この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

FunctionNotASmoObjectException クラス

FunctionNotASmoObjectException クラスは、サポートされていないオブジェクトが関数によって検出された場合に発生する例外です。

System.Object
  System.Exception
    Microsoft.SqlServer.Management.Common.SqlServerManagementException
      Microsoft.SqlServer.Management.Dmf.DmfException
        Microsoft.SqlServer.Management.Dmf.FunctionNotASmoObjectException

名前空間:  Microsoft.SqlServer.Management.Dmf
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.Dmf (Microsoft.SqlServer.Dmf.dll)

[SerializableAttribute]
[StrongNameIdentityPermissionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, PublicKey = "0024000004800000940000000602000000240000525341310004000001000100272736ad6e5f9586bac2d531eabc3acc666c2f8ec879fa94f8f7b0327d2ff2ed523448f83c3d5c5dd2dfc7bc99c5286b2c125117bf5cbe242b9d41750732b2bdffe649c6efb8e5526d526fdd130095ecdb7bf210809c6cdad8824faa9ac0310ac3cba2aa0523567b2dfa7fe250b30facbd62d4ec99b94ac47c7d3b28f1f6e4c8")]
public sealed class FunctionNotASmoObjectException : DmfException

FunctionNotASmoObjectException 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッドFunctionNotASmoObjectException() FunctionNotASmoObjectException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFunctionNotASmoObjectException(String)指定されたメッセージ テキストを持つ FunctionNotASmoObjectException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFunctionNotASmoObjectException(String, Exception)指定されたメッセージ テキストと内部例外を持つ ExceptionAlreadyRegisteredException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFunctionNotASmoObjectException(String, String)指定された関数とオブジェクトの型を持つ ExceptionAlreadyRegisteredException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック プロパティData (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティDmfExceptionTypeDMF の例外の種類を取得します。 (DmfException.DmfExceptionType をオーバーライドします。)
パブリック プロパティFunctionName例外に関連付けられている関数の名前を取得します。
パブリック プロパティHelpLink例外のヘルプ リンクを取得します。 (DmfException から継承されています。)
パブリック プロパティHResult (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティInnerException (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティMessage例外に関連付けられたメッセージを取得します。 (Exception.Message をオーバーライドします。)
パブリック プロパティSource (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティStackTrace (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティTargetSite (Exception から継承されています。)
パブリック プロパティTargetType例外に関連付けられているオブジェクトの型を取得します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetBaseException (Exception から継承されています。)
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetObjectDataオブジェクトのシリアル化に必要な情報を設定します。 (Exception.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetType (Exception から継承されています。)
プロテクト メソッドSetHelpContext例外のヘルプ コンテキストを設定します。 (DmfException から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Exception から継承されています。)
先頭に戻る

この名前空間、クラス、またはメンバーは、Microsoft .NET Framework Version 2.0 でのみサポートされています。

スレッド セーフ

この型の public static (Microsoft Visual Basic では Shared) のすべてのメンバーは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: