Skip to main content

Dynamics CRM Online FAQ

公開日: 2015 年 2 月 23 日

Q

差し込み印刷機能を呼び出すコマンドを画面に表示する方法はありますか?

A「差し込み印刷」機能を呼び出すコマンドは、Dynamics CRM Online 2011 から Dynamics CRM Online 2013 へのアップグレード時に画面の表示速度を向上させるためリボン メニューからコマンド バーへ移行され、表示される項目が使用頻度の高い項目に限定されました。
そのため、エンティティによっては「差し込み印刷」機能コマンドが表示されていない場合があります。
「差し込み印刷」機能は、カスタマイズを行うか、高度な検索を利用することによって使用可能となります。

手順 (カスタマイズ)

エクスポートしたソリューションをカスタマイズする方法です。以下の手順の通りに XML ファイルを編集し、インポートすることで[差し込み印刷]コマンドを使用可能にします。

  1. [設定] > [カスタマイズ] に推移し、[ソリューション] をクリックします。

    図 01

  2. [新規] をクリックします。

    図 02

  3. 必要情報を入力後、[保存] ボタンをクリックします。

    図 03

  4. [既存の追加] より [アプリケーション リボン] を追加します。

    図 04

  5. [ソリューションのエクスポート] をクリックします。

    図 05

  6. カスタマイズの公開画面で、[次へ] をクリックします。

    図 06

  7. [システム設定のエクスポート (詳細)] 画面で [次へ] をクリックします。

    図 07

  8. [パッケージの種類] 画面で [アンマネージド] が選択されたままの状態で[エクスポート]をクリックします。

    図 08

  9. ZIP ファイルがダウンロードされますので、任意のディレクトリに保存します。

  10. ZIP ファイル中の "customizations.xml" ファイルを抽出します。

  11. 抽出した customizations.xml をエディタで開き、<CommandDefinitions /> の部分を編集してください。黄色でハイライトした部分です。

    <ImportExportXml xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
      <Entities></Entities>
      <Roles></Roles>
      <Workflows></Workflows>
      <FieldSecurityProfiles></FieldSecurityProfiles>
      <Templates />
      <RibbonDiffXml>
        <CustomActions />
        <Templates>
          <RibbonTemplates Id="Mscrm.Templates"></RibbonTemplates>
        </Templates>
          <CommandDefinitions>
          <CommandDefinition Id="Mscrm.MailMergeSelected">
            <EnableRules>
              <EnableRule Id="Mscrm.SelectionCountAtLeastOne" />
              <EnableRule Id="Mscrm.VisualizationPaneNotMaximized" />
            </EnableRules>
            <DisplayRules>
            </DisplayRules>
            <Actions>
              <JavaScriptFunction FunctionName="Mscrm.GridRibbonActions.webMailMerge" Library="/_static/_common/scripts/RibbonActions.js">
                <CrmParameter Value="SelectedControl" />
                <CrmParameter Value="SelectedControlSelectedItemIds" />
                <CrmParameter Value="SelectedEntityTypeCode" />
                <CrmParameter Value="SelectedControlAllItemCount" />
              </JavaScriptFunction>
            </Actions>
                  </CommandDefinition>
          </CommandDefinitions>
        <RuleDefinitions>
          <TabDisplayRules />
          <DisplayRules />
          <EnableRules />
        </RuleDefinitions>
        <LocLabels />
      </RibbonDiffXml>
      <EntityMaps />
      <EntityRelationships />
      <OrganizationSettings />
      <optionsets />
      <Languages>
        <Language>1041</Language>
      </Languages>

    </ImportExportXml>

  12. [インポート] で ZIP ファイルをインポートし、カスタマイズを公開します。

  13. 全てのブラウザを閉じ、再度 CRM Online にアクセスします。

  14. [差し込み印刷] コマンドが使用可能となっていることを確認します。

    図 09

手順 (高度な検索)

  1. [高度な検索] をクリックします

    図 10

  2. 条件を定義し、結果を表示します。

    図 11

  3. 必要なレコードを選択し、上部リボンで差し込み印刷ボタンが表示されていることを確認します。

    図 12

ページのトップへ