リストから除外のポータルを使って、Office 365 の受信拒否リストから自分自身を削除する

Exchange Online
 

トピックの最終更新日:2016-04-18

Office 365 にメール アドレスがある受信者にメールを送信しようとするときに、エラー メッセージが返される場合があります。エラー メッセージを受信しないようにするには、リストから除外のポータルを使って、Office 365 の受信拒否リストから自分自身を削除します。

Microsoft は、受信拒否リストを使って、スパム、スプーフィング、フィッシング攻撃からお客様を保護しています。お客様のメール サーバーの IP アドレス、つまりお客様のメール サーバーがインターネット上でそれ自身を識別するために使うアドレスが、さまざまな理由によって Office 365 への潜在的な脅威としてタグ付けされる場合があります。Office 365 がその IP アドレスを受信拒否リストに追加すると、それ以降、データセンターを介してその IP アドレスと他のユーザーはまったく通信できなくなります。

メール メッセージに対して、次のようなエラーが含まれた応答を受信する場合、お客様は受信拒否リストに追加されています。

550 5.7.606-649 アクセスが拒否されました。IP [IP address] の送信が禁止されています。このリストからの削除を希望する場合、https://sender.office.com/ にアクセスして、記載された指示に従ってください。詳しくは、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=526653 をご覧ください。

ここで、IP address は、メール サーバーを稼働しているコンピューターの IP アドレスです。

Office 365 のリストから除外のポータルを使って、受信拒否リストから自分自身を除外するには
  1. Web ブラウザーで、https://sender.office.com に移動します。

  2. ページ上の指示に従います。エラー メッセージを受信したメール アドレス、エラー メッセージで特定されている IP アドレスを使っていることを確認してください。1 回のアクセスにつき、1 つのメール アドレス、1 つの IP アドレスのみ入力できます。

  3. [保存] をクリックします。

    ポータルは、指定したメール アドレスにメールを送信します。次のようなメールです。

    Delist ポータルを通して要求を送信したときに受信した電子メールのスクリーン ショット
  4. リストから除外のポータルから受信したメールの中にある確認のリンクをクリックします。

    これで、リストから除外のポータルに戻ります。

  5. リストから除外のポータルで [IP をリストから除外] をクリックします。

    IP アドレスが受信拒否リストから削除されると、その IP アドレスからのメール メッセージが、Office 365 を使用する受信者に配信されるようになります。その IP アドレスから送信されるメールに不正や悪意のある内容が含まれていないことを確認してください。そのような内容が含まれていると、IP アドレスが再びブロックされる可能性があります。

 
表示: