サーバーの構成完了時の選択

[このトピックはプレリリースのドキュメントであり、今後のリリース時に変更される可能性があります。]  

適用先:SharePoint Server 2016 Preview

セットアップ ウィザードが以下の処理を完了しました。

  • ソフトウェアの前提条件の検証。

  • 必要なファイルのインストール。

  • すべてのコンポーネントとサービスのインストール。

次に SharePoint 製品構成ウィザード を実行する必要があります。構成ウィザードでは、1 回だけ実行するタイプのすべてのアクティビティが構成され、サービスが構成されます。構成ウィザードが終了した後は、以下の SharePoint の構成を開始できます。

  • サーバーの役割の構成。

  • サービスの有効化と無効化。

  • 特定のコンピューターの役割の詳細情報の収集。

  • その他の必要な構成の実行。

セットアップ ウィザードの完了時に構成ウィザードを実行できます。さらに構成情報を収集する必要がある場合は、後で構成ウィザードを実行することもできます。

セットアップ ウィザード完了時に SharePoint 製品構成ウィザードを実行する
  1. [SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] をオンにし、[閉じる] をクリックします。構成ウィザードが自動的に開始されます。

構成ウィザードを後で実行するには、[SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] チェックボックスをオフにして [閉じる] をクリックします。構成ウィザードを実行する準備ができたら、「方法: SharePoint 製品構成ウィザードを開始する」の手順を実行します。

エラーが発生すると、セットアップ処理は完了せず、セットアップのログ ファイルにエラーが記録されます。セットアップのログ ファイルは、セットアップを実行しているユーザー アカウントの一時ディレクトリ (%USERTEMP% または %WINDIR%\Users\ユーザー アカウント\AppData\Local\Temp) に保存され、SharePoint Server Setup (YYYYMMDDHHMMSSrandomnumber).log という名前が付けられます。ファイル名の YYYYMMDD は日付、HHMMSS は時刻 (24 時間形式の時間、分、秒、ミリ秒) を表し、乱数はセットアップ プログラムが同時に実行された場合の区別に使用されます。ログ ファイルでエラー メッセージが確認できます。エラーが発生した原因がわかったら、問題に対処してからセットアップを再実行できます。

メモメモ:
削除処理中に処理が失敗した場合の情報については、「削除中の構成失敗」を参照してください。
 
表示: