この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: 設定のエクスポート

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

概要: 既存の Outlook プロファイル設定を PRF ファイルに保存します。

[ プロファイル設定のエクスポート ] を選択します。[ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで、新しい PRF ファイルの名前を入力し、[ 保存 ] を選択します。

メモ メモ:
Outlook PRF ファイルを効率的に作成するには、OCT を使用して選択を行った後、その選択内容を PRF ファイルにエクスポートします。この方法は、Office を展開するときにセットアップ カスタマイズ ファイルを使用しない場合でも有効です。PRF ファイルを編集して、OCT では設定できない項目をカスタマイズできます。たとえば、OCT で示される一覧にない電子メール プロバイダーを追加できます。
 
表示: