TechNet
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2286198

Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される

公開日: 2010年7月17日 | 最終更新日: 2010年8月3日

バージョン: 1.0

要訳
お知らせ内容 更新プログラムの公開
更新プログラム セキュリティ情報 MS10-046
被害報告 あり
回避策 あり
対応方法 MS10-046 で提供しているセキュリティ更新プログラムをインストールしてください。

※ 上記の情報は、公開日または最終更新日の情報を基に作成しています。

概説

概要

マイクロソフトは一般で公開された脆弱性の調査を完了しました。 この問題に対処するために MS10-046 を公開しました。 利用可能なセキュリティ更新プログラムのダウンロード先を含むこの問題に関する詳細情報は、MS10-046 をご覧ください。 この脆弱性は、ショートカット アイコンの読み込みの脆弱性 - CVE-2010-2568 として対処しています。

リソース:

免責:

この文書に含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行いません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。)結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。

更新履歴:

  • 2010/07/17: このアドバイザリを公開しました。
  • 2010/08/03: このアドバイザリを更新し、セキュリティ情報の公開について通知しました。

Built at 2014-04-18T13:49:36Z-07:00

表示:
© 2016 Microsoft