Office カスタマイズ ツール (OCT) のヘルプ: 概要

 

適用先:Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

Office のインストールをカスタマイズするには、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用します。OCT を実行する場合は、新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成するか、既存のファイルを開くかどうかを選択します。新しいファイルを作成する場合は、ネットワークのインストール ポイントで使用可能な製品の一覧が OCT に表示されます。カスタマイズする製品を 1 つ選択する必要があります。OCT を起動するには、コマンド ラインで「 setup.exe /admin 」と入力します。

OCT を使用する際は、Office をカスタマイズしてセットアップ カスタマイズ ファイル (.msp ファイル) にカスタマイズを保存し、ネットワーク インストール ポイントの Updates フォルダーにファイルを配置します。Office のインストール時、セットアップは Updates フォルダーのセットアップ カスタマイズ ファイルを探し、見つかった場合はそれらのカスタマイズを適用します。カスタマイズ ファイルを Updates フォルダー以外の場所に配置した場合は、Setup のコマンド ライン オプション /adminfile でファイルの完全修飾パスを指定できます ( setup.exe /adminfile   \\server_name\share_name\subfolder\custom.msp など)。

メモ メモ:
Updates フォルダー以外のフォルダーをカスタマイズ ファイルに使用している場合は、 SetupUpdates 要素の SUpdateLocation 属性を使用して、Config.xml ファイルに場所を指定できます。

セットアップ カスタマイズ ファイルを使用して既存のインストールを変更することもできます。セットアップ カスタマイズ ファイルは Windows Installer .msp ファイルの拡張形式であるため、ユーザーのコンピューターへのカスタマイズ ファイルの適用は、ソフトウェア更新プログラムの場合と同じように行います。このカスタマイズにより、既存の Office インストールが更新されます。たとえば、一部の機能のインストール状態を [ 使用不可 ] に変更し、生成したカスタマイズ ファイルを Office の既存のインストールに適用すると、それらの機能はユーザーのコンピューターから削除されます。

OCT を使用して既存の .msp カスタマイズ ファイルを変更する場合は、カスタマイズする同じ製品の .msp ファイルを選択することをお勧めします。たとえば、既存の Office Professional Plus 2016 インストールをカスタマイズする場合は、Office Professional Plus 2016 のカスタマイズ .msp ファイルを選択します。

OCT のオプションの中には、Office の新しいインストールにのみ適用されるオプションがあります。たとえば、 INSTALLLOCATION 要素は、ユーザーのコンピューターで Office がインストールされているフォルダーを指定するために使用できます。ただし、カスタマイズ ファイルを既存のインストールに適用した場合、 INSTALLLOCATION 要素は無視されます (インストールの場所を変更するには、Office をアンインストールしてから、再インストールする必要があります)。

OCT を終了する前に、[ ファイル ] メニューの [ 保存 ] をクリックして、セットアップ カスタマイズ ファイルを保存します。

OCT では、次のようなセットアップ カスタマイズ ファイルのインポートがサポートされています。

  • 32 ビット版のセットアップ カスタマイズ ファイルを 64 ビット版の OCT にインポートし、64 ビット版の Office 製品のカスタマイズに使用できます。

  • 64 ビット版のセットアップ カスタマイズ ファイルを 32 ビット版の OCT にインポートし、32 ビット版の Office 製品のカスタマイズに使用できます。

64 ビット版の OCT にインポートされた 32 ビットのセットアップ カスタマイズ ファイルは 64 ビットに変換され、32 ビット版の OCT にインポートされた 64 ビットのセットアップ カスタマイズ ファイルは 32 ビットに変換されます。カスタマイズ ファイルをインポートするには、OCT で [ ファイル ] メニューの [ インポート ] をクリックします。[ ファイルを開く ] ダイアログ ボックスで、変換する .msp ファイルを選択し、[ 開く ] を選択して変換を開始します。

メモ メモ:
カスタマイズ .msp ファイルのインポートは、同等のクロスアーキアテクチャ製品のみを対象としています。32 ビットの Office Professional Plus 2016 .msp カスタマイズ ファイルを、64 ビットの Office Professional Plus 2016 .msp ファイル用の 64 ビット版の OCT にインポートすることはできますが、32 ビットの Word 2016 スタンドアロン カスタマイズ .msp ファイルを、64 ビットの Office Professional Plus 2016 .msp ファイル用の 64 ビット版の OCT にはインポートできません。この操作は実行できず、エラー メッセージが表示されます。
Office 2007 セットアップ カスタマイズ ファイルは Office 2016 の OCT にはインポートできません。

また、インポート機能は、Office 製品 (Office Professional Plus 2016 など) の初期セットアップ カスタマイズ .msp ファイルを作成した後で、製品の言語パックを追加するためにインストールを変更するような場合にも使用できます。この場合はまず、Office 製品のソース ファイルが含まれたネットワーク インストール ポイントに言語パックを追加します。次に、ネットワーク インストール ポイントのルートから OCT を実行し、同じ製品用の新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成し、製品 (この例では Office Professional Plus 2016) 用に前に作成した元のカスタマイズ .msp ファイルをインポートします。.msp ファイルをインポートするには、OCT で [ ファイル ] メニューの [ インポート ] を選択します。[ 開く ] ダイアログ ボックスで、前に作成した、更新するカスタマイズ .msp ファイルを選択します。[ ファイル ] メニューの [ 名前を付けて保存 ] を選択します。.msp ファイルに一意の名前を付け、[ 保存 ] を選択します。前に作成したカスタマイズ .msp ファイルを OCT にインポートすることで, .msp ファイルが更新され、追加した言語が含まれるようになります。

 
表示: