Skip to main content

Dynamics CRM Online FAQ

公開日: 2015 年 2 月 18 日

Q

フォーム上で特定のユーザーにだけフィールドの値を見せないようにすることはできますか?

A

Dynamics CRM Online では、フィールド セキュリティ機能を使用することで、フォーム上のフィールドの値をマスクして特定のユーザーに見せないようにすることが可能です。
ただし、フィールド セキュリティ機能を設定することができるフィールドは、カスタマイズで独自に作成されたフィールドのみであり、エンティティに既定で存在するフィールドには設定することができません。

以下、フィールド セキュリティ機能を設定する方法についてご説明します。

閲覧を制限したいフィールドの追加

  1. [設定] -> [カスタマイズ] から、[システムのカスタマイズ] を開きます。

    図 01

  2. 閲覧を制限したいフィールドを追加するエンティティを開き、[フィールド] を選択し [新規] をクリックします。

    図 02

  3. [フィールド セキュリティ] の「有効にする」にチェックを入れ、[保存して閉じる] をクリックします。

    図 03

  4. [フォーム] を選択し、閲覧を制限したいフィールドを配置するフォームを開きます。

    図 04

  5. 手順 3 で作成したフィールドを配置し、保存して閉じます。

    図 05

フィールド セキュリティの設定

  1. [設定] -> [セキュリティ] から、[フィールド セキュリティ プロファイル] を開きます。

    図 01

  2. [新規] をクリックします。

    図 02

  3. 任意の名前を入力し、保存します。

    図 03

  4. [ユーザー] を選択し、追加 をクリックします。

    図 04

  5. フィールドの閲覧を制限したいユーザーを検索し、[選択] ボタンをクリックして選択します。
    選択したレコード欄に、選択したユーザーが表示されたことを確認し、[追加] をクリックします。

    図 05

  6. [フィールドのアクセス許可] を選択し、画面右側にある閲覧を制限したいフィールドをダブルクリックで開きます。

    図 06

  7. [読み取りを許可] を [なし] に設定し、[OK] をクリックします。

    図 07

  8. 保存して閉じます。

    図 08

  9. システムのカスタマイズの画面に戻り、[公開] をクリックして公開します。

    図 09

  10. 以上で設定完了です。

    閲覧可能なユーザーからは「メモの内容」が閲覧できますが、閲覧が制限されたユーザーからは「*******」とマスクされ、内容が見えなくなります。

    (閲覧可能ユーザーの画面表示例)

    図: 閲覧可能ユーザーの画面表示例

    (閲覧制限ユーザーの画面表示例)

    図: 閲覧制限ユーザーの画面表示例

ページのトップへ