この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Observable.add<'T> 関数 (F#)

オブザーバーを作成します。このオブザーバーは、指定された観測可能なオブジェクトを永続的にサブスクライブし、指定された関数を各観測で呼び出します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Control.Observable

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

// Signature:
Observable.add : ('T -> unit) -> IObservable<'T> -> unit

// Usage:
Observable.add callback source

callback

型: 'T ->unit

各観測で呼び出される関数。

source

型: IObservable<'T>

観測可能な入力オブジェクト。

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは Add という名前です。 F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

コミュニティの追加

表示: