この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

DuplicateFoundEventArgs クラス

既にローカル ストアに存在する登録済みサーバーまたはサーバー グループをユーザーがインポートしようとしたときに発生するイベントです。

System.Object
  System.EventArgs
    Microsoft.SqlServer.Management.RegisteredServers.DuplicateFoundEventArgs

名前空間:  Microsoft.SqlServer.Management.RegisteredServers
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.Management.RegisteredServers (Microsoft.SqlServer.Management.RegisteredServers.dll)

public class DuplicateFoundEventArgs : EventArgs

DuplicateFoundEventArgs 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッドDuplicateFoundEventArgs既にローカル ストアに存在する登録済みサーバーまたはサーバー グループをユーザーがインポートしようとしたときに、DuplicateFoundEventArgs オブジェクトを初期化します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック プロパティApplyToAllユーザーがすべてのオプションへの適用を以前に指定したかどうかを示すブール値を取得または設定します。
パブリック プロパティCancelユーザーがこの操作の取り消しを要求しているかどうかを示すブール値を取得または設定します。
パブリック プロパティConfirmユーザーがすべてのオプションへの適用を以前に指定した場合に、使用する確認状態を示すブール値を取得または設定します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドFinalize (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetType (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone (Object から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Object から継承されています。)
先頭に戻る

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: