識別子の照合順序

識別子の照合順序は、識別子が定義されているレベルによって異なります。ログイン名やデータベース名など、インスタンスレベルのオブジェクトの識別子には、インスタンスの既定の照合順序が指定されます。テーブル名、ビュー名、列名など、データベース内のオブジェクトの識別子には、データベースの既定の照合順序が指定されます。接続コンテキストが 1 つのデータベースに関連付けられたときに変数、GOTO ラベル、一時ストアド プロシージャ、および一時テーブルを作成し、接続コンテキストを別のデータベースに切り替えたときに、それらを参照することができます。したがって、変数、GOTO ラベル、一時ストアド プロシージャ、および一時テーブルの識別子は、インスタンスの既定の照合順序になります。

コミュニティの追加

追加
表示: