この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: キャッシュ モード

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

次のオプションを使用して、Exchange メールボックスのローカル コピーを使用するようにユーザーの Outlook プロファイルを構成します。

Exchange キャッシュ モードを構成しない - 既定では、ユーザーのコンピューターのオフラインの Outlook データ ファイル (.ost) にキャッシュするのではなく、Exchange Server コンピューターから Exchange メールボックスにアクセスできます。

Exchange キャッシュ モードを構成する - .ost ファイルを作成するか、既存の .ost ファイルを使用します。ユーザーは各自の Exchange メールボックスのローカル コピーを使用します。

[ Exchange キャッシュ モードを使用する ] チェック ボックスをオンにした場合、次のオプションを使用してユーザーの Exchange キャッシュ モードを構成できます。

  • ヘッダーのみをダウンロードする - ユーザーの Exchange メール ボックスからヘッダーのコピーのみをダウンロードします。

  • ヘッダーに続いてアイテム全体をダウンロードする - ユーザーの Exchange メールボックスからヘッダーのコピーをダウンロードした後に、メッセージのコピーをダウンロードします。

  • アイテム全体をダウンロードする - ユーザーの Exchange メールボックスからメッセージ全体 (ヘッダーとメッセージ本文) のコピーをダウンロードします。

  • 低速回線接続ではヘッダーのみをダウンロードする - 低速ネットワーク接続が検出されたときは、ユーザーの Exchange メールボックスからヘッダーのコピーのみをダウンロードします。

  • メール フォルダー以外の共有フォルダーをダウンロードする - 他のユーザーのメールボックスからメール フォルダー以外の共有フォルダーをダウンロードします。

  • パブリック フォルダーのお気に入りフォルダーをダウンロードする - パブリック フォルダーのお気に入りフォルダーの一覧をダウンロードします。

  • .ost および .oab ファイルの場所をカスタマイズする

    • Outlook データ ファイル (.ost) のパスとファイル名 - オフライン用 Outlook データ ファイルの名前と保存先のパスを指定します。

    • オフライン アドレス帳ファイルの保存先のパス - オフライン アドレス帳ファイルの保存先のパスを指定します。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt461755(v=office.16).aspx
表示: