この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: ファイル形式について

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

既定のドキュメント形式の選択は、Office の使用方法や、他のプロダクティブ アプリケーションのユーザーとのドキュメントのやり取りに影響する場合があります。ドキュメント形式は、1 つまたは複数のアプリケーションの機能および動作を実現するために開発されました (プロダクティブ アプリケーションの機能や動作は、アプリケーションごとに大きく異なる場合があります)。たとえば、OpenDocument Format (ODF) 形式は、OpenOffice ベースのプロダクティブ スイートの機能および動作を実現するために開発され、OpenXML は Office の機能および動作を実現するために開発されました。Office は現在 ODF をサポートしているため、Office のユーザーは ODF 形式でドキュメントを保存できます。しかし、Office と OpenOffice の機能やその実装は完全に同じではありません。そのため、Office のユーザーが、サポートされていない機能を使用して ODF 形式でドキュメントを保存すると、ドキュメントの書式設定やユーザビリティが変更されたり、場合によっては内容が失われる場合があります。

Excel、PowerPoint、および Word で通常使用される機能の、ODF でのサポートのレベルの詳細については、以下の記事を参照してください。

ODF の詳細については、以下を参照してください。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt461764(v=office.16).aspx
表示: