Office 2016 for Windows での変更点

 

適用先:Office 2016

概要: Office 2013 のリリース以降で変更または削除された Office 2016 の機能に関する情報を、管理者に提供します。

対象ユーザー: 組織において Office を展開および管理する管理者

次の各表は、Office 2016 for Windows のアプリケーションで変更または削除された機能を示しています。

対象のアプリケーションは、AccessExcelOneNoteOutlookPowerPointPublisher、および Word です。Office スイートの表は、いくつかのアプリまたはすべてのアプリから変更または削除された機能の一覧です。

Office 2016 の新しい機能に関する情報をお探しの場合は、「Office 2016 のエンドユーザー向けの学習用リソース」を参照してください。

以下の表は、Office 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

クリップ アート

Office.com クリップアートおよび画像ライブラリが削除されました。

現在 Bing Images が提供するクリップアート

オンラインの画像やクリップ アートをファイルに追加する

ドキュメント情報パネル

ドキュメント情報パネルが削除されました。

Office 2016 のドキュメント情報パネルの場所

EPS 画像

EPS ファイル形式を使用する画像を挿入する機能はサポートされなくなりました。

EPS ファイル形式を使用する画像を含む Office ファイルがある場合は、画像は赤い X 印のプレースホルダーに置き換えられます。

Office for Windows では、EPS 画像はサポートされなくなりました

数式エディター

Microsoft 数式エディター 3.0 は Office 2016 ではサポートされていません。

Office 2016 の数式を作成または編集するには、何もインストールする必要はありません。 [挿入] > [式] を選択するだけです。詳細については、「数式を入力する」を参照してください。

ローカライズされた言語

ユーザーが特定の言語で Office ユーザー インターフェイスを表示できる言語パックは、次の言語では使用できなくなりました。

  • 中央クルド語

  • ハウサ語 (ラテン)

  • イボ語

  • isiXhosa

  • isiZulu

  • キチェ語

  • キニヤルワンダ語

  • パンジャブ語 (アラビア)

  • セソト サ レボア語

  • セツワナ語 (南アフリカ)

  • タジク語

  • ティグリニア語

  • ウォロフ語

  • ヨルバ語

校正ツールは次の言語で引き続き使用できます。

  • ハウサ語 (ラテン)

  • イボ語

  • isiXhosa

  • isiZulu

  • キニヤルワンダ語

  • セソト サ レボア語

  • セツワナ語 (南アフリカ)

  • ウォロフ語

  • ヨルバ語

詳細については、「Office 2016 言語アクセサリ パック」を参照してください。

テーマ

Office テーマでは次の点が変更されました。

  • 淡い灰色のテーマが削除されました。

  • 濃い灰色のテーマが更新されました。

  • 黒のテーマが追加されました。

黒のテーマは Office 365 サブスクライバーでのみ使用できます。

バージョン情報

[ファイル] > [アカウント] > [ application name に関する情報] で表示されるバージョン情報に、アプリケーションの .exe ファイルに関するバージョン情報が表示されなくなりました。

これは Windows インストーラー (MSI) のバージョンの Office 2016 のみに適用されます。

表示されるバージョン番号は、Mso20win32client.dll ファイルのバージョン番号です。

以下の表は、Access 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

Web アプリ

現在 Microsoft では、SharePoint での Access Web アプリケーションの作成や使用は推奨していません。

この機能は、SharePoint Server では 10 年後に、Office 365 では 1 年後に廃止されます。

SharePoint の Access Services の更新のロードマップ

Access アプリと Access デスクトップ データベースのどちらを作成する必要がありますか?

以下の表は、Excel 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

Azure Marketplace コネクタ

次のオプションは、リボンから削除されており、使用できなくなりました。

  • [データ] > [外部データの取り込み] > [その他のソースから] > [Windows Azure Marketplace から]

  • [データ] > [データの取り込み] > [Azure から] > [Azure Marketplace から]

Azure Marketplace からのデータ サービスは使用できなくなりました。

Power View

[Power View] ボタンが、リボンの [挿入] > [レポート] から削除されました。

Excel の Power View のロードマップ

Power View を引き続き使用する場合は、これらの手順 を実行して、Power View を有効にすることができます。

以下の表は、OneNote 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

スキャンした画像

[スキャンした画像] ボタンが、リボンの [挿入] > [画像] から削除されました。

スキャンした画像をスキャナーから挿入する機能はサポートされなくなりました。

他のオプションについては、「スキャンした画像を Windows 版 OneNote 2016 に挿入するにはどのようにすればよいですか?」を参照してください。

以下の表は、Outlook 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

自動検出

Outlook 2016 では、自動検出の構成が必要です。構成しないと、Exchange Server に接続できません。

Outlook 2016 は、Exchange Server の接続設定をレジストリからではなく自動検出から直接取得して、プロファイルの信頼性を高めます。このため自動検出も必須の機能になります。

マイクロソフト サポート技術情報 (KB) の記事 3098831

Exchange キャッシュ モードの同期スライダー

オフラインで Exchange キャッシュ モードを使用して作業している場合、メールの保持期間には新しい 3 つのオプションがあります。

  • 3 日間

  • 1 週間

  • 2 週間

オフラインで保持するメールの数を変更する

Exchange Server サポート

Outlook 2016 は、Exchange Server 2007 への接続をサポートしていません。

マイクロソフト サポート技術情報 (KB) の記事 3093039

Outlook Social Connector

LinkedIn、Facebook、および他のソーシャル メディア サイトへのアクセスは削除されました。

場合によっては、そうしたソーシャル サイトにより、ユーザーがそのサイトの代わりに使用することのできる Office アドイン ソリューションが作成されていることもあります。その他のソリューションについては、「Office ストア」にアクセスしてください。

Outlook でソーシャル ネットワークに接続できますか

人物情報ウィンドウ

[人物情報ウィンドウ] は既定ではオフになっています。

また、[アカウントの設定] オプションも削除されました。

メッセージを読むときに [人物情報ウィンドウ] を表示するには、 [表示] > [人物情報ウィンドウ] の順に移動し、 [標準] または [最小化] を選択します。

PRF ファイル

Exchange Server アカウントを構成するための PRF ファイルはサポートされなくなりました。

自動検出を使用すると、アカウントはアカウント ウィザードで自動的に構成されます。

以下の表は、PowerPoint 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

HTML ファイル

HTML ファイルを開くことはサポートされなくなりました。

[すべての Web ページ] 選択肢は、 [ファイル] > [開く] ダイアログ ボックスから削除されました。

以下の表は、Publisher 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

リアルタイム プレビュー

書式変更の効果をプレビューする機能は削除されました。

[リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする] オプションは、 [ファイル] > [オプション] > [全般] > [ユーザー インターフェイス オプション] から削除されました。

リアルタイムのプレビューは、バージョン 1606 (ビルド 7070.2022) 以降で削除されています。

以下の表は、Word 2016 で変更または削除された機能の一覧です。

 

項目 変更内容 詳細情報

ブログ作成

ブログ投稿として Blogger (www.blogger.com) にドキュメントを公開する機能はサポートされなくなりました。

[Blogger] オプションは、 [ファイル][共有][ブログに投稿] の階層から削除されました。

依然として、ドキュメントをブログ投稿として他のブログ作成プラットフォームに公開することはできます。

Word でブログを管理する

文章校正とスタイル

[文章校正とスタイル] オプションは、 [ファイル] > [オプション] > [校正] にある [Word のスペル チェックと文章校正] セクションの [文書のスタイル] ドロップダウン メニューから削除されました。

次の言語の [文章校正とスタイル] オプションは削除されました。

  • アラビア語

  • デンマーク語

  • オランダ語

  • 英語

  • フィンランド語

  • フランス語

  • ドイツ語

  • イタリア語

  • ノルウェー語 (ボークモール)

  • ポルトガル語 (ブラジル)

  • ポルトガル語 (ポルトガル)

  • ロシア語

  • スペイン語

韓国語データの認識エンジン

韓国語データの認識エンジンは、 [ファイル] > [オプション] > [校正] > [オート コレクト オプション] > [アクション] で使用できなくなりました。

次の韓国語データの認識エンジンは削除されました。

  • 住所

  • 日付

  • 氏名

  • 電話番号

  • 時刻

リサーチ

[リサーチ] ボタンが、リボンの [レビュー] > [校正] から削除されました。

リボンをカスタマイズすると、 [リサーチ] ボタンをリボンに追加することができます。

 
表示: