連結演算子

 

適用対象:○SQL Server (2008 以降)×Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse

連結演算子はプラス記号 (+) です。 複数の文字列を&1; つの文字列に結合つまり連結できます。 バイナリ文字列も連結できます。

以下のコードは、製品名とその製品の一意の名前を結合する連結演算子の例です。

WITH MEMBER Measures.ProductName AS   
   Product.Product.CurrentMember.Name + " (" + Product.Product.CurrentMember.UniqueName + ")"  
SELECT   
   {Measures.ProductName} ON COLUMNS,  
   Product.Product.Members ON ROWS  
FROM [Adventure Works]  

連結対象の複数の文字列の照合順序が同じである場合、連結結果の文字列は、入力と同じ照合順序になります。 連結対象の複数の文字列の照合順序が異なる場合、連結結果の文字列の照合順序は、照合優先順位の規則によって決まります。 詳細については、「言語および照合順序 (Analysis Services)」を参照してください。

MDX 演算子リファレンスと( です。MDX と) です。
演算子 ( です。MDX 構文と) です。

コミュニティの追加

追加
表示: