マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3010060

Microsoft OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される

公開日: 2014 年 10 月 22 日 | 最終更新日: 2014 年 11 月 12 日

バージョン: 2.0

概説

概要

マイクロソフトは一般で公開されたこの脆弱性の報告に対する調査を完了しました。この問題に対処するために MS14-064 を公開しました。利用可能なセキュリティ更新プログラムのダウンロード先など、この問題に関する詳細については、MS14-064 を参照してください。解決される脆弱性は、Windows OLE のリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2014-6352 です。

マイクロソフトは、責任ある脆弱性の情報開示により、顧客の保護に協力してくださったセキュリティ コミュニティの方々の努力を評価します。詳細については、謝辞を参照してください。

  • V1.0 (2014/10/22): アドバイザリを公開しました。
  • V1.1 (2014/10/31): アドバイザリを更新し、謝辞を追加しました。
  • V2.0 (2014/11/12): このアドバイザリを更新し、セキュリティ情報の公開について通知しました。

Page generated 2014-11-05 15:50Z-08:00.
表示: