Visio 2016 – 管理者向け展開ガイド

 

適用先:Visio Pro for Office 365, Visio Professional 2016, Visio Standard 2016

概要: Visio 2016 (Visio Pro for Office 365 を含みます) を組織内のユーザーに展開する方法の概要を管理者向けに説明します。

組織内のユーザーに Visio 2016 を展開する方法は、購入した Visio のバージョンによって異なります。組織においてユーザーのコンピューターに Visio をインストールする最も一般的な方法を以下に示します。

  • Visio Pro for Office 365 (Office 365 のサブスクリプションとして利用できます)。

  • Visio Professional 2016 または Visio Standard 2016 (ボリューム ライセンス契約の一部として利用できます)。

展開前に、組織内のユーザーに展開する予定の Visio のバージョンのシステム要件を確認してください。

重要 重要:
同じコンピューター上にインストールできない Office、Visio、および Project のいくつかの組み合わせがあります。詳細については、「同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ」をご覧ください。

組織内のユーザーに Visio Pro for Office 365 を展開するための一般的な手順を次に示します。

  1. Visio Pro for Office 365 を、Visio の各ユーザー用に十分な数のライセンスとともに購入します。

  2. Office 365 にサインインし、それぞれのユーザーに対して Visio Pro for Office 365 のライセンスを割り当てます。

  3. ユーザーが Office 365 にサインインし、Office 365 ポータル の [ソフトウェア] セクションから Visio をインストールするようにします。Visio をコンピューター上にインストールするには、ユーザーはローカル管理者でなければなりません。

ユーザーに対する Visio の展開方法をより細かく制御する場合には、代わりに以下を実行できます。

ユーザーへのソフトウェアの展開にすでに System Center Configuration Manager などの他のツールを使用している場合には、それらのツールと Office 展開ツール を併用して Visio を展開できます。

組織内のユーザーに Visio Professional 2016 または Visio Standard 2016 を展開する一般的な手順を以下に示します。

  1. ボリューム ライセンス契約の一部として Visio 2016 を購入します。

  2. 使用するバージョンの Visio 2016 をボリューム ライセンス サービス センターからダウンロードします。

  3. Visio のインストール時にユーザー設定を構成する場合、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用できます。

  4. Visio 2016 をユーザーに展開します。たとえば、ローカル ネットワーク上のネットワーク共有から Visio のインストールを実行するスクリプトをユーザーに送信できます。

ユーザーへのソフトウェアの展開にすでに System Center Configuration Manager などの他のツールを使用している場合には、それらのツールと Office カスタマイズ ツール (OCT) を併用して Visio を展開できます。

メモ メモ:
Office カスタマイズ ツール (OCT) は、ボリューム ライセンス契約の一部として購入したバージョンの Visio 2016 でのみ利用可能です。製品版の Visio 2016 (小売店やオンラインで購入したバージョンなど) で OCT を使用することはできません。

Visio インストールに特定のユーザー設定を指定して保守する場合、Office 2016 グループ ポリシー管理用テンプレート (ADMX/ADML) ファイルをダウンロードし、そのファイルを使用してグループ ポリシー設定を構成できます。グループ ポリシーは、ドメインに参加しているコンピューターでのみ使用できます。

同じグループ ポリシー設定を、Visio Pro for Office 365、Visio Professional 2016、Visio Standard 2016 で使用できます。

ユーザーが Visio での作業を開始するにあたって参照できる、以下のリソースがあります。

 
表示: