtsObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitializeForEachEnumerator(Connections, IDTSInfoEvents, ObjectReferenceTracker)

タスクに関連付けられたプロパティを初期化します。 このメソッドはランタイムから呼び出されるメソッドであり、コードでは使用されません。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUpdate(String)

CanUpdatetrue に設定されている場合、このメソッドによって、古いパッケージの XML が新しいパッケージの XML で更新されます。

System_CAPS_pubmethodValidate(Connections, VariableDispenser, IDTSInfoEvents, IDTSLogging)

コンテナーの正常実行を妨げる無効な設定が含まれていないかどうかを確認できます。

このクラスは、MustInherit ループ コレクションに対する列挙子の抽象基本クラス (Visual Basic では foreach) を提供します。 DtsObjectIDTSForEachEnumerator から継承されます。

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: