マイクロソフトセキュリティ情報 MS14-072 - 重要

.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される (3005210)

公開日: 2014 年 11 月 12 日

バージョン: 1.0

このセキュリティ更新プログラムは、非公開で報告された 1 件の Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。この脆弱性により、攻撃者が特別な細工を施したデータを、 .NET Remotingを使用している、影響を受けるワークステーションやサーバーに送信した場合、特権が昇格される可能性があります。.NET Remoting は、アプリケーションによって広く使用されているわけではありません。.NET Remoting を使用するように特に設計されたカスタム アプリケーションのみで、システムがこの脆弱性にさらされます。

このセキュリティ更新プログラムは、影響を受けるリリースの Microsoft Windows 上の、Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1、Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、Microsoft .NET Framework 3.5.1、Microsoft .NET Framework 4、Microsoft .NET Framework 4.5、Microsoft .NET Framework 4.5.1 および Microsoft .NET Framework 4.5.2 について深刻度「重要」と評価されています。詳細情報は、「影響を受けるソフトウェア」セクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、.NET Framework がアプリケーション メモリに対してセキュリティ制御を適切に適用することによって、この脆弱性を解決します。この脆弱性の詳細については、特定の脆弱性に関するサブセクション「よく寄せられる質問 (FAQ)」を参照してください。

この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3005210 を参照してください。

ここに記載されているソフトウェアをテストし、影響を受けるバージョンまたはエディションを確認しました。その他のバージョンまたはエディションはサポート ライフサイクルが終了したか、または影響を受けません。ご使用中のソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、マイクロソフト サポート ライフサイクルの Web サイトを参照してください。

オペレーティング システム

コンポーネント

最も深刻な脆弱性の影響

総合的な深刻度

置き換えられる更新プログラム

Windows Server 2003

Windows Server 2003 Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
(2978114)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931352

Windows Server 2003 Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2932079

Windows Server 2003 Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2932079

Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2932079

Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Vista

Windows Vista Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

特権の昇格

重要

なし

Windows Vista Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Vista Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

特権の昇格

重要

なし

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2008

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows 7

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

特権の昇格

重要

なし

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

特権の昇格

重要

なし

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows 8 および Windows 8.1

Windows 8 for 32-bit Systems

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931357

Windows 8 for 32-bit Systems

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978127)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931367

Windows 8 for x64-based Systems

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931357

Windows 8 for x64-based Systems

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978127)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931367

Windows 8.1 for 32-bit Systems

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931358

Windows 8.1 for 32-bit Systems

Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931366

Windows 8.1 for x64-based Systems

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931358

Windows 8.1 for x64-based Systems

Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931366

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931357

Windows Server 2012

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978127)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931367

Windows Server 2012 R2

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931358

Windows Server 2012 R2

Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931366

Windows RT および Windows RT 8.1

Windows RT

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2[2]
(2978127)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931367

Windows RT 8.1

Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2[2]
(2978126)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931366

Server Core インストール オプション

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

特権の昇格

重要

なし

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 4 [1]
(2978125)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931365

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931368

Windows Server 2012 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931357

Windows Server 2012 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978127)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931367

Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931358

Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール)

Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

特権の昇格

重要

MS14-026 の 2931366

[1].NET Framework 4 および .NET Framework 4 Client Profile が影響を受けます。

[2]この更新プログラムは Windows Update からの提供となります。

 

インストールされている Microsoft .NET Framework のバージョンはどのように確認できますか?
複数のバージョンの.NET Framework をシステムにインストールおよび実行可能で、どの順番でもインストールできます。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 318785 を参照してください。

.NET Framework 4 および .NET Framework 4 Client Profile は、どう違うのですか?
.NET Framework version 4 の再配布可能パッケージは、次の 2 種類のプロファイルで利用可能です:.NET Framework 4 および .NET Framework 4 Client Profile。.NET Framework 4 Client Profile は、クライアント アプリケーション用に最適化された、.NET Framework 4 プロファイルのサブセットです。これは、Windows Presentation Foundation (WPF)、Windows Forms、Windows Communication Foundation (WCF) および ClickOnce の機能などの大部分のクライアント アプリケーションに機能性を提供します。これにより .NET Framework 4 Client Profile 向けアプリケーション用のインストール パッケージがコンパクトになり、導入が高速になります。詳細については、MSDN の記事「.NET Framework Client Profile」を参照してください。 

.NET サービス エンドポイント間の通信に関するベスト プラクティスを教えてください。
Windows Communication Foundation (WCF) を使用して、あるサービス エンドポイントから別のサービス エンドポイントに非同期メッセージとしてデータを送信することを推奨しています。WCF は多くの機能、パフォーマンス、およびセキュリティ強化を含んでいるので、サービス指向のアプリケーションを構築するときには、WCF フレームワークを使用することを強くお勧めします。また、古い IPC 技術を使用している既存の .NET 管理対象アプリケーションを更新して、WCF を活用することもお勧めします。 

WCF に関するその他のガイダンスについては、以下のリソースを参照してください。 

一部の影響を受けるソフトウェアについて、複数の更新プログラム パッケージがあります。「影響を受けるソフトウェア」の表に記載されているすべての更新プログラムをソフトウェアにインストールする必要がありますか? 
はい。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。

これらのセキュリティ更新プログラムは、特別な順番でインストールする必要がありますか? 
いいえ。特定のシステム用の複数の更新プログラムは、どのような順番でも適用できます。

次の深刻度の評価は、脆弱性の影響が最も深刻な場合を想定しています。深刻度の評価およびセキュリティ上の影響に関連して、このセキュリティ情報の公開から 30 日間でこの脆弱性が悪用される可能性に関する情報については、11 月のセキュリティ情報の概要の Exploitability Index を参照してください。

影響を受けるソフトウェアごとの脆弱性の深刻度および最大のセキュリティ上の影響

影響を受けるソフトウェア

TypeFilterLevel の脆弱性 - CVE-2014-4149

総合的な深刻度

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
(2978114)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft Windows Server 2003 for Itanium-based Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978124)

重要
特権の昇格

重要

Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

重要
特権の昇格

重要

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
(2978116)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft .NET Framework 3.5

Windows 8 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 (Server Core インストール) 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978121)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) 上の Microsoft .NET Framework 3.5
(2978122)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft .NET Framework 3.5.1

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

重要
特権の昇格

重要

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール) 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
(2978120)

重要
特権の昇格

重要

Microsoft .NET Framework 4

Windows Server 2003 Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール) にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4
(2978125)[1]

重要
特権の昇格

重要

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2

Windows Vista Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 (Server Core インストール) にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978128)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2
(2978127)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978127)

重要
特権の昇格

重要

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978127)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 (Server Core インストール) 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978127)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

重要
特権の昇格

重要

Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

重要
特権の昇格

重要

Windows RT 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978127)

重要
特権の昇格

重要

Windows RT 8.1 上の Microsoft .NET Framework 4.5.1/4.5.2
(2978126)

重要
特権の昇格

重要

[1].NET Framework 4 および .NET Framework 4 Client Profile が影響を受けます。

 

.NET Framework が正しくない形式の一部のオブジェクトに対して TypeFilterLevel チェックを処理する方法に特権の昇格の脆弱性が存在します。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開により、この脆弱性に関する情報を受けました。このセキュリティ情報公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性がお客様の攻撃に使用されていたことを示す情報は受けていません。この更新プログラムは、.NET Framework がアプリケーション メモリに対してセキュリティ制御を適切に適用するようにすることにより、この脆弱性を解決します。

問題を緩和する要素

次の緩和する要素が役立つ場合があります。

  • .NET Remoting は、アプリケーションによって広く使用されているわけではありません。.NET Remoting を使用するように特に設計されたカスタム アプリケーションのみで、システムがこの脆弱性にさらされます。
  • 既定では、匿名クライアントによって .NET Remoting エンドポイントにアクセスすることはできません。

回避策

次の回避策が役立つ場合があります。

  • チャネルを登録するときにセキュリティを有効にする

    チャネルを登録するときにセキュリティを有効にすると、認証済みクライアントのみが脆弱性の影響を受けるサーバーと対話できるようになります。詳細については、「TCP チャネルでの認証」を参照してください。

  • ファイアウォール レベルで、Remoting エンドポイントからの外部トラフィックをブロックする

    Remoting エンドポイントからのトラフィックをブロックする設定によって、この脆弱性の悪用を防止することができます。

FAQ

攻撃者は、この脆弱性を悪用して何を行う可能性がありますか?  
攻撃者はこの脆弱性を悪用し、影響を受けるコンピューターを完全に制御する可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?  
攻撃者が特別な細工を施したデータを .NET Remoting を使用している、影響を受けるワークステーションやサーバーに送信し、その結果、攻撃者が標的となるシステムで任意のコードを実行できるようになる可能性があります。

主にどのようなコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?  
.NET Remoting を使用している、影響を受けるバージョンの .NET Framework を実行しているシステムが、主にこの脆弱性による危険にさらされます。

セキュリティ更新プログラムの展開については、概説のこちらに記載しているマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

マイクロソフトは、責任ある脆弱性の情報開示により、顧客の保護に協力してくださったセキュリティ コミュニティの方々の努力を評価します。詳細については、謝辞を参照してください。 

この文書に含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation 及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation 及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行いません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。

  • V1.0 (2014/11/12): セキュリティ情報公開しました。

Page generated 2014-11-06 8:24Z-08:00.
表示: