この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

Policy.ConnectionProcessingStartedEventHandler デリゲート

Policy.ConnectionProcessingStartedEventHandler クラスは、接続の処理が開始された場合に発生するイベントを処理するイベント ハンドラーを表します。

名前空間:  Microsoft.SqlServer.Management.Dmf
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.Dmf (Microsoft.SqlServer.Dmf.dll)

public delegate void ConnectionProcessingStartedEventHandler(
	Object sender,
	Policy..::.ConnectionProcessingStartedEventArgs e
)

パラメーター

sender
型: System.Object
イベントのソースを示す Object 値です。
e
型: Microsoft.SqlServer.Management.Dmf.Policy.ConnectionProcessingStartedEventArgs
イベント データを含む Policy.ConnectionProcessingStartedEventHandler オブジェクトです。

この名前空間、クラス、またはメンバーは、Microsoft .NET Framework Version 2.0 でのみサポートされています。

コミュニティの追加

追加
表示: