Skip to main content

Dynamics CRM Online FAQ

公開日: 2016 年 8 月 23 日

Q

ワークフロー作成時に注意するべきことはありますか?

A

ワークフローを作成する際には、無限ループ等の考慮が必要です。

以下ワークフローは、取引先担当者レコードの作成、状態の変更、割り当て、フィールドの変更がトリガーとなり、条件を満たした場合には最大で 3 回取引先担当者の更新処理が実行されるようになっております。

図 01

(拡大する)

上記ワークフローの場合、例えば、取引先担当者レコードを更新するごとにワークフローが実行され、最大 3 回取引先担当者レコードが更新されます。また、ワークフローの中のそれぞれの更新処理がもう 3 回ワークフローを呼び出し…というように無限ループの要因となる可能性がございます。
このような状況を回避するためにも、ワークフロー開始の条件と処理にはご注意のうえご利用頂けますようお願い致します。

ページのトップへ