この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

MissingPropertyException.GetObjectData メソッド

オブジェクトのシリアル化に必要な情報を設定します。

名前空間:  Microsoft.SqlServer.Management.Dmf
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.Dmf (Microsoft.SqlServer.Dmf.dll)

[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Demand, SerializationFormatter = true)]
public override void GetObjectData(
	SerializationInfo info,
	StreamingContext context
)

パラメーター

info
型: System.Runtime.Serialization.SerializationInfo
例外をシリアル化するために必要な情報を示す SerializationInfo 値です。
context
型: System.Runtime.Serialization.StreamingContext
転送元または転送先に関するコンテキスト情報を示す StreamingContext 値です。

実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)
_Exception.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

この名前空間、クラス、またはメンバーは、Microsoft .NET Framework Version 2.0 でのみサポートされています。

コミュニティの追加

追加
表示: