Outlook 2016 for Mac への代理人の追加

 

適用先:Outlook 2016 for Mac

Outlook 2016 for Mac に代理人を追加する方法

Outlook 2016 for Mac アカウントの代理人を割り当てておくと、役に立つ場合があります。代理人は、ユーザーの代わりに電子メール メッセージ、会議出席依頼、および応答を受信したり、それらに対して応答することができます。さらに、Microsoft Exchange Server メールボックス内のアイテムの読み取り、作成、または変更を行う権限を代理人に付与することもできます。

注意 注意:
代理人は、Exchange サーバー アカウントを使用している場合にのみ使用できます。

代理人を追加するには
  1. Outlook 2016 for Mac で、 [ツール] をクリックし、 [アカウント] を選択します。

  2. [アカウント] ウィンドウで、 [詳細設定] をクリックします。

  3. [代理人] タブの [自分の代理人] セクションで、 [+ (プラス)] ボタンをクリックします。

  4. [ひとの選択] ウィンドウで、テキスト ボックスにユーザーの名前を入力し、ユーザーをクリックして、 [追加] をクリックします。

  5. [権限: <ユーザー名>] ウィンドウで、代理人に付与する権限を選択し、 [OK] をクリックしてからもう一度 [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

Outlook for Mac で共有データにアクセスする方法については、「Microsoft サポート技術情報の記事 3040749: Outlook for Mac で共有フォルダーまたはメールボックスを開く方法」を参照してください。

 
表示: