この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: [レジストリ エントリの追加] ダイアログ ボックス/[レジストリ エントリの変更] ダイアログ ボックス

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

[レジストリ エントリの追加] または [レジストリ エントリの変更] ダイアログ ボックスで、各レジストリ エントリについて次の情報を構成し、[ OK ] を選択します。

  • [ ルート ] リストから追加または変更するエントリを含む分岐を選択します。ユーザーごと (HKEY_CURRENT_USER) またはコンピューターごと (HKEY_LOCAL_MACHINE) に一度、設定が適用されます。レジストリ エントリを HKEY_USERS または HKEY_LOCAL_MACHINE のルートに追加することはできないことに注意してください。

  • [ データ型 ] メニューから追加または変更するレジストリ値のデータ型を選択します。

  • [ キー ] ボックスには、エントリを格納するサブキーの名前を入力します。たとえば、「Software\Microsoft\Office\16.0\Common」と入力します。

  • 値の名前または値のデータが含まれないレジストリ エントリを追加するには、[ 空のキーを作成する ] を選択します。一部の設定は、レジストリ エントリの有無によって決定されます。

  • [ 値の名前 ] に新しいレジストリ エントリの名前を入力します。[ 値データ ] を組み込み、このフィールドを空にした場合、"<Default>" という名前が割り当てられます。1 つのキーで使用できる <Default> 値名は 1 つのみです。

  • [ 値データ ] ボックスに新しいレジストリ エントリに格納する値を入力します。データは、指定したデータ型に一致している必要があります。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt461756(v=office.16).aspx
表示: