SharePoint Server 2016 で使用されなくなった機能と削除された機能

SharePoint Server 2016
 

適用先:SharePoint Server 2016

トピックの最終更新日:2016-09-16

SharePoint Server 2016 で使用されなくなった機能と削除された機能について

使用できなくなった機能は、製品の以前のバージョンとの互換性を保つよう、SharePoint Server 2016 に含まれています。SharePoint Server 2016 の新しい機能の詳細については、SharePoint Server 2016 の新機能と強化された機能 を参照してください。

以下の機能は、SharePoint Server で使用されなくなったか、削除されました。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP は、SharePoint Server 2016 で展開することはできません。SharePoint Server 2016 に Duet コンポーネントはないので、インストールされません。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint を展開する場合は、SharePoint Server 2013 Enterprise Edition を使用する必要があります。

SharePoint Foundation 2013 は現在も使用可能です。詳細については、「SharePoint Foundation 2013」を参照してください。

以前のリリースの SharePoint Server には、SharePoint の商用エディションで提供されている大部分の中心的な機能およびアーキテクチャの入った SharePoint の無料版である SharePoint Foundation が含まれていました。SharePoint Server 2016 リリースには、SharePoint Foundation が含まれていません。

SharePoint Server 2016 ではスタンドアロンのインストール オプションをサポートしていないため、セットアップ プログラムで使用できなくなりました。インストール時には MinRole 機能を使用し、使用可能なインストール オプションから 1 つを選んでください。開発/テスト/デモをサポートする目的で、すべてを同じコンピューター上にインストールするシングル サーバー ファーム オプションがサポートされています。このオプションを使用する場合は、SQL Server を自分でインストールする必要があり、その後 SharePoint Server 2016 ファーム構成ウィザードを実行します。詳しくは、「SharePoint Server 2016 の新機能と強化された機能」の「MinRole ファーム トポロジ」をご覧ください。

SharePoint の以前のバージョンでは、Active Directory と SharePoint 間の同期のために ForeFront Identity Manager クライアント (FIM) を使用していました。SharePoint Server 2016 では、FIM を同期クライアントとしては使用しなくなりました。既定の処理は、Active Directory インポートです。また、Microsoft Identity Manager 2016 や任意のサード パーティ製のツールなど、任意の同期ツールを使用することもできます。近日中に、ID 同期のために Microsoft Identity Manager 2016 を SharePoint Server 2016 と連携させるように展開して構成するために役立つツールを提供いたします。

Excel Services と、関連するビジネス インテリジェンス機能は、SharePoint Server でホストされなくなりました。Excel Services の機能は Office Online Server (Office Web Apps Server の次のバージョン) の Excel Online の一部として提供されるため、SharePoint ユーザーはそこからサービスを利用できます。詳細については、「Office Online Server が利用できるようになりました」、「Office Online Server」および「Excel Online の管理設定を行います。」を参照してください。

現在、SharePoint 2013 でExcel Services を使用しており、SharePoint Server 2016 にアップグレードする場合は、Excel Services 機能を引き続き使用できるようにするためにさらに Office Online Server を Excel Online と一緒に展開する必要があります。

Excel Services の以下の機能は使用されなくなりました。

  • 信頼できるデータ プロバイダー

  • 信頼できるファイル保存場所

  • 信頼できるデータ接続ライブラリ

  • 無人サービス アカウント

  • Excel ServicesPowerShell コマンドレット

  • SharePoint サーバーの全体管理サイトから Excel ブックを開く機能

次に挙げる Excel Services の機能には、Office Online Server の Excel Online が必要です。

  • ブラウザーでの Excel ブックの表示および編集 (データ モデル付き、または無し)

  • SharePoint 用の Excel Web アクセス パーツ

  • ODC ファイルのサポート (データ接続ライブラリが不要になりました)

  • JavaScript OM、ユーザー定義関数アセンブリ、SOAP プロトコルと REST プロトコルのサポートなどの、プログラミング機能

BI ソリューションに Microsoft SQL Server Power Pivot for SharePoint や Microsoft Power View for SharePoint を SharePoint Server 2016 と共に使用する場合は、SQL Server 2016 RTM の Power Pivot アドインや Power View アドインをインストールする必要があります。SQL Server 2014 (SP1) Power Pivot for SharePoint アドインと Power View for SharePoint アドインは、SharePoint Server 2016 に展開したり使用することはできません。これらのアドインを展開するには、SQL Server 2016 RTM にアップグレードする必要があります。詳しくは、「SharePoint Server 2016 の新機能と強化された機能」をご覧ください。SQL Server 2016 RTM をダウンロードすると、以下のビジネス インテリジェンス機能を SharePoint Server 2016 と共に利用できます。

  • Power Pivot ギャラリー

  • スケジュールされたデータ更新

  • データ ソースとして別のブックのデータ モデルを使用する機能

  • Power View レポート (スタンドアロン、または Excel ブックへの埋め込み)

  • Power View サブスクリプションおよびレポート通知

    Power Pivot 管理ダッシュボード

  • BISM リンクのサポート

タグとメモの機能は、SharePoint Server 2016 では廃止されました。ユーザーは現在も、新しいタグとメモを作成したり、既存のものにアクセスすることができます。ただし、この機能は次のリリースで削除されるため、使用することはお勧めしません。

管理者は Export-SPTagsAndNotesData コマンドレットを使用して、既存のタグとメモをアーカイブできます。

以下のすべての最小要件を満たしていることを確認してください。

  • SQL Server インスタンスに対する securityadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップが必要です。

  • Microsoft PowerShell コマンドレットを実行するサーバーの Administrators グループのメンバーである必要があります。

Export-SPTagsAndNotesData -Site <http://site.contoso.com> -FilePath <tagsandnotes.zip>

指定するパラメータは次のとおりです。

  • <http://site.contoso.com> は、タグとメモをエクスポートする既存の SharePoint ルート サイトの URL です。

  • <tagsandnotes.zip> は、エクスポートする .zip ファイルに付ける名前です。

Work Management Service アプリケーションは SharePoint Server 2016 から削除されました。マイ タスクと、関連する Exchange タスクの同期機能は SharePoint Server 2016 から削除されました。この 2 つの機能は、Work Management Service アプリケーションを必要とします。

コマンド ライン管理タスクを実行するときには Microsoft PowerShell を使用することをお勧めします。Stsadm コマンド ライン ツールは使用されなくなりました (製品の以前のバージョンとの互換性をサポートするために組み込まれています)。

表示: