この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: Outlook Anywhere

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

[ Outlook Anywhere を構成する ] を選択して [ HTTP を使用して Exchange メールボックスに接続する ] を選択する場合、以下のオプションを構成できます。

  • Exchange 用のプロキシ サーバーへの接続に使用する URL - Outlook Anywhere のプロキシ サーバーのサーバー名 URL を指定します。この名前には http://または https:// は含めないでください。名前を入力すると、指定されている認証設定を基に適切なエントリ (http:// または https://) が自動的にボックスに入力されます。

  • SSL のみを使用して接続する - Secure Sockets Layer だけを使用して接続する場合は、このオプションを選択します。サーバー認証とクライアント認証の両方をサポートする場合は、次のオプションを選択します。

    • SSL 接続時にセッションを相互認証する - このオプションを有効にする場合は、[ プロキシ サーバーのプリンシパル名 ] を入力してください。

  • 高速のネットワークでは、HTTP で接続してから TCP/IP で接続する - 高速のネットワークでは、最初に、既定の LAN (TCP/IP) ではなく、Outlook Anywhere (HTTP) を使用して接続します。

  • 低速のネットワークでは、HTTP で接続してから TCP/IP で接続する - 低速のネットワークで、最初に、既定の LAN (TCP/IP) ではなく、Outlook Anywhere (HTTP) を使用して接続します。

  • Exchange 用のプロキシ サーバーに接続する際の認証方法 - 既定の方法は、パスワード認証 (NTLM) です。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt461738(v=office.16).aspx
表示: