Skip to main content

Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース

Office 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を取得します。最新情報については、定期的にこのページをご確認ください。

新機能の詳細については、「 Office の新機能と改善点」をお読みください。チャネル リリースについては、「 Office 365 ProPlus 更新プログラムのチャネルの概要 」をご覧ください。また、「 Office 365 クライアントの管理に関する変更 」モデルで、組織内のユーザーに関する更新プログラムの管理方法を確認してください。

API の変更点については、「 Office アドインの変更ログ 」と「 Microsoft Graph の変更ログ」をご覧ください。

チャネル



















更新プログラムの種類

アプリケーション





毎月のチャネル

2017 年 11 月 2 日
バージョン 1710 (ビルド 8625.2121)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • デジタル鉛筆: 新しい鉛筆のテクスチャで、アイデアを書き込んだり、スケッチしたりします。サポートされているデジタル ペンを傾けるだけで網かけができます。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • デジタル鉛筆: 新しい鉛筆のテクスチャで、アイデアを書き込んだり、スケッチしたりします。サポートされているデジタル ペンを傾けるだけで網かけができます。
  • Microsoft Stream への公開 Microsoft Stream を使用して、組織内でプレゼンテーションを動画として共有し、安全性を高めます。 詳細情報

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • タスク ボード ビュー: タスク ボード ビューでカードのタスクを並べ替えます。アジャイル プロジェクトと同様に、カードを並べ替え、ボード上の列の間で移動させます。
  • アジャイル プロジェクト: バックログ、タスク ボード、スプリントなどを使用して、アジャイル プロジェクトを管理します。スクラムまたはかんばんの両方の方法論がサポートされています。 詳細情報  

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Team Builder でリソースの可用性が表示されない問題を修正します。
  • マークが正しく表示されない問題を修正します。
  • 時間単位または日単位で平準化している間に Project が停止する問題を修正します。
  • SharePoint ドキュメント ライブラリからマスター/サブ プロジェクトを操作する際の問題を修正します。
  • 期間固定のタスクに割り当てを追加したときに、名前のないリソースになる可能性がある問題を修正します。
  • 保護された作業での変更について、誤ったエラー メッセージが生成される問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがハント グループの代わりに通話の受信を停止する機能を追加します。
  • Skype for Business または Teams で通話中に、新たな通話を受信または開始したときに、通話を自動的に保留する機能を追加します。
  • 全画面共有後に、ユーザーが IM を使用できなくなる問題を修正します。
  • ロビーにいるユーザーが会議に参加することを拒否されたときに、通知されないという問題を修正します。
  • 通話中に自動ゲイン制御が次第に制御できなくなる問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Web サイトのワイヤーフレーム図の作成: インターフェイス、ナビゲーション、それらの連携方法を含む Web サイトのワイヤーフレーム図を速やかに作成します。 詳細情報
  • モバイル アプリケーションのワイヤーフレームの作成: テンプレートを使用して、モバイル アプリケーションのワイヤーフレームを作成します。 詳細

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Microsoft Translator: Word で Microsoft Translator を使用して、単語、語句、ドキュメント全体を別の言語に翻訳します。 詳細情報
  • デジタル鉛筆: 新しい鉛筆のテクスチャで、アイデアを書き込んだり、スケッチしたりします。サポートされているデジタル ペンを傾けるだけで網かけができます。

毎月のチャネル

2017 年 10 月 25 日
バージョン 1709 (ビルド 8528.2147)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日本語入力を使用しているときに、テキスト ボックスの文字を選択すると、テキスト ボックスのすべての文字が強調表示される問題を修正します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドラッグまたはドラッグ フィルを実行するとヒントの配置がずれる問題を修正します。
  • [ファイル] > [名前をつけて保存] を使用してブックを保存するときに、ピリオドを含むファイル名がファイル保存ダイアログで空白になるか切り詰められて見える問題を修正します。
  • 同期し直したファイルを保存するときに、Office でディスクへの書き込みが失敗しても、OneDrive へのファイルのアップロードは続行されるという問題を修正します。この修正により、ユーザーにエラー メッセージが表示され、アップロードが続行されなくなります。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 同期し直したファイルを保存するときに、Office でディスクへの書き込みが失敗しても、OneDrive へのファイルのアップロードは続行されるという問題を修正します。この修正により、ユーザーにエラー メッセージが表示され、アップロードが続行されなくなります。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 差し込み印刷ウィザードを実行しているときに、Null (空) 値を含むデータ ソース フィールドでのフィルター処理が失敗する問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが OneDrive for Business で既存のドキュメントに対して [名前をつけて保存] をしようとしてから、その保存をキャンセルするか、既存の変更をマージしようすると Word がクラッシュする問題を修正します。
  • 差し込み印刷ウィザードを実行しているときに、Null (空) 値を含むデータ ソース フィールドでのフィルター処理が失敗する問題を修正します。
  • 同期し直したファイルを保存するときに、Office でディスクへの書き込みが失敗しても、OneDrive へのファイルのアップロードは続行されるという問題を修正します。この修正により、ユーザーにエラー メッセージが表示され、アップロードが続行されなくなります。

毎月のチャネル

2017 年 10 月 16 日
バージョン 1709 (ビルド 8528.2139)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • デジタル ペンを使用してスライド ショーを実行します: Surface ペン、または Bluetooth ボタンのあるその他のペンを使用し、高度なスライドを作成しましょう。Windows 10 Fall Creators Update が必要です。 詳細情報

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • いくつかの画像を含むレポートに移動すると Project がクラッシュする可能性がある問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 会議の招待に会議室のリソース メールボックスを追加すると、ユーザーが会議のオプションで発表者を選択できなくなる問題を修正します。
  • AllowlPVideo が False に設定されているとピアツーピアのビデオ通話中にデスクトップの共有ボタンが淡色表示される問題を修正します。
  • [IM を無効にする] の設定で作成した既存の会議について会議のオプション設定を [IM を有効にする] に変更しても、IM が無効のままである問題を修正します。
  • チャット ウィンドウで [リンクの挿入] ボタンの上にカーソルを置くとヒントが表示されない問題と、ボタンを選択したときにアクセシビリティ名がない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ ビジュアライザーの図にデータ グラフィックが適用されます。 図形データをデータ グラフィックとして自動的に適用してデータ ビジュアライザーの図を作成し、時間を節約しましょう。 詳細
  • 描画の共同作業: OneDrive for Business または SharePoint Online で描画を共有して、他のユーザーと同時に作業します。誰が描画しているかを確認したり、コメントを追加したり、ファイル アクティビティを確認したりできます。 詳細

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • SharePoint プロパティ パネル: ドキュメント内で SharePoint ドキュメント ライブラリ列の値を表示し、編集します。[表示] タブのリボン ボタンからパネルに簡単にアクセスが可能で、SharePoint 管理者はドキュメント ライブラリの設定を使用して [プロパティ] パネルを自動的に開くことができます。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドキュメントで IRM 保護を削除しても保護が削除されない問題を修正します。

毎月のチャネル

2017 年 10 月 10 日
バージョン 1708 (ビルド 8431.2107)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11774:Microsoft Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-11776:Microsoft Outlook の情報漏えいの脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11825:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

毎月のチャネル

2017 年 10 月 4 日
バージョン 1708 (ビルド 8431.2094)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クエリに Microsoft Dynamics リンク テーブルの主キーとの結合がある場合に、クエリが実行されない問題を修正します。
  • Microsoft Dynamics テーブル内で、通貨値の小数点以下桁数が表示されない問題を修正します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • .XLL ファイルを開くと Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • 自動保存の切り替えが表示されない問題を修正します。
  • OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存され、同期クライアントによって同期されたファイルを開くと自動保存が誤って無効になる、あるいは灰色表示にされる問題を修正します。
  • ページ レイアウト表示にヘッダーまたはフッターを追加した後、セルのパターンの種類が正しく表示されない問題を修正します。
  • ピボットテーブルのコピーを別のブックに貼り付けるとクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • [置換] コマンドを選択して、[検索と置換] ダイアログ ボックスが開くと、ダイアログ ボックスのフォーカスが [置換] タブではなく [検索] タブにある問題を修正します。
  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーから開いたブックのアクティビティ ウィンドウを開くと Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • 1 つ以上の XLL アドインを有効にすると、Excel で空白のウィンドウが表示される問題を修正します。
  • 既に閉じているブックで [フォーム] ボタンを使用した後、Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • SheetBeforeRightClick イベントを使用して、結合したセルと重なる列を挿入しても、結合したセルが拡張されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 濃い灰色のテーマを使用すると、ポリシーのヒントにある [詳細] リンクが表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが新しいアカウントを設定しようとして、アカウントの設定を完了せずにウィンドウを閉じると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • グループの共有の受信トレイで、[既読] と [未読] がメッセージのオプションとして表示される問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーからプレゼンテーションを開くと PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーから開いたドキュメントのアクティビティ ウィンドウを開くと Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • オンライン修復の進行状況がユーザーに表示されない問題を修正します。
  • Office ファイルのプロパティがエクスプローラーで表示されない問題を修正します。
  • 2 つ目のドキュメントが開いていると、Office アドインのボタンがリボンで非表示になる問題を修正します。
  • 名前に全角文字が使用されている一部の VBA モジュールを開けない問題を修正します。

毎月のチャネル

2017 年 9 月 18 日
バージョン 1708 (ビルド 8431.2079)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 動的コネクタ: Microsoft Dynamics からデータをインポートしたり、Microsoft Dynamics に保存されているデータにリンクしたりします。 詳細情報
  • Salesforce コネクタ: Salesforce からデータをインポートしたり、Salesforce に保存されているデータにリンクしたりします。 詳細情報

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 3D モデル: 3D を使用して、ブックを、より視覚的かつ独創的なものにすることができます。3D モデルの挿入も簡単で、360 度回転させることができます。 詳細情報
  • 新しいインク効果: メタリック ペンを使用し、ゴールド、シルバーあるいは虹、銀河、溶岩、海などを連想させる色などのインクの効果を活用して、アイデアの表現の幅を広めましょう。
  • "サンプルからの列の追加" の機能強化: より多くの日付/時刻、数学、インデックス列の変換をサポートします。
  • パフォーマンスの強化: Excel は複雑なブックを複数のシートで速く開くので、複雑な数式を高速処理したり、多くの行をフィルター処理したり、すばやくコピー/貼り付けすることができます。
  • ファイル共有 UI: OneDrive for Business または SharePoint のファイルの場合、リボンの右上隅にある [共有] ボタンをクリック、または [ファイル] > [共有] の順に移動することにより、簡略化され改良された [共有] ダイアログが起動されます。新規のファイル、またはローカルに保存されたファイルの場合、この UI によって、ユーザーはファイルを OneDrive に簡単にアップロードし、共同作業を開始できます。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Word からタブ区切りのテキストをコピーして貼り付けるときにタブが無視され、テキストが列に解析されない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 3D モデル: 3D を使用して、メールを、より視覚的かつ独創的なものにすることができます。3D モデルの挿入も簡単で、360 度回転させることができます。 詳細情報
  • プロファイル カード: デスクトップ、Web、モバイル アプリのいずれかを使用している場合でも、ユーザーとグループに関する最も関連性の高い詳細を表示します。
  • アクセシビリティ機能の向上: スクリーン リーダーを使用しているときの、メールでのテキスト、表、リスト、画像の読み取りおよび編集が簡単になりました。
  • グループ予定表への予定の追加: グループ内のメンバー全員に、メールで会議を送信せずに、会議の欠席について知らせることができます。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 3D モデル: 3D を使用して、プレゼンテーションを、より視覚的かつ独創的なものにすることができます。スライド間で映画のようなアニメーションを生み出す画面切り替え効果を生かして、3D モデルをプレゼンテーションで活用しましょう。 詳細情報
  • 新しいインク効果: メタリック ペンを使用し、ゴールド、シルバーあるいは虹、銀河、溶岩、海などを連想させる色などのインクの効果を活用して、アイデアの表現の幅を広めましょう。
  • ファイル共有 UI: OneDrive for Business または SharePoint のファイルの場合、リボンの右上隅にある [共有] ボタンをクリック、または [ファイル] > [共有] の順に移動することにより、簡略化され改良された [共有] ダイアログが起動されます。新規のファイル、またはローカルに保存されたファイルの場合、この UI によって、ユーザーはファイルを OneDrive に簡単にアップロードし、共同作業を開始できます。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Planner でのタスクの管理: Planner にプロジェクト タスクをリンクし、計画を作成します。タスクをサブタスクに分割し、チームを追加し、タスクを割り当て、タスク ボード上で作業を管理する

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 残存作業時間を設定したときに、実際の開始が間違って消去される問題を修正します。
  • 割り当ての実際の開始日が、Project Web App の状態管理のリソースによって報告されたものと異なるデータを表示する問題を修正します。
  • タスクの終了日が変更された場合、実績作業時間が再スケジュールされる問題を修正します。
  • コスト フィールドをコピー/貼り付けすると、丸めの影響で、貼り付けられた値がコピーされた値と正確に一致しない問題を修正します。
  • あるベースラインから別のベースラインに保存するときに、予算リソースの時間配分データがコピーされない問題を修正します。
  • 状態フィールドがサマリー タスクに対して常に正しく計算されない問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のポートがブロックされているか、IP がホワイトリストに登録されていない場合に、ユーザーが会議に参加できない理由を説明するダイアログを追加します。
  • IM 会話タブをクリックすると、常設チャット ルームの未読メッセージが既読としてマークされる問題を修正します。
  • IM トーストを受信するときに数秒の遅延が生じる問題を修正します。
  • Exchange との同期が無効である場合に、AD の連絡先で連絡先の名前の代わりに電話番号が表示される問題を修正します。
  • フェデレーションが無効で、会議の開催者が匿名での参加を明示的にブロックしていない場合に、匿名の参加ユーザーが参加することをブロックされる問題を修正します。
  • 招待者の上限を超える会議で、会議の開催者に招待者の数が正しく表示されない問題を修正します。
  • PSTN 通話を着信したときに、トーストで電話番号が表示されない問題を修正します。
  • 連絡先リスト グループの名前を変更するときに Delete キーを使用すると、グループ全体が削除される問題を修正します。
  • IM の会話で、共有を停止する前に共有通知が消去される問題を修正します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 3D モデル: 3D を使用して、ドキュメントを、より視覚的かつ独創的なものにすることができます。3D モデルの挿入も簡単で、360 度回転させることができます。 詳細情報
  • 新しいインク効果: メタリック ペンを使用し、ゴールド、シルバーあるいは虹、銀河、溶岩、海などを連想させる色などのインクの効果を活用して、アイデアの表現の幅を広めましょう。
  • ファイル共有 UI: OneDrive for Business または SharePoint のファイルの場合、リボンの右上隅にある [共有] ボタンをクリック、または [ファイル] > [共有] の順に移動することにより、簡略化され改良された [共有] ダイアログが起動されます。新規のファイル、またはローカルに保存されたファイルの場合、この UI によって、ユーザーはファイルを OneDrive に簡単にアップロードし、共同作業を開始できます。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 新機能ダイアログが表示されない問題の修正。

毎月のチャネル

2017 年 9 月 12 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2107)


:現在のチャネルは、月次チャネルと呼ばれています。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ピボットテーブルを展開または折りたたんだとき、またはピボットテーブルのヘッダーが画面の外に移動したときに Excel が一時的に停止するという問題を修正します。
  • [Web ページとして発行] ダイアログ ボックスを開いたときに Excel ページがクラッシュする問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Project Online から特定のファイルを開くとプロジェクトがクラッシュするという問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8676:Windows GDI+ の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8695:Graphics コンポーネントの情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8696:Microsoft Graphics コンポーネントのリモート コード実行

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Current Channel

2017 年 8 月 29 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2096)


PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォントにリンクされているエンドユーザー定義の文字 (EUDC) が表示に失敗する問題を修正します。

Current Channel

2017 年 8 月 24 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2087)


Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ファイル アイコンまたはファイル名をダブルクリックして Visio ファイルを開いたときに、ドキュメントによって開かれたイベントを COM アドインが受信しない問題を解決します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 一部のユーザーについて、[描画] タブをクリックするとアプリケーションがクラッシュする問題を修正します。
  • ヒントがあるコモン コントロールの上にカーソルを置くとアプリケーションがクラッシュする問題を修正します。
  • コモン コントロールを使用する場合にライセンスのエラー メッセージが表示される問題を修正します。

Current Channel

2017 年 8 月 18 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2076)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook で IMAP アカウントを構成できない問題を修正します。
  • Outlook を開くときに断続的なクラッシュが起きる原因となる問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Grammarly アドインの読み込み中に Word が予期せず終了する問題を修正します。
  • 特定の状況で、クラウドベースのファイルを回復しようとしているときに Word がクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2017 年 8 月 11 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2073)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • データの更新に失敗する問題や、Excel のロケールおよび SQL Server Analysis Services サーバーのロケールが異なる場合に SQL Server Analysis Services サーバーからのデータを使用すると Excel がクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2017 年 8 月 7 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2070)


Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 英語以外のいくつかの言語でのサインイン画面が空白になる問題を修正します。

Current Channel

2017 年 7 月 31 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2062)


Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • チャットとチャット履歴で英語以外の文字が文字化けする問題を修正します。

Current Channel

2017 年 7 月 28 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2059)


Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 一部のプログラム ファイルの署名において、ウイルス対策プログラムでこれらのファイルにフラグが設定されたり、Windows Information Protection (WIP) でのデータの保護およびアクセスに関して問題が発生したりするという問題の修正。

Current Channel

2017 年 7 月 27 日
バージョン 1707 (ビルド 8326.2058)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ラベル名のプロパティ: ラベルにフォームのコントロールを関連付けることで、アクセシビリティが向上します。
  • 新しいアイテムの編集がより簡単に: クイック ショートカット (Ctrl + E) キーを使用して、コンボ ボックスまたはリスト ボックスから新しいアイテムを編集できます。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共同編集: ブック内で他のユーザーと同時に作業します。 詳細情報
  • 自動保存: クラウドに保存されたブックの変更が自動的に保存され、他のユーザーの更新が数秒で表示されます。 詳細情報
  • アクセシビリティを向上させるのに役に立つサウンド: 音声キューを有効にすると、作業中に操作を指示してもらうことができます。[ファイル] > [オプション] > [簡単操作] の順に選択すると見つかります。アドインは必要ありません。 詳細情報

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • クラウド添付ファイルのダウンロード: OneDrive の添付ファイルをコンピューターに保存またはドラッグ アンド ドロップすると、ファイルがダウンロードされます。
  • アクセシビリティを向上させるのに役に立つサウンド: 音声キューを有効にすると、作業中に操作を指示してもらうことができます。[ファイル] > [オプション] > [簡単操作] の順に選択すると見つかります。アドインは必要ありません。 詳細情報
  • 洗練された [宛先:] 行: メッセージの宛先を指定するために [宛先:] 行をクリックすると、選択されそうな受信者の候補が表示されます。さらに、その人たちの画像が表示されるので、正しい人に送信しようとしていることを確認できます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 自動保存: クラウドに保存されたプレゼンテーションの変更が自動的に保存され、他のユーザーの更新が数秒で表示されます。 詳細情報
  • リビジョンの強調表示: 他のユーザーによって変更されたスライドが強調表示されます。
  • 最近の変更: PowerPoint は、共有のプレゼンテーションへの前回のアクセス以降、だれが編集したか表示されるようになりました。
  • デザイナーの機能強化: デザイナーで、タイムラインのお勧めのデザイン アイデアが箇条書きで提案されるようになりました。
  • アクセシビリティを向上させるのに役に立つサウンド: 音声キューを有効にすると、作業中に操作を指示してもらうことができます。[ファイル] > [オプション] > [簡単操作] の順に選択すると見つかります。アドインは必要ありません。 詳細情報

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • エンタープライズ リソースがローカル リソースを置き換え、保護された作業が有効になっているときに、実績作業時間が誤ってエンタープライズ リソースに転送される問題の修正。
  • 最初の列がタスク名で、その列がロックされている表がある場合に、タスクをクリックするとプロジェクトがクラッシュする問題の修正。
  • [タスク配分状況] ビューから、同じリソースに同じリソースを複数回割り当てることができる問題の修正。
  • XML ファイルを開くときにユーザー設定の数値フィールドの値が失われる可能性がある問題の修正。
  • 最上位のタスクのインデントが、プロジェクトから SharePoint タスク リストに適切に同期しない問題の修正。
  • タスク、リソース、または割り当て情報を Excel ブックからインポートすると、作業フィールドの値が無視されることがある問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーの名前が不明の場合、組織の自動応答によって処理される着信呼び出しに対して発信者の電話番号を表示します。
  • インバンド設定を追加し、[ロビーで待つ必要のない参加者] の [すべてのユーザー (制限なし)] の制限をオプションとして許可します。
  • P2P ビデオ通話用のセルフビデオを VDIv2 でオンまたはオフにする機能を追加します。
  • 呼び出しドロップダウン メニューで連絡先の番号が重複して表示されるという問題の修正。
  • Skype for Business と Skype for Business Basic の間を移動するユーザーの代理人が削除されるという問題の修正。
  • [オフラインでの表示を有効にする] および [カスタム状態 URL] クライアント ポリシーを使用する場合、[オフラインで表示] が表示されないという問題の修正。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 学習ツールを使用した編集: Word の Web レイアウトで学習ツールを使用できるようになりました。テキストの間隔を調整し、編集時に音節を表示します。任意のビューで、文書が読み上げられるときに単語が強調表示されていることを確認してください。 詳細情報
  • LaTeX 構文: LaTeX 構文を使用して数式を作成および編集します。
  • アクセシビリティを向上させるのに役に立つサウンド: 音声キューを有効にすると、作業中に操作を指示してもらうことができます。[ファイル] > [オプション] > [簡単操作] の順に選択すると見つかります。アドインは必要ありません。 詳細情報

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • mscomctl.ocx の 64 ビット サポートを追加します。これにより、Office の 64 ビット バージョンで作業しているユーザーがコモン コントロールの含まれるマクロ ファイルを作成、編集、また開くことができるようになります。
  • mscomctl.ocx で使用されているコントロールのアクセシビリティを向上させます。

Current Channel

2017 年 7 月 19 日
バージョン 1706 (ビルド 8229.2103)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneDrive クライアントと同期しているドキュメントへの変更を保存しようとするとエラーが発生する問題を修正します。
  • フィルター エリアにフィールドがあるピボットテーブルがあり、他にはフィールドがない場合に、ワークシートに変更を加えることができない問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [会議に参加] ボタンを拡大することで、一部のローカライズされた言語が切れてしまう問題を修正しました。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 描画キャンバス内の図形を回転できない問題を修正します。
  • 韓国語を入力する場合、子音や母音が正しく区切られない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • コマンドが、リボンまたはクイック アクセス ツール バーのカスタマイズ ダイアログに表示されない問題を修正します。

Current Channel

2017 年 7 月 13 日
バージョン 1706 (ビルド 8229.2086)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8570:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Current Channel

2017 年 6 月 28 日
バージョン 1706 (ビルド 8229.2073)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ペンのカスタマイズ: 手描き入力についてペンと蛍光ペンの個人用設定を選択します。カスタマイズした設定は、お使いのすべての Windows PC でご利用いただけます。
  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。
  • Azure Data Lake Store コネクタ: ユーザーは、Azure Data Lake Store からデータをインポートできるようになりました。
  • "サンプルからの列の追加" の機能強化: 推奨事項、その他の日付/時刻の操作、追加の変換をサポートしています。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 新しいアカウントの構成: 新しいウィザードによる新しいアカウントの設定では、手動の手順が少なくなりました。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ペンのカスタマイズ: 手描き入力についてペンと蛍光ペンの個人用設定を選択します。カスタマイズした設定は、お使いのすべての Windows PC でご利用いただけます。
  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • プロジェクトを XML ファイル形式で保存すると、時間配分のベースライン値が最初の値に一致しないという問題を修正します。
  • Project クライアントで、プロジェクトがチェックアウトされていないのにチェックアウトされていると判断され、プロジェクトが開かないという問題を修正します。
  • Project ファイルをファイル サーバーから開くときの待ち時間が長い問題を修正して、速く開くようにします。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • チャットで、[重要度 - 高] のメッセージをもっと目立つようにします。
  • Office と Skype for Business のファイル拡張子の種類を、許可するファイル転送ブロック リストに追加します。
  • フッター テキストが英語以外に設定された会議について、Outlook の会議出席依頼でのローカライズの修正。
  • 送信者の名前を複数のユーザーの会話に切り替えることができるという問題を修正します。
  • 会議に正常に参加するまで、空の会話ウィンドウが表示されないという問題を修正します。
  • タイトル フィールドが空の場合、連絡先カードの部署フィールドの情報が検索結果で空になるという問題を修正します。
  • ファイアウォール ルールにより、オンプレミスからオンラインに移行したユーザーについてサインインが失敗する問題を修正します。
  • ユーザーが LyncAutoD を実行して外部ネットワーク上のクライアントにサインインすると、クライアントが OAuthUsed レジストリ キーを false にリセットするという問題を修正するための新しい DWORD レジストリ キーを追加します。問題を修正するには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Lync\ < SipID > の下の EnableRestoreOAuthUsedKeyWhenUsingCachedWebTicket の値を 1 に設定します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ペンのカスタマイズ: 手描き入力についてペンと蛍光ペンの個人用設定を選択します。カスタマイズした設定は、お使いのすべての Windows PC でご利用いただけます。
  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。

Current Channel

2017 年 6 月 13 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2102)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel 2010 以前に作成されたブックにプログラムで保護パスワードを適用する場合にシートに設定されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8506:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8507:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8508:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0283:Windows Uniscribe のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8550:Skype for Business のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0292:Windows PDF のリモート コード実行の脆弱性 
  • CVE-2017-8509:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性  

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0260:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8510:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8512:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Current Channel

2017 年 6 月 7 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2075)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コピーの保持:セルをコピーしてから貼り付けるまでの間も、入力やセルの挿入など他のタスクを実行できます。
  • [データ] タブ:[データ] タブのリボン ボタンは、[取得と変換] と [クエリと接続] という 2 つの新しいグループに整理されました。
  • クエリの共有:すべてのクエリの定義を Office データベース接続 (ODC) ファイルにエクスポートし、複数のブックで、または他のユーザーと共有します。
  • データの読み込み クエリのデータをピボットテーブルまたはピボットグラフに直接読み込みます。データ モデルにデータを保存する必要はありません。
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターで、サンプルの値を入力して、新しい列を作成します。入力すると、Excel で必要な変換が検出され、新しい列のプレビューが表示されます。
  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Excel は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グループ化したワークシートで、結合と中央揃えが機能しない問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: 現在、OneNote は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。 詳細

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: 現在、Outlook は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。 詳細情報
  • リンクの添付ダイアログ: リボンの [ファイルの添付] を使ってリンクを添付する場合、リンクとして追加するのか、添付ファイルとして追加するのかを選ぶことができます。このダイアログを毎回表示しないようにするには、[ファイル] > [オプション] > [全般] の順に移動して、[添付ファイルのオプション] でリンクの添付方法を指定します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ビデオのクローズド キャプション: アクセシビリティを高めるため、ビデオにクローズド キャプションを追加します。 詳細情報
  • デザイナーの機能強化: デザイナーが、スライドに追加されたグラフのデザイン アイデアを提案するようになりました。
  • Windows 情報保護 (WIP) のサポート:   現在、PowerPoint は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Project Online で各エンタープライズ プロジェクト テンプレート (EPT) がプロジェクト サイトの独自の URL を持つようになり、[プロジェクト サイトの作成] ダイアログがサイトの正しい場所を示すように修正されます。
  • 保存プロンプトの前に VBA BeforeClose イベントが発生する結果、保存プロンプトに対するユーザーの応答をプログラムによって判断する手段がないという問題を修正します。
  • プロジェクトの状況報告日の後に開始するタスクに対して [実際の達成率] が正しく重ね合わされない問題を修正します。
  • コストと時間単価型リソースが同じタスクに割り当てられているとタスクの進捗管理者を変更できない問題を修正します。
  • プロジェクト全体を平準化すると特定のプロジェクトで無限ループに陥る問題を修正します。
  • 特定のスペイン語の地域設定を行うと、タスクの開始日と終了日が SharePoint タスク リストと正しく同期しないという問題を修正します。
  • Project クライアントから状態承認プロセスを開始するとプロセスが終了せず、プロジェクトが使用できない状態になる問題を修正します。
  • 中国語と英語の単語があると、印刷プレビューでタスク名が正しくレイアウト表示されないという問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リンクの挿入: IM およびグループ チャットにリンクを追加し、そのリンクを示すために完全な URL の代わりにわかりやすいテキストを指定します。
  • 画面共有の通知: IM の会話で画面を共有しているとき、または会議が終了した後に画面共有が継続されているときに、会話ウィンドウに通知が表示されます。この通知は、画面を共有していること、および [共有を停止] ボタンで簡単に共有を停止できることを示します。
  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: Skype for Business は現在、WIP でのみ動作するアプリとしてサポートされています。Skype を許可されたアプリの一覧に追加すると、個人データが処理されないことが Windows に示されます。Windows では Skype for Business に代わってデータが保護されます。  詳細

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ポリシーで音声が無効になっているユーザーへの呼び出し試行メッセージを、「通話を完了することができません」から「IT 管理者がオーディオを制限しているため通話することができません。インスタント メッセージや電子メールを使用して、IT 管理者にご確認ください。」に変更します。
  • Skype for Business Online の PSTN 会議が有効なユーザーへの会議出席依頼に、「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」のハイパーリンクが追加されます。
  • チームが Skype for Business Online から会議に参加できるようになります。
  • ラウドスピーカーのセッション音量の既定値を 40% から 75% に変更します。
  • タブのリストをより小さな最小幅までサイズ変更できるようになりました。
  • タブの順序と一致するようにショートカット キーを更新します。
  • ヘブライ語のテキストをモバイル デバイスから送信するときに方向が間違っていましたが、これを修正します。
  • [デスクトップの表示]/[制御を渡す] 機能を指してスクリーン リーダーが読み上げる情報の問題を修正します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 強化された [エディター] ウィンドウでの文書作成支援: [エディター] ウィンドウは、高度なスペル チェック、文章校正、文章のスタイルの推奨に使用します。支援技術の高度なサポートにより、アクセスできるように作成されています。
  • 代替テキストの作成: クラウドベースのサービスによって、ドキュメントの画像に対して代替テキストが自動で生成されます。
  • Windows 情報保護 (WIP) のサポート:   現在、Word は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細

Current Channel

2017 年 6 月 1 日
バージョン 1704 (ビルド 8067.2157)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 段落が多数表示されている場合、OneNote キャンバスでコンテンツまたは更新プログラムが非表示になる問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マシンのメモリが不足すると、Outlook ナビゲーション ウィンドウが表示されない問題を修正します。

Current Channel

2017 年 5 月 18 日
バージョン 1704 (ビルド 8067.2115)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることが簡単にできるようになりました。 詳細情報
  • 既定のピボットテーブルのレイアウトをカスタマイズする: ピボットテーブルを好きなように設定し、新しいピボットテーブルを作成するときはいつもそのレイアウトで始めるようにします。 詳細情報
  • データ インポートの拡張機能: さまざまなソースからデータを簡単にインポートし整形します。[クエリと接続] 作業ウィンドウでブックのクエリと接続を管理し、ODC ファイル経由でクエリを他のユーザーと共有します。 詳細情報
  • 取得と変換の機能強化: ユーザーは、例に従って新しい列を作成したり、テーブル列を行に分割したりすることができます。SAP HANA へのパラメーターの指定とデータのグループ化がより簡単にできるようになりました。
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細情報
  • クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ 下付き文字アイコンと上付き文字アイコンは、クイック アクセス ツールバーに追加できます。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 優先受信トレイ: 受信トレイは、[優先] と [その他] の 2 つのタブに分かれています。メッセージの分類は、メッセージの内容と、一番やりとりの多い相手がだれかに基づいて行われます。 詳細情報
  • 最も頻繁に使用するグループにすばやくアクセスする: 一番やりとりの多いグループが、[フォルダー] ウィンドウの [グループ] のリストの先頭に表示されるようになりました。
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • 操作可能なメッセージ:  開発者は、ユーザーが外部の Web サイトまたは別のアプリに切り替えずに、Outlook から単純なアクションまたはクイック アクションを簡単に実行できるようにするメッセージを作成できます。 詳細情報
  • オンプレミスの添付ファイルのサポート: オンプレミスの SharePoint Server からのファイルは最近使用したファイルとして [メッセージ] > [添付ファイル] に表示され、オンプレミスの OneDrive for Business および SharePoint チーム サイトは [添付ファイル] > [Web 上の場所を参照] に表示され、ローカル ファイルはオンプレミスの OneDrive for Business サイトにアップロードすることができます。
  • グループのビジネスの分類:  グループを作成または編集するとき、テナント管理者によって定義されたビジネスの分類レベル (例: 社外秘) を割り当てることができ、その分類はグループ ヘッダーに表示されます。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • レコーディングのナレーション: プレゼンテーションをレコーディングするときに、自分のナレーションのビデオを含めることができます。レコーディングには、アニメーション、インク、オーディオ、ビデオを含めることができます。
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細情報

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 先行タスクを簡単に設定できるドロップダウン: ガント チャートのドロップダウンを使用して、どの先行タスクまたは後続タスクをタスクにリンクさせるかを選択します。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 個々の図形としてタイムラインを PowerPoint にコピーする機能が作動しない問題を修正します。
  • [プロジェクト間のリンク] ダイアログに値 "ファイルが見つかりません" が予期せず表示される問題を修正します。
  • 最大単位数が 0 のリソースを割り当てると結果が矛盾する問題を修正します。
  • 割り当ての開始日を削除すると、タスクの開始日が [できるだけ早く] にリセットされ、先行タスクなどが無視されることにより、割り当ての先行分割が生じる問題を修正します。
  • [最近使った項目] メニューを使用して SharePoint からファイルを開くと、設定 [ドキュメントを編集する前に必ずチェックアウトする] が有効になっていても、プロジェクトが自動的にチェックアウトされる問題を修正します。
  • Project プロファイル アプリケーションに直接移動すると、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • Project 2013 からアップグレードしたユーザーに対して、手動でスケジュールされたタスクが正しく更新されない問題を修正します。
  • SharePoint タスク リストからプロジェクトを開くと、Project がタスク同期プロセスを開始するときに Project がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • [チームの作成] に移動すると Project がクラッシュすることがある問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ルームの選択] 一覧に、フォローされているルームに加え、開かれているルームを表示します。
  • カスタムの RCC アプリが有効になっているときに VoIP 機能を無効にする機能を追加します。
  • オフライン IM の紹介文を「Skype for Business モバイル アプリをお試しください」に変更します。
  • 自動承諾された会話の会話ウィンドウが最小化ウィンドウではなく通常のウィンドウで開き、予期せずに他のウィンドウから注意をそらしてしまう問題を修正します。
  • [Skype 会議のオプション] ダイアログ ボックスでスクリーン リーダーを使用する場合の問題を修正します。
  • 出席依頼の最初のメッセージが不在着信した会話の電子メールに表示されない問題を修正します。
  • [新しい Skype 会議] ボタンを使用して Outlook から会議出席依頼を作成するときに重複するダイヤルイン番号が表示される問題を修正します。
  • スクロール バーが表示されている場合、IM 履歴のすべての会話を Ctrl + A を使用して選択しようとすると、すべての会話が選択されない問題を修正します。
  • Export-CsArchivingData コマンドレットを使用すると、出力テキストの形式が正確に同じでないことがある問題を修正します。
  • 3 人以上の参加者で [会議の開始] を使用すると、会議の開催者がリモートの参加者のビデオを見ることができない問題を修正します。
  • ユーザーが参加者リストの別のユーザーの名前を右クリックすると、会議の参加者一覧の最初の行が空白になる問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • サード パーティ製ステンシルの検索: 選択したコンテンツ プロバイダーから提供されるサード パーティ製のステンシルを検索します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。  詳細情報

Current Channel

2017 年 5 月 9 日
バージョン 1703 (ビルド 7967.2161)


Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Current Channel

2017 年 4 月 21 日
バージョン 1703 (ビルド 7967.2139)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 新機能ダイアログ: 新機能のために Access を更新してから開くと、Access の新機能が強調表示されたダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスは、[ファイル] > [アカウント] > [新機能] からでもアクセスできます。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターを使用して列を分割するときに区切り記号文字を自動検出します。バイナリの結合に使用するサンプル ファイルを選択し、DB2 コネクタを使用するときに接続するパッケージ コレクションを指定します。
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細情報
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • TEXTJOIN、CONCAT、IFS、MAXIFS、MINIFS など、Office 2016 のリリース後に導入された新しい機能がない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Office 365 のグループへのゲスト アクセス: 組織外のユーザーにグループ会話、ファイル、予定表への招待、グループ ノートブックへのアクセス権を付与し、共同作業を行います。 詳細情報
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細情報

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 添付ファイルの幅は、ファイル名とアクセス許可情報に合わせて視覚的に拡張されます。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • QuickStarter: アウトラインを自動的に作成し、ユーザーの選択対象に対して調査を開始できるようにします。 詳細情報
  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • 代替テキストの作成: クラウドベースのサービスによって、プレゼンテーションの画像に対して代替テキストが自動で生成されます。
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細情報
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • パスワードのリセット オプション: ユーザーがサインインに少なくとも 1 回失敗すると、サインイン ウィンドウにリセット ボタンのリンクが表示されます。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 企業ネットワークの内部と外部との切り替え時にユーザーがサインインできなくなるという問題を修正します。
  • コンサルティング転送で IM からオーディオにエスカレーションする場合にチャット領域が閉じない問題を修正します。
  • 2 つのエンドポイントの同時呼び出しを使用している場合のトースト通知で、名前が切り捨てられる問題を修正します。
  • ファイル共有通知でファイル名が切り捨てられる問題を修正します。
  • [通話に戻る] ボタンと転送ボタンのツール ヒントを追加します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、コンサルティング転送ウィンドウにおける保留の時間を使用できるようにします。
  • コンサルティング転送の既定の設定として、IM または通話のいずれかを選択できる機能を追加します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Excel データから図を作成します。 新しいデータ ビジュアライザーのテンプレートを使用して、Excel データから基本フローチャートまたは部門連係フローチャートを自動的に作成します。 詳細
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細情報
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • PDF としてドキュメントを保存すると、バージョン 1.7 の PDF としてドキュメントが保存されます。

Current Channel

2017 年 4 月 11 日
バージョン 1702 (ビルド 7870.2038)


Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API

Current Channel

2017 年 3 月 27 日
バージョン 1702 (ビルド 7870.2031)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがセル レベルのアクセス許可を適用しようとすると Excel がクラッシュするという問題を修正します。
  • OneDrive for Business にサイズの大きなファイルを保存すると、ファイルがロックされ、ユーザーが Excel を終了して再度開くまでファイルを編集できないという問題を修正します。
  • .xls ブックを開くと、新しいウィンドウが灰色表示されるという問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが PST ファイルを検索できないという問題を修正します。
  • "新しい Outlook データ ファイル" ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。

Current Channel

2017 年 3 月 14 日
バージョン 1702 (ビルド 7870.2024)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Current Channel

2017 年 3 月 9 日
バージョン 1702 (ビルド 7870.2020)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • 大きい数値 (bigint) のサポート: Access テーブルで大きい数値データ型を使用して、大きい数値を計算したり、SQL Server の bigint などの同等のデータ型を使用する外部データベースへの関連付けや外部データベースからのインポートを行ったりします。 詳細情報

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 取得と変換の機能強化: ODCB コネクタと OLEDB コネクタのナビゲーター ダイアログで [関連テーブルの選択] を使用し、フォルダーの [データのプレビュー] ダイアログから複数のファイルを直接結合して、[クエリ エディター] ウィンドウで新しいコンテキスト メニューを使用して既存のクエリに新しい手順を挿入できます。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ハイパーリンクを挿入するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • XML の対応付けを追加するときに Excel が失敗する可能性がある問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • VBA で DLL シートを操作するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • グラフ シートのフォーム コントロール コンボ ボックスを選択すると Excel がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 共有ファイルへのアクセスの確認: Outlook は、受信者が添付されている OneDrive ファイルまたは SharePoint ファイルにアクセスできない可能性がある場合は、事前にユーザーに通知し、問題を解決する方法を提案します。
  • 添付ファイルに対するアクセス許可の設定: OneDrive または SharePoint の添付ファイルに関して、ユーザーは、組織内または組織外の受信者に添付ファイルに対する読み取りまたは編集のアクセス許可を付与するかどうかを設定できます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 高 DPI を使用するコンピューターから送信されるメッセージ内の画像が真っ暗になる問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • デジタル ルーラー: タッチ スクリーンを備えたデバイスで、[描画] > [ルーラー] の順に移動し、ペンや指で直線を描画したり、オブジェクトのセットを配置したりできます。 詳細情報
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • デザイナーの機能強化: アクション指向リストの本格的なデザイン アイデアを提案します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • mfplat.dll ファイルがインストールされていないコンピューターで [デザイン アイデア] ウィンドウを表示すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • タスク サマリー名:   タスクのサマリー タスクの名前を表示する読み取り専用タスク フィールドです。  

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • プロジェクトを保存すると基準計画の情報が失われる問題を修正します。
  • 大規模なプロジェクト計画の印刷イメージが読みにくい問題を修正します。
  • Project Web App で編集したプロジェクトの数式フィールドに適切な値が表示されない問題を修正します。
  • プロジェクト計画のリソースのエンタープライズ カスタム フィールドの情報が正しく保存されない問題を修正します。
  • タスクの作業時間の達成率 (%) 情報を更新すると、タスクの達成率 (%) 情報が更新される問題を修正します。
  • プロジェクトを保存するとプロジェクトの所有者が変更される問題を修正します。
  • サマリー タスクの CPI の計算が正しくない問題を修正します。
  • 保護された基準計画データの保存がユーザーに対して許可されていない場合でも、タスクのコピーと貼り付けにより基準計画データが引き継がれて保存される問題を修正します。
  • Excel のデータをインポートすると、タスクと割り当てに関するデータが不正確になる問題を修正します。
  • レポートを開いてから閉じると Project がクラッシュする問題を修正します。
  • カスタム リストに検証の設定が含まれている場合に、プロジェクトを保存すると Project が停止する問題を修正します。
  • [フィルターの定義] ダイアログの [テスト] 列に ">" 文字を入力するときに、"より大きい" という意味に正しく解釈されない問題を修正します。
  • "基準計画" に関するイナズマ線の表示の問題を修正します。
  • フィールド名のドロップダウン リストがフィルターをカスタマイズするときに表示されない問題を修正します。
  • バー スタイルのプレビューが [バーのスタイル] ダイアログに表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Publisher に CMYK TIF 画像が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • コンサルティング転送を行う場合、[転送] ボタンを右クリックして、連絡先の電話番号一覧を表示する機能を追加しました。
  • 一般的なエラー メッセージが改善され、問題の原因は、ユーザーが無効なライセンスを持っているか、ユーザーにライセンスが割り当てられていないかであることが明確になります。
  • ユーザーが特定の連絡先と会話を開始し、別の連絡先を追加しようとすると、会話ウィンドウのタイトルに一部の連絡先が表示されない問題を修正します。
  • ナレーターが通知の 2 行目を読まない問題を修正します。
  • 通話が、参照された番号ではなく VOIP に転送される問題を修正します。
  • ユーザーが [コンテンツ] ウィンドウに移動するときに、ナレーターによって正しくない情報が読み上げられる問題を修正します。
  • ホワイトボードのコメントにマウス カーソルを移動するときに作成者と変更者の名前が表示されない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • スライド スニペット: Visio 図面のスニペットを取得し、PowerPoint のスライドとしてエクスポートします。 詳細情報

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新プログラムが含まれています。

  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 並べて表示: 印刷レイアウト表示で、積み重ねられた紙のように横にスライドさせてページを移動します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 脚注にある上付き番号の垂直方向の配置が正しくない問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。

最新機能提供チャネル

2017 年 2 月 23 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2060)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: 値の間に区切り記号を含む新しいテキスト列にリストを展開し、SQL に接続する際のフェールオーバー オプションを指定します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムで添付ファイルの共同作業を行います。 OneDrive for Business に添付ファイルをアップロードして、すべてのユーザーが最新バージョンで作業できるようにします。添付ファイルのドロップダウン メニューを使用して、アップロードまたは保存します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 画像をトリミングすると、画像のトリミングした部分が暗く見える問題を修正します。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マスター プロジェクトとサブプロジェクト間のプロジェクト間リンクを作成するときにリンク線が表示されない問題を修正します。
  • 特に期間の一部を含む作業時間とコストの値など、時間配分のベースライン値が XML 形式に正しく保存されない場合があるという問題を修正します。
  • 状態の更新を適用すると、チーム メンバーが報告していない割り当てに実作業が追加されるという問題を修正します。
  • リソースのベースラインが作成されていない場合でも、リソースのベースライン値が表示されるという問題を修正します。
  • 印刷プレビューがテキストをクリップするためテキストが見えなくなる問題を修正します。
  • ショートカット URL を使用して SharePoint から .mpp ファイルを開くと、"編集する前にドキュメントをチェックアウトする必要がありますか?" の設定が有効になっている場合でも、ファイルがチェックアウト済みとして開くという問題を修正します。
  • Project Web App からの数量単価型リソースに対する更新によって、時間配分データが正しく変更されないという問題を修正します。
  • マイルストーン タスクを含むプロジェクトを開くと、そのプロジェクトを最後に保存したときの日付が設定されていなくても、実際の開始日が追加される場合がある問題を修正します。
  • 作業分解構造 (WBS) の番号の再設定に関する問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows の通知スタイル: 着信と会話の通知の外観を変更します。 詳細情報
  • コンサルティング転送: 通話内から、IM または通話を介して別のユーザーに通話の転送について相談した後、通話をそのユーザーに転送します。 詳細情報
  • マイク通知: オペレーティング システムでマイクがミュート状態の場合、またはマイクが音声を受信していない場合は、会話ウィンドウに通知を表示します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 参加者の許可または拒否に使用するロビー ボタンをテキストから画像に (X またはチェックマーク) に変更します。
  • 会議のリマインダー通知テキストを "承諾" から "参加" に変更します。
  • 受信者の状態が [応答不可] に設定されたときに、IM の送信者に表示するメッセージを更新します。
  • 受信者がオフラインであり、"履歴に保存" が無効になっている場合は、IM の送信者に表示するメッセージを更新して、受信者がメッセージを受信しないことを明確にします。
  • グループ チャットのチャット履歴と参加者一覧の間の左右分割バーを移動する機能を追加します。
  • IM またはチャット ルーム ウィンドウにあるタブのリストのサイズを変更する機能を追加します。
  • トピック フィードを作成するときに検索されたチャット ルームを選択する機能を追加します。
  • 会話中のチャット履歴にメッセージが表示されなくなる問題を修正します。
  • 会話ウィンドウに重複したメッセージが表示される問題を修正します。
  • 通知が大量にある場合に、トースト通知のアクション (承諾と無視) が正しく表示されない問題を修正します。
  • Alt + Tab を使用して最小化されている会話ウィンドウを開くと、ユーザーがメッセージを入力できないという問題を修正します。
  • IM が利用可能であっても、ユーザーの連絡先カードの IM ボタンが灰色表示されるという問題を修正します。
  • 複数の会話ウィンドウを閉じてから再度開くと、以前のサイズと位置で開かないという問題を修正します。
  • 選択したときにカスタム リンクが起動しないという問題を修正します。
  • [地域] フィールドのオンライン会議テキストが英語以外の文字で正しく表示されない問題を修正します。
  • 通話時間などの通知情報が右から左方向の言語で正しく表示されない問題を修正します。
  • トピック フィードを作成するときに、検索結果をクリアしても、フォローされているルームのリストに結果がリセットされないという問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データベース モデルのアドイン: アドインを使用して、既存のデータベースのデータベースモデルを作成し、新しいデータベースの計画や既存のデータベースの理解に役立てます。 詳細情報 アドインのダウンロード

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 1 つの文書を閲覧モードで表示すると、印刷レイアウトで表示中の 2 つ目のドキュメントで Tab キーが機能しない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドイツ語のキーボードで CTRL + ALT + 7、または CTRL + ALT + 8 を使用すると、適切な文字が挿入されず、ユーザー フィードバック ツールが開くという問題を修正します。
  • Office をインストールまたは更新すると、Windows 7 で TraceLogging がクラッシュする問題を修正します。

最新機能提供チャネル

2017 年 1 月 31 日
バージョン 1612 (ビルド 7668.2074)


OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • GrooveIntlResource.dll を正常に読み込むことができない場合 (通常の状況ではそうではありません)、ユーザーが同期済みフォルダーでファイルを開いたり保存したりしようとすると Office アプリがクラッシュする、あるいは Windows エクスプローラーを使用して同期済みフォルダーに移動すると Windows エクスプローラーがクラッシュする問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 同時に複数の会話ウィンドウが開いているときに Skype for Business がハングする問題を修正します。

最新機能提供チャネル

2017 年 1 月 25 日
バージョン 1612 (ビルド 7668.2066)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有ファイルの変更 共有ドキュメントに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細情報
  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。
  • ペン ボタンでなげなわ選択: リボンにアクセスすることがなく、サポートされているデジタル ペン ボタンを使ってインクのなげなわ選択を行います。
  • データ変換と接続性の機能強化: パーセンテージ データ型がサポートされるようになり、バイナリの結合関数作成の操作性が強化されました。
  • OLEDB コネクタ: Get & Transform で OLEDB コネクタを使用して、クエリを作成し、接続文字列、および必要に応じて、実行する SQL ステートメントを指定することによってデータをインポートします。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office テーマを [黒] に設定して、[ブック クエリ] ウィンドウでクエリを右クリックすると「予期しないエラー」エラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • ユーザーが [ピボットテーブル オプション] にアクセスしようとすると、Excel がクラッシュする問題を修正します。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office が Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 以外の場所から更新プログラムを受け取るように構成されている場合、適切なレジストリ キーによって OneDrive for Business を無効に設定しても無効にならないという問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ファイルと画像の同期の制御: [ファイル] > [オプション] > [同期] と移動し、すべてのファイルと画像を、ノートブック内のすべてのページに自動的にダウンロードするかどうかを制御します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ページより大きい画像を印刷すると OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ピン留め可能な作業ウィンドウ: メールボックス内のメッセージ間の切り替え中に、アドインの作業ウィンドウを開いたままにします。 詳細

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のスレッドの添付ファイル一覧にある添付ファイルを右クリックすると、該当するメニュー項目だけでなく、すべてのコンテキスト メニューが表示されるという問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有ファイルの変更 共有ドキュメントに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細情報
  • クローズド キャプション: クローズド キャプションが設定されているビデオがスライドに含まれていると、キャプションをスライドショーで再生できます。
  • 複数のオーディオ トラック: 複数のオーディオ トラックが設定されているビデオがスライドに含まれていると、それらのトラックをスライドショーで再生できます。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スライド ショー モードでナレーションを付けて実行している場合、ユーザーがハイパーリンクをクリックし、対象サイトの読み込み速度が遅いと、PowerPoint がクラッシュするという問題を修正します。
  • 表に関して共同編集が動作しないというリアルタイム入力の問題を修正しjます。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • [ロック] フィールド: チーム メンバーが、タスクに関する更新を送信できないようにするには値を [はい] に設定します。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グリッド ベースのビューを切り替えてナレーションを有効にすると Project がクラッシュするという問題を修正します。
  • XML ファイルを開くときにタイムスケール データの切り捨てに関する正しくないエラー メッセージが表示されるという問題を修正します
  • 基準計画の保存で、タイムスケール値が正しく設定されないという問題を修正します。
  • XML ファイルからプロジェクト データを読み取るときに割り当ての延期期間が無視されるという問題を修正します。
  • Project Online からファイルを開くときに、[最終更新日] にタイムゾーン調整済み時刻ではなく UTC 時刻が表示されるという問題を修正します。
  • カラー バンドをグループ化すると、シート ビューを印刷するときにグループ化されていない行に表示されないという問題を修正します。
  • 最大単位を超えて割り当てられたタスクをユーザーが検査するときに修復オプションが適切にユーザーに表示されないという問題を修正します。
  • プロジェクトの発行後、[アウトライン コード] フィールドの値を変更できないという問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 前回の会話ウィンドウが、他のすべてのタブを閉じると空白になるという問題を修正します。
  • タブ表示の会話が無効になっていると、チャット入力領域に既定のフォーカスが置かれないという問題を修正します。
  • 会議の招待に「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」リンクが表示されないという問題を修正します。
  • 高 DPI スクリーンを 175% 以上の表示倍率で使用すると、[全般] ページまたは [オーディオ デバイス] ページで一部のテキストが切り捨てられて省略されるという問題を修正します。
  • ネットワークに接続していない、AOAC (Always On/Always Connected) コンピューターを中断する、または再開すると、Skype for Business がクラッシュするという問題を修正します。
  • Polycom CX100 デバイスを使用している場合に、発信でマイクが検出されないという問題を修正します。
  • IM メッセージで \\サーバー名またはファイル:// などのリンクを選択すると、対象の場所が開くのではなくエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • 場所に基づいたルーティングを使用する仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で、サーバーがユーザーの場所では PSTN 通話を行えないと判断し、PSTN 通話の発信/受信を行えないという問題を修正します。
  • ユーザーの状態が「取り込み中」または「発表中」に設定されている場合に不在着信メッセージで送信される電子メールの件名行が、「不在着信した <名前> との会話」から「<名前> さんが Skype for Business でメッセージを送信しました」に変更されます。
  • 全数調査データの一環としてデバイスに初めてサインインしたときのタイムスタンプの キャプチャを開始します。 サインインの信頼性の傾向を特定するのに役立ちます。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ機能の向上: キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用して図形を扱ったり、他の対象を編集したりするなどのサポートが改善されました。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有ファイルの変更 共有ドキュメントに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数の文法ライブラリが読み込まれると Word がクラッシュするという問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • インクを使用して描画し、マウスを使用してマウス ボタンを離すと、インクが若干ずれるという問題を修正します。
  • Office ドキュメントに SVG 画像を挿入し、その後ドキュメントを保存してから再び開くと、SVG 画像が表示されなくなるという問題を修正します。
  • Office で英語以外のユーザーのライセンス認証中に次のエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。"プロダクト キーの最大の長さは 25 文字です。"

Current Channel

2017 年 1 月 4 日
バージョン 1611 (ビルド 7571.2109)


:マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002 で説明されているセキュリティ更新プログラムは、このチャネル リリースでは、Word のバージョンには適用されません。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • CSV または CSV UTF-8 として保存する際にテキストや二重引用符を含んだセルの値が正しくエクスポートされない問題を修正します。
  • Excel を閉じるときにハングするかクラッシュする問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Malwarebytes 3.0 がインストールされているコンピューターで PowerPoint を開く際に、"動作が停止しました" のエラーが表示されるか PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • [ファイル] > [新規作成] に既定のテンプレートが表示されない問題を修正します。
  • 埋め込みフォントを含むファイルが自動的に保存されるときにテキストの入力が中断され遅延する問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2016 年 12 月 13 日
バージョン 1611 (ビルド 7571.2075)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Current Channel

2016 年 12 月 6 日
バージョン 1611 (ビルド 7571.2072)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • マップ グラフ: 異なる地理的領域間で値を比較し、カテゴリを表示します。 詳細情報
  • SVG 画像: ブックにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにブックを保存します。
  • アクセシビリティ機能の向上: ブックの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 連結式を含むハイパーリンクが連結結果の一部を無視する問題を修正します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) の Excel の表を Word に貼り付けると表の書式が保持されない問題を修正します。
  • ブックに MS Excel 4.0 マクロ ワークシートが含まれていると、ユーザーが [名前を付けて保存] を実行できない問題を修正します。
  • CTRL+ALT+5 を、他のアプリケーションに一致するオブジェクト層に選択範囲を移動するショートカットにします。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • SVG 画像: 電子メールにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報
  • タップ: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細情報

     

    注:この機能には、次の Office 365 SKU のいずれかが必要です。Business Premium、Enterprise E3、または Enterprise E5。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • SVG 画像: プレゼンテーションにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 共同編集時のリアルタイム入力: 他のユーザーがプレゼンテーションで作業している場所を参照して、他のユーザーの入力する変更内容を表示します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使った項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにプレゼンテーションを保存します。
  • 正確なインク図形の作成: セグメント消しゴムをドラッグして、線のぎりぎりまで余分なインクを削除します。
  • ペンを使ったオブジェクトの選択と操作: デジタル ペンを使ってオブジェクト ハンドルをつかみ、オブジェクトの移動、サイズ変更、回転を行うか、サポートされているペン ボタンを使って、インクのなげなわ選択を行います。
  • アクセシビリティ機能の向上: プレゼンテーションの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Adobe Illustrator からのスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像のコピーに関する問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • タイムライン ラベル: ラベルを使用して内容を示す名前を付け、タイムライン バーを区別します。
  • タイムラインの進行状況のインジケーター: タイムライン ビューのチェック マークと色付きの進行状況バーを使用し、各タスクの進行状況を表示します。
  • アクセシビリティ機能の向上: プロジェクトの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 175% 表示の高 DPI 画面で、ガント バーのサイズが正しく設定されない問題を修正します。
  • ユーザーが [タスク情報] ダイアログ ボックスでラグ タイム (時間差) を設定すると、ラグ タイムが誤って継続期間に設定される問題を修正します。
  • 特定の XML ファイルを開くと、割り当てに関する問題が原因でタスクの開始日が正しく設定されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • UI の [共有] への更新: [デスクトップの表示] を [画面の共有] に、[プログラムの表示] を [ウィンドウ​​の共有] に変更するなど、UI 要素で [表示] を [共有] に変更します。
  • [自分の番号] の無効化: DisableDisplayMyNumber レジストリ エントリを使用して、ダイヤル パッドの下の “自分の番号” を無効にします。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で音声通話のコントロール ボタンをクリックしたときに、オーディオ コントロール パネルが表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • アンパサンド (&) などの特定の特殊文字を、検索入力ボックスまたは [本日の予定やメッセージを入力] セクション ボックスに入力できない問題を修正します。
  • 不在着信したオフラインの IM がある場合に未読アイテム数が表示されない問題を修正します。
  • [電子メールで招待] テンプレートの説明が Skype ではなく Lync である問題を修正します。
  • ダイヤル パッドの下にある [自分の番号] 領域に行番号が表示されない問題を修正します。
  • チャットでメッセージを送信した後、IM 入力領域にマウス ポインターが表示されない問題を修正します。
  • サインイン時にキャッシュ プールの読み込みに問題がある場合、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • サインインして会話を復元すると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • 再開後にサインインすると、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • 両方の組織の Exchange サーバーで TNEF が無効になっていると、会議のリンクが無効になる問題を修正します。
  • 継続している IM 会話が 1 つだけの場合、ビデオ通話を再開できない問題を修正します。
  • ホワイトボードを PNG ファイルとして保存すると、ホワイトボードのテキスト注釈が失われる問題を修正します。
  • IM ウィンドウで、日本語で 2 行にまたがって入力すると最初の行が表示されない問題を修正します。
  • 名前のアンパサンド文字 (&) がアンダースコア文字で誤って置き換えられる問題を修正します。
  • スケジュールされた会議の "オンライン会議に参加" URL に関する問題を修正します。
  • マウスをウィンドウ上に置くとウィンドウがアクティブになるようにオペレーティング システムを構成していても、ウィンドウがアクティブにならない問題を修正します。
  • 発信の会話履歴項目に、呼び出し先ではなく呼び出し元が表示される問題を修正します。
  • F12 キーで会話がローカルに保存されない問題を修正します。
  • 不在着信した会話の電子メールに最初の IM が含まれない問題を修正します。
  • 発表者が IM への参加を無効にしていても、IM のテキスト領域に絵文字が追加できる問題を修正します。
  • [着信音と効果音のオプション] ダイアログ ボックスのレイアウトに関する問題を修正します。
  • 会話ウィンドウを閉じると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ドメインをバニティ ドメインとして登録すると、DNS レスのサインインが失敗する問題を修正します。
  • 常設チャットの通知設定が正しく保存または読み込まれない問題を修正します。
  • 会話を再度開くように設定されていても、サインインすると既存のピアツーピア会話ウィンドウまたはチャット ルームが表示されない問題を修正します。
  • アクティブな会話をミュートまたはミュートを解除すると、他の会話ウィンドウに未読のメッセージがあるかのように表示される問題を修正します。
  • メディア バイパスに対して構成されているユーザーが PSTN ゲートウェイからの通話を保留にすると、その通話を再開できない問題を修正します。
  • サード パーティによる RDP 実装を使用している場合に URL 経由でミーティングに参加すると、ユーザーにビデオではなく青いボックスが表示される問題を修正します。
  • トースト アラートに表示名ではなく、SIP アドレスのユーザー部分が表示される問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • SVG 画像: ドキュメントにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにドキュメントを保存します。
  • 学習ツールでの閲覧機能の向上: 閲覧モードでの新しいコマンドにより、文字間隔の調整、音節間の区切りの表示、およびドキュメントを音声で読み上げる際に各単語の強調表示が行われ、読み上げのスキルが向上しました。 詳細情報
  • アクセシビリティ機能の向上: ドキュメントの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報
  • タップ: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細情報

     

    注:この機能には、次の Office 365 SKU のいずれかが必要です。Business Premium、Enterprise E3、または Enterprise E5。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 2 つまたは 3 つのストローク以降、インク ストロークが表示されない問題を修正します。
  • Google Input Method Editor (IME) を使用する場合に引用符が表示されない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フレームの Z オーダーが機能しなくなる、または正しく表示されなくなる可能性のある VBA フォームに関する問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager でトリガーされる更新によって、レジストリの UpdateChannel 設定が有効な更新チャネルでないものに変更される問題を修正します。

Current Channel

2016 年 11 月 10 日
バージョン 1610 (ビルド 7466.2038)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • CSV (UTF-8) サポート: UTF-8 文字エンコードを使用する CSV ファイルを開き、保存します。
  • データ変換と接続性の機能強化: OData ソースからデータを読み込むときに関連するテーブルを選択して、インポートしたり、関数の計算による値を持つカスタム列を追加したり、または専用のビューを使用してクエリ間の依存関係を表示したりします。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 数式バーに入力して、VLOOKUP などの関数をドロップダウンから使うときに、Enter キーを押して数式を完成させようとすると、入力した値をそのままの形に残さず、オートコンプリート ドロップダウンの一番上の項目が選択される問題を修正します。
  • 保護されたシート内にハイパーリンクが含まれている Excel 97 - Excel 2003 のバイナリ ファイル形式 (BIFF8) のファイルを開こうとすると、ファイルが壊れていると Excel が判断して読み取り不可能なコンテンツを修復または削除しようとする問題を解決します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがカスタム ページ テンプレートを削除できない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 旅行予約とパッケージのサマリー カード: 受信トレイと予定表に自動的に作成されたサマリー カードを使用して、旅行予約およびパッケージの配送を確認して追跡します。 詳細情報
  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • リッチ テキスト形式 (RTF) の電子メール メッセージが、Information Rights Management を使って送信されたメッセージの場合、受信者によって開くことができない問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • セクションのコピー: プレゼンテーション間のセクションをコピーして貼り付けます。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細情報

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • タブ表示の会話を使用しているときに、タブをダブルクリックして、入力を始めようとすると、フォーカスが別のタブに移動してしまうことがあり、その会話ウィンドウで入力が続いてしまう問題を修正します。
  • インスタント メッセージに含まれている URL を、キーボードを使用してチャット履歴ウィンドウで選択できない問題を修正します。
  • [着信音とサウンド] オプションの下にある [IM 会話を表示する場合、他のユーザーが入力しているときに音で知らせる] チェック ボックスが選択されている場合に、入力音が聞こえるようにする問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーを使用している場合に、表示されるダイアログ ボックスが読み上げられない問題を修正します。
  • 最初の実行時のチュートリアルをキーボードで移動したり、ナレーターなどのスクリーン リーダーで読み上げたりできない問題を修正します。
  • タスク バーのプレゼンス アイコンを高 DPI 設定でスケールできない問題を修正します。
  • 検索ボックスの [フィールドのクリア] ボタンをキーボードで選択できない問題を修正します。
  • 招待状が別のプール内のユーザーからのものである場合、ユーザーが会議を開始できない問題を修正します。
  • 自分自身を会議に追加しているユーザーが別のユーザーとして誤って表示される問題を修正します。
  • 状態変更通知の連絡先のプレゼンス アイコンが上司の着信呼び出しに対して非表示になっていた問題を修正します。
  • IM ウィンドウでのテキスト カーソルの点滅の速さが、Windows で設定しているキーボードのプロパティと一致しない問題を修正します。
  • スクリーン リーダーがグループ会話の誤った連絡先の名前を読み上げる問題を修正します。
  • ユーザーがキーボードを使用して複数の連絡先を選択できない問題を修正します。
  • Exchange からユーザーの写真を取得できない問題を修正します。
  • ユーザーが直接アクセスを使用して接続している場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続せずに、内部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。
  • 会議の所有者の名前を解決しようとすると、Skype for Business クライアントがクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business を起動中、またはシャットダウン中に Windows の設定を変更すると、Skype for Business がクラッシュする原因となる問題を修正します。
  • 常設チャット ルームで参加者リストを開いて、キーボード フォーカスを参加者リストに移動しようとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ネットワークが使用できない場合、Skype for Business が再開時にクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • サード パーティ製のテンプレートやダイアグラム: サード パーティのコンテンツ プロバイダーから入手可能な新しいテンプレートやサンプルのダイアグラムを参照または検索します。サード パーティ プロバイダーの名前は、サムネイルに表示されます。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報
  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • 自然なペン ジェスチャで編集する: 円で囲んでの選択や、バツ印をつけての削除によって、ドキュメントに変更を加えます。 詳細情報
  • 図形の認識: [描画] > [図形に変換] を使って、描画を自動的に図形に変換します。 詳細
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがコンテンツ コントロールを使用するか、または不連続の選択を行うと、手書き入力が使用できない問題を修正します。

Current Channel

2016 年 11 月 8 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2055)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Current Channel

2016 年 11 月 2 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2054)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • VBA コードを使用してワークシートをコピーすると、非表示のワークシートが再表示される問題を修正します。
  • ソルバーを使用する場合、ソルバーを選択すると "Solver32.dll ファイルが見つかりません" エラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 高 DPI モニターを使用する場合、リボンのタッチ モードが有効になっていると、Bing 地図アドインのアイコンが表示されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数のフォルダー間で高度な検索を行うと Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 検索の [cc] テキスト ボックスに入力したテキストがメインの検索ボックスに追加されず、検索が実行されない問題を修正します。
  • 添付ファイルのある複数のメッセージとの会話で、これらのメッセージのいずれかの添付ファイルを開こうとする場合、その添付ファイルがオンラインの場所に格納されていると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーが電子メール メッセージの編集を続行できない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 更新されたビジュアル要素: アイコンおよび色の変更によりアクセシビリティが向上しました。 詳細情報

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Exchange Online に移行した後、会話の履歴、連絡先、またはボイス メールの情報を取得するために Exchange に接続できない問題を修正します。
  • ホワイトボードのダイヤル パッドまたはテキスト注釈に情報を貼り付けようとすると、チャット入力のテキスト ボックスに情報が誤って貼り付けられるという会話ウィンドウに関する問題を修正します。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 保存済みの Visio ファイルを閉じると、Visio が閉じない問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーがドキュメントの編集を続行できない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォーム コントロールを含むマクロ有効ファイルを開こうとすると、透明ラベル コントロールが不透明になる、既存のフォームが表示されなくなるか正しく機能しなくなる、および Office アプリケーションが応答しなくなる原因となる可能性のある VBA フォーム コントロールに関する問題を修正します。
  • 管理されているメタデータ プロパティを使用すると、設定されているメタデータ値ではなく、[詳細の表示] ボタンが [ファイル] > [情報] の下の [プロパティ] セクションに表示される問題を修正します。
  • OfficeC2RClient.exe が "チャネル" をオプションの設定として認識しない問題を修正します。
  • 別の更新チャネルに切り替えると、次回の更新プロセスの実行時に、以前のビルドがインストールされる問題を修正します。
  • V3 バージョンの GDI プリンター ドライバーを使用するプリンターに印刷する場合の問題を修正します。

Current Channel

2016 年 10 月 11 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2038)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • レジストリの書き込みを禁止しているコンピューターでレジストリに書き込むと、OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 添付ファイルを含むメール メッセージをデジタル署名または暗号化すると、添付ファイルの内容が失われる問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3192884)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3194063)

Current Channel

2016 年 10 月 4 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2024)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: クエリにパラメーターを追加し、結合または追加操作から新しいクエリを作成し、Web コネクタを使用して Web ページをプレビューします。
  • グラフ用のマクロ記録: ツリーマップ、ヒストグラム、パレート、ウォーターフォール、箱ひげ図グラフのサポート。
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • .xls 形式で保存したファイルを開いた後に条件付き書式ルールが機能しなくなるという問題を修正します。
  • 64 ビット バージョンの Excel で、バックエンド サーバーに対する認証のためにパスワード プロンプトを必要とする、リンクされた ODBC テーブルを参照する Access クエリに接続しようとすると、パスワード プロンプトの代わりにエラーが発生する問題を修正します。
  • ドロップダウン リストからアイテムを選ぶときに Excel がクラッシュする問題を修正します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • タグを検索しているときに、テキスト行の複数のタグのうち最初のタグだけが [タグの要約] パネルに表示される問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • @メンション: メールや予定表アイテムの本文で @ 記号の後に人の名前を続けると、入力またはアクションが求められることを受信者が知っていることを確認します。これにより、それらの人は To 行にも自動的に追加されます。 詳細情報

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カスタマイズしたひな形を既定のテーマとして使用すると、余分な改行が新しいメール メッセージに追加され、フォントが Calibri に設定される問題を修正します。
  • Windows の表示が 125% に設定されている場合、Outlook を開くとフリーズする問題を修正します。
  • OLE リンクに貼り付けられた Excel のセルが下書きメール メッセージで表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが画像の添付ファイルをメッセージでプレビューできない問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • インク再生: 手書き入力を前方または後方に再生してコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を提供し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解できるようにします。 詳細情報
  • より優れたレコーディング: 記録されたスライド、画面録画、挿入されたビデオで構成されるプレゼンテーションを作成し、録画されたそのコンテンツをリモートで表示できるように共有します。リモート学習を支援し、プレゼンテーションをより対話的にするためにテストを埋め込むことや、インクの色を変更したり、単純なコントロールを使用してナレーションとオーディオを録音したりすることもできます。
  • デザイナーの機能強化: 箇条書きステップ リスト用に SmartArt を使用してデザインの推奨事項を示します。
  • 録画用のリボン タブ: リボンをカスタマイズすることで、[録画] タブを追加します。
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スクリーンショットから、キャプチャしたブラウザー ウィンドウの URL に向けて自動的にハイパーリンクする機能が作動しないという問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 解像度が異なる複数のモニター (特に高解像度モニター) を使用している場合に、Skype for Business でモニター変更に伴ってスケーリングが更新されない問題を修正します。
  • キーボードを使用して IM 会話の参加者のリストを表示する場合、キーボードのフォーカスが正しく機能せず、参加者のリストを表示するのではなく、チャット履歴に移動してしまう問題を修正します。
  • ハイ コントラストの Windows テーマを使用している場合、[参加者の操作] 画面にヒントが表示されない問題を修正します。
  • 電話番号の場所が会議の招待で表示されない問題を修正します。
  • 高 DPI を使用するリモート制御シナリオでのマウス ポインターの問題を修正します。
  • 表示する共有デスクトップを参加者が切り替えると、他の参加者が共有デスクトップを表示できなくなる問題を修正します。
  • 証明書の問題でサインインが失敗する問題を修正します。
  • ギャラリー ビューからコンテンツ ビューに切り替えて、ギャラリー ビューに戻ると、ホワイトボード ビューが画面の上部に読み込まれない問題を修正します。
  • Exchange 認証中にサインインが失敗する問題を修正します。
  • 共有者がサード パーティ製の RDP 実装を使用しており、共有者の解像度が表示者の解像度よりも低い場合、表示者が Skype ウィンドウを最大化すると Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • [コンテンツ] ボタンが Front of Room ディスプレイで機能しない問題を修正します。
  • 自動構成スクリプトとして Internet Explorer の内部プロキシ pac ファイル URL 用に構成されたコンピューターで、会議の再参加が失敗する問題を修正します。
  • キーボード ショートカットを使用して、ビデオ、ナレーターなどのスクリーン リーダーをミュートまたはオフにすると、変更が読み上げられない問題を修正します。
  • [場所の編集] ダイアログ ボックスに、ナレーターなどのスクリーン リーダーで使用できるラベルがなかった問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、リボンのすぐ下に表示されるアラート通知の処理が正しく行われない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ チェック: ダイアグラムにアクセシビリティの問題がないかどうかを確認するには、[ファイル] > [情報] > [問題のチェック] > [ユーザー補助のチェック] に進みます。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • バージョンおよびビルド情報: [ファイル] > [アカウント] に進むと、[Office の更新] セクションで、バージョンおよびビルド情報はバージョン YYMM (ビルド ####.####) 形式で表示されます。たとえば、このリリースでは、バージョン 1609 (ビルド 7369.2024) のようになります。
  • 共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンの更新: Office は、常時インターネットにアクセスしているわけではないユーザーのために、トークンの期限が 50% になると、共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンを定期的に更新しようとします。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • オンライン修復を実行するときにインストールのユーザー インターフェイス (UI) が表示されない問題を修正します。
  • オンライン テンプレートへのアクセスがグループ ポリシーの設定またはレジストリ設定によって無効になった後も、[オンライン テンプレートの検索] ボックスが有効になったままになる問題を修正します。

Current Channel

2016 年 9 月 26 日
バージョン 1608 (ビルド 7341.2035)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • なげなわツールから手書き入力ツールに切り替えるときにインク ストロークのゴーストが表示される問題を修正します。
  • コンテンツをなげなわツールで選択し、ドラッグ アンド ドロップすると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office アプリケーションを開いたときに、「このアプリケーションのライセンスが見つかりません。修復は失敗したか、中止されました」というエラー メッセージが表示され、Office アプリケーションが終了する問題を解決します。

Current Channel

2016 年 9 月 21 日
バージョン 1608 (ビルド 7341.2032)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Power Query のレイアウトが保持されます。 取得と変換を使用してインポートしたデータの形式と計算列は、クエリを更新した後も保持されます。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フランス語やドイツ語バージョンの Excel で、INDIRECT 関数に R1C1 の参照形式を使用すると、参照される値や予想される値ではなく、#REF! エラーが発生する問題を修正します。
  • カスタム リスト ダイアログ ボックスでのカスタムの並べ替えリストの作成中に、ENTER キーを使用してリストのエントリを区切ることができない問題を修正します。
  • 情報のコピー中や移動中に、“クリップボードを開けません“ や “クリップボードを空にできません。別のアプリケーションがクリップボードを使用している可能性があります“ などのエラー メッセージが表示される問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 添付された写真のミニ プレビュー:メールに写真が添付されている場合、Outlook ではメッセージに写真の小さなプレビューが表示されます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook 2016 から送信された会議の招待を Outlook 2013 または Outlook 2010 で受信すると、招待に含まれる画像が表示されない問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ノート セクションに .gif ファイルを貼り付けると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存すると、他のスライドへのリンクが、正しくないスライドにポイントする問題を修正します。
  • 編集ビューを、異なる画面解像度を持つ別のモニターにドラッグすると、そのビューが正しく表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ファイルを PDF ファイルとして保存すると、画像の色や透明度への変更が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Citrix サポート:HDX RealTime Optimization Pack 2.1 とともに、Citrix ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の環境もサポートします。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 発表者が超高解像度ディスプレイを 1 つ以上使用している場合、ピアツーピアのビデオ ベースの画面共有セッションにより、CPU 使用量が増加して、発表者のコンピューターでのアプリとオペレーティング システムの応答性が低下する問題を修正します。
  • Skype for Business ウィンドウの高さを最小値に変更すると、ボイス メール リストが表示されない問題を修正します。
  • Skype 会議を開くか作成した後に [会議オプション] ボタンをクリックすると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 保存されたチャット履歴が Outlook で下書きのメール メッセージとして表示され、返信できない問題を修正します。
  • ユーザーが Office の既定言語を変更しても、メイン ウィンドウのタイトルの言語が変更されない問題を修正します。
  • [リレーションシップ] タブで外部の連絡先が 1 回だけではなく、複数回表示される問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日本語入力方式エディター (IME) を使用する場合に、2 バイト文字セット (DBCS) の記号文字を入力すると、フォントが Segoe UI Emoji に変更される問題を修正します。
  • ユーザーがブログ投稿を SharePoint に公開しようとすると、ブログ作成者の資格情報が誤って要求される問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] にアクセスして、新しい機能を提案するか、気に入った点や正しく機能していない点を Microsoft に報告してください。
  • ヘルプの強化: 操作アシスト ボックスに質問を入力すると、強化された検索、コンテンツ、推奨事項を利用して、アプリ内で直接回答を見つけることができます。
  • 共有コンピューターのライセンス認証の機能制限モード: 共有コンピューターのライセンス認証を使用する場合、ユーザーがサインイン ウィンドウを閉じるか、またはユーザーのライセンス トークンの有効期限が切れても、ユーザーは Office アプリを使用できますが、アプリは機能制限モードになります。

Current Channel

2016 年 9 月 13 日
バージョン 1607 (ビルド 7167.2060)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Current Channel

2016 年 9 月 6 日
バージョン 1607 (ビルド 7167.2055)


Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 以前のビルドの更新プログラムのダウンロード サイズが実際よりも大きくなる原因となるバイナリ差分圧縮に関する問題を修正します。

Current Channel

2016 年 8 月 31 日
バージョン 1607 (ビルド 7167.2047)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザー設定のフォームのデザイン時にフォームにフィールドをドラッグすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office Update タスクがあまりに頻繁に実行されることで、CPU 使用率が増加し、デスクトップのアイコンが短く点滅したり表示が更新されたりする問題を修正します。

Current Channel

2016 年 8 月 16 日
バージョン 1607 (ビルド 7167.2040)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の向上: 追加の日付/時刻変換、テキストの操作、ブックの別の環境への移行、行のフィルター処理のための 2 つ以上の句のグループ化、およびクエリ エディター ウィンドウ内のドキュメント変換を実行します。
  • Power BI への発行 Power BI サブスクリプションを使用して、ローカルに格納されているファイルを Power BI に発行します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 多数のテキスト ボックスを含むブックを編集しようとすると、Excel がハングする問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 削除済みアイテムのリンクの復元: 削除済みアイテム フォルダーで、"このフォルダーから最近削除されたアイテムを復元する" のリンクが削除済みアイテムの一覧の上に表示され、リンクを選択すると [削除済みアイテムの復元] ダイアログ ボックスが表示されます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook を開いたときフォルダー ウィンドウが表示されなくなる問題を修正します。
  • 頻繁に使用するテキスト フィールドで高度な検索を使用してメッセージを検索すると "Outlook では指定した検索を行うことができません" のエラー メッセージが表示される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ズーム: 自動ナビゲーション リンクを含むプレゼンテーションの対話型の概要を作成します。 詳細情報
  • ハイパーリンクを開く: プレゼンテーションを編集するときにハイパーリンクを開くには、Ctrl キーを押したままクリックします。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 受信者がオフラインのメッセージを受信できない場合、"オフライン メッセージのみ" のメッセージが誤って表示される問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Server で代理人を追加した後、Skype for Business を再起動しても、そこに代理人が表示されない問題を修正します。
  • 会話をもう一度開くオプションが設定されている場合、サインインするときにタブが表示されない問題を修正します。
  • 新しいメッセージが IM の会話に着信したときに、スクリーン リーダーで読み上げることができない問題を修正します。
  • キーボード ナビゲーションとスクリーン リーダーのナレーション付きテキストの問題を修正します。
  • スクリーン共有が開始され、ユーザーがスクリーンを表示できることをスクリーン リーダーが読み上げない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • UML テンプレート: 3 つのテンプレート ( コンポーネント 通信、および 展開) は、統一モデリング言語 (UML) 2.5 標準に準拠しています。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リサーチ ツール: Word を終了せずに、関連する引用、引用可能なソース、およびイメージを検索します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが既定の編集または校正用の言語を変更した場合、次に Word を開いたときにその変更が反映されない問題を修正します。

Current Channel

2016 年 8 月 9 日
バージョン 1606 (ビルド 7070.2036)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • リボンの [描画] タブの場所を移動して、[描画] タブの "タッチで描画" 選択肢の場所を移動します。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Current Channel

2016 年 7 月 26 日
バージョン 1606 (ビルド 7070.2033)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Access アプリで、またはデータ プロバイダーとして Access データベース エンジンを使用するアドインと一緒に、Access データベース エンジンを使用する場合、並べ替えのクエリが実行されるため、アプリがクラッシュする問題を修正します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 無効な範囲に基づいてピボットテーブルが挿入されるため、正しくないエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • Application.OnUndo の使用による、プログラムによるレベルの [元に戻す] が含まれているブックを保存すると、ブックへの最後の変更が取り消される問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 会議をホストしている組織がフェデレーションしていないアカウントを使用してユーザーが会議に参加している場合、空白の会話ウィンドウが表示される問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数のユーザーが同じコンピューターで同時に特定のアクセス許可の構成で Office を実行した場合、Office アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • Office アドイン コマンドを使用すると Excel、Word または PowerPoint がランダムにクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2016 年 7 月 20 日
バージョン 1606 (ビルド 7070.2028)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ページ上を移動する際に、手のひらツールが消える問題を修正します。
  • テーブルを削除すると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ナレーターなどの Microsoft UI オートメーションのリスナーの実行時に会議出席依頼が表示され、Outlook がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office を更新すると ODBC レジストリ エントリが上書きされ、Microsoft Access データベース エンジン再頒布可能パッケージの再インストールか修復が必要になる問題を修正します。

Current Channel

2016 年 7 月 12 日
バージョン 1606 (ビルド 7070.2026)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel で、条件によってセルの値の変更がナレーターに通知されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォーム ベース認証を必要とするサーバーでドキュメントを開くと、Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office ドキュメントを SharePoint などの URL から開くと、そのURL が / 文字で終わる場合に、PowerPoint、Word、Excel がクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2016 年 7 月 5 日
バージョン 1606 (ビルド 7070.2022)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • dBASE サポート: dBASE データベース (.dbf) に格納されているデータへのインポートまたはリンクに対するサポート。 詳細情報

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 数値型のフィールド サイズのドロップダウンに値が表示されないため、テーブルの作成や変更の際にユーザーが数値フィールドの種類を指定できない問題を修正します。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 図形の認識: 自動的に描画を図形に変換します。
  • 新しいコネクタ: SharePoint Online、Exchange、SAP HANA へのコネクタを含む新しい Online Services カテゴリのオプションを使ってクエリを作成します。
  • OLAP 接続でのピボット テーブル: OLAP 接続を使用してピボットテーブルを作成、編集、更新する際のパフォーマンスが向上しました。
  • データ変換の機能強化: 期間値の年への変換、クエリ エディター プレビューでの空白と改行のサポート、クエリ ウィンドウからの直接的なクエリの名前変更が可能になりました。
  • データ接続の機能強化: ジャグ CSV ファイルの検出、Exchange Connector を使用する場合の Microsoft アカウントによる認証のサポート、SharePoint リストに接続しようとする場合のユーザーが指定した URL の検証が可能になりました。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 連絡先に新しいメッセージを作成すると、連絡先のメール アドレスが 1 つしかないにもかかわらず、宛先フィールドに受信者の名前が 3 回入力される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • テキストの強調表示: テキストの蛍光ペンを使って、重要なテキストを強調します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 手描き入力のサポート: ペンや指を使って、新しい描画タブのツールで図を描いたり注釈を入れたりします。

Current Channel

2016 年 6 月 30 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2063)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 高 DPI を使用する場合に、テーブルを含むメッセージの外観を改善します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グラフを含むプレゼンテーションを自動的に保存すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 内部の企業ネットワークが利用可能な場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ファイルから作成する] を使用してオブジェクトを挿入し、.jpg、.gif.、.png ファイルを選択すると、OLE オブジェクトを表すアイコンが挿入される代わりに、htmlfile に関するエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 画像を画像コンテンツ コントロールに挿入すると失敗する問題を修正します。
  • PowerPoint スライドへのリンクを含むドキュメントで作業すると、Word が応答不能になる問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • テレメトリ ダッシュボードに情報がアップロードされる前に情報がログに上書きされる原因であり、またアップロードされるファイルのサイズが大きくなる原因でもある、テレメトリ ダッシュボードのログ情報に関する問題を修正します。

Current Channel

2016 年 6 月 14 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2058)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ランダムなストロークが選択され、選択解除できない状態で手書き入力するときに起こる問題の修正。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 間もなく発生する可能性のある PST の破損の検出を改善し、破損の発生を防止するための手順を追加します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • コンテンツ アドインを含むプレゼンテーションでリアルタイムの共同編集を行っているときに、ドキュメントを更新できないことを示すエラー メッセージが表示されるという問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 30 を超える参加者のいる会議などの大規模な会議において、一部のユーザーの Skype がクラッシュするという問題の修正。
  • Malwarebytes ソフトウェアがインストールされているコンピューターで、デスクトップ共有や会議のオーディオ部分の使用など、ユーザーがオーディオ シナリオやビジュアル シナリオを開始しようとするときに Skype が切断されるという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • ユーザーがホワイトボードやノートの共有などの会議機能を使用するときに、エラー メッセージを受信するという問題の修正。 この問題についての詳細情報

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SmartArt グラフィックを貼り付けるときに、ユーザーが [元の形式を保持] オプションを選択すると Word がクラッシュするという問題の修正。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Current Channel

2016 年 6 月 6 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2053)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 機能強化の取得と変換: Power Query のデータ変換とデータ接続の機能が新たにされたか、強化されました。 詳細

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [データの入力規則] ドロップダウン リストが破損し、複数のワークシートを含むブックで複製されるという問題の修正。
  • Office の以前のバージョンをコンピューターからアンインストールするときに Excel からファイルの関連付けが失われるという問題の修正。
  • Excel でファイルが保存された後に、一時ファイルがときどき残されたままであるという問題の修正。
  • 削除されたワークシートでメソッドやプロパティを呼び出すと、そのワークシートにオブジェクトが見つからなかったことを示すエラーが表示されるのではなく、Excel がクラッシュするという問題の修正。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 簡略化されたプロファイルの作成: Office 365 アカウントを使ってログインした状態で、Office 365 メールボックスの他の Outlook プロファイルを設定するためのユーザー インターフェイス (UI) の操作が簡略化されました。

     

    注: この機能はある期間にわたって段階的にサブスクライバーにロールアウトされるため、この機能がすぐに表示されない可能性があります。この機能が表示されるタイミングは、組織が Office を更新する方法によっても異なります。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • .rtf 形式の電子メールを送信するときに、拡張記号文字が "1" に変更されるという問題の修正。
  • [ファイル] > [オプション] > [メール] > [ひな形およびフォント] で [返信または転送時に新しい色を適用する] が選択されていても、新しい色が選択されずに、返信や転送に黒のフォントの色が使用される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • SmartArt グラフィックの共同編集: 複数のユーザーが、SmartArt グラフィックのさまざまな要素を同時に編集できます。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オフライン メッセージ: サインインしていない連絡先に対してもメッセージを送信します。 詳細
  • 事前に会議の添付ファイルをアップロードする: Outlook でオンライン会議をセットアップするときに添付ファイルを追加します。 詳細

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Skype ユーザーの連絡先カードを開こうとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • AutoCAD サポート: オーバーレイの図形、テキスト、データ グラフィックに加え、AutoCAD 2010 ファイルと AutoCAD 2013 ファイルをインポートします。 詳細
  • 改善された AutoCAD スケーリング: AutoCAD ファイルをインポートするときのスケーリングが改善されました。 詳細
  • AutoCAD パフォーマンスの向上: AutoCAD ファイルのインポートが高速化し、AutoCAD 図面上での図形の操作が改善されました。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コメント用吹き出し: ボタンはコメント用吹き出しに表示され、コメントへの返信、解決、コメントを再度開くことが容易になります。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コラボレーション機能がリボン上でグループ化されました。 共有、チャット、コメント、ドキュメントのアクティビティ、現在ドキュメントを編集している人などの機能が、Word と PowerPoint のリボン上でグループ化されました。 詳細情報
  • AD RMS 権利ポリシー テンプレートの設定: 新しい Word、Excel、PowerPoint ドキュメントに適用する際に、[所有者 (作成者) に無期限のフル コントロールの権利を付与します] の設定が (特にこの設定を無効にする場合) 優先されるようにします。この設定を無効にする場合、テンプレートを適用するとドキュメントへのアクセスが制限される可能性があることを示す警告が表示されます。

     

    注: この設定が構成されているテンプレートを使用して既に保護されている既存のドキュメントは、変更されません。引き続き所有者が、これらのドキュメントに対する無期限のフル コントロールを持ちます。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。

Current Channel

2016 年 5 月 23 日
バージョン 1604 (ビルド 6868.2067)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • サーバー上の古いメール メッセージを表示するためのリンクが、[受信トレイ] や [削除済みアイテム] フォルダーなど、フォルダー内のメッセージのリストの下部に表示されない問題を修正します。
  • .msg ファイルを使ってメールを送信するときに、Outlook でメッセージ コンテンツを送信できない問題の修正。
  • 受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を更新して、.pst ファイルがインデックス付けおよび検索される方法に関連してファイルの破損問題を検出し、修正します。この種類の破損により、.pst ファイルを読み込めなくなるため、Outlook がクラッシュし、CPU 使用率が高まります。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クラッシュした後に PowerPoint が再起動し、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使っている場合、回復されたファイルを保存するか、元のファイルを開くときにエラー メッセージが表示される問題の修正。
  • 以前の PowerPoint のクラッシュ時に作成された回復ファイルを保存しようとするときに PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • テーブルを含むプレゼンテーションを PDF として保存すると、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • プレゼンテーションを .rtf 形式で保存するか、テキストをリッチテキスト エディター (WordPad など) にコピーするときに、数字とスペースが失われる問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドラッグ操作で SmartArt グラフィックを移動した後に元に戻す操作を実行した場合、Word がクラッシュするか、SmartArt グラフィックが空白になって選択できなくなる問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Word、Excel、PowerPoint で、手書き入力のペンの太さを設定すると、アプリがクラッシュする問題の修正。
  • クラッシュした後に初めて Office アプリを開くとき (特に、クラッシュした直後に再度開く場合) に、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示されない問題の修正。
  • コマンド ライン オプションとして "ブランチ" ではなく、"チャネル" を使うよう OfficeC2RClient.exe を更新します。

Current Channel

2016 年 5 月 10 日
バージョン 1604 (ビルド 6868.2062)


Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Current Channel

2016 年 5 月 4 日
バージョン 1604 (ビルド 6868.2060)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 追加のデータ接続: JSON と Azure SQL データ ウェアハウス ソースからのデータのクエリを実行します。
  • Power Query の機能強化: データ変換とデータ接続の機能が強化され新しくなりました。 詳細情報
  • ラージ アドレス認識サポート: 使用可能な場合、32 ビット バージョンの Excel ではより多くのメモリを使うことができます。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel が開いたときにスタート画面が表示されないように構成しているにも関わらず、アドインが有効にされたときにスタート画面が表示される問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 会話の添付ファイルの一覧: Office 365 のグループ内の会話のすべての添付ファイルは、閲覧ウィンドウの右上隅のドロップダウン リストで確認できます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • メッセージ分類がプレーンテキスト メッセージに常に表示されない問題を修正します。
  • [会話の設定] > [クラシック ビューを使用する] オプションが有効になっているときに、Outlook の検索が重複する結果を返す問題を修正します。
  • スペイン語版の Outlook で新しいメッセージを作成するときに、フィールドのタブ ナビゲーションに関する問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ペルシャ語、アラビア語、ヒンディー語、ヘブライ語のコンテキスト番号付けリストの問題を修正します。

Current Channel

2016 年 4 月 28 日
バージョン 1603 (ビルド 6769.2040)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [データ] > [取得と変換] > [テーブルから] を使うときに、名前付き範囲が正しくインポートされない問題を修正します。
  • テレメトリ ダッシュボードのログが有効になっているコンピューターでマクロの実行速度が著しく遅い問題を修正します。

Current Channel

2016 年 4 月 12 日
バージョン 1603 (ビルド 6769.2017)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3148522)

Current Channel

2016 年 4 月 4 日
バージョン 1603 (ビルド 6769.2015)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Power Query の機能強化。 接続機能が強化され、新しい変換が追加されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 小計を作成した後、小計を含めるように選択範囲が拡張されない問題を修正します。
  • FTP サーバー上のファイルを開くことができない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 新しいメッセージの送信、または返信のとき、HTML 署名に含まれる画像が灰色のボックスとして表示される問題を修正します。
  • 既読の項目の検索フォルダーに未読の項目も表示される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • PowerPoint Designer の機能強化: 複数の画像、色の抽出、顔認識に関するデザインの提案。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 箇条書き項目をカスタマイズするとき、一部のフォント オプションが表示されない問題を修正します。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • CAD 図面上に配置した図形が正しいサイズでエクスポートされない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Word、Excel、および PowerPoint のリボンに [選択] ボタンを追加し、ペンをインク注釈のために使うか、マウスのエミュレーションのために使うかをユーザーが切り替えられるようにします。

Current Channel

2016 年 3 月 24 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2021)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • キーボード ショートカットを使用して電子メールの添付ファイルにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。

Current Channel

2016 年 3 月 17 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2017)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Power BI への発行 グラフ、範囲、表などのブック アイテムを保存して powerbi.com に公開し、ダッシュボード形式でそれらのデータを扱うことができます。Power BI へのサブスクリプションが必要です。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • テーマの色を使用してマクロまたはアドインを実行する場合に、ステータス バーが緑地に灰色のテキストに変更され、ユーザーがステータス バーでステータスの更新情報を読み取りづらいという問題の修正。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [再生部分を表示] オプションを使っているときにコンテンツの強調表示が表示されない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リボン上の [アーカイブ] コマンド: 受信トレイまたはその他のフォルダに保存されているアイテムを、保存フォルダにすばやく移動できます。 詳細情報
  • グループの操作: グループの表示、参加、作成を Outlook 内で行い、最も活発にフォローするグループを [お気に入り] に追加できます。 詳細情報

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • プロファイルを作成すると Outlook がクラッシュする問題を修正します。 この問題についての詳細情報
  • メッセージをスクロールすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかない問題を修正します。
  • ハイ コントラスト モードで [差出人] ドロップダウン内のアイテムが完全には強調表示されない問題を修正します。
  • Shift キーを押しながらクリックして複数の添付ファイルを選択した場合に最初の添付ファイルのみが選択される問題を修正します。
  • [すべて貼り付け] を使って予定表のクリップボードから新しい会議にアドレスをコピーするときの問題を修正します。
  • Exchange Server 上の非実体化されたパブリック フォルダーにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Server 2010 でホストされているパブリック フォルダーにアクセスできない問題を修正します。
  • 本文または署名にインライン イメージを含む HTML メールに対する返信メッセージに、送信者がファイルを添付した場合、メッセージの受信者はメッセージを取得できるが添付ファイルは取得できないという問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 新しい会話ウィンドウを表示しようとしてタスク バーでプレビュー画像をクリックすると、Skype for Business がクラッシュするという問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかない問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 小さいオブジェクト選択ハンドル: 特にタッチ対応のデバイスを使用している場合に、ユーザーが Word、Excel、PowerPoint、および Outlook で小さいオブジェクトを操作しやすくなるように選択ハンドルを変更しました。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [オプション] > [詳細設定] に、ペンをインク注釈ではなくマウス エミュレーション用に使用するように既定の動作を設定するためのオプションを追加。

Current Channel

2016 年 3 月 4 日
バージョン 1601 (ビルド 6568.2036)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、Outlook がメール メッセージをダウンロードした後、サーバー上のすべてのメール メッセージが受信トレイから削除されるという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、メール メッセージが複数回ダウンロードされ、項目の重複が発生するという問題の修正。 この問題についての詳細情報

Current Channel

2016 年 3 月 3 日
バージョン 1601 (ビルド 6568.2034)


Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Adobe Acrobat PDFMaker を使用してファイルを PDF に変換しようとすると、アプリがクラッシュするという問題の修正。

Current Channel

2016 年 2 月 16 日
バージョン 1601 (ビルド 6568.2025)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • じょうごグラフ: 割合を段階的に減少させて、値を表示することができます。 詳細情報
  • 数式オートコンプリート機能の向上: 関数名を入力する際に、Excel は、文字列の先頭から完全に一致する関数名だけではなく、入力されたすべての文字と部分的に一致するすべての関数名を返すようになりました。
  • 新しい文字列操作関数: 次の 2 つの新しい文字列操作関数が利用できるようになりました。 CONCAT 関数 および TEXTJOIN 関数
  • 新しい論理関数: 次の 2 つの新しい論理関数が利用できるようになりました。 IFS 関数 および SWITCH 関数
  • 新しい統計関数: 次の 2 つの新しい統計関数が利用できるようになりました。 MAXIFS 関数 および MINIFS 関数
  • [送信形式] オプション: [共有] ウィンドウからドキュメントを添付ファイルとして、または PDF として送信できるようになりました。 詳細情報

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Application.OnKey() を使用して、キーボード操作をインターセプトすると、Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • Inquire アドインを有効にした後、Inquire リボンが表示されないという問題の修正。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneDrive for Business のスペイン語版が開けず、代わりにイメージを読み込めないというエラー メッセージが表示される問題の修正。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 連絡先候補の画像: Outlook で名前を使って検索しているとき、連絡先候補の一覧中で名前の横にその人の画像を表示できるようになりました。
  • トラブルシューティング ツール: 最も頻繁に発生する Outlook の問題の幾つかを、[ファイル] > [トラブルシューティング] から Office Support and Recovery Assistant ツールを実行して診断し解決できるようになりました。
  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。
  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] で、UserVoice サイトに移動し、Outlook の機能や改善についてご提案いただけます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 高 DPI デバイスと通常の DPI のモニター間でメール送信を行う場合、イメージが間違ったサイズで表示されるという問題の修正。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムのプレゼンス: プレゼンテーションの作業を行っているのはだれか、およびそれぞれのユーザーが作業しているスライドを確認できます。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マスター スライドのテキスト ボックス内に # を使用してスライド番号を挿入すると、スライド番号が表示されないという問題の修正。
  • [背景の書式設定] > [図の修整] で [リセット] を選ぶと PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • 重複するスライド上のグラフのデータを編集するために選ぶ際、元のスライドのグラフ データのグリッドが開いたままだと、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • ビデオ形式でエクスポートされたプレゼンテーションを再生しているとき、スライド ショーの実行中にオーディオのアイコンを表示しないように設定しているにもかかわらず、表示されてしまうという問題の修正。
  • [デザイン アイデア] ダイアログで、ユーザーが [いいえ、結構です] を選んだ後に画像を挿入すると、ダイアログが継続して表示されるという問題の修正。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook の連絡先を使って差し込み印刷を実行すると、エラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • Windows 10 の仮想デスクトップで Word を使用する場合の問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 黒のテーマ: Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の画面を最もハイコントラストにする新しいテーマです。 詳細情報
  • インク注釈: 指またはペンを使用して、Word、Excel、または PowerPoint で書き込みおよび描画を行うことができます。特に重要なコンテンツをハイライト表示するには、新しい [描画] タブのツールを使用できます。 詳細情報
  • [ファイル] > [開く] の並べ替え機能: Outlook 以外のすべてのアプリでは、[ファイル] > [開く] で、変更された名前または日付で並べ替えできるようになりました。Word、Excel、PowerPoint の場合、並べ替え機能は、[ファイル] > [名前を付けて保存] でも使用できるようになりました。
  • [ファイル] > [名前を付けて保存] のフォルダー参照機能: Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [名前を付けて保存] は、OneDrive フォルダー、OneDrive for Business フォルダー、この PC で、完璧なフォルダーのナビゲーションを提供します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カスタム UI で指定された imageMSO 属性を持つアイコンが Word、Excel、または PowerPoint で表示されないという問題の修正。
  • Office.com から Office をインストールした後でアプリを開くと、コンピューターにインターネット アクセスがない場合、またはインターネット上の Office Licensing Service に接続できない場合、アプリがクラッシュするという問題の修正。

Current Channel

2016 年 2 月 9 日
バージョン 1511 (ビルド 6366.2068)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Current Channel

2016 年 1 月 25 日
バージョン 1511 (ビルド 6366.2062)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Application.OnKey() を使用して、キーボード操作をインターセプトすると、Excel がクラッシュするという問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

Current Channel

2016 年 1 月 12 日
バージョン 1511 (ビルド 6366.2056)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Current Channel

2015 月 12 月 11 日
バージョン 1511 (ビルド 6366.2036)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日付 (詳細) の数値で書式設定されたセルのフィル ハンドルをドラッグすると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • ピボットテーブルまたはピボットグラフをデータ接続から作成して新しいシートに配置すると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 基になるピボットテーブル フィールドでフィルターが適用されていない場合、ピボットグラフのフィルター ボタンが表示されないという問題の修正。
  • 非表示の個人用マクロ ブックがある場合、保存せずに Excel を閉じるとデータ モデルが失われるという問題の修正。
  • ツリーマップ図が作成された時点より前のバージョンの Excel 2016 でツリーマップ図があるワークシートを編集すると、ツリーマップ図のデータが失われるという問題の修正。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オンライン ビデオの挿入: YouTube、OfficeMix、または Vimeo のビデオをページに埋め込みます。 詳細

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 Business の問題の修正。OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があることを示すエラー メッセージが表示されました。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ペルシャ暦: ペルシャ暦をプライマリまたは代替カレンダーとして追加します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • メッセージ一覧でスクロール バーをドラッグすると、一覧の末尾にジャンプするという問題の修正。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 変形の移行: スライド間のシームレスな移行を生み出し、プレゼンテーションにモーションを表示して概念や情報をより効果的に伝えます。 詳細
  • PowerPoint デザイナー: ユーザーのコンテンツを取得し、さまざまなアイデアを自動的に生成できる新しいサービス。ユーザーはそこからアイデアを選択して、スライドの出来栄えをより良いものにできます。 詳細

    このサービスには、インターネット接続が必要です。この機能を無効にするには、 最新のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイルを使用して、 PowerPoint デザイナー オプションの設定を有効にします。このポリシー設定は、ユーザー構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2016\ツール | オプション | 全般 | サービス オプション…\PowerPoint デザイナーにあります。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 発表者ツールのスライド ショー ビューにアニメーションを含む SmartArt が想定されている順番で表示されないという問題の修正。
  • スライド ショー ビューで数字キーによる移動が動作しないという問題の修正。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Visio で AutoCAD ファイルがぼやけて表示されるという問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 必須の列を含むドキュメント ライブラリにドキュメントを保存できないという問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オプションとしての送信:Word または PowerPoint で、[共有] ウィンドウから添付ファイルまたは PDF のいずれかとしてドキュメントを送信します。
  • 画像 API の挿入:共通 office.js ライブラリの document.setSelectedDataAsync メソッド を使用して、Word、Excel、または PowerPoint にイメージを挿入します。Word JavaScript API には、insertInlinePictureFromBase64() と呼ばれるホスト固有のメソッドが用意され、 本文 ContentControl 段落、および 範囲 の各オブジェクトにインライン画像を設定できます。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [開く] または [名前を付けて保存] を行うときに表示される更新日時の情報が一部見えないという問題の修正。
  • SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウ内をダブルクリックするとアプリがクラッシュするという問題の修正。
  • インストール中に再生されるビデオが終了してから "インストールが完了しました" ダイアログ ボックスが閉じられるまで、再生画面が黒いまま残るという問題の修正。
  • 保護されたドキュメントの "保護ビュー" の通知の上にマウスを移動させると、スクロール ボタンが非常に幅広くなり、通知が隠れるという問題の修正。
  • Office の更新がスケジュールされていることの通知がカザフ語とハンガリー語では一部表示されない問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。

Current Channel

2015 年 12 月 8 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1043)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 以外のデスクトップ クライアントではネイティブの XPS レンダリングがサポートされていないため、Windows クライアントを使用して作成した XPS または印刷イメージが、Windows 以外のデスクトップ クライアントで赤の X 印として表示されるという問題の修正。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数の段落にまたがっているブックマークを作成しても、そのメールを受信して [移動] を使用するとブックマークの最初の段落のみが選ばれているという問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-128:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • アプリ共有セッションが特にトラフィックの集中時に失敗するという問題の修正。
  • Office 2016 のインストール後に最初に起動するアプリが Skype for Business であった場合に、Skype for Business が クラッシュするという問題の修正。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-131:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3116111)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 使用するフォントによっては、改行なしハイフンが四角形として表示されるという問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 更新プログラムをバックグラウンドでダウンロードするための既定のトランスポートが、Cached/BITS から HTTP に変更。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。

Current Channel

2015 年 11 月 10 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1038)


Access:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クエリ作成用マクロを記録するとコンパイル エラーになるという問題の修正。
  • クエリ エディター内の列を削除した後にクエリを更新すると、テーブルの末尾に空白列が表示されるという問題の修正。
  • クエリ テーブルの [クイック分析] にある [スパークライン] タブを選択すると、予期しないエラーが発生するという問題の修正。
  • クエリ テーブルで切り取り/貼り付け操作を実行後、[ブック クエリ] ウィンドウを使用してクエリを更新できないという問題の修正。
  • クエリを更新すると、関連付けられているクエリ テーブルのシートにフォーカスが移動するという問題の修正。
  • サポートされている OData バージョンに関するエラー メッセージから、Power Query という文言を削除。
  • 製品がまだアクティブ化されていないうちに Power Query 機能が使用可能として表示されるが使用はできないという問題の修正。
  • [ファイル] > [アカウント] > [Excel について] の Dotlesscss の URL の更新。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook にテキストを貼り付ける場合、貼り付けるテキストのサイズがウィンドウの高さを超えるとテキスト全体が表示されないという問題の修正。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Project:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Publisher:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-123:情報漏えいに対処する Skype for Business および Microsoft Lync 用のセキュリティ更新プログラム (3105872)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 2 つの入力用マイクがあるデバイス上におけるオーディオ ノイズの問題の修正。
  • ノート PC をスリープ モードから再開した後、Skype クライアントに再びサインインするまでの間、ユーザーが正常に会議に参加できないという問題の修正。
  • ユーザーが利用できる機能を把握できるようにするための、コンテキスト メッセージのサポートの追加。
  • [音声会議への参加方法] ダイアログ ボックス内のテキストの更新。設定を変更するための UI 内の場所が正しく示されるようになりました。
  • 送信および受信の両方のネットワークの問題がある場合にユーザーに表示される通知に関する問題の修正。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 脚注が [ページごとに振り直し] に設定されているドキュメントをバックグラウンドで印刷すると、脚注の番号が、Word 上で表示される番号と、印刷される番号で異なるという問題の修正。
  • リアルタイムの共同編集において、ユーザーがリアルタイム編集時に他のユーザーに表示されなかったり、使用可能な情報が表示されなかったりするなどという、OneDrive 上に格納されているファイルのリアルタイム共同編集での問題の修正。
  • SharePoint または OneDrive から開いたドキュメントのリアルタイム共同編集中に Word がクラッシュするという問題の修正。
  • 表を Outlook の HTML メールに配置し、ウィンドウのサイズを変更すると、表が正しく表示されないという書式設定の問題の修正。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint Online からファイルをユーザーが開こうとすると、繰り返しサインインを求めるプロンプトが表示されるという問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • クイック実行の手動アップグレード処理において、アップグレードに関して生じる可能性がある問題をユーザーに警告するために、Outlook が Exchange Server 2007 に接続されているかどうか、または Business Contact Manager がインストールされているかどうかを検出する機能の追加。
  • アンインストールまたはアップグレード中に処理を終了させるためのダイアログの見やすさの改善。このダイアログは、開かれているアプリや他の UI に隠れてユーザーから見えなくなることがありました。
  • ドメインとクラウド ドメインの両方に参加していると識別されているコンピューターを使用していると、ユーザーが Office アプリケーションに自動的にサインインされないという問題の修正。

Current Channel

2015 年 10 月 21 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1034)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カラー ピッカーで境界線に同じ色を 2 回選ぶと、OneNote がクラッシュするという問題の修正。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • メールの署名を編集する際に、メールの署名に段落が複数あると、スクリーン リーダーが最初の段落のみを読み取るという問題の修正。
  • 電子メールに書き込みまたは返信するときにカーソルが正しい位置にないという問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • メモリ不足の状態で、共有のデスクトップまたはアプリを表示しようとすると、接続が切断され、自動的に共有のデスクトップまたはアプリに再び参加して表示しようと繰り返すという問題の修正。
  • 参加者数が増加すると、共有デスクトップの操作性が悪化するという問題の修正。
  • 多要素認証が構成されていると、1 日中何度も電話認証のプロンプトを受け取るという問題の修正。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Visio を終了して再び開くと、アイコンとして表示するために挿入された Word オブジェクトが空白であるという問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドキュメントが SharePoint Server 2013 にあると、共同編集が利用できず、ドキュメントがロックされるという問題の修正。
  • テーブル内のコンテンツのスタイルに [非表示] オプションを含むものが適用されていても、テーブルが表示されるという docx ドキュメントでの問題の修正。
  • 自動修正の実行後、相対ハイパーリンクを含むドキュメントが保存できないという問題の修正。
  • 見開きページのインデント幅を設定しているドキュメントの段落編集中に、行が移動するという問題の修正。
  • 部分ピクセルが無効になっていると、編集中に行の表示に一貫性がないという問題の修正。
  • 複数のコメントのうち最初のコメントが [完了] としてマークされている場合、コメントのポップアップをクリックすると、クラッシュするという問題の修正。
  • 誤った改行に関する問題の修正。
  • ヘッダーかフッターにテキストボックスを含むドキュメントで TransformDocument 関数を使用するマクロを実行すると、クラッシュするという問題の修正。
  • .docm ドキュメントで、すべての ActiveX コントロールを削除するとドキュメントを開いたときにエラーが発生するという問題の修正。
  • ヘッダー内をクリックしたとき、ContentControlOnExit イベントがトリガーされないという問題の修正。
  • 変更履歴の記録に同じ名前を持つ校閲者の削除が表示されるという問題の修正。
  • 個人情報を削除するよう構成されているドキュメントでリアルタイムの共同編集を行うと、ドキュメントが保存される度に変更が変更履歴として表示されるという問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 2016 へのアップグレード後、最初に Office アプリを開くと、アプリが機能制限モードで起動され、フル機能を取得するにはアプリの再起動が必要になるという問題の修正。
  • リモート デスクトップ サービスを実行しているコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office を実行している場合、アプリを開くと、ユーザーにボリューム ライセンス版の Office を使用する必要があることを示すエラーが発生する問題の修正。
  • インストールが約 90% 完了した時点で滞るという問題の修正。
  • 製品名が不必要にローカライズされている問題の修正。
  • "操作アシスト" の ToolTip と KeyTip が一致せず、さまざまなローカライズされたバージョンのリボンにある他の KeyTip と競合するという問題の修正。
  • Office 2013 から Office 2016 へのアップグレード後、Windows が Outlook を新しいアプリとして表示しているという問題の修正。
  • Office 2013 バージョン 15.0.4615.1002 (2014年 5 月) から Office 2016 へアップグレードすると、0x80041015 エラーが発生するという問題の修正。

Current Channel

2015 年 10 月 5 日
バージョン 1509 (ビルド 4229.1029)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 Business の問題の修正。OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があることを示すエラー メッセージが表示されました。
  • Surface Pro 3 の問題の修正。ビデオ録画のプレビューで録画中の内容が表示されませんでした。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 共有者が RDP で画面をロックしたときに閲覧者に表示される内容が変更されました。RDP の一時停止のイメージではなく、通知が閲覧者に表示されるようになりました。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新がエラーまたはユーザーによるキャンセルのために完了しなかった場合に Office 2013 クイック実行サービスが復元されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新中にエラーが生じると更新が失敗し、Office 2013 アプリを使用することもアンインストールすることもできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新の試行中に再起動して再び自動更新を試行すると、更新エラーになり、シャットダウンできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。コンピューターが再起動された場合、インストール時のストリーム タスクが復元できませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する手動更新中に再起動すると、タスクが "実行中" 状態のままになりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。新しくインストールするアプリをそのインストール処理中に開始すると、「インターネット接続が失われました」というダイアログ ボックスが表示されました。
  • クイック実行に関する問題の修正。インストールがアクティブではないときにアプリ タイルが表示され、ユーザーがそのアプリ タイルをクリックしても起動しませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 (Sr-latn-cr インストール) に対する自動更新の実行で、クライアントの言語が sr-latn-cr に変換されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。同一コンピューター上に複数の SKU の Office がインストールされている場合、自動更新が更新の準備中に失敗しました。
  • クイック実行に関する問題の修正。自動更新の実行中に手動更新を開始すると、エラー ダイアログが表示されました。
  • 製品 UI の中の「アドイン (Add-ins)」という単語の更新。この単語の大文字/小文字の使い方が正しくありませんでした。

Current Channel

2015 年 9 月 22 日
バージョン 1509 (ビルド 4229.1024)


このチャネルの最初のリリースです。Office 2016 アプリケーションが利用可能な最初のリリースです。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-110:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3096440)

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)

Deferred Channel

2017 年 10 月 10 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2200)


:Deferred Channel は 2018 年 1 月から半期チャネルと呼ばれます。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ピボットテーブルを展開または折りたたんだとき、またはピボットテーブルのヘッダーが画面の外に移動したときに Excel が一時的に停止するという問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11774:Microsoft Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-11776:Microsoft Outlook の情報漏えいの脆弱性

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11825:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 10 月 10 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2119)


:これは、2017 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2018 年 1 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1705 (ビルド 8201.2200) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11774:Microsoft Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11825:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 9 月 12 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2193)


:Deferred Channel は 2018 年 1 月から半期チャネルと呼ばれます。

Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 新機能ダイアログ: 新機能のために Access を更新してから開くと、Access の新機能が強調表示されたダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスは、[ファイル] > [アカウント] > [新機能] からでもアクセスできます。
  • 大きい数値 (bigint) のサポート: Access テーブルで大きい数値データ型を使用して、大きい数値を計算したり、SQL Server の bigint などの同等のデータ型を使用する外部データベースへの関連付けや外部データベースからのインポートを行ったりします。 詳細情報

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Excel は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターで、サンプルの値を入力して、新しい列を作成します。入力すると、Excel で必要な変換が検出され、新しい列のプレビューが表示されます。
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることが簡単にできるようになりました。 詳細情報
  • 既定のピボットテーブルのレイアウトをカスタマイズする: ピボットテーブルを好きなように設定し、新しいピボットテーブルを作成するときはいつもそのレイアウトで始めるようにします。 詳細
  • 取得と変換の機能強化: ユーザーは、例に従って新しい列を作成したり、テーブル列を行に分割したりすることができます。SAP HANA へのパラメーターの指定とデータのグループ化がより簡単にできるようになりました。
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細情報
  • クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ 下付き文字アイコンと上付き文字アイコンは、クイック アクセス ツールバーに追加できます。
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターを使用して列を分割するときに区切り記号文字を自動検出します。バイナリの結合に使用するサンプル ファイルを選択し、DB2 コネクタを使用するときに接続するパッケージ コレクションを指定します。
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 取得と変換の機能強化: ODCB コネクタと OLEDB コネクタのナビゲーター ダイアログで [関連テーブルの選択] を使用し、フォルダーの [データのプレビュー] ダイアログから複数のファイルを直接結合して、[クエリ エディター] ウィンドウで新しいコンテキスト メニューを使用して既存のクエリに新しい手順を挿入できます。
  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。
  • マップ グラフ: 異なる地理的領域間で値を比較し、カテゴリを表示します。 詳細情報
  • SVG 画像: ブックにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにブックを保存します。
  • アクセシビリティ機能の向上: ブックの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)
  • CVE-2017-8501:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8502:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8631:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8632:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel へのコピー/貼り付けで、タブ区切り HTML テキストが無視される、空の行や列が誤って削除される、配置が無視される、数式が無視されるなどの問題を解決します。
  • OneDrive クライアントと同期しているドキュメントへの変更を保存しようとするとエラーが発生する問題を修正します。
  • ワークシートのデータをデータ モデルに追加するときにハイ コントラスト テーマが黒に設定されていると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 外部リンクを含むブックで Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • [ゼロ値のセルにゼロを表示する] 設定を選択していない場合に Excel のセルを Word に貼り付けると、セルにゼロが表示される問題の修正。
  • Excel 2010 以前に作成されたブックにプログラムで保護パスワードを適用する場合にシートに設定されない問題を修正します。
  • グループ化したワークシートで、結合と中央揃えが機能しない問題を修正します。
  • TEXTJOIN、CONCAT、IFS、MAXIFS、MINIFS など、Office 2016 のリリース後に導入された新しい機能がない問題を修正します。
  • ユーザーがセル レベルのアクセス許可を適用しようとすると Excel がクラッシュするという問題を修正します。
  • OneDrive for Business にサイズの大きなファイルを保存すると、ファイルがロックされ、ユーザーが Excel を終了して再度開くまでファイルを編集できないという問題を修正します。
  • .xls ブックを開くと、新しいウィンドウが灰色表示されるという問題を修正します。
  • ハイパーリンクを挿入するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • XML の対応付けを追加するときに Excel が失敗する可能性がある問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • VBA で DLL シートを操作するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • グラフ シートのフォーム コントロール コンボ ボックスを選択すると Excel がクラッシュする問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: 現在、OneNote は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。 詳細

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ページを読み取り専用に設定できるプロパティを追加します。これは情報バーにも用意されています。
  • 段落が多数表示されている場合、OneNote キャンバスでコンテンツまたは更新プログラムが非表示になる問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Outlook は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • 操作可能なメッセージ:  開発者は、ユーザーが外部の Web サイトまたは別のアプリに切り替えずに、Outlook から単純なアクションまたはクイック アクションを簡単に実行できるようにするメッセージを作成できます。 詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 共有ファイルへのアクセスの確認: Outlook は、受信者が添付されている OneDrive ファイルまたは SharePoint ファイルにアクセスできない可能性がある場合は、事前にユーザーに通知し、問題を解決する方法を提案します。
  • 添付ファイルに対するアクセス許可の設定: OneDrive または SharePoint の添付ファイルに関して、ユーザーは、組織内または組織外の受信者に添付ファイルに対する読み取りまたは編集のアクセス許可を付与するかどうかを設定できます。
  • ピン留め可能な作業ウィンドウ: メールボックス内のメッセージ間の切り替え中に、アドインの作業ウィンドウを開いたままにします。 詳細
  • SVG 画像: 電子メールにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8506:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8507:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8508:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スクロールバーをドラッグしてメッセージの一覧内を移動するときの問題の修正。
  • マシンのメモリが不足すると、Outlook ナビゲーション ウィンドウが表示されない問題を修正します。
  • 添付ファイルの幅は、ファイル名とアクセス許可情報に合わせて視覚的に拡張されます。
  • ユーザーが PST ファイルを検索できないという問題を修正します。
  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。
  • 高 DPI を使用するコンピューターから送信されるメッセージ内の画像が真っ暗になる問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、PowerPoint は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • SVG 画像: プレゼンテーションにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 共同編集時のリアルタイム入力: 他のユーザーがプレゼンテーションで作業している場所を参照して、他のユーザーの入力する変更内容を表示します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使った項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにプレゼンテーションを保存します。
  • 正確なインク図形の作成: セグメント消しゴムをドラッグして、線のぎりぎりまで余分なインクを削除します。
  • ペンを使ったオブジェクトの選択と操作: デジタル ペンを使ってオブジェクト ハンドルをつかみ、オブジェクトの移動、サイズ変更、回転を行うか、サポートされているペン ボタンを使って、インクのなげなわ選択を行います。
  • アクセシビリティ機能の向上: プレゼンテーションの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォントにリンクされているエンドユーザー定義の文字 (EUDC) が表示に失敗する問題を修正します。
  • 別のユーザーがレイアウトを変更した後に図形を追加すると、結合が失敗するという問題を修正します。
  • mfplat.dll ファイルがインストールされていないコンピューターで [デザイン アイデア] ウィンドウを表示すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 先行タスクを簡単に設定できるドロップダウン: ガント チャートのドロップダウンを使用して、どの先行タスクまたは後続タスクをタスクにリンクさせるかを選択します。
  • タスク サマリー名:   タスクのサマリー タスクの名前を表示する読み取り専用タスク フィールドです。  

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グラフ/テーブル用に選択された値が、グラフ/テーブル ウィンドウに表示されない問題を修正します。
  • Project Online で各エンタープライズ プロジェクト テンプレート (EPT) がプロジェクト サイトの独自の URL を持つようになり、[プロジェクト サイトの作成] ダイアログがサイトの正しい場所を示すように修正されます。
  • 保存プロンプトの前に VBA BeforeClose イベントが発生する結果、保存プロンプトに対するユーザーの応答をプログラムによって判断する手段がないという問題を修正します。
  • プロジェクトの状況報告日の後に開始するタスクに対して [実際の達成率] が正しく重ね合わされない問題を修正します。
  • コストと時間単価型リソースが同じタスクに割り当てられているとタスクの進捗管理者を変更できない問題を修正します。
  • プロジェクト全体を平準化すると特定のプロジェクトで無限ループに陥る問題を修正します。
  • 特定のスペイン語の地域設定を行うと、タスクの開始日と終了日が SharePoint タスク リストと正しく同期しないという問題を修正します。
  • Project クライアントから状態承認プロセスを開始するとプロセスが終了せず、プロジェクトが使用できない状態になる問題を修正します。
  • 中国語と英語の単語があると、印刷プレビューでタスク名が正しくレイアウト表示されないという問題を修正します。
  • 個々の図形としてタイムラインを PowerPoint にコピーする機能が作動しない問題を修正します。
  • [プロジェクト間のリンク] ダイアログ ボックスに値 "ファイルが見つかりません" が予期せず表示される問題を修正します。
  • 最大単位数が 0 のリソースを割り当てると結果が矛盾する問題を修正します。
  • 割り当ての開始日を削除すると、タスクの開始日が [できるだけ早く] にリセットされ、先行タスクなどが無視されることにより、割り当ての先行分割が生じる問題を修正します。
  • [最近使った項目] メニューを使用して SharePoint からファイルを開くと、設定 [ドキュメントを編集する前に必ずチェックアウトする] が有効になっていても、プロジェクトが自動的にチェックアウトされる問題を修正します。
  • Project プロファイル アプリケーションに直接移動すると、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • Project 2013 からアップグレードしたユーザーに対して、手動でスケジュールされたタスクが正しく更新されない問題を修正します。
  • SharePoint タスク リストからプロジェクトを開くと、Project がタスク同期プロセスを開始するときに Project がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • [チームの作成] に移動すると Project がクラッシュすることがある問題を修正します。
  • プロジェクトを保存すると基準計画の情報が失われる問題を修正します。
  • 大規模なプロジェクト計画の印刷イメージが読みにくい問題を修正します。
  • Project Web App で編集したプロジェクトの数式フィールドに適切な値が表示されない問題を修正します。
  • プロジェクト計画のリソースのエンタープライズ カスタム フィールドの情報が正しく保存されない問題を修正します。
  • タスクの作業時間の達成率 (%) 情報を更新すると、タスクの達成率 (%) 情報が更新される問題を修正します。
  • プロジェクトを保存するとプロジェクトの所有者が変更される問題を修正します。
  • サマリー タスクの CPI の計算が正しくない問題を修正します。
  • 保護された基準計画データの保存がユーザーに対して許可されていない場合でも、タスクのコピーと貼り付けにより基準計画データが引き継がれて保存される問題を修正します。
  • Excel のデータをインポートすると、タスクと割り当てに関するデータが不正確になる問題を修正します。
  • レポートを開いてから閉じると Project がクラッシュする問題を修正します。
  • カスタム リストに検証の設定が含まれている場合に、プロジェクトを保存すると Project が停止する問題を修正します。
  • [フィルターの定義] ダイアログの [テスト] 列に ">" 文字を入力するときに、"より大きい" という意味に正しく解釈されない問題を修正します。
  • "基準計画" に関するイナズマ線の表示の問題を修正します。
  • フィールド名のドロップダウン リストがフィルターをカスタマイズするときに表示されない問題を修正します。
  • バー スタイルのプレビューが [バーのスタイル] ダイアログに表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Publisher に CMYK TIF 画像が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リンクの挿入: IM およびグループ チャットにリンクを追加し、そのリンクを示すために完全な URL の代わりにわかりやすいテキストを指定します。
  • 画面共有の通知: IM の会話で画面を共有しているとき、または会議が終了した後に画面共有が継続されているときに、会話ウィンドウに通知が表示されます。この通知は、画面を共有していること、および [共有を停止] ボタンで簡単に共有を停止できることを示します。
  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: Skype for Business は現在、WIP でのみ動作するアプリとしてサポートされています。Skype を許可されたアプリの一覧に追加すると、個人データが処理されないことが Windows に示されます。Windows では Skype for Business に代わってデータが保護されます。  詳細
  • パスワードのリセット オプション: ユーザーがサインインに少なくとも 1 回失敗すると、サインイン ウィンドウにリセット ボタンのリンクが表示されます。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0283:Windows Uniscribe のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8550:Skype for Business のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8676:Windows GDI+ の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8695:Graphics コンポーネントの情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8696:Microsoft Graphics コンポーネントのリモート コード実行

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 会議に参加するときに会話ウィンドウがバックグラウンドで表示されず、オーディオ デバイスの参加ダイアログがユーザーに表示される問題の修正。
  • Outlook からの会議リンクが適切に内部 URI を渡さない場合があるという問題の修正。
  • [会議に参加] ボタンを拡大し、一部のローカライズされた言語を切り捨てました。
  • ポリシーで音声が無効になっているユーザーへの呼び出し試行メッセージを、「通話を完了することができません」から「IT 管理者がオーディオを制限しているため通話することができません。インスタント メッセージや電子メールを使用して、IT 管理者にご確認ください。」に変更します。
  • Skype for Business Online の PSTN 会議が有効なユーザーへの会議出席依頼に、「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」のハイパーリンクが追加されます。
  • チームが Skype for Business Online から会議に参加できるようになります。
  • ラウドスピーカーのセッション音量の既定値を 40% から 75% に変更します。
  • タブのリストをより小さな最小幅までサイズ変更できるようになりました。
  • タブの順序と一致するようにショートカット キーを更新します。
  • ヘブライ語のテキストをモバイル デバイスから送信するときに方向が間違っていましたが、これを修正します。
  • [デスクトップの表示]/[制御を渡す] 機能を指してスクリーン リーダーが読み上げる情報の問題を修正します。
  • [ルームの選択] 一覧に、フォローされているルームに加え、開かれているルームを表示します。
  • カスタムの RCC アプリが有効になっているときに VoIP 機能を無効にする機能を追加します。
  • オフライン IM の紹介文を「Skype for Business モバイル アプリをお試しください」に変更します。
  • 自動承諾された会話の会話ウィンドウが最小化ウィンドウではなく通常のウィンドウで開き、予期せずに他のウィンドウから注意をそらしてしまう問題を修正します。
  • [Skype 会議のオプション] ダイアログ ボックスでスクリーン リーダーを使用する場合の問題を修正します。
  • 出席依頼の最初のメッセージが不在着信した会話の電子メールに表示されない問題を修正します。
  • [新しい Skype 会議] ボタンを使用して Outlook から会議出席依頼を作成するときに重複するダイヤルイン番号が表示される問題を修正します。
  • スクロール バーが表示されている場合、IM 履歴のすべての会話を Ctrl + A を使用して選択しようとすると、すべての会話が選択されない問題を修正します。
  • Export-CsArchivingData コマンドレットを使用すると、出力テキストの形式が正確に同じでないことがある問題を修正します。
  • 3 人以上の参加者で [会議の開始] を使用すると、会議の開催者がリモートの参加者のビデオを見ることができない問題を修正します。
  • ユーザーが参加者リストの別のユーザーの名前を右クリックすると、会議の参加者一覧の最初の行が空白になる問題を修正します。
  • 企業ネットワークの内部と外部との切り替え時にユーザーがサインインできなくなるという問題を修正します。
  • コンサルティング転送で IM からオーディオにエスカレーションする場合にチャット領域が閉じない問題を修正します。
  • 2 つのエンドポイントの同時呼び出しを使用している場合のトースト通知で、名前が切り捨てられる問題を修正します。
  • ファイル共有通知でファイル名が切り捨てられる問題を修正します。
  • [通話に戻る] ボタンと転送ボタンのツール ヒントを追加します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、コンサルティング転送ウィンドウにおける保留の時間を使用できるようにします。
  • コンサルティング転送の既定の設定として、IM または通話のいずれかを選択できる機能を追加します。
  • コンサルティング転送を行う場合、[転送] ボタンを右クリックして、連絡先の電話番号一覧を表示する機能を追加しました。
  • 一般的なエラー メッセージが改善され、問題の原因は、ユーザーが無効なライセンスを持っているか、ユーザーにライセンスが割り当てられていないかであることが明確になります。
  • ユーザーが特定の連絡先と会話を開始し、別の連絡先を追加しようとすると、会話ウィンドウのタイトルに一部の連絡先が表示されない問題を修正します。
  • ナレーターが通知の 2 行目を読まない問題を修正します。
  • 通話が、参照された番号ではなく VOIP に転送される問題を修正します。
  • ユーザーが [コンテンツ] ウィンドウに移動するときに、ナレーターによって正しくない情報が読み上げられる問題を修正します。
  • ホワイトボードのコメントにマウス カーソルを移動するときに作成者と変更者の名前が表示されない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • サード パーティ製ステンシルの検索: 選択したコンテンツ プロバイダーから提供されるサード パーティ製のステンシルを検索します。
  • スライド スニペット: Visio 図面のスニペットを取得し、PowerPoint のスライドとしてエクスポートします。 詳細情報

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Word は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。  詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 並べて表示: 印刷レイアウト表示で、積み重ねられた紙のように横にスライドさせてページを移動します。 詳細
  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。
  • SVG 画像: ドキュメントにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにドキュメントを保存します。
  • 学習ツールでの閲覧機能の向上: 閲覧モードでの新しいコマンドにより、文字間隔の調整、音節間の区切りの表示、およびドキュメントを音声で読み上げる際に各単語の強調表示が行われ、読み上げのスキルが向上しました。 詳細情報
  • 図形の認識: [描画] > [図形に変換] を使って、描画を自動的に図形に変換します。 詳細

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)
  • CVE-2017-0254:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0292:Windows PDF のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8509:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 韓国語を入力する場合、子音や母音が正しく区切られないという問題の修正。
  • 配送先住所がエンベロープの左端に近すぎる場所に印刷されるという問題の修正。
  • 特定のアクションの後にテーブルが正しく表示されない問題を修正します。
  • 引用に対して複数の編集を行うと、連続した個別のアクションではなく、単一の元に戻すアクションとして表示されることがある問題の修正。
  • 特定の操作を行った後に [元に戻す] が無効になる問題の修正。
  • 特定の元に戻す操作を行った後にデータが失われないようにするための問題の修正。
  • ユーザーが PST ファイルを検索できないという問題を修正します。
  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API
  • CVE-2017-0260:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8510:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8512:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8570:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8630:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8744:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 一部のプログラム ファイルの署名において、ウイルス対策プログラムでこれらのファイルにフラグが設定されたり、Windows Information Protection (WIP) でのデータの保護およびアクセスに関して問題が発生したりするという問題の修正。
  • 新機能ダイアログが表示されない問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager の使用時に、Office 2013 から Office 2016 への無人アップグレードが失敗する原因になる問題を修正します。
  • ストアから企業のカタログに展開された従来のアドインが読み込まれない問題の修正。

Deferred Channel

2017 年 9 月 12 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2116)


:これは、2017 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2018 年 1 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1705 (ビルド 8201.2193) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8676:Windows GDI+ の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8695:Graphics コンポーネントの情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8696:Microsoft Graphics コンポーネントのリモート コード実行

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Deferred Channel

2017 年 7 月 27 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2099)


Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 7 月 27 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2154)


:これは、2017 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 9 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1701 (ビルド 7766.2099) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 7 月 13 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2096)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8570:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 7 月 13 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2151)


:これは、2017 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 9 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1701 (ビルド 7766.2096) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8570:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 6 月 13 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2092)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フライアウト メニューを閉じることができない問題を修正します。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: 値の間に区切り記号を含む新しいテキスト列にリストを展開し、SQL に接続する際のフェールオーバー オプションを指定します。
  • データ変換と接続性の機能強化: パーセンテージ データ型がサポートされるようになり、バイナリの結合関数作成の操作性が強化されました。
  • OLEDB コネクタ: [取得と変換] で OLEDB コネクタを使用して、クエリを作成し、接続文字列、および必要に応じて、実行する SQL ステートメントを指定することによってデータをインポートします。
  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • CSV (UTF-8) サポート: UTF-8 文字エンコードを使用する CSV ファイルを開き、保存します。
  • データ変換と接続性の機能強化: OData ソースからデータを読み込むときに関連するテーブルを選択して、インポートしたり、関数の計算による値を持つカスタム列を追加したり、または専用のビューを使用してクエリ間の依存関係を表示したりします。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 読み込み済みのテーブルに末尾が空白の列名がある場合に、モデル クエリの更新が失敗する問題を修正します。
  • .xls ブックを開くと、新しいウィンドウが灰色表示されるという問題を修正します。
  • ハイパーリンクを挿入するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • XML の対応付けを追加するときに Excel が失敗する可能性がある問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • VBA で DLL シートを操作するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • Office テーマを [黒] に設定して、[ブック クエリ] ウィンドウでクエリを右クリックすると「予期しないエラー」エラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • ユーザーがピボットテーブル オプションにアクセスしようとすると、Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • CSV または CSV UTF-8 として保存する際にテキストや二重引用符を含んだセルの値が正しくエクスポートされない問題を修正します。
  • Excel を閉じるときにハングするかクラッシュする問題を修正します。
  • 連結式を含むハイパーリンクが連結結果の一部を無視する問題を修正します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) の Excel の表を Word に貼り付けると表の書式が保持されない問題を修正します。
  • ブックに MS Excel 4.0 マクロ ワークシートが含まれていると、ユーザーが [名前を付けて保存] を実行できない問題を修正します。
  • CTRL+ALT+5 を、他のアプリケーションに一致するオブジェクト層に選択範囲を移動するショートカットにします。
  • 数式バーに入力して、VLOOKUP などの関数をドロップダウンから使うときに、Enter キーを押して数式を完成させようとすると、入力した値をそのままの形に残さず、オートコンプリート ドロップダウンの一番上の項目が選択される問題を修正します。
  • 保護されたシート内にハイパーリンクが含まれている Excel 97 - Excel 2003 のバイナリ ファイル形式 (BIFF8) のファイルを開こうとすると、ファイルが壊れていると Excel が判断して読み取り不可能なコンテンツを修復または削除しようとする問題を解決します。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • GrooveIntlResource.dll を正常に読み込むことができない場合 (通常の状況ではそうではありません)、ユーザーが同期済みフォルダーでファイルを開いたり保存したりしようとすると Office アプリがクラッシュする、あるいは Windows エクスプローラーを使用して同期済みフォルダーに移動すると Windows エクスプローラーがクラッシュする問題を修正します。
  • Office が Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 以外の場所から更新プログラムを受け取るように構成されている場合、適切なレジストリ キーによって OneDrive for Business を無効に設定しても無効にならないという問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ファイルと画像の同期の制御: [ファイル] > [オプション] > [同期] と移動し、すべてのファイルと画像を、ノートブック内のすべてのページに自動的にダウンロードするかどうかを制御します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (別名: Windows Anniversary Update) で PIN を使用して認証後、OneNote ページ キャンバスがマウス クリックに反応しなくなる問題を修正します。
  • ユーザーが .docx または .pptx などの編集可能なドキュメントを挿入する場合、EDU 特有の最適化された印刷動作を無効にします。
  • ページより大きい画像を印刷すると OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • ユーザーがカスタム ページ テンプレートを削除できない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムで添付ファイルの共同作業を行います。 OneDrive for Business に添付ファイルをアップロードして、すべてのユーザーが最新バージョンで作業できるようにします。添付ファイルのドロップダウン メニューを使用して、アップロードまたは保存します。
  • 旅行予約とパッケージのサマリー カード: 受信トレイと予定表に自動的に作成されたサマリー カードを使用して、旅行予約およびパッケージの配送を確認して追跡します。 詳細情報
  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8506:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8507:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8508:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがメッセージを削除するとき、メッセージの一覧でのメッセージの選択が断続的に予期せずにジャンプする問題を修正します。
  • 断続的なクラッシュの原因となる問題を修正します。
  • 管理者が [ファイル] タブのサポート選択を非表示とするには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\General\DisableSupportBackstage レジストリ キーを追加します。
  • 管理者が、[ファイル] > [フィードバック] にある "Outlook 2016 フィードバック" と "Outlook のブログ" オプションを無効にできるようにするには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\General\DisableOutlookFeedbackFeatures レジストリ キーを追加します。
  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。
  • 特定のスレッドの添付ファイル一覧にある添付ファイルを右クリックすると、該当するメニュー項目だけでなく、すべてのコンテキスト メニューが表示されるという問題を修正します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) の電子メール メッセージが、Information Rights Management を使って送信されたメッセージの場合、受信者によって開くことができない問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • クローズド キャプション: クローズド キャプションが設定されているビデオがスライドに含まれていると、キャプションをスライドショーで再生できます。
  • 複数のオーディオ トラック: 複数のオーディオ トラックが設定されているビデオがスライドに含まれていると、それらのトラックをスライドショーで再生できます。
  • セクションのコピー: プレゼンテーション間のセクションをコピーして貼り付けます。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • インク再生: 手書き入力を前方または後方に再生してコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を提供し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解できるようにします。 詳細情報
  • より優れたレコーディング: 記録されたスライド、画面録画、挿入されたビデオで構成されるプレゼンテーションを作成し、録画されたそのコンテンツをリモートで表示できるように共有します。リモート学習を支援し、プレゼンテーションをより対話的にするためにテストを埋め込むことや、インクの色を変更したり、単純なコントロールを使用してナレーションとオーディオを録音したりすることもできます。
  • デザイナーの機能強化: 箇条書きステップ リスト用に SmartArt を使用してデザインの推奨事項を示します。
  • 録画用のリボン タブ: リボンをカスタマイズすることで、[録画] タブを追加します。
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報
  • ズーム: 自動ナビゲーション リンクを含むプレゼンテーションの対話型の概要を作成します。 詳細情報
  • ハイパーリンクを開く: プレゼンテーションを編集するときにハイパーリンクを開くには、Ctrl キーを押したままクリックします。
  • テキストの強調表示: テキストの蛍光ペンを使って、重要なテキストを強調します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • PowerPoint の共同編集セッション中に別のテンプレートからスライドを追加すると、エラーが発生する可能性がある問題を修正します。
  • USB サム ドライブなどのリムーバブル メディアに保存されている PowerPoint ファイルの別の場所に [名前を付けて保存] 操作を実行するとイメージ不足エラーが発生するという問題を修正します。
  • 共同編集時に結合の競合が間違って表示される問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • グラフで図形を適用するときに、VBA オブジェクト モデルを呼び出すとランタイム エラーになる問題を修正します。
  • 画像をトリミングすると、画像のトリミングした部分が暗く見える問題を修正します。
  • スライド ショー モードでナレーションを付けて実行している場合、ユーザーがハイパーリンクをクリックし、対象サイトの読み込み速度が遅いと、PowerPoint がクラッシュするという問題を修正します。
  • 表に関して共同編集が動作しないというリアルタイム入力の問題を修正します。
  • Malwarebytes 3.0 がインストールされているコンピューターで PowerPoint を開く際に、"動作が停止しました" のエラーが表示されるか PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • [ファイル] > [新規作成] に既定のテンプレートが表示されない問題を修正します。
  • 埋め込みフォントを含むファイルが自動的に保存されるときにテキストの入力が中断され遅延する問題を修正します。
  • Adobe Illustrator からのスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像のコピーに関する問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • [ロック] フィールド: チーム メンバーが、タスクに関する更新を送信できないようにするには、値を [はい] に設定します。
  • タイムライン ラベル: ラベルを使用して内容を示す名前を付け、タイムライン バーを区別します。
  • タイムラインの進行状況のインジケーター: タイムライン ビューのチェック マークと色付きの進行状況バーを使用し、各タスクの進行状況を表示します。
  • アクセシビリティ機能の向上: プロジェクトの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マスター プロジェクトとサブプロジェクト間のプロジェクト間リンクを作成するときにリンク線が表示されない問題を修正します。
  • 特に期間の一部を含む作業時間とコストの値など、時間配分のベースライン値が XML 形式に正しく保存されない場合があるという問題を修正します。
  • 状態の更新を適用すると、チーム メンバーが報告していない割り当てに実作業が追加されるという問題を修正します。
  • リソースのベースラインが作成されていない場合でも、リソースのベースライン値が表示されるという問題を修正します。
  • 印刷プレビューがテキストをクリップするためテキストが見えなくなる問題を修正します。
  • ショートカット URL を使用して SharePoint から .mpp ファイルを開くと、"編集する前にドキュメントをチェックアウトする必要がありますか?" の設定が有効になっている場合でも、ファイルがチェックアウト済みとして開くという問題を修正します。
  • Project Web App からの数量単価型リソースに対する更新によって、時間配分データが正しく変更されないという問題を修正します。
  • マイルストーン タスクを含むプロジェクトを開くと、そのプロジェクトを最後に保存したときの日付が設定されていなくても、実際の開始日が追加される場合がある問題を修正します。
  • 作業分解構造 (WBS) の番号の再設定に関する問題を修正します。
  • グリッド ベースのビューを切り替えてナレーションを有効にすると Project がクラッシュするという問題を修正します。
  • XML ファイルを開くときにタイムスケール データの切り捨てに関する正しくないエラー メッセージが表示されるという問題を修正します
  • 基準計画の保存で、タイムスケール値が正しく設定されないという問題を修正します。
  • XML ファイルからプロジェクト データを読み取るときに割り当ての延期期間が無視されるという問題を修正します。
  • Project Online からファイルを開くときに、[最終更新日] にタイムゾーン調整済み時刻ではなく UTC 時刻が表示されるという問題を修正します。
  • カラー バンドをグループ化すると、シート ビューを印刷するときにグループ化されていない行に表示されないという問題を修正します。
  • 最大単位を超えて割り当てられたタスクをユーザーが検査するときに修復オプションが適切にユーザーに表示されないという問題を修正します。
  • プロジェクトの発行後、[アウトライン コード] フィールドの値を変更できないという問題を修正します。
  • 175% 表示の高 DPI 画面で、ガント バーのサイズが正しく設定されない問題を修正します。
  • ユーザーが [タスク情報] ダイアログ ボックスでラグ タイム (時間差) を設定すると、ラグ タイムが誤って継続期間に設定される問題を修正します。
  • 特定の XML ファイルを開くと、割り当てに関する問題が原因でタスクの開始日が正しく設定されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Publisher に CMYK TIF 画像が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows の通知スタイル: 着信と会話の通知の外観を変更します。 詳細情報
  • コンサルティング転送: 通話内から、IM または通話を介して別のユーザーに通話の転送について相談した後、通話をそのユーザーに転送します。 詳細情報
  • マイク通知: オペレーティング システムでマイクがミュート状態の場合、またはマイクが音声を受信していない場合は、会話ウィンドウに通知を表示します。
  • [自分の番号] の無効化: DisableDisplayMyNumber レジストリ エントリを使用して、ダイヤル パッドの下の “自分の番号” を無効にします。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0283:Windows Uniscribe のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8550:Skype for Business のリモート コード実行の脆弱性

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 自動承諾された会話の会話ウィンドウが最小化ウィンドウではなく通常のウィンドウで開き、予期せずに他のウィンドウから注意をそらしてしまう問題を修正します。
  • 企業ネットワークの内部と外部との切り替え時にユーザーがサインインできなくなるという問題を修正します。
  • 参加者の許可または拒否に使用するロビー ボタンをテキストから画像に (X またはチェックマーク) に変更します。
  • 会議のリマインダー通知テキストを "承諾" から "参加" に変更します。
  • 受信者の状態が [応答不可] に設定されたときに、IM の送信者に表示するメッセージを更新します。
  • 受信者がオフラインであり、"履歴に保存" が無効になっている場合は、IM の送信者に表示するメッセージを更新して、受信者がメッセージを受信しないことを明確にします。
  • グループ チャットのチャット履歴と参加者一覧の間の左右分割バーを移動する機能を追加します。
  • IM またはチャット ルーム ウィンドウにあるタブのリストのサイズを変更する機能を追加します。
  • トピック フィードを作成するときに検索されたチャット ルームを選択する機能を追加します。
  • 会話中のチャット履歴にメッセージが表示されなくなる問題を修正します。
  • 会話ウィンドウに重複したメッセージが表示される問題を修正します。
  • 通知が大量にある場合に、トースト通知のアクション (承諾と無視) が正しく表示されない問題を修正します。
  • Alt + Tab を使用して最小化されている会話ウィンドウを開くと、ユーザーがメッセージを入力できないという問題を修正します。
  • IM が利用可能であっても、ユーザーの連絡先カードの IM ボタンが灰色表示されるという問題を修正します。
  • 複数の会話ウィンドウを閉じてから再度開くと、以前のサイズと位置で開かないという問題を修正します。
  • 選択したときにカスタム リンクが起動しないという問題を修正します。
  • [地域] フィールドのオンライン会議テキストが英語以外の文字で正しく表示されない問題を修正します。
  • 通話時間などの通知情報が右から左方向の言語で正しく表示されない問題を修正します。
  • トピック フィードを作成するときに、検索結果をクリアしても、フォローされているルームのリストに結果がリセットされないという問題を修正します。
  • 同時に複数の会話ウィンドウが開いているときに Skype for Business がハングする問題を修正します。
  • 前回の会話ウィンドウが、他のすべてのタブを閉じると空白になるという問題を修正します。
  • タブ表示の会話が無効になっていると、チャット入力領域に既定のフォーカスが置かれないという問題を修正します。
  • 会議の招待に「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」リンクが表示されないという問題を修正します。
  • 高 DPI スクリーンを 175% 以上の表示倍率で使用すると、[全般] ページまたは [オーディオ デバイス] ページで一部のテキストが切り捨てられて省略されるという問題を修正します。
  • ネットワークに接続していない、AOAC (Always On/Always Connected) コンピューターを中断する、または再開すると、Skype for Business がクラッシュするという問題を修正します。
  • Polycom CX100 デバイスを使用している場合に、発信でマイクが検出されないという問題を修正します。
  • IM メッセージで \\サーバー名またはファイル:// などのリンクを選択すると、対象の場所が開くのではなくエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • 場所に基づいたルーティングを使用する仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で、サーバーがユーザーの場所では PSTN 通話を行えないと判断し、PSTN 通話の発信/受信を行えないという問題を修正します。
  • ユーザーの状態が「取り込み中」または「発表中」に設定されている場合に不在着信メッセージで送信される電子メールの件名行が、「不在着信した <名前> との会話」から「<名前> さんが Skype for Business でメッセージを送信しました」に変更されます。
  • 全数調査データの一環としてデバイスに初めてサインインしたときのタイムスタンプのキャプチャを開始します。サインインの信頼性の傾向を特定するのに役立ちます。
  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ユーザーが仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で音声通話のコントロール ボタンをクリックしたときに、オーディオ コントロール パネルが表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • アンパサンド (&) などの特定の特殊文字を、検索入力ボックスまたは [本日の予定やメッセージを入力] セクション ボックスに入力できない問題を修正します。
  • 不在着信したオフラインの IM がある場合に未読アイテム数が表示されない問題を修正します。
  • [電子メールで招待] テンプレートの説明が Skype ではなく Lync である問題を修正します。
  • ダイヤル パッドの下にある [自分の番号] 領域に行番号が表示されない問題を修正します。
  • チャットでメッセージを送信した後、IM 入力領域にマウス ポインターが表示されない問題を修正します。
  • サインイン時にキャッシュ プールの読み込みに問題がある場合、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • サインインして会話を復元すると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • 再開後にサインインすると、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • 両方の組織の Exchange サーバーで TNEF が無効になっていると、会議のリンクが無効になる問題を修正します。
  • 継続している IM 会話が 1 つだけの場合、ビデオ通話を再開できない問題を修正します。
  • ホワイトボードを PNG ファイルとして保存すると、ホワイトボードのテキスト注釈が失われる問題を修正します。
  • IM ウィンドウで、日本語で 2 行にまたがって入力すると最初の行が表示されない問題を修正します。
  • 名前のアンパサンド文字 (&) がアンダースコア文字で誤って置き換えられる問題を修正します。
  • スケジュールされた会議の "オンライン会議に参加" URL に関する問題を修正します。
  • マウスをウィンドウ上に置くとウィンドウがアクティブになるようにオペレーティング システムを構成していても、ウィンドウがアクティブにならない問題を修正します。
  • 発信の会話履歴項目に、呼び出し先ではなく呼び出し元が表示される問題を修正します。
  • F12 キーで会話がローカルに保存されない問題を修正します。
  • 不在着信した会話の電子メールに最初の IM が含まれない問題を修正します。
  • 発表者が IM への参加を無効にしていても、IM のテキスト領域に絵文字が追加できる問題を修正します。
  • [着信音と効果音のオプション] ダイアログ ボックスのレイアウトに関する問題を修正します。
  • 会話ウィンドウを閉じると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ドメインをバニティ ドメインとして登録すると、DNS レスのサインインが失敗する問題を修正します。
  • 常設チャットの通知設定が正しく保存または読み込まれない問題を修正します。
  • 会話を再度開くように設定されていても、サインインすると既存のピアツーピア会話ウィンドウまたはチャット ルームが表示されない問題を修正します。
  • アクティブな会話をミュートまたはミュートを解除すると、他の会話ウィンドウに未読のメッセージがあるかのように表示される問題を修正します。
  • メディア バイパスに対して構成されているユーザーが PSTN ゲートウェイからの通話を保留にすると、その通話を再開できない問題を修正します。
  • サード パーティによる RDP 実装を使用している場合に URL 経由でミーティングに参加すると、ユーザーにビデオではなく青いボックスが表示される問題を修正します。
  • トースト アラートに表示名ではなく、SIP アドレスのユーザー部分が表示される問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。
  • タブ表示の会話を使用しているときに、タブをダブルクリックして、入力を始めようとすると、フォーカスが別のタブに移動してしまうことがあり、その会話ウィンドウで入力が続いてしまう問題を修正します。
  • インスタント メッセージに含まれている URL を、キーボードを使用してチャット履歴ウィンドウで選択できない問題を修正します。
  • [着信音とサウンド] オプションの下にある [IM 会話を表示する場合、他のユーザーが入力しているときに音で知らせる] チェック ボックスが選択されている場合に、入力音が聞こえるようにする問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーを使用している場合に、表示されるダイアログ ボックスが読み上げられない問題を修正します。
  • 最初の実行時のチュートリアルをキーボードで移動したり、ナレーターなどのスクリーン リーダーで読み上げたりできない問題を修正します。
  • タスク バーのプレゼンス アイコンを高 DPI 設定でスケールできない問題を修正します。
  • 検索ボックスの [フィールドのクリア] ボタンをキーボードで選択できない問題を修正します。
  • 招待状が別のプール内のユーザーからのものである場合、ユーザーが会議を開始できない問題を修正します。
  • 自分自身を会議に追加しているユーザーが別のユーザーとして誤って表示される問題を修正します。
  • 状態変更通知の連絡先のプレゼンス アイコンが上司の着信呼び出しに対して非表示になっていた問題を修正します。
  • IM ウィンドウでのテキスト カーソルの点滅の速さが、Windows で設定しているキーボードのプロパティと一致しない問題を修正します。
  • スクリーン リーダーがグループ会話の誤った連絡先の名前を読み上げる問題を修正します。
  • ユーザーがキーボードを使用して複数の連絡先を選択できない問題を修正します。
  • Exchange からユーザーの写真を取得できない問題を修正します。
  • ユーザーが直接アクセスを使用して接続している場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続せずに、内部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。
  • 会議の所有者の名前を解決しようとすると、Skype for Business クライアントがクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business を起動中、またはシャットダウン中に Windows の設定を変更すると、Skype for Business がクラッシュする原因となる問題を修正します。
  • 常設チャット ルームで参加者リストを開いて、キーボード フォーカスを参加者リストに移動しようとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ネットワークが使用できない場合、Skype for Business が再開時にクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データベース モデルのアドイン: アドインを使用して、既存のデータベースのデータベースモデルを作成し、新しいデータベースの計画や既存のデータベースの理解に役立てます。 詳細情報 アドインのダウンロード
  • アクセシビリティ機能の向上: キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用して図形を扱ったり、他の対象を編集したりするなどのサポートが改善されました。
  • サード パーティ製のテンプレートやダイアグラム: サード パーティのコンテンツ プロバイダーから入手可能な新しいテンプレートやサンプルのダイアグラムを参照または検索します。サード パーティ プロバイダーの名前は、サムネイルに表示されます。
  • 手描き入力のサポート: ペンや指を使って、新しい描画タブのツールで図を描いたり注釈を入れたりします。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ機能の向上: ドキュメントの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細
  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報
  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • 自然なペン ジェスチャで編集する: 円で囲んでの選択や、バツ印をつけての削除によって、ドキュメントに変更を加えます。 詳細
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)
  • CVE-2017-0254:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0292:Windows PDF のリモート コード実行の脆弱性 
  • CVE-2017-8509:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性  

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のモニター構成の場合に生じるメモリ消費量に関する問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • 1 つの文書を閲覧モードで表示すると、印刷レイアウトで表示中の 2 つ目のドキュメントで Tab キーが機能しない問題を修正します。
  • 複数の文法ライブラリが読み込まれると Word がクラッシュするという問題を修正します。
  • 2 つまたは 3 つのストローク以降、インク ストロークが表示されない問題を修正します。
  • Google Input Method Editor (IME) を使用する場合に引用符が表示されない問題を修正します。
  • ユーザーがコンテンツ コントロールを使用するか、または不連続の選択を行うと、手書き入力が使用できない問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] にアクセスして、新しい機能を提案するか、気に入った点や正しく機能していない点を Microsoft に報告してください。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)
  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API
  • CVE-2017-0260:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8510:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8512:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドイツ語のキーボードで CTRL + ALT + 7、または CTRL + ALT + 8 を使用すると、適切な文字が挿入されず、ユーザー フィードバック ツールが開くという問題を修正します。
  • Office をインストールまたは更新すると、Windows 7 で TraceLogging がクラッシュする問題を修正します。
  • インクを使用して描画し、マウスを使用しているときに、マウス ボタンを放すとインクが若干ずれるという問題を修正します。
  • Office ドキュメントに SVG 画像を挿入し、その後ドキュメントを保存してから再び開くと、SVG 画像が表示されなくなるという問題を修正します。
  • Office で英語以外のユーザーのライセンス認証中に次のエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。"プロダクト キーの最大の長さは 25 文字です。"
  • フレームの Z オーダーが機能しなくなる、または正しく表示されなくなる可能性のある VBA フォームに関する問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager でトリガーされる更新によって、レジストリの UpdateChannel 設定が有効な更新チャネルでないものに変更される問題を修正します。

Deferred Channel

2017 年 6 月 13 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2139)


:これは、2017 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 9 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1701 (ビルド 7766.2092) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8506:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8507:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8508:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0283:Windows Uniscribe のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8550:Skype for Business のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0292:Windows PDF のリモート コード実行の脆弱性 
  • CVE-2017-8509:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性  

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0260:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8510:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8512:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 5 月 9 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2130)


Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 5 月 9 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2150)


:これは、2016 年 10 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 6 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1609 (ビルド 7369.2130) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel

2017 年 4 月 11 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2127)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 別のユーザーが範囲を編集できるようにするためのアクセス許可を設定しようとすると Excel がクラッシュするという問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API

Deferred Channel

2017 年 4 月 11 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2145)


:これは、2016 年 10 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 6 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しいDeferred Channel リリース - バージョン 1609 (ビルド 7369.2127) - が使用可能になりました。これには、新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API

段階的提供チャネル

2017 年 3 月 14 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2120)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 同時に複数の会話ウィンドウが開いているときに Skype for Business がハングする問題を修正します。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

段階的提供チャネル

2017 年 3 月 14 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2140)


:これは、2016 年 10 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 6 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しいDeferred Channel リリースが使用可能になりました — バージョン 1609 (ビルド 7369.2120) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

段階的提供チャネル

2017 年 2 月 22 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2118)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • dBASE サポート: dBASE データベース (.dbf) に格納されているデータへのインポートまたはリンクに対するサポート。 詳細情報

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ヘルプ] ウィンドウが開いていると特定のアクションを実行できないという問題を修正します。
  • Access アプリで、またはデータ プロバイダーとして Access データベース エンジンを使用するアドインと一緒に、Access データベース エンジンを使用する場合、並べ替えのクエリが実行されるため、アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • 数値データ型のフィールド サイズのドロップダウンに値が表示されないため、テーブルの作成や変更の際にユーザーが数値フィールドの種類を指定できない問題を修正します。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: クエリにパラメーターを追加し、結合または追加操作から新しいクエリを作成し、Web コネクタを使用して Web ページをプレビューします。
  • グラフ用のマクロ記録: ツリーマップ図、ヒストグラム図、パレート図、ウォーターフォール図、箱ひげ図のサポート。
  • Power Query のレイアウトを保持: 取得と変換を使用してインポートしたデータの形式と計算列は、クエリを更新した後も保持されます。
  • データ変換と接続性の向上: 追加の日付/時刻変換、テキストの操作、ブックの別の環境への移行、行のフィルター処理のための 2 つ以上の句のグループ化、およびクエリ エディター ウィンドウ内のドキュメント変換を実行します。
  • Power BI への発行 Power BI サブスクリプションを使用して、ローカルに格納されているファイルを Power BI に発行します。
  • 図形の認識: 自動的に描画を図形に変換します。
  • 新しいコネクタ: SharePoint Online、Exchange、SAP HANA へのコネクタを含む新しい Online Services カテゴリのオプションを使ってクエリを作成します。
  • OLAP 接続でのピボット テーブル: OLAP 接続を使用してピボットテーブルを作成、編集、更新する際のパフォーマンスが向上しました。
  • データ変換の機能強化: 期間値の年への変換、クエリ エディター プレビューでの空白と改行のサポート、クエリ ウィンドウからの直接的なクエリの名前変更が可能になりました。
  • データ接続の機能強化: ジャグ CSV ファイルの検出、Exchange Connector を使用する場合の Microsoft アカウントによる認証のサポート、SharePoint リストに接続しようとする場合のユーザーが指定した URL の検証が可能になりました。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [メジャーの編集] ダイアログ ボックスを使用すると Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • VBA コードを使用してワークシートをコピーすると、非表示のワークシートが再表示される問題を修正します。
  • ソルバーを使用する場合、ソルバーを選択すると "Solver32.dll ファイルが見つかりません" エラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 高 DPI モニターを使用する場合、リボンのタッチ モードが有効になっていると、Bing 地図アドインのアイコンが表示されない問題を修正します。
  • .xls 形式で保存したファイルを開いた後に条件付き書式ルールが機能しなくなるという問題を修正します。
  • 64 ビット バージョンの Excel で、バックエンド サーバーに対する認証のためにパスワード プロンプトを必要とする、リンクされた ODBC テーブルを参照する Access クエリに接続しようとすると、パスワード プロンプトの代わりにエラーが発生する問題を修正します。
  • ドロップダウン リストからアイテムを選ぶときに Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • フランス語やドイツ語バージョンの Excel で、INDIRECT 関数に R1C1 の参照形式を使用すると、参照される値や予想される値ではなく、#REF! エラーが発生する問題を修正します。
  • [カスタム リスト] ダイアログ ボックスでのカスタムの並べ替えリストの作成中に、ENTER キーを使用してリストのエントリを区切ることができない問題を修正します。
  • 情報のコピー中や移動中に、"クリップボードを開けません" や "クリップボードを空にできません。別のアプリケーションがクリップボードを使用している可能性があります" などのエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 多数のテキスト ボックスを含むブックを編集しようとすると、Excel がハングする問題を修正します。
  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。
  • 無効な範囲に基づいてピボットテーブルが挿入されるため、正しくないエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • Application.OnUndo を使用することにより、プログラムの [元に戻す] レベルを含むブックを保存すると、ブックへの最後の変更が取り消される問題を修正します。
  • Excel で、条件によってセルの値の変更がナレーターに通知されない問題を修正します。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • レジストリの書き込みを禁止しているコンピューターでレジストリに書き込むと、OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • タグを検索しているときに、テキスト行の複数のタグのうち最初のタグだけが [タグの要約] パネルに表示される問題を修正します。
  • なげなわツールから手描き入力ツールに切り替えるときにインク ストロークのゴーストが表示される問題を修正します。
  • コンテンツをなげなわツールで選んでドラッグ アンド ドロップすると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • ページ上を移動する際に、手のひらツールが消える問題を修正します。
  • テーブルを削除すると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • @メンション: メールや予定表アイテムの本文で @ 記号の後に人の名前を続けると、入力またはアクションが求められることを受信者が知っていることを確認します。これにより、それらの人は To 行にも自動的に追加されます。 詳細情報
  • 旅行予約とパッケージのサマリー カード: 受信トレイと予定表に自動的に作成されたサマリー カードを使用して、旅行予約およびパッケージの配送を確認して追跡します。 詳細情報
  • 添付された写真のミニ プレビュー:メールに写真が添付されている場合、Outlook ではメッセージに写真の小さなプレビューが表示されます。
  • 削除済みアイテムのリンクの復元: 削除済みアイテム フォルダーで、"このフォルダーから最近削除されたアイテムを復元する" のリンクが削除済みアイテムの一覧の上に表示され、リンクを選択すると [削除済みアイテムの復元] ダイアログ ボックスが表示されます。
  • タップ: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Application Virtualization (APP-V) を他のアプリケーションと使用する際に AllowJitvInAppvVirtualizedProcess レジストリ キーを設定している場合、コントロール パネルからプロファイルを作成しようとすると、Windows 7 でクラッシュが発生する問題を修正します。
  • 会議の所有者が追跡タブでユーザーの選択を解除できない問題を修正します。
  • 複数のフォルダー間で高度な検索を行うと Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 検索の [cc] テキスト ボックスに入力したテキストがメインの検索ボックスに追加されず、検索が実行されない問題を修正します。
  • 添付ファイルのある複数のメッセージとの会話で、これらのメッセージのいずれかの添付ファイルを開こうとする場合、その添付ファイルがオンラインの場所に格納されていると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーが電子メール メッセージの編集を続行できない問題を修正します。
  • 添付ファイルを含むメール メッセージをデジタル署名または暗号化すると、添付ファイルの内容が失われる問題を修正します。
  • カスタマイズしたひな形を既定のテーマとして使用すると、余分な改行が新しいメール メッセージに追加され、フォントが Calibri に設定される問題を修正します。
  • Windows の表示が 125% に設定されている場合、Outlook を開くとフリーズする問題を修正します。
  • OLE リンクに貼り付けられた Excel のセルが下書きメール メッセージで表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが画像の添付ファイルをメッセージでプレビューできない問題を修正します。
  • Outlook 2016 から送信された会議の招待を Outlook 2013 または Outlook 2010 で受信すると、招待に含まれる画像が表示されない問題を修正します。
  • ユーザー設定のフォームのデザイン時にフォームにフィールドをドラッグすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • Outlook を開いたときフォルダー ウィンドウが表示されなくなる問題を修正します。
  • 頻繁に使用するテキスト フィールドで高度な検索を使用してメッセージを検索すると "Outlook では指定した検索を行うことができません" のエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • ナレーターなどの Microsoft UI オートメーションのリスナーの実行時に会議出席依頼が表示され、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 連絡先に新しいメッセージを作成すると、連絡先のメール アドレスが 1 つしかないにもかかわらず、宛先フィールドに受信者の名前が 3 回入力される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コラボレーション機能がリボン上でグループ化されました。 共有、チャット、コメント、ドキュメント アクティビティ、現在ドキュメントを編集しているユーザーなどの機能が、リボン上でグループ化されました。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 図形の操作によって、PowerPoint がクラッシュすることがある問題を修正します。
  • ユーザーがファイルを開いたり保存したりしようとすると PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • スライドのサイズをカスタマイズする際の "インチ" の略語に対するタイ語の翻訳が正しくない問題を修正します。
  • スクリーンショットから、キャプチャされたブラウザー ウィンドウの URL に向けて自動的にハイパーリンクする機能が作動しないという問題を修正します。
  • ノート セクションに .gif ファイルを貼り付けると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存すると、他のスライドへのリンクが、正しくないスライドにポイントする問題を修正します。
  • 編集ビューを、異なる画面解像度を持つ別のモニターにドラッグすると、そのビューが正しく表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ファイルを PDF ファイルとして保存すると、画像の色や透明度への変更が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 更新されたビジュアル要素: アイコンおよび色の変更によりアクセシビリティが向上しました。 詳細情報
  • UI の [共有] への更新: [デスクトップの表示] を [デスクトップの共有] に、[プログラムの表示] を [ウィンドウ​​の共有] に変更するなど、UI 要素で [表示] を [共有] に変更します。
  • Citrix サポート:HDX RealTime Optimization Pack 2.1 とともに、Citrix ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の環境もサポートします。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3192884)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。
  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Online に移行した後、会話の履歴、連絡先、またはボイス メールの情報を取得するために Exchange に接続できない問題を修正します。
  • ホワイトボードのダイヤル パッドまたはテキスト注釈に情報を貼り付けようとすると、チャット入力のテキスト ボックスに情報が誤って貼り付けられるという会話ウィンドウに関する問題を修正します。
  • 解像度が異なる複数のモニター (特に高解像度モニター) を使用している場合に、Skype for Business でモニター変更に伴ってスケーリングが更新されない問題を修正します。
  • キーボードを使用して IM 会話の参加者のリストを表示する場合、キーボードのフォーカスが正しく機能せず、参加者のリストを表示するのではなく、チャット履歴に移動してしまう問題を修正します。
  • ハイ コントラストの Windows テーマを使用している場合、[参加者の操作] 画面にヒントが表示されない問題を修正します。
  • 電話番号の場所が会議の招待で表示されない問題を修正します。
  • 高 DPI を使用するリモート制御シナリオでのマウス ポインターの問題を修正します。
  • 表示する共有デスクトップを参加者が切り替えると、他の参加者が共有デスクトップを表示できなくなる問題を修正します。
  • 証明書の問題でサインインが失敗する問題を修正します。
  • ギャラリー ビューからコンテンツ ビューに切り替えて、ギャラリー ビューに戻ると、ホワイトボード ビューが画面の上部に読み込まれない問題を修正します。
  • Exchange 認証中にサインインが失敗する問題を修正します。
  • 共有者がサード パーティ製の RDP 実装を使用しており、共有者の解像度が表示者の解像度よりも低い場合、ビューで Skype ウィンドウを最大化すると Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • [コンテンツ] ボタンが Front of Room ディスプレイで機能しない問題を修正します。
  • 自動構成スクリプトとして Internet Explorer の内部プロキシ pac ファイル URL 用に構成されたコンピューターで、会議の再参加が失敗する問題を修正します。
  • キーボード ショートカットを使用して、ビデオ、ナレーターなどのスクリーン リーダーをミュートまたはオフにすると、変更が読み上げられない問題を修正します。
  • [場所の編集] ダイアログ ボックスに、ナレーターなどのスクリーン リーダーで使用できるラベルがなかった問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、リボンのすぐ下に表示されるアラート通知の処理が正しく行われない問題を修正します。
  • 発表者が超高解像度ディスプレイを 1 つ以上使用している場合、ピアツーピアのビデオ ベースの画面共有セッションにより、CPU 使用量が増加して、発表者のコンピューターでのアプリとオペレーティング システムの応答性が低下する問題を修正します。
  • Skype for Business ウィンドウの高さを最小値に変更すると、ボイス メール リストが表示されない問題を修正します。
  • Skype 会議を開くか作成した後に [会議オプション] ボタンをクリックすると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 保存されたチャット履歴が Outlook で下書きのメール メッセージとして表示され、返信できない問題を修正します。
  • ユーザーが Office の既定言語を変更しても、メイン ウィンドウのタイトルの言語が変更されない問題を修正します。
  • [リレーションシップ] タブで外部の連絡先が 1 回だけではなく、複数回表示される問題を修正します。
  • 受信者がオフラインのメッセージを受信できない場合、"オフライン メッセージのみ" のメッセージが誤って表示される問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Server で代理人を追加した後、Skype for Business を再起動しても、そこに代理人が表示されない問題を修正します。
  • 会話をもう一度開くオプションが設定されている場合、サインインするときにタブが表示されない問題を修正します。
  • 新しいメッセージが IM の会話に着信したときに、スクリーン リーダーで読み上げることができない問題を修正します。
  • キーボード ナビゲーションとスクリーン リーダーのナレーション付きテキストの問題を修正します。
  • スクリーン共有が開始され、ユーザーがスクリーンを表示できることをスクリーン リーダーが読み上げない問題を修正します。
  • 会議をホストしている組織がフェデレーションしていないアカウントを使用してユーザーが会議に参加している場合、空白の会話ウィンドウが表示される問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ チェック: ダイアグラムにアクセシビリティの問題がないかどうかを確認するには、[ファイル] > [情報] > [問題のチェック] > [ユーザー補助のチェック] に進みます。
  • UML テンプレート: 3 つのテンプレート ( コンポーネント 通信、および 展開) は、統一モデリング言語 (UML) 2.5 標準に準拠しています。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ヘルプ] ウィンドウが開いていると特定のアクションを実行できないという問題を修正します。
  • 保存済みの Visio ファイルを閉じると、Visio が閉じない問題を修正します。
  • 大規模なメタファイルまたはズームされたメタファイルがぼやけて表示される問題を修正します。
  • リボンの [描画] タブの場所を移動して、[描画] タブの "タッチで描画" 選択肢の場所を移動します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リサーチ ツール: Word を終了せずに、関連する引用、引用可能なソース、およびイメージを検索します。 詳細情報
  • コラボレーション機能がリボン上でグループ化: 共有、チャット、コメント、ドキュメント アクティビティ、現在ドキュメントを編集しているユーザーなどの機能が、リボン上でグループ化されました。 詳細
  • タップ: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3194063)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 30,000 を超えるファイルなど、多数のファイルを含まむフォルダーに対して [名前を付けて保存] を行うと、Word がクラッシュする問題を修正します。
  • InsertXML メソッドを使用する際に、実際の画像ではなく、画像への壊れたリンクのプレースホルダーが表示される問題を修正します。
  • [名前を付けて保存] を行う場合に、ファイルを閉じるときに Office ドキュメント キャッシュからファイルを削除するオプションをユーザーが選択すると、Word がクラッシュする問題を修正します。
  • 30,000 を超えるファイルなど、多数のファイルを含まむフォルダーに対して [名前を付けて保存] を行うと、Word がクラッシュする問題を修正します。
  • UK キーボードを使用している場合、CTRL+ALT+4 ショートカットでユーロ記号が入力されない問題を修正します。
  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーがドキュメントの編集を続行できない問題を修正します。
  • 日本語入力方式エディター (IME) を使用する場合に、2 バイト文字セット (DBCS) の記号文字を入力すると、フォントが Segoe UI Emoji に変更される問題を修正します。
  • ユーザーがブログ投稿を SharePoint に公開しようとすると、ブログ作成者の資格情報が誤って要求される問題を修正します。
  • ユーザーが既定の編集または校正用の言語を変更した場合、次に Word を開いたときにその変更が反映されない問題を修正します。
  • フォーム ベース認証を必要とするサーバーでドキュメントを開くと、Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンの更新: Office は、常時インターネットにアクセスしているわけではないユーザーのために、トークンの期限が 50% になると、共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンを定期的に更新しようとします。
  • 共有コンピューターのライセンス認証の機能制限モード: 共有コンピューターのライセンス認証を使用する場合、ユーザーがサインイン ウィンドウを閉じるか、またはユーザーのライセンス トークンの有効期限が切れても、ユーザーは Office アプリを使用できますが、アプリは機能制限モードになります。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フレームの Z オーダーが機能しなくなる、または正しく表示されなくなる可能性のある VBA フォームに関する問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager でトリガーされる更新によって、レジストリの UpdateChannel 設定が有効な更新チャネルでないものに変更される問題を修正します。
  • OneDrive 同期クライアントを使用して、ファイルを OneDrive for Business サイトからローカル コンピューターに同期する場合に、URL から開いた同期済みのバックアップ ファイルを保存すると、Word、Excel、または PowerPoint がハングする問題を修正します。
  • フォーム コントロールを含むマクロ有効ファイルを開こうとすると、透明ラベル コントロールが不透明になる、既存のフォームが表示されなくなるか正しく機能しなくなる、および Office アプリケーションが応答しなくなる原因となる可能性のある VBA フォーム コントロールに関する問題を修正します。
  • 管理されているメタデータ プロパティを使用すると、設定されているメタデータ値ではなく、[詳細の表示] ボタンが [ファイル] > [情報] の下の [プロパティ] セクションに表示される問題を修正します。
  • 操作アシストを使用しているときに [ヘルプの取得] を選択すると、[ヘルプ] ウィンドウが、アプリケーション内ではなく、別のダイアログ ボックスとして表示される問題を修正します。
  • OfficeC2RClient.exe が "チャネル" をオプションの設定として認識しない問題を修正します。
  • 新しいバージョンとビルド形式が [ファイル] > [アカウント] の下の [Office 更新プログラム] セクションに表示されない問題を修正します。
  • 別の更新チャネルに切り替えると、次回の更新プロセスの実行時に、以前のビルドがインストールされる問題を修正します。
  • V3 バージョンの GDI プリンター ドライバーを使用するプリンターに印刷する場合の問題を修正します。
  • オンラインの修復を実行するときにインストールのユーザー インターフェイス (UI) が表示されない問題を修正します。
  • オンライン テンプレートへのアクセスがグループ ポリシーの設定またはレジストリ設定によって無効になった後も、[オンライン テンプレートの検索] ボックスが有効になったままになる問題を修正します。
  • Office アプリを開いたときに、「このアプリケーションのライセンスが見つかりません。修復は失敗したか、中止されました」というエラー メッセージが表示され、Office アプリが終了する問題を解決します。
  • 以前のビルドの更新プログラムのダウンロード サイズが実際よりも大きくなる原因となるバイナリ差分圧縮に関する問題を修正します。
  • Office Update タスクがあまりに頻繁に実行されることで、CPU 使用率が増加し、デスクトップのアイコンが短く点滅したり表示が更新されたりする問題を修正します。
  • 複数のユーザーが同じコンピューターで同時に特定のアクセス許可の構成で Office を実行した場合、Office アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • Office アドイン コマンドを使用すると Excel、Word または PowerPoint がランダムにクラッシュする問題を修正します。
  • Office を更新すると ODBC レジストリ エントリが上書きされ、Microsoft Access データベース エンジン再頒布可能パッケージの再インストールか修復が必要になる問題を修正します。
  • Office ドキュメントを SharePoint などの URL から開くと、そのURL が / 文字で終わる場合に、PowerPoint、Word、Excel がクラッシュする問題を修正します。

段階的提供チャネル

2017 年 2 月 22 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2136)


:これは、2016 年 10 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2017 年 6 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1609 (ビルド 7369.2118) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Deferred Channel

2017 年 1 月 10日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2117)


Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3214291)

Deferred Channel

2017 年 1 月 10日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2105)


:これは、2016 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。継続的にサポートされ、2017 年 2 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1605 (ビルド 6965.2117) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3214291)

Deferred Channel

2016 年 12 月 13 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2115)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • JAWS スクリーン リーダーが実行中にユーザーが連絡先リストなどのリストに移動すると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Deferred Channel

2016 年 12 月 13 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2098)


:これは、2016 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。継続的にサポートされ、2017 年 2 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1605 (ビルド 6965.2115) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Deferred Channel

2016 年 11 月 8 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2105)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Exchange Online に移行した後、会話の履歴、連絡先、またはボイス メールの情報を取得するために Exchange に接続できない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Deferred Channel

2016 年 11 月 8 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2088)


:これは、2016 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。継続的にサポートされ、2017 年 2 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1605 (ビルド 6965.2105) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Deferred Channel

2016 年 10 月 11 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2092)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Access アプリで、またはデータ プロバイダーとして Access データベース エンジンを使用するアドインと一緒に、Access データベース エンジンを使用する場合、並べ替えのクエリが実行されるため、アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • 数値データ型のフィールド サイズのドロップダウンに値が表示されないため、テーブルの作成や変更の際にユーザーが数値フィールドの種類を指定できない問題を修正します。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 機能強化の取得と変換: Power Query のデータ変換とデータ接続の機能が新たにされたか、強化されました。 詳細情報
  • 追加のデータ接続: JSON と Azure SQL データ ウェアハウス ソースからのデータのクエリを実行します。
  • Power Query の機能強化: データ変換とデータ接続の機能が強化され新しくなりました。 詳細情報
  • ラージ アドレス認識サポート: 使用可能な場合、32 ビット バージョンの Excel ではより多くのメモリを使うことができます。 詳細情報
  • Power Query の機能強化。 接続機能が強化され、新しい変換が追加されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 64 ビット バージョンの Excel で、バックエンド サーバーに対する認証のためにパスワード プロンプトを必要とする、リンクされた ODBC テーブルを参照する Access クエリに接続しようとすると、パスワード プロンプトの代わりにエラーが発生する問題を修正します。
  • OLAP のドリルスルー アクションによって、Excel が動作を停止する問題を修正します。
  • 多数のテキスト ボックスを含むブックを編集しようとすると、Excel がハングする問題を修正します。
  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。
  • OLAP データ ソースを更新すると 1 分後にタイムアウトになる問題を修正します。
  • Application.OnUndo を使用することにより、プログラムの [元に戻す] レベルを含むブックを保存すると、ブックへの最後の変更が取り消される問題を修正します。
  • Excel で、条件によってセルの値の変更がナレーターに通知されない問題を修正します。
  • 複数のワークシートを持つブックで、[データの入力規則] ドロップダウン リストが破損し、重複して表示される問題を修正します。
  • Office の以前のバージョンをコンピューターからアンインストールするときに Excel からファイルの関連付けが失われるという問題の修正。
  • Excel でファイルが保存された後に、一時ファイルがときどき残されたままであるという問題の修正。
  • 削除されたワークシートでメソッドやプロパティを呼び出すと、そのワークシートにオブジェクトが見つからなかったことを示すエラーが表示されるのではなく、Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • Excel が開いたときにスタート画面が表示されないように構成しているにも関わらず、アドインが有効にされたときにスタート画面が表示されるという問題の修正。
  • [データ] > [取得と変換] > [テーブルから] を使うときに、名前付き範囲が正しくインポートされないという問題の修正。
  • テレメトリ ダッシュボードのログが有効になっているコンピューターでマクロの実行速度が著しく遅い問題を修正します。
  • 小計を作成した後、小計を含めるように選択範囲が拡張されないという問題の修正。
  • FTP サーバー上のファイルを開くことができない問題を修正します。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ランダムなストロークが選ばれ、選択解除できない状態で手描き入力するときに起こる問題の修正。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 簡略化されたプロファイルの作成: Office 365 アカウントを使ってログインした状態で、Office 365 メールボックスの Outlook プロファイルを設定するためのユーザー インターフェイス (UI) の操作が簡略化されました。
  • 会話の添付ファイルの一覧: Office 365 のグループ内の会話のすべての添付ファイルは、閲覧ウィンドウの右上隅のドロップダウン リストで確認できます。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カスタマイズしたひな形を既定のテーマとして使用すると、余分な改行が新しいメール メッセージに追加され、フォントが Calibri に設定される問題を修正します。
  • Windows の表示が 125% に設定されている場合、Outlook を開くとフリーズする問題を修正します。
  • ナレーターなどの Microsoft UI オートメーションのリスナーの実行時に会議出席依頼が表示され、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • MAPI/HTTP が有効になっている Exchange Server 2013 に接続するとき、ユーザーのデスクトップの資格情報で自動的にログインするのではなく、ユーザーに資格情報の入力が求められる問題を修正します。
  • メール メッセージを PST ファイルのフォルダーにドラッグ アンド ドロップすると、ユーザーは Outlook でファイルに対して修正を実行するよう求められる問題を修正します。
  • Outlook 2016 から送信された会議の招待を Outlook 2013 または Outlook 2010 で受信すると、招待に含まれる画像が表示されない問題を修正します。
  • 高 DPI を使用する場合に、テーブルを含むメッセージの外観を改善します。
  • [ファイル] > [オプション] > [メール] > [ひな形およびフォント] で [返信または転送時に新しい色を適用する] が選ばれていても、新しい色が選択されずに、返信や転送に黒のフォントの色が使用される問題を修正します。
  • 間もなく発生する可能性のある PST の破損の検出を改善し、破損の発生を防止するための手順を追加します。
  • .rtf 形式の電子メールを送信するときに、拡張記号文字が "1" に変更されるという問題の修正。
  • サーバー上の古いメール メッセージを表示するためのリンクが、[受信トレイ] や [削除済みアイテム] フォルダーなど、フォルダー内のメッセージのリストの下部に表示されないという問題の修正。
  • .msg ファイルを使ってメールを送信するときに、Outlook でメッセージ コンテンツを送信できない問題の修正。
  • 受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を更新して、.pst ファイルがインデックス付けおよび検索される方法に関連してファイルの破損問題を検出し、修正します。この種類の破損により、.pst ファイルを読み込めなくなるため、Outlook がクラッシュし、CPU 使用率が高まります。
  • メッセージ分類がプレーンテキスト メッセージに常に表示されないという問題の修正。
  • [会話の設定] > [クラシック ビューを使用する] オプションが有効になっているときに、Outlook の検索が重複する結果を返す問題を修正します。
  • スペイン語版の Outlook で新しいメッセージを作成するときに、フィールドのタブ ナビゲーションに関する問題を修正します。
  • 新しいメッセージの送信、または返信のとき、HTML 署名に含まれる画像が灰色のボックスとして表示される問題の修正。
  • 既読の項目の検索フォルダーに未読の項目も表示される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Smart グラフィックの共同編集: 複数のユーザーが、SmartArt グラフィックのさまざまな要素を同時に編集できます。
  • PowerPoint Designer の機能強化: 複数の画像、色の抽出、顔認識に関するデザインの提案。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint ドキュメント ライブラリで開いてチェックアウトし、[ドキュメントを編集する前に必ずチェックアウトする] が [はい] に設定されているファイルを保存できない問題を修正します。
  • グラフを含むプレゼンテーションを自動的に保存すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • コンテンツ アドインを含むプレゼンテーションでリアルタイムの共同編集を行っているときに、ドキュメントを更新できないことを示すエラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • クラッシュした後に PowerPoint が再起動し、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使っている場合、回復されたファイルを保存するか、元のファイルを開くときにエラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • 以前の PowerPoint のクラッシュ時に作成された回復ファイルを保存しようとするときに PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • テーブルを含むプレゼンテーションを PDF として保存すると、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • プレゼンテーションを .rtf 形式で保存するか、テキストをリッチテキスト エディター (WordPad など) にコピーするときに、数字とスペースが失われる問題の修正。
  • 箇条書き項目をカスタマイズするとき、一部のフォント オプションが表示されないという問題の修正。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オフライン メッセージ: サインインしていない連絡先に対してもメッセージを送信します。 詳細
  • 事前に会議の添付ファイルをアップロードする: Outlook でオンライン会議をセットアップするときに添付ファイルを追加します。 詳細

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3148522)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3192884)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Exchange Server で代理人を追加した後、Skype for Business を再起動しても、そこに代理人が表示されない問題を修正します。
  • 内部の企業ネットワークが利用可能な場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。
  • 30 を超える参加者のいる会議などの大規模な会議において、一部のユーザーの Skype がクラッシュするという問題の修正。
  • Malwarebytes ソフトウェアがインストールされているコンピューターで、デスクトップ共有や会議のオーディオ部分の使用など、ユーザーがオーディオ シナリオやビジュアル シナリオを開始しようとするときに Skype が切断されるという問題の修正。 この問題に関する詳細情報
  • ユーザーがホワイトボードやノートの共有などの会議機能を使用するときに、エラー メッセージを受信するという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • Skype ユーザーの連絡先カードを開こうとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • AutoCAD サポート: オーバーレイの図形、テキスト、データ グラフィックに加え、AutoCAD 2010 ファイルと AutoCAD 2013 ファイルをインポートします。 詳細
  • 改善された AutoCAD スケーリング: AutoCAD ファイルをインポートするときのスケーリングが改善されました。 詳細
  • AutoCAD パフォーマンスの向上: AutoCAD ファイルのインポートが高速化し、AutoCAD 図面上での図形の操作が改善されました。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 韓国語などの東アジア言語のキーボードが選択されている場合でも、入力した文字が英語で表示される問題を修正します。
  • CAD 図面上に配置した図形が正しいサイズでエクスポートされないという問題の修正。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コメント用吹き出し: ボタンはコメント用吹き出しに表示され、コメントへの返信、解決、コメントを再度開くことが容易になります。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3194063)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日本語入力方式エディター (IME) を使用する場合に、2 バイト文字セット (DBCS) の記号文字を入力すると、フォントが Segoe UI Emoji に変更される問題を修正します。
  • [ファイルから作成する] を使用してオブジェクトを挿入し、.jpg、.gif.、.png ファイルを選ぶと、OLE オブジェクトを表すアイコンが挿入される代わりに、htmlfile に関するエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 画像を画像コンテンツ コントロールに挿入すると失敗する問題を修正します。
  • PowerPoint スライドへのリンクを含むドキュメントで作業すると、Word が応答不能になる問題を修正します。
  • SmartArt グラフィックを貼り付けるときに、ユーザーが [元の形式を保持] オプションを選ぶと Word がクラッシュするという問題の修正。
  • ドラッグ操作で SmartArt グラフィックを移動した後に元に戻す操作を実行した場合、Word がクラッシュするか、SmartArt グラフィックが空白になって選択できなくなるという問題の修正。
  • ペルシャ語、アラビア語、ヒンディー語、ヘブライ語のコンテキスト番号付けリストの問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • AD RMS 権利ポリシー テンプレートの設定: 新しい Word、Excel、PowerPoint ドキュメントに適用する際に、[所有者 (作成者) に無期限のフル コントロールの権利を付与します] の設定が (特にこの設定を無効にする場合) 優先されるようにします。この設定を無効にする場合、テンプレートを適用するとドキュメントへのアクセスが制限される可能性があることを示す警告が表示されます。

     

    注: この設定が構成されているテンプレートを使用して既に保護されている既存のドキュメントは、変更されません。引き続き所有者が、これらのドキュメントに対する無期限のフル コントロールを持ちます。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office を更新すると ODBC レジストリ エントリが上書きされ、Microsoft Access データベース エンジン再頒布可能パッケージの再インストールか修復が必要になる問題を修正します。
  • テレメトリ ダッシュボードに情報がアップロードされる前に情報がログに上書きされる原因であり、またアップロードされるファイルのサイズが大きくなる原因でもある、テレメトリ ダッシュボードのログ情報に関する問題を修正します。
  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。
  • Word、Excel、PowerPoint で、手書き入力のペンの太さを設定すると、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • クラッシュした後に初めて Office アプリを開くとき (特に、クラッシュした直後に再度開く場合) に、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示されない問題の修正。
  • コマンド ライン オプションとして "ブランチ" ではなく、"チャネル" を使うよう OfficeC2RClient.exe を更新します。
  • Word、Excel、および PowerPoint のリボンに [選択] ボタンを追加し、ペンをインク注釈のために使うか、マウスのエミュレーションのために使うかをユーザーが切り替えられるようにします。

Deferred Channel

2016 年 10 月 11 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2081)


:これは、2016 年 6 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。継続的にサポートされ、2017 年 2 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1605 (ビルド 6965.2092) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3192884)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3194063)

Deferred Channel

2016 年 9 月 13 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2071)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • HTTP プロキシを使用するように構成されているメディア中継サーバーを使用すると、呼び出しセットアップのエラーが発生する問題を修正します。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Deferred Channel

2016 年 9 月 13 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1090)


注: これは、2016 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2016 年 10 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1602 (ビルド 6741.2071) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Deferred Channel

2016 年 8 月 9 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2063)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Deferred Channel

2016 年 8 月 9 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1087)


注: これは、2016 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2016 年 10 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1602 (ビルド 6741.2063) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Deferred Channel

2016 年 7 月 12 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2056)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Deferred Channel

2016 年 7 月 12 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1085)


注: これは、2016 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2016 年 10 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1602 (ビルド 6741.2056) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Deferred Channel

2016 年 6 月 14 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2048)


Access:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Power BI への発行:グラフ、範囲、表などのブック アイテムを保存して powerbi.com に公開し、ダッシュボード形式でそれらのデータを扱うことができます。Power BI へのサブスクリプションが必要です。 詳細情報
  • じょうごグラフ:割合を段階的に減少させて、値を表示することができます。 詳細
  • 数式オートコンプリート機能の向上:関数名を入力する際に、Excel は、文字列の先頭から完全に一致する関数名だけではなく、入力されたすべての文字と部分的に一致するすべての関数名を返すようになりました。
  • 新しい文字列操作関数:次の 2 つの新しい文字列操作関数が利用できるようになりました。 CONCAT 関数 および TEXTJOIN 関数.
  • 新しい論理関数:次の 2 つの新しい論理関数が利用できるようになりました。 IFS 関数 および SWITCH 関数.
  • 新しい統計関数:次の 2 つの新しい統計関数が利用できるようになりました。 MAXIFS 関数 および MINIFS 関数.
  • 送信形式オプション:[共有] ウィンドウからドキュメントを添付ファイルとして、または PDF として送信できるようになりました。 詳細
  • BI テンプレート:Excel のビジネス インテリジェンス (BI) 機能を活用する 3 つの新しいテンプレートです。 Calendar Insights Stock Analysis My Cashflow

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-110:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3096440)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ブックにハイパーリンクを追加して、ブックを Windows 10 のコンピューターに保存すると、次にブックを開いたときに、ブックが誤って保護ビューで開く問題を修正します。
  • [データ] > [取得と変換] > [テーブルから] を使うときに、名前付き範囲が正しくインポートされない問題を修正します。
  • テレメトリ ダッシュボードのログが有効になっているコンピューターでマクロの実行速度が著しく遅い問題を修正します。
  • テーマの色を使用してマクロまたはアドインを実行する場合に、ステータス バーが緑地に灰色のテキストに変更され、ユーザーがステータス バーでステータスの更新情報を読み取りづらいという問題の修正。
  • Inquire アドインを有効にした後、Inquire リボンが表示されないという問題の修正。
  • Application.OnKey() を使用して、キーボード操作をインターセプトすると、Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 日付 (詳細) の数値で書式設定されたセルのフィル ハンドルをドラッグすると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • ピボットテーブルまたはピボットグラフをデータ接続から作成して新しいシートに配置すると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 基になるピボットテーブル フィールドでフィルターが適用されていない場合、ピボットグラフのフィルター ボタンが表示されないという問題の修正。
  • 非表示の個人用マクロ ブックがある場合、保存せずに Excel を閉じるとデータ モデルが失われるという問題の修正。
  • ツリーマップ図が作成された時点より前のバージョンの Excel 2016 でツリーマップ図があるワークシートを編集すると、ツリーマップ図のデータが失われるという問題の修正。
  • クエリ作成用マクロを記録するとコンパイル エラーになるという問題の修正。
  • クエリ エディター内の列を削除した後にクエリを更新すると、テーブルの末尾に空白列が表示されるという問題の修正。
  • クエリ テーブルの [クイック分析] にある [スパークライン] タブを選択すると、予期しないエラーが発生するという問題の修正。
  • クエリ テーブルで切り取り/貼り付け操作を実行後、[ブック クエリ] ウィンドウを使用してクエリを更新できないという問題の修正。
  • クエリを更新すると、関連付けられているクエリ テーブルのシートにフォーカスが移動するという問題の修正。
  • サポートされている OData バージョンに関するエラー メッセージから、Power Query という文言を削除。
  • 製品がまだアクティブ化されていないうちに Power Query 機能が使用可能として表示されるが使用はできないという問題の修正。
  • [ファイル] > [アカウント] > [Excel について] の Dotlesscss の URL の更新。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneDrive for Business のスペイン語版が開けず、代わりにイメージを読み込めないというエラー メッセージが表示される問題の修正。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オンライン ビデオの挿入: YouTube、OfficeMix、または Vimeo のビデオをページに埋め込みます。 詳細

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [再生部分を表示] オプションを使っているときにコンテンツの強調表示が表示されない問題を修正します。
  • Office 365 Business で、OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があるというエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • Windows 以外のデスクトップ クライアントではネイティブの XPS レンダリングがサポートされていないため、Windows クライアントを使用して作成した XPS または印刷イメージが、Windows 以外のデスクトップ クライアントで赤の X 印として表示されるという問題の修正。
  • カラー ピッカーで境界線に同じ色を 2 回選択すると、OneNote がクラッシュするという問題の修正。
  • Office 365 Business の問題の修正。OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があることを示すエラー メッセージが表示されました。
  • Surface Pro 3 の問題の修正。ビデオ録画のプレビューで録画中の内容が表示されませんでした。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リボン上の [アーカイブ] コマンド: 受信トレイまたはその他のフォルダに保存されているアイテムを、保存フォルダにすばやく移動できます。 詳細情報
  • グループの操作: グループの表示、参加、作成を Outlook 内で行い、最も活発にフォローするグループを [お気に入り] に追加できます。 詳細情報
  • 連絡先候補の画像: Outlook で名前を使って検索しているとき、連絡先候補の一覧中で名前の横にその人の画像を表示できるようになりました。
  • トラブルシューティング ツール: 最も頻繁に発生する Outlook の問題の幾つかを、[ファイル] > [トラブルシューティング] から Office Support and Recovery Assistant ツールを実行して診断し解決できるようになりました。
  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。
  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] で、UserVoice サイトに移動し、Outlook の機能や改善についてご提案いただけます。
  • ペルシャ暦: ペルシャ暦をプライマリまたは代替カレンダーとして追加します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 間もなく発生する可能性のある PST の破損の検出を改善し、破損の発生を防止するための手順を追加します。
  • 受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を更新して、.pst ファイルがインデックス付けおよび検索される方法に関連してファイルの破損問題を検出し、修正します。この種類の破損により、.pst ファイルを読み込めなくなるため、Outlook がクラッシュし、CPU 使用率が高まります。
  • サーバー上の古いメール メッセージを表示するためのリンクが、[受信トレイ] や [削除済みアイテム] フォルダーなど、フォルダー内のメッセージのリストの下部に表示されない問題を修正します。
  • キーボード ショートカットを使用して電子メールの添付ファイルにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • Exchange Server 上の非実体化されたパブリック フォルダーにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • プロファイルを作成すると Outlook がクラッシュする問題を修正します。 この問題についての詳細情報
  • メッセージをスクロールすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかない問題を修正します。
  • 本文または署名にインライン イメージを含む HTML メールに対する返信メッセージに、送信者がファイルを添付した場合、メッセージの受信者はメッセージを取得できるが添付ファイルは取得できないという問題を修正します。
  • [すべて貼り付け] を使って予定表のクリップボードから新しい会議にアドレスをコピーするときの問題を修正します。
  • ハイ コントラスト モードで [差出人] ドロップダウン内のアイテムが完全には強調表示されない問題を修正します。
  • Shift キーを押しながらクリックして複数の添付ファイルを選択した場合に最初の添付ファイルのみが選択される問題を修正します。
  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、Outlook がメール メッセージをダウンロードした後、サーバー上のすべてのメール メッセージが受信トレイから削除されるという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、メール メッセージが複数回ダウンロードされ、項目の重複が発生するという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • ユーザーが Exchange Server 2010 でホストされているパブリック フォルダーにアクセスできないという問題を修正。
  • 高 DPI デバイスと通常の DPI のモニター間でメール送信を行う場合、イメージが間違ったサイズで表示されるという問題の修正。
  • メッセージ一覧でスクロール バーをドラッグすると、一覧の末尾にジャンプするという問題の修正。
  • 複数の段落にまたがっているブックマークを作成しても、そのメールを受信して [移動] を使用するとブックマークの最初の段落のみが選ばれているという問題の修正。
  • Outlook にテキストを貼り付ける場合、貼り付けるテキストのサイズがウィンドウの高さを超えるとテキスト全体が表示されないという問題の修正。
  • 電子メールの署名を編集する際に、電子メールの署名に段落が複数あると、スクリーン リーダーに最初の段落しか読み込まれないという問題の修正。
  • 電子メールに書き込みまたは返信するときにカーソルが正しい位置にないという問題の修正。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムのプレゼンス: プレゼンテーションの作業を行っているのはだれか、およびそれぞれのユーザーが作業しているスライドを確認できます。 詳細
  • 変形の移行: スライド間のシームレスな移行を生み出し、プレゼンテーションにモーションを表示して概念や情報をより効果的に伝えます。 詳細
  • PowerPoint デザイナー: ユーザーのコンテンツを取得し、さまざまなアイデアを自動的に生成できる新しいサービス。ユーザーはそこからアイデアを選択して、スライドの出来栄えをより良いものにできます。 詳細

    このサービスには、インターネット接続が必要です。この機能を無効にするには、 最新のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイルを使用して、 PowerPoint デザイナー オプションの設定を有効にします。このポリシー設定は、ユーザー構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2016\ツール | オプション | 全般 | サービス オプション…\PowerPoint デザイナーにあります。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クラッシュした後に PowerPoint が再起動し、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使っている場合、回復されたファイルを保存するか、元のファイルを開くときにエラー メッセージが表示される問題の修正。
  • 以前の PowerPoint のクラッシュ時に作成された回復ファイルを保存しようとするときに PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • プレゼンテーションを .rtf 形式で保存するか、テキストをリッチテキスト エディター (WordPad など) にコピーするときに、数字とスペースが失われる問題の修正。
  • テーブルを含むプレゼンテーションを PDF として保存すると、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • ドキュメントを印刷すると、PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • マスター スライドのテキスト ボックス内に # を使用してスライド番号を挿入すると、スライド番号が表示されないという問題の修正。
  • [背景の書式設定] > [図の修整] で [リセット] を選ぶと PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • 重複するスライド上のグラフのデータを編集するために選ぶ際、元のスライドのグラフ データのグリッドが開いたままだと、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • ビデオ形式でエクスポートされたプレゼンテーションを再生しているとき、スライド ショーの実行中にオーディオのアイコンを表示しないように設定しているにもかかわらず、表示されてしまうという問題の修正。
  • [デザイン アイデア] ダイアログで、ユーザーが [いいえ、結構です] を選んだ後に画像を挿入すると、ダイアログが継続して表示されるという問題の修正。
  • 発表者ツールのスライド ショー ビューにアニメーションを含む SmartArt が想定されている順番で表示されないという問題の修正。
  • スライド ショー ビューで数字キーによる移動が動作しないという問題の修正。

Project:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 書式のコピー/貼り付けを使って、タスクに書式を適用すると、画面が別の場所にスクロールされたり、Project がクラッシュしたりする問題を修正します。
  • ガント チャートで 1 つのタスクを別のタスクにドラッグすると、2 つのタスク間のリンクを作成できない問題を修正します。
  • ドラッグしてタスクを移動すると、タスクが正しい場所に移動しない問題を修正します。
  • ガント チャートで列をドラッグして移動すると、列が正しい場所に移動しない問題を修正します。
  • マスター プロジェクトからサブプロジェクトを保存すると、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • プロジェクト間のリンクを含むプロジェクトを開くと、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • プロジェクトを保存して閉じるときに基本カレンダーが削除される場合、プロジェクトをもう一度開こうとすると Project がクラッシュする問題を修正します。

Publisher:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-123:情報漏えいに対処する Skype for Business および Microsoft Lync 用のセキュリティ更新プログラム (3105872)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-128:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3148522)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがホワイトボードやノートの共有などの会議機能を使用するときに、エラー メッセージを受信するという問題の修正。 この問題に関する詳細情報
  • 30 を超える参加者のいる会議などの大規模な会議において、一部のユーザーの Skype がクラッシュするという問題の修正。
  • Malwarebytes ソフトウェアがインストールされているコンピューターで、デスクトップ共有や会議のオーディオ部分の使用など、ユーザーがオーディオ シナリオやビジュアル シナリオを開始しようとするときに Skype が切断されるという問題の修正。 この問題に関する詳細情報
  • 上方向キーを使ってチャット履歴内の過去の IM メッセージをスクロールすると、選択したアイテムが予期せずにチャット履歴の下部のアイテムに移動するという問題の修正。
  • Skype で連絡先の代わりに契約グループが作成される問題を修正します。
  • 主に Windows 7 で、画面を共有しているときに、画面の共有セッションが約 10 分後にフリーズし、Skype がユーザー入力に応答しなくなることがあるという問題の修正。
  • 新しい会話ウィンドウを表示しようとしてタスク バーでプレビュー画像をクリックすると、Skype for Business がクラッシュするという問題の修正。
  • アプリ共有セッションが特にトラフィックの集中時に失敗するという問題の修正。
  • Office 2016 のインストール後に最初に起動するアプリが Skype for Business であった場合に、Skype for Business が クラッシュするという問題の修正。
  • 2 つの入力用マイクがあるデバイス上におけるオーディオ ノイズの問題の修正。
  • ノート PC をスリープ モードから再開した後、Skype クライアントに再びサインインするまでの間、ユーザーが正常に会議に参加できないという問題の修正。
  • ユーザーが利用できる機能を把握できるようにするための、コンテキスト メッセージのサポートの追加。
  • [音声会議への参加方法] ダイアログ ボックス内のテキストの更新。設定を変更するための UI 内の場所が正しく示されるようになりました。
  • 送信および受信の両方のネットワークの問題がある場合にユーザーに表示される通知に関する問題の修正。
  • メモリ不足の状態で、共有のデスクトップまたはアプリを表示しようとすると、接続が切断され、自動的に共有のデスクトップまたはアプリに再び参加して表示しようと繰り返すという問題の修正。
  • 参加者数が増加すると、共有デスクトップの操作性が悪化するという問題の修正。
  • 多要素認証が構成されていると、1 日中何度も電話認証のプロンプトを受け取るという問題の修正。
  • 共有者が RDP で画面をロックしたときに閲覧者に表示される内容の変更。RDP の一時停止のイメージではなく、通知が閲覧者に表示されるようになりました。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Visio で AutoCAD ファイルがぼやけて表示されるという問題の修正。
  • Visio を終了して再び開くと、アイコンとして表示するために挿入された Word オブジェクトが空白であるという問題の修正。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-131:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3116111)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドラッグ操作で SmartArt グラフィックを移動した後に元に戻す操作を実行した場合、Word がクラッシュするか、SmartArt グラフィックが空白になって選択できなくなるという問題の修正。
  • 無効なフォント ファイルを読み込もうとすると、Word がクラッシュするという問題の修正。
  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかないという問題の修正。
  • Outlook の連絡先を使って差し込み印刷を実行すると、エラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • Windows 10 の仮想デスクトップで Word を使用する場合の問題の修正。
  • Word で文書を編集するときに、文書の書式設定が正しく表示されないという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • 必須の列を含むドキュメント ライブラリにドキュメントを保存できないという問題の修正。
  • 使用するフォントによっては、改行なしハイフンが四角形として表示されるという問題の修正。
  • 脚注が [ページごとに振り直し] に設定されているドキュメントをバックグラウンドで印刷すると、脚注の番号が、Word 上で表示される番号と、印刷される番号で異なるという問題の修正。
  • リアルタイムの共同編集において、ユーザーがリアルタイム編集時に他のユーザーに表示されなかったり、使用可能な情報が表示されなかったりするなどという、OneDrive 上に格納されているファイルのリアルタイム共同編集での問題の修正。
  • SharePoint または OneDrive から開いたドキュメントのリアルタイム共同編集中に Word がクラッシュするという問題の修正。
  • 表を Outlook の HTML メールに配置し、ウィンドウのサイズを変更すると、表が正しく表示されないという書式設定の問題の修正。
  • ドキュメントが SharePoint Server 2013 にあると、共同編集が利用できず、ドキュメントがロックされるという問題の修正。
  • テーブル内のコンテンツのスタイルに [非表示] オプションを含むものが適用されていても、テーブルが表示されるという .docx ドキュメントでの問題の修正。
  • 自動修正の実行後、相対ハイパーリンクを含むドキュメントが保存できないという問題の修正。
  • 見開きページのインデント幅を設定しているドキュメントの段落編集中に、行が移動するという問題の修正。
  • 部分ピクセルが無効になっていると、編集中に行の表示に一貫性がないという問題の修正。
  • 複数のコメントのうち最初のコメントが [完了] としてマークされている場合、コメントのポップアップをクリックすると、クラッシュするという問題の修正。
  • 誤った改行に関する問題の修正。
  • ヘッダーかフッターにテキストボックスを含むドキュメントで TransformDocument 関数を使用するマクロを実行すると、クラッシュするという問題の修正。
  • .docm ドキュメントで、すべての ActiveX コントロールを削除するとドキュメントを開いたときにエラーが発生するという問題の修正。
  • ヘッダー内をクリックしたとき、ContentControlOnExit イベントがトリガーされないという問題の修正。
  • 変更履歴の記録に同じ名前を持つ校閲者の削除が表示されるという問題の修正。
  • 個人情報を削除するよう構成されているドキュメントでリアルタイムの共同編集を行うと、ドキュメントが保存される度に変更が変更履歴として表示されるという問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 小さいオブジェクト選択ハンドル: 特にタッチ対応のデバイスを使用している場合に、ユーザーが Word、Excel、PowerPoint、および Outlook で小さいオブジェクトを操作しやすくなるように選択ハンドルを変更しました。
  • 黒のテーマ: Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の画面を最もハイコントラストにする新しいテーマです。 詳細情報
  • インク注釈: 指またはペンを使用して、Word、Excel、または PowerPoint で書き込みおよび描画を行うことができます。特に重要なコンテンツをハイライト表示するには、新しい [描画] タブのツールを使用できます。 詳細情報
  • [ファイル] > [開く] の並べ替え機能: Outlook 以外のすべてのアプリでは、[ファイル] > [開く] で、変更された名前または日付で並べ替えできるようになりました。Word、Excel、PowerPoint の場合、並べ替え機能は、[ファイル] > [名前を付けて保存] でも使用できるようになりました。
  • [ファイル] > [名前を付けて保存] のフォルダー参照機能: Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [名前を付けて保存] は、OneDrive フォルダー、OneDrive for Business フォルダー、この PC で、完璧なフォルダーのナビゲーションを提供します。
  • [送信形式] オプション: Word または PowerPoint で、[共有] ウィンドウから添付ファイルまたは PDF のいずれかとしてドキュメントを送信します。
  • 画像 API の挿入: 共通 office.js ライブラリの document.setSelectedDataAsync メソッド を使用して、Word、Excel、または PowerPoint にイメージを挿入します。Word JavaScript API には、insertInlinePictureFromBase64() と呼ばれるホスト固有のメソッドが用意され、 本文 ContentControl 段落、および 範囲 の各オブジェクトにインライン画像を設定できます。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。
  • クラッシュした後に初めて Office アプリを開くとき (特に、クラッシュした直後に再度開く場合) に、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示されないという問題の修正。
  • コマンド ライン オプションとして "ブランチ" ではなく、"チャネル" を使うよう OfficeC2RClient.exe を更新するという修正。
  • Office アプリで共有を使って、OneDrive for Business と同期済みのローカル コンピューター上の Office ファイルを共有すると「まだファイルをアップロードしています」というメッセージが表示されるという問題の修正。完了次第、もう一度やり直してください」というメッセージがユーザーに表示されて、ドキュメントが共有できない問題を修正します。
  • インストールしてから初めて開くとき、ドキュメントを印刷するとき、編集操作をやり直すときに、リソース DLL が原因で Office アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [オプション] > [詳細設定] に、ペンをインク注釈ではなくマウス エミュレーション用に使用するように既定の動作を設定するためのオプションの修正。
  • ユーザーが Adobe Acrobat PDFMaker を使用してファイルを PDF に変換しようとすると、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • カスタム UI で指定された imageMSO 属性を持つアイコンが Word、Excel、PowerPoint で表示されないという問題を修正。
  • Office.com から Office をインストールした後でアプリを開くと、コンピューターにインターネット アクセスがない場合、またはインターネット上の Office Licensing Service に接続できない場合、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • [開く] または [名前を付けて保存] を行うときに表示される更新日時の情報が一部見えないという問題の修正。
  • SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウ内をダブルクリックするとアプリがクラッシュするという問題の修正。
  • インストール中に再生されるビデオが終了してから "インストールが完了しました" ダイアログ ボックスが閉じられるまで、再生画面が黒いまま残るという問題の修正。
  • 保護されたドキュメントの "保護ビュー" の通知の上にマウスを移動させると、スクロール ボタンが非常に幅広くなり、通知が隠れるという問題の修正。
  • Office の更新がスケジュールされていることの通知がカザフ語とハンガリー語では一部表示されない問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • 更新プログラムをバックグラウンドでダウンロードするための既定のトランスポートを、Cached/BITS から HTTP に変更。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。
  • SharePoint Online からファイルをユーザーが開こうとすると、繰り返しサインインを求めるプロンプトが表示されるという問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • クイック実行の手動アップグレード処理において、アップグレードに関して生じる可能性がある問題をユーザーに警告するために、Outlook が Exchange Server 2007 に接続されているかどうか、または Business Contact Manager がインストールされているかどうかを検出する機能の追加。
  • アンインストールまたはアップグレード中に処理を終了させるためのダイアログの見やすさの改善。このダイアログは、開かれているアプリや他の UI に隠れてユーザーから見えなくなることがありました。
  • ドメインとクラウド ドメインの両方に参加していると識別されているコンピューターを使用していると、ユーザーが Office アプリケーションに自動的にサインインされないという問題の修正。
  • Office 2016 へのアップグレード後、最初に Office アプリを開くと、アプリが機能制限モードで起動され、フル機能を取得するにはアプリの再起動が必要になるという問題の修正。
  • リモート デスクトップ サービスを実行しているコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office を実行している場合、アプリを開くと、ユーザーにボリューム ライセンス版の Office を使用する必要があることを示すエラーが発生する問題の修正。
  • インストールが約 90% 完了した時点で滞るという問題の修正。
  • 製品名が不必要にローカライズされている問題の修正。
  • "操作アシスト" の ToolTip と KeyTip が一致せず、さまざまなローカライズされたバージョンのリボンにある他の KeyTip と競合するという問題の修正。
  • Office 2013 から Office 2016 へのアップグレード後、Windows が Outlook を新しいアプリとして表示しているという問題の修正。
  • Office 2013 バージョン 15.0.4615.1002 (2014年 5 月) から Office 2016 へアップグレードすると、0x80041015 エラーが発生するという問題の修正。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新がエラーまたはユーザーのキャンセルによって完了しない場合、Office 2013 のクイック実行サービスが復元されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新中にエラーが生じると更新が失敗し、Office 2013 アプリを使用することもアンインストールすることもできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新の試行中に再起動して再び自動更新を試行すると、更新エラーになり、シャットダウンできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。コンピューターが再起動された場合、インストール時のストリーム タスクが復元できませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する手動更新中に再起動すると、タスクが "実行中" 状態のままになりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。新しくインストールするアプリをそのインストール処理中に開始すると、「インターネット接続が失われました」というダイアログ ボックスが表示されました。
  • クイック実行に関する問題の修正。インストールがアクティブではないときにアプリ タイルが表示され、ユーザーがそのアプリ タイルをクリックしても起動しませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 (Sr-latn-cr インストール) に対する自動更新の実行で、クライアントの言語が sr-latn-cr に変換されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。同一コンピューター上に複数の SKU の Office がインストールされている場合、自動更新が更新の準備中に失敗しました。
  • クイック実行に関する問題の修正。自動更新の実行中に手動更新を開始すると、エラー ダイアログが表示されました。
  • 製品 UI の中の「アドイン (Add-ins)」という単語の更新。この単語の大文字/小文字の使い方が正しくありませんでした。

Deferred Channel

2016 年 6 月 14 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1082)


注: これは、2016 年 2 月から使用可能になった Deferred Channel リリースです。これは継続的にサポートされ、2016 年 10 月までセキュリティ更新プログラムを受信します。ただし、新しい段階的提供チャネル リリースが使用可能になりました — バージョン 1602 (ビルド 6741.2056) — 新しい機能、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがホワイトボードやノートの共有などの会議機能を使用するときに、エラー メッセージを受信するという問題の修正。 この問題に関する詳細情報

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。

Deferred Channel

2016 年 5 月 10 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1078)


Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Deferred Channel

2016 年 4 月 12 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1073)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3148522)

Deferred Channel

2016 年 3 月 8 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1068)


Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Deferred Channel

2016 年 2 月 9 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1061)


このチャネルの最初のリリースです。このリリースには、2015 年 9 月 22 日にリリースされた Office 2016 に付属しているのと同じ機能が含まれています。

Access:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-110:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3096440)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ハイ コントラスト モードでシートの名前を変更するときに、シート名が表示されないという問題の修正。
  • Windows 10 デバイス上で、タッチまたはペンを有効にして、フィルターを使用する場合のパフォーマンス上の問題の修正。
  • Power BI で KPI アイコンの選択が無視されるという問題の修正。
  • グラフを新しいシートに移動するときに、代替テキスト情報が削除されてしまうという問題の修正。
  • 特殊文字を含む構造化参照を参照するときに数式が壊れるという問題の修正。
  • クエリ作成用マクロを記録するとコンパイル エラーになるという問題の修正。
  • クエリ エディター内の列を削除した後にクエリを更新すると、テーブルの末尾に空白列が表示されるという問題の修正。
  • クエリ テーブルの [クイック分析] にある [スパークライン] タブを選択すると、予期しないエラーが発生するという問題の修正。
  • クエリ テーブルで切り取り/貼り付け操作を実行後、[ブック クエリ] ウィンドウを使用してクエリを更新できないという問題の修正。
  • クエリを更新すると、関連付けられているクエリ テーブルのシートにフォーカスが移動するという問題の修正。
  • サポートされている OData バージョンに関するエラー メッセージから、Power Query という文言を削除。
  • 製品がまだアクティブ化されていないうちに Power Query 機能が使用可能として表示されるが使用はできないという問題の修正。
  • [ファイル] > [アカウント] > [Excel について] の Dotlesscss の URL の更新。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneNote Online から OneNote のノートブックを開くときに起こる問題の修正。
  • Windows 以外のデスクトップ クライアントではネイティブの XPS レンダリングがサポートされていないため、Windows クライアントを使用して作成した XPS または印刷イメージが、Windows 以外のデスクトップ クライアントで赤の X 印として表示されるという問題の修正。
  • カラー ピッカーで境界線に同じ色を 2 回選択すると、OneNote がクラッシュするという問題の修正。
  • Office 365 Business の問題の修正。OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があることを示すエラー メッセージが表示されました。
  • Surface Pro 3 の問題の修正。ビデオ録画のプレビューで録画中の内容が表示されませんでした。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数の段落にまたがっているブックマークを作成しても、そのメールを受信して [移動] を使用するとブックマークの最初の段落のみが選ばれているという問題の修正。
  • Outlook にテキストを貼り付ける場合、貼り付けるテキストのサイズがウィンドウの高さを超えるとテキスト全体が表示されないという問題の修正。
  • 電子メールの署名を編集する際に、電子メールの署名に段落が複数あると、スクリーン リーダーに最初の段落しか読み込まれないという問題の修正。
  • 電子メールに書き込みまたは返信するときにカーソルが正しい位置にないという問題の修正。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スライドショー モードの終了後に、複製などのユーザーの画面トポロジが回復されないという問題の修正。
  • 発表者ツールでタッチ操作によってスライドを進めていくとき、外部モニター上のスライドショーのタッチ ツールバーを非表示にできないという問題の修正。
  • ファイル共有から開かれた PowerPoint のファイルを閉じた後、インターネットの一時フォルダーから一時ファイルが削除されないという問題の修正。
  • スライドにノートが追加されていると、変更の結合が失敗するという問題の修正。
  • プレゼンテーションにテーマの変更を結合した後、未使用のテーマが削除されないという問題の修正。
  • 異なるユーザーが行を削除および追加したテーブルに対する変更を結合した後、そのテーブルの下部に余分な行が表示されるという問題の修正。
  • Internet Explorer が保護モードになっているときに、SharePoint からファイルを開こうとすると、ユーザーがエラーメッセージを受け取るという問題の修正。

Project:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Internet Explorer 以外のブラウザーからエンタープライズ カレンダーを編集すると、Project を開くときにエラーになるという問題の修正。
  • 新しい予定の確定済みの終了日が 1984 年 1 月 1 日になっているという問題の修正。

Publisher:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-123:情報漏えいに対処する Skype for Business および Microsoft Lync 用のセキュリティ更新プログラム (3105872)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-128:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーのログインが自動的に行われるべきところで資格情報の入力が求められるという問題の修正。
  • ユーザーが複数のモニターを使用している場合の問題の修正。画面の共有セッション中に正しくないモニターが共有されてしまうことがありました。
  • アプリ共有セッションが特にトラフィックの集中時に失敗するという問題の修正。
  • Office 2016 のインストール後に最初に起動するアプリが Skype for Business であった場合に、Skype for Business が クラッシュするという問題の修正。
  • 2 つの入力用マイクがあるデバイス上におけるオーディオ ノイズの問題の修正。
  • ノート PC をスリープ モードから再開した後、Skype クライアントに再びサインインするまでの間、ユーザーが正常に会議に参加できないという問題の修正。
  • ユーザーが利用できる機能を把握できるようにするための、コンテキスト メッセージのサポートの追加。
  • [音声会議への参加方法] ダイアログ ボックス内のテキストの更新。設定を変更するための UI 内の場所が正しく示されるようになりました。
  • 送信および受信の両方のネットワークの問題がある場合にユーザーに表示される通知に関する問題の修正。
  • メモリ不足の状態で、共有のデスクトップまたはアプリを表示しようとすると、接続が切断され、自動的に共有のデスクトップまたはアプリに再び参加して表示しようと繰り返すという問題の修正。
  • 参加者数が増加すると、共有デスクトップの操作性が悪化するという問題の修正。
  • 多要素認証が構成されていると、1 日中何度も電話認証のプロンプトを受け取るという問題の修正。
  • 共有者が RDP で画面をロックしたときに閲覧者に表示される内容の変更。RDP の一時停止のイメージではなく、通知が閲覧者に表示されるようになりました。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Visio を終了して再び開くと、アイコンとして表示するために挿入された Word オブジェクトが空白であるという問題の修正。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-131:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3116111)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 差し込み印刷の問題の修正。Excel がデータ ソースになっている場合、[宛先の選択] ダイアログ ボックスにエントリの正しい数が表示されません。
  • 組み込みのテキスト ボックスがあるドキュメントを印刷しようとすると、Word のメモリまたはディスクの空き領域が不足しているというエラーメッセージが表示されるという問題の修正。
  • 他のユーザーとリアルタイムで共同編集をしている時に、重複コンテンツが表示されることがあるという問題の修正。
  • 大量の高解像度の画像を含むドキュメントのメモリの問題の修正。
  • ユーザーが右クリックしたときに、WindowsSelctionChange イベントが起こらないという問題の修正。
  • 使用するフォントによっては、改行なしハイフンが四角形として表示されるという問題の修正。
  • 脚注が [ページごとに振り直し] に設定されているドキュメントをバックグラウンドで印刷すると、脚注の番号が、Word 上で表示される番号と、印刷される番号で異なるという問題の修正。
  • リアルタイムの共同編集において、ユーザーがリアルタイム編集時に他のユーザーに表示されなかったり、使用可能な情報が表示されなかったりするなどという、OneDrive 上に格納されているファイルのリアルタイム共同編集での問題の修正。
  • SharePoint または OneDrive から開いたドキュメントのリアルタイム共同編集中に Word がクラッシュするという問題の修正。
  • 表を Outlook の HTML メールに配置し、ウィンドウのサイズを変更すると、表が正しく表示されないという書式設定の問題の修正。
  • ドキュメントが SharePoint Server 2013 にあると、共同編集が利用できず、ドキュメントがロックされるという問題の修正。
  • テーブル内のコンテンツのスタイルに [非表示] オプションを含むものが適用されていても、テーブルが表示されるという docx ドキュメントでの問題の修正。
  • 自動修正の実行後、相対ハイパーリンクを含むドキュメントが保存できないという問題の修正。
  • 見開きページのインデント幅を設定しているドキュメントの段落編集中に、行が移動するという問題の修正。
  • 部分ピクセルが無効になっていると、編集中に行の表示に一貫性がないという問題の修正。
  • 複数のコメントのうち最初のコメントが [完了] としてマークされている場合、コメントのポップアップをクリックすると、クラッシュするという問題の修正。
  • 誤った改行に関する問題の修正。
  • ヘッダーかフッターにテキストボックスを含むドキュメントで TransformDocument 関数を使用するマクロを実行すると、クラッシュするという問題の修正。
  • .docm ドキュメントで、すべての ActiveX コントロールを削除するとドキュメントを開いたときにエラーが発生するという問題の修正。
  • ヘッダー内をクリックしたとき、ContentControlOnExit イベントがトリガーされないという問題の修正。
  • 変更履歴の記録に同じ名前を持つ校閲者の削除が表示されるという問題の修正。
  • 個人情報を削除するよう構成されているドキュメントでリアルタイムの共同編集を行うと、ドキュメントが保存される度に変更が変更履歴として表示されるという問題の修正。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • VBA での Line.ForeColor.RGB の照会の問題の修正。行の塗りつぶしが自動に設定されていると、色が実際には白ではなくても常に白の値が返されます。
  • 更新プログラムをバックグラウンドでダウンロードするための既定のトランスポートを、Cached/BITS から HTTP に変更。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。
  • SharePoint Online からファイルをユーザーが開こうとすると、繰り返しサインインを求めるプロンプトが表示されるという問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • クイック実行の手動アップグレード処理において、アップグレードに関して生じる可能性がある問題をユーザーに警告するために、Outlook が Exchange Server 2007 に接続されているかどうか、または Business Contact Manager がインストールされているかどうかを検出する機能の追加。
  • アンインストールまたはアップグレード中に処理を終了させるためのダイアログの見やすさの改善。このダイアログは、開かれているアプリや他の UI に隠れてユーザーから見えなくなることがありました。
  • ドメインとクラウド ドメインの両方に参加していると識別されているコンピューターを使用していると、ユーザーが Office アプリケーションに自動的にサインインされないという問題の修正。
  • Office 2016 へのアップグレード後、最初に Office アプリを開くと、アプリが機能制限モードで起動され、フル機能を取得するにはアプリの再起動が必要になるという問題の修正。
  • リモート デスクトップ サービスを実行しているコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office を実行している場合、アプリを開くと、ユーザーにボリューム ライセンス版の Office を使用する必要があることを示すエラーが発生する問題の修正。
  • インストールが約 90% 完了した時点で滞るという問題の修正。
  • 製品名が不必要にローカライズされている問題の修正。
  • "操作アシスト" の ToolTip と KeyTip が一致せず、さまざまなローカライズされたバージョンのリボンにある他の KeyTip と競合するという問題の修正。
  • Office 2013 から Office 2016 へのアップグレード後、Windows が Outlook を新しいアプリとして表示しているという問題の修正。
  • Office 2013 バージョン 15.0.4615.1002 (2014年 5 月) から Office 2016 へアップグレードすると、0x80041015 エラーが発生するという問題の修正。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新がエラーまたはユーザーのキャンセルによって完了しない場合、Office 2013 のクイック実行サービスが復元されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新中にエラーが生じると更新が失敗し、Office 2013 アプリを使用することもアンインストールすることもできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新の試行中に再起動して再び自動更新を試行すると、更新エラーになり、シャットダウンできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。コンピューターが再起動された場合、インストール時のストリーム タスクが復元できませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する手動更新中に再起動すると、タスクが "実行中" 状態のままになりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。新しくインストールするアプリをそのインストール処理中に開始すると、「インターネット接続が失われました」というダイアログ ボックスが表示されました。
  • クイック実行に関する問題の修正。インストールがアクティブではないときにアプリ タイルが表示され、ユーザーがそのアプリ タイルをクリックしても起動しませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 (Sr-latn-cr インストール) に対する自動更新の実行で、クライアントの言語が sr-latn-cr に変換されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。同一コンピューター上に複数の SKU の Office がインストールされている場合、自動更新が更新の準備中に失敗しました。
  • クイック実行に関する問題の修正。自動更新の実行中に手動更新を開始すると、エラー ダイアログが表示されました。
  • 製品 UI の中の「アドイン (Add-ins)」という単語の更新。この単語の大文字/小文字の使い方が正しくありませんでした。

半期チャネル (対象指定)

2017 年 10 月 10 日
バージョン 1708 (ビルド 8431.2107)


:Deferred Channel の最初のリリースは、半期チャネル (対象指定) と呼ばれます。

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クエリに Microsoft Dynamics リンク テーブルの主キーとの結合がある場合に、クエリが実行されない問題を修正します。
  • Microsoft Dynamics テーブル内で、通貨値の小数点以下桁数が表示されない問題を修正します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • .XLL ファイルを開くと Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • 自動保存の切り替えが表示されない問題を修正します。
  • OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存され、同期クライアントによって同期されたファイルを開くと自動保存が誤って無効になる、あるいは灰色表示にされる問題を修正します。
  • ページ レイアウト表示にヘッダーまたはフッターを追加した後、セルのパターンの種類が正しく表示されない問題を修正します。
  • ピボットテーブルのコピーを別のブックに貼り付けるとクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • [置換] コマンドを選択して、[検索と置換] ダイアログ ボックスが開くと、ダイアログ ボックスのフォーカスが [置換] タブではなく [検索] タブにある問題を修正します。
  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーから開いたブックのアクティビティ ウィンドウを開くと Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • 1 つ以上の XLL アドインを有効にすると、Excel で空白のウィンドウが表示される問題を修正します。
  • 既に閉じているブックで [フォーム] ボタンを使用した後、Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • SheetBeforeRightClick イベントを使用して、結合したセルと重なる列を挿入しても、結合したセルが拡張されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11774:Microsoft Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-11776:Microsoft Outlook の情報漏えいの脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 濃い灰色のテーマを使用すると、ポリシーのヒントにある [詳細] リンクが表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが新しいアカウントを設定しようとして、アカウントの設定を完了せずにウィンドウを閉じると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • グループの共有の受信トレイで、[既読] と [未読] がメッセージのオプションとして表示される問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーからプレゼンテーションを開くと PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint Server 2016 より前の SharePoint サーバーから開いたドキュメントのアクティビティ ウィンドウを開くと Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-11825:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • オンライン修復の進行状況がユーザーに表示されない問題を修正します。
  • Office ファイルのプロパティがエクスプローラーで表示されない問題を修正します。
  • 2 つ目のドキュメントが開いていると、Office アドインのボタンがリボンで非表示になる問題を修正します。
  • 名前に全角文字が使用されている一部の VBA モジュールを開けない問題を修正します。

半期チャネル (対象指定)

2017 年 9 月 12 日
バージョン 1708 (ビルド 8431.2079)


:Deferred Channel の最初のリリースは、半期チャネル (対象指定) と呼ばれます。

Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ラベル名のプロパティ: ラベルにフォームのコントロールを関連付けることで、アクセシビリティが向上します。
  • 新しいアイテムの編集がより簡単に: クイック ショートカット (Ctrl + E) キーを使用して、コンボ ボックスまたはリスト ボックスから新しいアイテムを編集できます。
  • 動的コネクタ: Microsoft Dynamics からデータをインポートしたり、Microsoft Dynamics に保存されているデータにリンクしたりします。 詳細情報
  • Salesforce コネクタ: Salesforce からデータをインポートしたり、Salesforce に保存されているデータにリンクしたりします。 詳細情報

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • "サンプルからの列の追加" の機能強化: より多くの日付/時刻、数学、インデックス列の変換をサポートします。
  • パフォーマンスの強化: Excel は複雑なブックを複数のシートで速く開くので、複雑な数式を高速処理したり、多くの行をフィルター処理したり、すばやくコピー/貼り付けすることができます。
  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。
  • Azure Data Lake Store コネクタ: ユーザーは、Azure Data Lake Store からデータをインポートできるようになりました。
  • "サンプルからの列の追加" の機能強化: 推奨事項、その他の日付/時刻の操作、追加の変換をサポートしています。
  • [データ] タブ:[データ] タブのリボン ボタンは、[取得と変換] と [クエリと接続] という 2 つの新しいグループに整理されました。
  • クエリの共有:すべてのクエリの定義を Office データベース接続 (ODC) ファイルにエクスポートし、複数のブックで、または他のユーザーと共有します。
  • データの読み込み クエリのデータをピボットテーブルまたはピボットグラフに直接読み込みます。データ モデルにデータを保存する必要はありません。
  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細
  • データ インポートの拡張機能: さまざまなソースからデータを簡単にインポートし整形します。[クエリと接続] 作業ウィンドウでブックのクエリと接続を管理し、ODC ファイル経由でクエリを他のユーザーと共有します。 詳細情報
  • 共有ファイルの変更:共有ブックに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細
  • ペン ボタンでなげなわ選択: リボンにアクセスすることがなく、サポートされているデジタル ペン ボタンを使ってインクのなげなわ選択を行います。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ピボットテーブルを展開または折りたたんだとき、またはピボットテーブルのヘッダーが画面の外に移動したときに Excel が一時的に停止するという問題を修正します。
  • Word からタブ区切りのテキストをコピーして貼り付けるときにタブが無視され、テキストが列に解析されない問題を修正します。
  • [Web ページとして発行] ダイアログ ボックスを開いたときに Excel ページがクラッシュする問題を修正します。
  • データの更新に失敗する問題や、Excel のロケールおよび SQL Server Analysis Services サーバーのロケールが異なる場合に SQL Server Analysis Services サーバーからのデータを使用すると Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • OneDrive クライアントと同期しているドキュメントへの変更を保存しようとするとエラーが発生する問題を修正します。
  • フィルター エリアにフィールドがあるピボットテーブルがあり、他にはフィールドがない場合に、ワークシートに変更を加えることができない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ機能の向上: スクリーン リーダーを使用しているときの、メールでのテキスト、表、リスト、画像の読み取りおよび編集が簡単になりました。
  • 新しいアカウントの構成: 新しいウィザードによる新しいアカウントの設定では、手動の手順が少なくなりました。
  • リンクの添付ダイアログ: リボンの [ファイルの添付] を使ってリンクを添付する場合、リンクとして追加するのか、添付ファイルとして追加するのかを選ぶことができます。このダイアログを毎回表示しないようにするには、[ファイル] > [オプション] > [全般] の順に移動して、[添付ファイルのオプション] でリンクの添付方法を指定します。
  • オンプレミスの添付ファイルのサポート: オンプレミスの SharePoint Server からのファイルは最近使用したファイルとして [メッセージ] > [添付ファイル] に表示され、オンプレミスの OneDrive for Business および SharePoint チーム サイトは [添付ファイル] > [Web 上の場所を参照] に表示され、ローカル ファイルはオンプレミスの OneDrive for Business サイトにアップロードすることができます。
  • グループのビジネスの分類:  グループを作成または編集するとき、テナント管理者によって定義されたビジネスの分類レベル (例: 社外秘) を割り当てることができ、その分類はグループ ヘッダーに表示されます。
  • Office 365 のグループへのゲスト アクセス: 組織外のユーザーにグループ会話、ファイル、予定表への招待、グループ ノートブックへのアクセス権を付与し、共同作業を行います。 詳細情報

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Outlook で IMAP アカウントを構成できない問題を修正します。
  • Outlook を開くときに断続的なクラッシュが起きる原因となる問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。
  • ビデオのクローズド キャプション: アクセシビリティを高めるため、ビデオにクローズド キャプションを追加します。 詳細情報
  • レコーディングのナレーション: プレゼンテーションをレコーディングするときに、自分のナレーションのビデオを含めることができます。レコーディングには、アニメーション、インク、オーディオ、ビデオを含めることができます。
  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • 代替テキストの作成: クラウドベースのサービスによって、プレゼンテーションの画像に対して代替テキストが自動で生成されます。
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報
  • デザイナーの機能強化: アクション指向リストの本格的なデザイン アイデアを提案します。
  • 共有ファイルの変更: 共有プレゼンテーションに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォントにリンクされているエンドユーザー定義の文字 (EUDC) が表示に失敗する問題を修正します。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Project Online から特定のファイルを開くとプロジェクトがクラッシュするという問題を修正します。
  • 残存作業時間を設定したときに、実際の開始が間違って消去される問題を修正します。
  • 割り当ての実際の開始日が、Project Web App の状態管理のリソースによって報告されたものと異なるデータを表示する問題を修正します。
  • タスクの終了日が変更された場合、実績作業時間が再スケジュールされる問題を修正します。
  • コスト フィールドをコピー/貼り付けすると、丸めの影響で、貼り付けられた値がコピーされた値と正確に一致しない問題を修正します。
  • あるベースラインから別のベースラインに保存するときに、予算リソースの時間配分データがコピーされない問題を修正します。
  • 状態フィールドがサマリー タスクに対して常に正しく計算されない問題を修正します。
  • エンタープライズ リソースがローカル リソースを置き換え、保護された作業が有効になっているときに、実績作業時間が誤ってエンタープライズ リソースに転送される問題の修正。
  • 最初の列がタスク名で、その列がロックされている表がある場合に、タスクをクリックするとプロジェクトがクラッシュする問題の修正。
  • [タスク配分状況] ビューから、同じリソースに同じリソースを複数回割り当てることができる問題の修正。
  • XML ファイルを開くときにユーザー設定の数値フィールドの値が失われる可能性がある問題の修正。
  • 最上位のタスクのインデントが、プロジェクトから SharePoint タスク リストに適切に同期しない問題の修正。
  • タスク、リソース、または割り当て情報を Excel ブックからインポートすると、作業フィールドの値が無視されることがある問題の修正。
  • プロジェクトを XML ファイル形式で保存すると、時間配分のベースライン値が最初の値に一致しないという問題を修正します。
  • Project クライアントで、プロジェクトがチェックアウトされていないのにチェックアウトされていると判断され、プロジェクトが開かないという問題を修正します。
  • Project ファイルをファイル サーバーから開くときの待ち時間が長い問題を修正して、速く開くようにします。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8676:Windows GDI+ の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8695:Graphics コンポーネントの情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8696:Microsoft Graphics コンポーネントのリモート コード実行

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のポートがブロックされているか、IP がホワイトリストに登録されていない場合に、ユーザーが会議に参加できない理由を説明するダイアログを追加します。
  • IM 会話タブをクリックすると、常設チャット ルームの未読メッセージが既読としてマークされる問題を修正します。
  • IM トーストを受信するときに数秒の遅延が生じる問題を修正します。
  • Exchange との同期が無効である場合に、AD の連絡先で連絡先の名前の代わりに電話番号が表示される問題を修正します。
  • フェデレーションが無効で、会議の開催者が匿名での参加を明示的にブロックしていない場合に、匿名の参加ユーザーが参加することをブロックされる問題を修正します。
  • 招待者の上限を超える会議で、会議の開催者に招待者の数が正しく表示されない問題を修正します。
  • PSTN 通話を着信したときに、トーストで電話番号が表示されない問題を修正します。
  • 連絡先リスト グループの名前を変更するときに Delete キーを使用すると、グループ全体が削除される問題を修正します。
  • IM の会話で、共有を停止する前に共有通知が消去される問題を修正します。
  • 英語以外のいくつかの言語でのサインイン画面が空白になる問題を修正します。
  • チャットとチャット履歴で英語以外の文字が文字化けする問題を修正します。
  • ユーザーの名前が不明の場合、組織の自動応答によって処理される着信呼び出しに対して発信者の電話番号を表示します。
  • インバンド設定を追加し、[ロビーで待つ必要のない参加者] の [すべてのユーザー (制限なし)] の制限をオプションとして許可します。
  • P2P ビデオ通話用のセルフビデオを VDIv2 でオンまたはオフにする機能を追加します。
  • 呼び出しドロップダウン メニューで連絡先の番号が重複して表示されるという問題の修正。
  • Skype for Business と Skype for Business Basic の間を移動するユーザーの代理人が削除されるという問題の修正。
  • [オフラインでの表示を有効にする] および [カスタム状態 URL] クライアント ポリシーを使用する場合、[オフラインで表示] が表示されないという問題の修正。
  • [会議に参加] ボタンを拡大することで、一部のローカライズされた言語が切れてしまう問題を修正しました。
  • チャットで、[重要度 - 高] のメッセージをもっと目立つようにします。
  • Office と Skype for Business のファイル拡張子の種類を、許可するファイル転送ブロック リストに追加します。
  • フッター テキストが英語以外に設定された会議について、Outlook の会議出席依頼でのローカライズの修正。
  • 送信者の名前を複数のユーザーの会話に切り替えることができるという問題を修正します。
  • 会議に正常に参加するまで、空の会話ウィンドウが表示されないという問題を修正します。
  • タイトル フィールドが空の場合、連絡先カードの部署フィールドの情報が検索結果で空になるという問題を修正します。
  • ファイアウォール ルールにより、オンプレミスからオンラインに移行したユーザーについてサインインが失敗する問題を修正します。
  • ユーザーが LyncAutoD を実行して外部ネットワーク上のクライアントにサインインすると、クライアントが OAuthUsed レジストリ キーを false にリセットするという問題を修正するための新しい DWORD レジストリ キーを追加します。問題を修正するには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Lync\ < SipID > の下の EnableRestoreOAuthUsedKeyWhenUsingCachedWebTicket の値を 1 に設定します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Excel データから図を作成します。 新しいデータ ビジュアライザーのテンプレートを使用して、Excel データから基本フローチャートまたは部門連係フローチャートを自動的に作成します。 詳細
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ファイル アイコンまたはファイル名をダブルクリックして Visio ファイルを開いたときに、ドキュメントによって開かれたイベントを COM アドインが受信しない問題を解決します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オンライン画像の挿入: 画像と属性情報を選択するための新しいランディング ページは、画像と一緒に自動で挿入されます。
  • 代替テキストの作成: クラウドベースのサービスによって、ドキュメントの画像に対して代替テキストが自動で生成されます。
  • 共有ファイル アクティビティ: ファイルの右上隅にある [アクティビティ] ボタンを選択し、OneDrive for Business や SharePoint で共有されているファイルを共有、編集、名前を変更、復元したタイミングを確認します。
  • 安全なリンク: ユーザーがリンクをクリックすると、Office 365 の Advanced Threat Protection (ATP) によって、そのリンクが悪意のあるリンクかどうかを検査します。悪意のあるリンクと判断された場合は、ユーザーは元のターゲット URL ではなく警告ページにリダイレクトされます。 詳細情報
  • 共有ファイルの変更: 共有ドキュメントに変更を加えたユーザーを表示し、以前のバージョンを復元します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Grammarly アドインの読み込み中に Word が予期せず終了する問題を修正します。
  • 特定の状況で、クラウドベースのファイルを回復しようとしているときに Word がクラッシュする問題を修正します。
  • 描画キャンバス内の図形を回転できない問題を修正します。
  • 韓国語を入力する場合、子音や母音が正しく区切られないという問題の修正。
  • PDF としてドキュメントを保存すると、バージョン 1.7 の PDF としてドキュメントが保存されます。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 新機能ダイアログが表示されない問題を修正します。
  • 一部のユーザーについて、[描画] タブをクリックするとアプリケーションがクラッシュする問題を修正します。
  • ヒントがあるコモン コントロールの上にカーソルを置くとアプリケーションがクラッシュする問題を修正します。
  • コモン コントロールを使用する場合にライセンスのエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 一部のプログラム ファイルの署名において、ウイルス対策プログラムでこれらのファイルにフラグが設定されたり、Windows Information Protection (WIP) でのデータの保護およびアクセスに関して問題が発生したりするという問題を修正します。
  • support.to を追加すると、Office の 64 ビット バージョンを使用しているユーザーが mscomctl.ocx コントロールを含むマクロ ファイルを開けるようになります。
  • mscomctl.ocx で使用されているコントロールのアクセシビリティを向上させます。
  • コマンドが、リボンまたはクイック アクセス ツール バーのカスタマイズ ダイアログに表示されない問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 8 月 8 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2171)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スクロールバーをドラッグしてメッセージの一覧内を移動するときの問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 一部のプログラム ファイルの署名において、ウイルス対策プログラムでこれらのファイルにフラグが設定されたり、Windows Information Protection (WIP) でのデータの保護およびアクセスに関して問題が発生したりするという問題の修正。
  • 新機能ダイアログが表示されない問題の修正。

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 7 月 27 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2158)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneDrive クライアントと同期しているドキュメントへの変更を保存しようとするとエラーが発生する問題を修正します。
  • ワークシートのデータをデータ モデルに追加するときにハイ コントラスト テーマが黒に設定されていると Excel がクラッシュするという問題の修正。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8571:Microsoft Office Outlook のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8572:Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性
  • CVE-2017-8663:Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 別のユーザーがレイアウトを変更した後に図形を追加すると、結合が失敗するという問題の修正。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 韓国語を入力する場合、子音や母音が正しく区切られないという問題の修正。
  • 配送先住所がエンベロープの左端に近すぎる場所に印刷されるという問題の修正。

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 7 月 13 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2136)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 外部リンクを含むブックで Excel がクラッシュする問題の修正。
  • [ゼロ値のセルにゼロを表示する] 設定を選択していない場合に Excel のセルを Word に貼り付けると、セルにゼロが表示される問題の修正。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グラフ/テーブル用に選択された値が、グラフ/テーブル ウィンドウに表示されない問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 会議に参加するときに会話ウィンドウがバックグラウンドで表示されず、オーディオ デバイスの参加ダイアログがユーザーに表示される問題の修正。
  • Outlook からの会議リンクが適切に内部 URI を渡さない場合があるという問題の修正。
  • [会議に参加] ボタンを拡大し、一部のローカライズされた言語を切り捨てました。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のアクションの後にテーブルが正しく表示されない問題の修正。
  • 引用に対して複数の編集を行うと、連続した個別のアクションではなく、単一の元に戻すアクションとして表示されることがある問題の修正。
  • 特定の操作を行った後に [元に戻す] が無効になる問題の修正。
  • 特定の元に戻す操作を行った後にデータが失われないようにするための問題の修正。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-8570:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • System Center Configuration Manager の使用時に、Office 2013 から Office 2016 への無人アップグレードが失敗する原因になる問題の修正。
  • ストアから企業のカタログに展開された従来のアドインが読み込まれない問題の修正。

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 6 月 13 日
バージョン 1705 (ビルド 8201.2102)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 新機能ダイアログ: 新機能のために Access を更新してから開くと、Access の新機能が強調表示されたダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスは、[ファイル] > [アカウント] > [新機能] からでもアクセスできます。
  • 大きい数値 (bigint) のサポート: Access テーブルで大きい数値データ型を使用して、大きい数値を計算したり、SQL Server の bigint などの同等のデータ型を使用する外部データベースへの関連付けや外部データベースからのインポートを行ったりします。 詳細情報

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Excel は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターで、サンプルの値を入力して、新しい列を作成します。入力すると、Excel で必要な変換が検出され、新しい列のプレビューが表示されます。
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることが簡単にできるようになりました。 詳細情報
  • 既定のピボットテーブルのレイアウトをカスタマイズする: ピボットテーブルを好きなように設定し、新しいピボットテーブルを作成するときはいつもそのレイアウトで始めるようにします。 詳細
  • 取得と変換の機能強化: ユーザーは、例に従って新しい列を作成したり、テーブル列を行に分割したりすることができます。SAP HANA へのパラメーターの指定とデータのグループ化がより簡単にできるようになりました。
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細情報
  • クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ 下付き文字アイコンと上付き文字アイコンは、クイック アクセス ツールバーに追加できます。
  • 取得と変換の機能強化: クエリ エディターを使用して列を分割するときに区切り記号文字を自動検出します。バイナリの結合に使用するサンプル ファイルを選択し、DB2 コネクタを使用するときに接続するパッケージ コレクションを指定します。
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 取得と変換の機能強化: ODCB コネクタと OLEDB コネクタのナビゲーター ダイアログで [関連テーブルの選択] を使用し、フォルダーの [データのプレビュー] ダイアログから複数のファイルを直接結合して、[クエリ エディター] ウィンドウで新しいコンテキスト メニューを使用して既存のクエリに新しい手順を挿入できます。
  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。
  • マップ グラフ: 異なる地理的領域間で値を比較し、カテゴリを表示します。 詳細情報
  • SVG 画像: ブックにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにブックを保存します。
  • アクセシビリティ機能の向上: ブックの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel 2010 以前に作成されたブックにプログラムで保護パスワードを適用する場合にシートに設定されない問題を修正します。
  • グループ化したワークシートで、結合と中央揃えが機能しない問題を修正します。
  • TEXTJOIN、CONCAT、IFS、MAXIFS、MINIFS など、Office 2016 のリリース後に導入された新しい機能がない問題を修正します。
  • ユーザーがセル レベルのアクセス許可を適用しようとすると Excel がクラッシュするという問題を修正します。
  • OneDrive for Business にサイズの大きなファイルを保存すると、ファイルがロックされ、ユーザーが Excel を終了して再度開くまでファイルを編集できないという問題を修正します。
  • .xls ブックを開くと、新しいウィンドウが灰色表示されるという問題を修正します。
  • ハイパーリンクを挿入するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • XML の対応付けを追加するときに Excel が失敗する可能性がある問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • VBA で DLL シートを操作するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • グラフ シートのフォーム コントロール コンボ ボックスを選択すると Excel がクラッシュする問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: 現在、OneNote は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。 詳細

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 段落が多数表示されている場合、OneNote キャンバスでコンテンツまたは更新プログラムが非表示になる問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Outlook は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • 操作可能なメッセージ:  開発者は、ユーザーが外部の Web サイトまたは別のアプリに切り替えずに、Outlook から単純なアクションまたはクイック アクションを簡単に実行できるようにするメッセージを作成できます。 詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 共有ファイルへのアクセスの確認: Outlook は、受信者が添付されている OneDrive ファイルまたは SharePoint ファイルにアクセスできない可能性がある場合は、事前にユーザーに通知し、問題を解決する方法を提案します。
  • 添付ファイルに対するアクセス許可の設定: OneDrive または SharePoint の添付ファイルに関して、ユーザーは、組織内または組織外の受信者に添付ファイルに対する読み取りまたは編集のアクセス許可を付与するかどうかを設定できます。
  • ピン留め可能な作業ウィンドウ: メールボックス内のメッセージ間の切り替え中に、アドインの作業ウィンドウを開いたままにします。 詳細
  • SVG 画像: 電子メールにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性
  • CVE-2017-8506:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-8507:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-8508:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マシンのメモリが不足すると、Outlook ナビゲーション ウィンドウが表示されない問題を修正します。
  • 添付ファイルの幅は、ファイル名とアクセス許可情報に合わせて視覚的に拡張されます。
  • ユーザーが PST ファイルを検索できないという問題を修正します。
  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。
  • 高 DPI を使用するコンピューターから送信されるメッセージ内の画像が真っ暗になる問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、PowerPoint は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。 詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • SVG 画像: プレゼンテーションにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。 詳細情報
  • 共同編集時のリアルタイム入力: 他のユーザーがプレゼンテーションで作業している場所を参照して、他のユーザーの入力する変更内容を表示します。 詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使った項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにプレゼンテーションを保存します。
  • 正確なインク図形の作成: セグメント消しゴムをドラッグして、線のぎりぎりまで余分なインクを削除します。
  • ペンを使ったオブジェクトの選択と操作: デジタル ペンを使ってオブジェクト ハンドルをつかみ、オブジェクトの移動、サイズ変更、回転を行うか、サポートされているペン ボタンを使って、インクのなげなわ選択を行います。
  • アクセシビリティ機能の向上: プレゼンテーションの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • mfplat.dll ファイルがインストールされていないコンピューターで [デザイン アイデア] ウィンドウを表示すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 先行タスクを簡単に設定できるドロップダウン: ガント チャートのドロップダウンを使用して、どの先行タスクまたは後続タスクをタスクにリンクさせるかを選択します。
  • タスク サマリー名:   タスクのサマリー タスクの名前を表示する読み取り専用タスク フィールドです。  

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Project Online で各エンタープライズ プロジェクト テンプレート (EPT) がプロジェクト サイトの独自の URL を持つようになり、[プロジェクト サイトの作成] ダイアログがサイトの正しい場所を示すように修正されます。
  • 保存プロンプトの前に VBA BeforeClose イベントが発生する結果、保存プロンプトに対するユーザーの応答をプログラムによって判断する手段がないという問題を修正します。
  • プロジェクトの状況報告日の後に開始するタスクに対して [実際の達成率] が正しく重ね合わされない問題を修正します。
  • コストと時間単価型リソースが同じタスクに割り当てられているとタスクの進捗管理者を変更できない問題を修正します。
  • プロジェクト全体を平準化すると特定のプロジェクトで無限ループに陥る問題を修正します。
  • 特定のスペイン語の地域設定を行うと、タスクの開始日と終了日が SharePoint タスク リストと正しく同期しないという問題を修正します。
  • Project クライアントから状態承認プロセスを開始するとプロセスが終了せず、プロジェクトが使用できない状態になる問題を修正します。
  • 中国語と英語の単語があると、印刷プレビューでタスク名が正しくレイアウト表示されないという問題を修正します。
  • 個々の図形としてタイムラインを PowerPoint にコピーする機能が作動しない問題を修正します。
  • [プロジェクト間のリンク] ダイアログ ボックスに値 "ファイルが見つかりません" が予期せず表示される問題を修正します。
  • 最大単位数が 0 のリソースを割り当てると結果が矛盾する問題を修正します。
  • 割り当ての開始日を削除すると、タスクの開始日が [できるだけ早く] にリセットされ、先行タスクなどが無視されることにより、割り当ての先行分割が生じる問題を修正します。
  • [最近使った項目] メニューを使用して SharePoint からファイルを開くと、設定 [ドキュメントを編集する前に必ずチェックアウトする] が有効になっていても、プロジェクトが自動的にチェックアウトされる問題を修正します。
  • Project プロファイル アプリケーションに直接移動すると、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • Project 2013 からアップグレードしたユーザーに対して、手動でスケジュールされたタスクが正しく更新されない問題を修正します。
  • SharePoint タスク リストからプロジェクトを開くと、Project がタスク同期プロセスを開始するときに Project がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • [チームの作成] に移動すると Project がクラッシュすることがある問題を修正します。
  • プロジェクトを保存すると基準計画の情報が失われる問題を修正します。
  • 大規模なプロジェクト計画の印刷イメージが読みにくい問題を修正します。
  • Project Web App で編集したプロジェクトの数式フィールドに適切な値が表示されない問題を修正します。
  • プロジェクト計画のリソースのエンタープライズ カスタム フィールドの情報が正しく保存されない問題を修正します。
  • タスクの作業時間の達成率 (%) 情報を更新すると、タスクの達成率 (%) 情報が更新される問題を修正します。
  • プロジェクトを保存するとプロジェクトの所有者が変更される問題を修正します。
  • サマリー タスクの CPI の計算が正しくない問題を修正します。
  • 保護された基準計画データの保存がユーザーに対して許可されていない場合でも、タスクのコピーと貼り付けにより基準計画データが引き継がれて保存される問題を修正します。
  • Excel のデータをインポートすると、タスクと割り当てに関するデータが不正確になる問題を修正します。
  • レポートを開いてから閉じると Project がクラッシュする問題を修正します。
  • カスタム リストに検証の設定が含まれている場合に、プロジェクトを保存すると Project が停止する問題を修正します。
  • [フィルターの定義] ダイアログの [テスト] 列に ">" 文字を入力するときに、"より大きい" という意味に正しく解釈されない問題を修正します。
  • "基準計画" に関するイナズマ線の表示の問題を修正します。
  • フィールド名のドロップダウン リストがフィルターをカスタマイズするときに表示されない問題を修正します。
  • バー スタイルのプレビューが [バーのスタイル] ダイアログに表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Publisher に CMYK TIF 画像が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リンクの挿入: IM およびグループ チャットにリンクを追加し、そのリンクを示すために完全な URL の代わりにわかりやすいテキストを指定します。
  • 画面共有の通知: IM の会話で画面を共有しているとき、または会議が終了した後に画面共有が継続されているときに、会話ウィンドウに通知が表示されます。この通知は、画面を共有していること、および [共有を停止] ボタンで簡単に共有を停止できることを示します。
  • Windows Information Protection (WIP) のサポート: Skype for Business は現在、WIP でのみ動作するアプリとしてサポートされています。Skype を許可されたアプリの一覧に追加すると、個人データが処理されないことが Windows に示されます。Windows では Skype for Business に代わってデータが保護されます。  詳細
  • パスワードのリセット オプション: ユーザーがサインインに少なくとも 1 回失敗すると、サインイン ウィンドウにリセット ボタンのリンクが表示されます。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0283:Windows Uniscribe のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8550:Skype for Business のリモート コード実行の脆弱性

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ポリシーで音声が無効になっているユーザーへの呼び出し試行メッセージを、「通話を完了することができません」から「IT 管理者がオーディオを制限しているため通話することができません。インスタント メッセージや電子メールを使用して、IT 管理者にご確認ください。」に変更します。
  • Skype for Business Online の PSTN 会議が有効なユーザーへの会議出席依頼に、「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」のハイパーリンクが追加されます。
  • チームが Skype for Business Online から会議に参加できるようになります。
  • ラウドスピーカーのセッション音量の既定値を 40% から 75% に変更します。
  • タブのリストをより小さな最小幅までサイズ変更できるようになりました。
  • タブの順序と一致するようにショートカット キーを更新します。
  • ヘブライ語のテキストをモバイル デバイスから送信するときに方向が間違っていましたが、これを修正します。
  • [デスクトップの表示]/[制御を渡す] 機能を指してスクリーン リーダーが読み上げる情報の問題を修正します。
  • [ルームの選択] 一覧に、フォローされているルームに加え、開かれているルームを表示します。
  • カスタムの RCC アプリが有効になっているときに VoIP 機能を無効にする機能を追加します。
  • オフライン IM の紹介文を「Skype for Business モバイル アプリをお試しください」に変更します。
  • 自動承諾された会話の会話ウィンドウが最小化ウィンドウではなく通常のウィンドウで開き、予期せずに他のウィンドウから注意をそらしてしまう問題を修正します。
  • [Skype 会議のオプション] ダイアログ ボックスでスクリーン リーダーを使用する場合の問題を修正します。
  • 出席依頼の最初のメッセージが不在着信した会話の電子メールに表示されない問題を修正します。
  • [新しい Skype 会議] ボタンを使用して Outlook から会議出席依頼を作成するときに重複するダイヤルイン番号が表示される問題を修正します。
  • スクロール バーが表示されている場合、IM 履歴のすべての会話を Ctrl + A を使用して選択しようとすると、すべての会話が選択されない問題を修正します。
  • Export-CsArchivingData コマンドレットを使用すると、出力テキストの形式が正確に同じでないことがある問題を修正します。
  • 3 人以上の参加者で [会議の開始] を使用すると、会議の開催者がリモートの参加者のビデオを見ることができない問題を修正します。
  • ユーザーが参加者リストの別のユーザーの名前を右クリックすると、会議の参加者一覧の最初の行が空白になる問題を修正します。
  • 企業ネットワークの内部と外部との切り替え時にユーザーがサインインできなくなるという問題を修正します。
  • コンサルティング転送で IM からオーディオにエスカレーションする場合にチャット領域が閉じない問題を修正します。
  • 2 つのエンドポイントの同時呼び出しを使用している場合のトースト通知で、名前が切り捨てられる問題を修正します。
  • ファイル共有通知でファイル名が切り捨てられる問題を修正します。
  • [通話に戻る] ボタンと転送ボタンのツール ヒントを追加します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、コンサルティング転送ウィンドウにおける保留の時間を使用できるようにします。
  • コンサルティング転送の既定の設定として、IM または通話のいずれかを選択できる機能を追加します。
  • コンサルティング転送を行う場合、[転送] ボタンを右クリックして、連絡先の電話番号一覧を表示する機能を追加しました。
  • 一般的なエラー メッセージが改善され、問題の原因は、ユーザーが無効なライセンスを持っているか、ユーザーにライセンスが割り当てられていないかであることが明確になります。
  • ユーザーが特定の連絡先と会話を開始し、別の連絡先を追加しようとすると、会話ウィンドウのタイトルに一部の連絡先が表示されない問題を修正します。
  • ナレーターが通知の 2 行目を読まない問題を修正します。
  • 通話が、参照された番号ではなく VOIP に転送される問題を修正します。
  • ユーザーが [コンテンツ] ウィンドウに移動するときに、ナレーターによって正しくない情報が読み上げられる問題を修正します。
  • ホワイトボードのコメントにマウス カーソルを移動するときに作成者と変更者の名前が表示されない問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • サード パーティ製ステンシルの検索: 選択したコンテンツ プロバイダーから提供されるサード パーティ製のステンシルを検索します。
  • スライド スニペット: Visio 図面のスニペットを取得し、PowerPoint のスライドとしてエクスポートします。 詳細情報

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows Information Protection (WIP) のサポート:   現在、Word は対応アプリになり、企業データと個人データを区別し、構成されているポリシーに基づいてどれを保護するかを判断します。  詳細
  • 最近使ったリンクの挿入: 最近使ったクラウドベースのファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを付け、スクリーン リーダーを使用する人にわかりやすい表示名を付けることができるようになりました。 詳細情報
  • アドインの一元展開:管理者は、Office 365 の管理センターからユーザーまたはグループに対してアドインを展開し更新することができます。  詳細
  • Dubai フォント: 西ヨーロッパ言語とアラビア文字を使用する主要言語の両方に対応しているフォント ファミリ。 詳細
  • 背景の削除: 自由形式の描画ツールを使用して、画像の背景を削除します。
  • 並べて表示: 印刷レイアウト表示で、積み重ねられた紙のように横にスライドさせてページを移動します。 詳細
  • ペンを使ったオブジェクトの選択や変更: デジタル ペンでオブジェクト ハンドルをつかみ、サイズ変更、回転、移動などを行います。
  • SVG 画像: ドキュメントにスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して編集します。 詳細情報
  • アイコンの挿入:  [挿入] > [イラスト] > [アイコン] の順に移動して、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) ファイルの標準ライブラリのアイコンを使用します。  詳細情報
  • 最近使用したフォルダーへの保存: [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に移動し、[最近使用した項目] タブを使用して、最近使用したフォルダーにドキュメントを保存します。
  • 学習ツールでの閲覧機能の向上: 閲覧モードでの新しいコマンドにより、文字間隔の調整、音節間の区切りの表示、およびドキュメントを音声で読み上げる際に各単語の強調表示が行われ、読み上げのスキルが向上しました。 詳細情報
  • 図形の認識: [描画] > [図形に変換] を使って、描画を自動的に図形に変換します。 詳細

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報および CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)
  • CVE-2017-0254:Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0292:Windows PDF のリモート コード実行の脆弱性 
  • CVE-2017-8509:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性  

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが PST ファイルを検索できないという問題を修正します。
  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API
  • CVE-2017-0260:Microsoft Office のリモート コード実行
  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8510:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-8512:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 5 月 9 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2084)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがメッセージを削除するとき、メッセージの一覧でのメッセージの選択が断続的に予期せずにジャンプする問題を修正します。
  • 断続的なクラッシュの原因となる問題を修正します。
  • 管理者が [ファイル] タブのサポート選択を非表示とするには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\General\DisableSupportBackstage レジストリ キーを追加します。
  • 管理者が、[ファイル] > [フィードバック] にある “Outlook 2016 フィードバック“ と “Outlook のブログ“ オプションを無効にできるようにするには、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\General\DisableOutlookFeedbackFeatures レジストリ キーを追加します。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 自動承諾された会話の会話ウィンドウが最小化ウィンドウではなく通常のウィンドウで開き、予期せずに他のウィンドウから注意をそらしてしまう問題を修正します。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0261:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0262:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0281:Microsoft Office のリモート コード実行の脆弱性

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 4 月 11 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2076)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • .xls ブックを開くと、新しいウィンドウが灰色表示されるという問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0106:Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性
  • CVE-2017-0204:Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスに "Microsoft Exchange" という新しいストアの種類が表示され、この新しいデータ型を選択するとユーザーのプロファイルを使用できなくなるという問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • USB サム ドライブなどのリムーバブル メディアに保存されている PowerPoint ファイルの別の場所に [名前を付けて保存] 操作を実行するとイメージ不足エラーが発生するという問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 企業ネットワークの内部と外部との切り替え時にユーザーがサインインできなくなるという問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次の CVE で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2017-0199:Microsoft Office/ワードパッドのリモート コード実行の脆弱性 w/Windows API

段階的提供チャネルの最初のリリース

2017 年 3 月 14 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2071)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フライアウト メニューを閉じることができない問題を修正します。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ハイパーリンクを挿入するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  • XML の対応付けを追加するときに Excel が失敗する可能性がある問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • VBA で DLL シートを操作するときに Excel がクラッシュする可能性がある問題を修正します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (別名: Windows Anniversary Update) で PIN を使用して認証後、OneNote ページ キャンバスがマウス クリックに反応しなくなる問題を修正します。
  • ユーザーが .docx または .pptx などの編集可能なドキュメントを挿入する場合、EDU 特有の最適化された印刷動作を無効にします。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 共同編集時に結合の競合が間違って表示される問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。
  • グラフで図形を適用するときに、VBA オブジェクト モデルを呼び出すとランタイム エラーになる問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Publisher に CMYK TIF 画像が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (4013075)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-014:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3217868)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のモニター構成の場合に生じるメモリ消費量に関する問題を修正します。
  • アドインをアップグレードした後、またはアドインを削除して Office ストアからもう一度ダウンロードした後、アドインのコマンド ボタンが機能しない問題を修正します。

段階的提供チャネルの最初のリリース

2017 年 2 月 22 日
バージョン 1701 (ビルド 7766.2060)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: 値の間に区切り記号を含む新しいテキスト列にリストを展開し、SQL に接続する際のフェールオーバー オプションを指定します。
  • データ変換と接続性の機能強化: パーセンテージ データ型がサポートされるようになり、バイナリの結合関数作成の操作性が強化されました。
  • OLEDB コネクタ: [取得と変換] で OLEDB コネクタを使用して、クエリを作成し、接続文字列、および必要に応じて、実行する SQL ステートメントを指定することによってデータをインポートします。
  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • CSV (UTF-8) サポート: UTF-8 文字エンコードを使用する CSV ファイルを開き、保存します。
  • データ変換と接続性の機能強化: OData ソースからデータを読み込むときに関連するテーブルを選択して、インポートしたり、関数の計算による値を持つカスタム列を追加したり、または専用のビューを使用してクエリ間の依存関係を表示したりします。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office テーマを [黒] に設定して、[ブック クエリ] ウィンドウでクエリを右クリックすると「予期しないエラー」エラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • ユーザーがピボットテーブル オプションにアクセスしようとすると、Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • CSV または CSV UTF-8 として保存する際にテキストや二重引用符を含んだセルの値が正しくエクスポートされない問題を修正します。
  • Excel を閉じるときにハングするかクラッシュする問題を修正します。
  • 連結式を含むハイパーリンクが連結結果の一部を無視する問題を修正します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) の Excel の表を Word に貼り付けると表の書式が保持されない問題を修正します。
  • ブックに MS Excel 4.0 マクロ ワークシートが含まれていると、ユーザーが [名前を付けて保存] を実行できない問題を修正します。
  • CTRL+ALT+5 を、他のアプリケーションに一致するオブジェクト層に選択範囲を移動するショートカットにします。
  • 数式バーに入力して、VLOOKUP などの関数をドロップダウンから使うときに、Enter キーを押して数式を完成させようとすると、入力した値をそのままの形に残さず、オートコンプリート ドロップダウンの一番上の項目が選択される問題を修正します。
  • 保護されたシート内にハイパーリンクが含まれている Excel 97 - Excel 2003 のバイナリ ファイル形式 (BIFF8) のファイルを開こうとすると、ファイルが壊れていると Excel が判断して読み取り不可能なコンテンツを修復または削除しようとする問題を解決します。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • GrooveIntlResource.dll を正常に読み込むことができない場合 (通常の状況ではそうではありません)、ユーザーが同期済みフォルダーでファイルを開いたり保存したりしようとすると Office アプリがクラッシュする、あるいは Windows エクスプローラーを使用して同期済みフォルダーに移動すると Windows エクスプローラーがクラッシュする問題を修正します。
  • Office が Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 以外の場所から更新プログラムを受け取るように構成されている場合、適切なレジストリ キーによって OneDrive for Business を無効に設定しても無効にならないという問題を修正します。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • ファイルと画像の同期の制御: [ファイル] > [オプション] > [同期] と移動し、すべてのファイルと画像を、ノートブック内のすべてのページに自動的にダウンロードするかどうかを制御します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ページより大きい画像を印刷すると OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • ユーザーがカスタム ページ テンプレートを削除できない問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムで添付ファイルの共同作業を行います。 OneDrive for Business に添付ファイルをアップロードして、すべてのユーザーが最新バージョンで作業できるようにします。添付ファイルのドロップダウン メニューを使用して、アップロードまたは保存します。
  • 旅行予約とパッケージのサマリー カード: 受信トレイと予定表に自動的に作成されたサマリー カードを使用して、旅行予約およびパッケージの配送を確認して追跡します。 詳細情報
  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 特定のスレッドの添付ファイル一覧にある添付ファイルを右クリックすると、該当するメニュー項目だけでなく、すべてのコンテキスト メニューが表示されるという問題を修正します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) の電子メール メッセージが、Information Rights Management を使って送信されたメッセージの場合、受信者によって開くことができない問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • クローズド キャプション: クローズド キャプションが設定されているビデオがスライドに含まれていると、キャプションをスライドショーで再生できます。
  • 複数のオーディオ トラック: 複数のオーディオ トラックが設定されているビデオがスライドに含まれていると、それらのトラックをスライドショーで再生できます。
  • セクションのコピー: プレゼンテーション間のセクションをコピーして貼り付けます。
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • インク再生: 手書き入力を前方または後方に再生してコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を提供し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解できるようにします。 詳細情報
  • より優れたレコーディング: 記録されたスライド、画面録画、挿入されたビデオで構成されるプレゼンテーションを作成し、録画されたそのコンテンツをリモートで表示できるように共有します。リモート学習を支援し、プレゼンテーションをより対話的にするためにテストを埋め込むことや、インクの色を変更したり、単純なコントロールを使用してナレーションとオーディオを録音したりすることもできます。
  • デザイナーの機能強化: 箇条書きステップ リスト用に SmartArt を使用してデザインの推奨事項を示します。
  • 録画用のリボン タブ: リボンをカスタマイズすることで、[録画] タブを追加します。
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報
  • ズーム: 自動ナビゲーション リンクを含むプレゼンテーションの対話型の概要を作成します。 詳細情報
  • ハイパーリンクを開く: プレゼンテーションを編集するときにハイパーリンクを開くには、Ctrl キーを押したままクリックします。
  • テキストの強調表示: テキストの蛍光ペンを使って、重要なテキストを強調します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 画像をトリミングすると、画像のトリミングした部分が暗く見える問題を修正します。
  • スライド ショー モードでナレーションを付けて実行している場合、ユーザーがハイパーリンクをクリックし、対象サイトの読み込み速度が遅いと、PowerPoint がクラッシュするという問題を修正します。
  • 表に関して共同編集が動作しないというリアルタイム入力の問題を修正します。
  • Malwarebytes 3.0 がインストールされているコンピューターで PowerPoint を開く際に、"動作が停止しました" のエラーが表示されるか PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • [ファイル] > [新規作成] に既定のテンプレートが表示されない問題を修正します。
  • 埋め込みフォントを含むファイルが自動的に保存されるときにテキストの入力が中断され遅延する問題を修正します。
  • Adobe Illustrator からのスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像のコピーに関する問題を修正します。

Project:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • [ロック] フィールド: チーム メンバーが、タスクに関する更新を送信できないようにするには、値を [はい] に設定します。
  • タイムライン ラベル: ラベルを使用して内容を示す名前を付け、タイムライン バーを区別します。
  • タイムラインの進行状況のインジケーター: タイムライン ビューのチェック マークと色付きの進行状況バーを使用し、各タスクの進行状況を表示します。
  • アクセシビリティ機能の向上: プロジェクトの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マスター プロジェクトとサブプロジェクト間のプロジェクト間リンクを作成するときにリンク線が表示されない問題を修正します。
  • 特に期間の一部を含む作業時間とコストの値など、時間配分のベースライン値が XML 形式に正しく保存されない場合があるという問題を修正します。
  • 状態の更新を適用すると、チーム メンバーが報告していない割り当てに実作業が追加されるという問題を修正します。
  • リソースのベースラインが作成されていない場合でも、リソースのベースライン値が表示されるという問題を修正します。
  • 印刷プレビューがテキストをクリップするためテキストが見えなくなる問題を修正します。
  • ショートカット URL を使用して SharePoint から .mpp ファイルを開くと、"編集する前にドキュメントをチェックアウトする必要がありますか?" の設定が有効になっている場合でも、ファイルがチェックアウト済みとして開くという問題を修正します。
  • Project Web App からの数量単価型リソースに対する更新によって、時間配分データが正しく変更されないという問題を修正します。
  • マイルストーン タスクを含むプロジェクトを開くと、そのプロジェクトを最後に保存したときの日付が設定されていなくても、実際の開始日が追加される場合がある問題を修正します。
  • 作業分解構造 (WBS) の番号の再設定に関する問題を修正します。
  • グリッド ベースのビューを切り替えてナレーションを有効にすると Project がクラッシュするという問題を修正します。
  • XML ファイルを開くときにタイムスケール データの切り捨てに関する正しくないエラー メッセージが表示されるという問題を修正します
  • 基準計画の保存で、タイムスケール値が正しく設定されないという問題を修正します。
  • XML ファイルからプロジェクト データを読み取るときに割り当ての延期期間が無視されるという問題を修正します。
  • Project Online からファイルを開くときに、[最終更新日] にタイムゾーン調整済み時刻ではなく UTC 時刻が表示されるという問題を修正します。
  • カラー バンドをグループ化すると、シート ビューを印刷するときにグループ化されていない行に表示されないという問題を修正します。
  • 最大単位を超えて割り当てられたタスクをユーザーが検査するときに修復オプションが適切にユーザーに表示されないという問題を修正します。
  • プロジェクトの発行後、[アウトライン コード] フィールドの値を変更できないという問題を修正します。
  • 175% 表示の高 DPI 画面で、ガント バーのサイズが正しく設定されない問題を修正します。
  • ユーザーが [タスク情報] ダイアログ ボックスでラグ タイム (時間差) を設定すると、ラグ タイムが誤って継続期間に設定される問題を修正します。
  • 特定の XML ファイルを開くと、割り当てに関する問題が原因でタスクの開始日が正しく設定されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Windows の通知スタイル: 着信と会話の通知の外観を変更します。 詳細情報
  • コンサルティング転送: 通話内から、IM または通話を介して別のユーザーに通話の転送について相談した後、通話をそのユーザーに転送します。 詳細情報
  • マイク通知: オペレーティング システムでマイクがミュート状態の場合、またはマイクが音声を受信していない場合は、会話ウィンドウに通知を表示します。
  • [自分の番号] の無効化: DisableDisplayMyNumber レジストリ エントリを使用して、ダイヤル パッドの下の “自分の番号” を無効にします。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 参加者の許可または拒否に使用するロビー ボタンをテキストから画像に (X またはチェックマーク) に変更します。
  • 会議のリマインダー通知テキストを "承諾" から "参加" に変更します。
  • 受信者の状態が [応答不可] に設定されたときに、IM の送信者に表示するメッセージを更新します。
  • 受信者がオフラインであり、"履歴に保存" が無効になっている場合は、IM の送信者に表示するメッセージを更新して、受信者がメッセージを受信しないことを明確にします。
  • グループ チャットのチャット履歴と参加者一覧の間の左右分割バーを移動する機能を追加します。
  • IM またはチャット ルーム ウィンドウにあるタブのリストのサイズを変更する機能を追加します。
  • トピック フィードを作成するときに検索されたチャット ルームを選択する機能を追加します。
  • 会話中のチャット履歴にメッセージが表示されなくなる問題を修正します。
  • 会話ウィンドウに重複したメッセージが表示される問題を修正します。
  • 通知が大量にある場合に、トースト通知のアクション (承諾と無視) が正しく表示されない問題を修正します。
  • Alt + Tab を使用して最小化されている会話ウィンドウを開くと、ユーザーがメッセージを入力できないという問題を修正します。
  • IM が利用可能であっても、ユーザーの連絡先カードの IM ボタンが灰色表示されるという問題を修正します。
  • 複数の会話ウィンドウを閉じてから再度開くと、以前のサイズと位置で開かないという問題を修正します。
  • 選択したときにカスタム リンクが起動しないという問題を修正します。
  • [地域] フィールドのオンライン会議テキストが英語以外の文字で正しく表示されない問題を修正します。
  • 通話時間などの通知情報が右から左方向の言語で正しく表示されない問題を修正します。
  • トピック フィードを作成するときに、検索結果をクリアしても、フォローされているルームのリストに結果がリセットされないという問題を修正します。
  • 同時に複数の会話ウィンドウが開いているときに Skype for Business がハングする問題を修正します。
  • 前回の会話ウィンドウが、他のすべてのタブを閉じると空白になるという問題を修正します。
  • タブ表示の会話が無効になっていると、チャット入力領域に既定のフォーカスが置かれないという問題を修正します。
  • 会議の招待に「ダイヤルイン PIN を忘れた場合」リンクが表示されないという問題を修正します。
  • 高 DPI スクリーンを 175% 以上の表示倍率で使用すると、[全般] ページまたは [オーディオ デバイス] ページで一部のテキストが切り捨てられて省略されるという問題を修正します。
  • ネットワークに接続していない、AOAC (Always On/Always Connected) コンピューターを中断する、または再開すると、Skype for Business がクラッシュするという問題を修正します。
  • Polycom CX100 デバイスを使用している場合に、発信でマイクが検出されないという問題を修正します。
  • IM メッセージで \\サーバー名またはファイル:// などのリンクを選択すると、対象の場所が開くのではなくエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。
  • 場所に基づいたルーティングを使用する仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で、サーバーがユーザーの場所では PSTN 通話を行えないと判断し、PSTN 通話の発信/受信を行えないという問題を修正します。
  • ユーザーの状態が「取り込み中」または「発表中」に設定されている場合に不在着信メッセージで送信される電子メールの件名行が、「不在着信した <名前> との会話」から「<名前> さんが Skype for Business でメッセージを送信しました」に変更されます。
  • 全数調査データの一環としてデバイスに初めてサインインしたときのタイムスタンプの キャプチャを開始します。 サインインの信頼性の傾向を特定するのに役立ちます。
  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ユーザーが仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で音声通話のコントロール ボタンをクリックしたときに、オーディオ コントロール パネルが表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • アンパサンド (&) などの特定の特殊文字を、検索入力ボックスまたは [本日の予定やメッセージを入力] セクション ボックスに入力できない問題を修正します。
  • 不在着信したオフラインの IM がある場合に未読アイテム数が表示されない問題を修正します。
  • [電子メールで招待] テンプレートの説明が Skype ではなく Lync である問題を修正します。
  • ダイヤル パッドの下にある [自分の番号] 領域に行番号が表示されない問題を修正します。
  • チャットでメッセージを送信した後、IM 入力領域にマウス ポインターが表示されない問題を修正します。
  • サインイン時にキャッシュ プールの読み込みに問題がある場合、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • サインインして会話を復元すると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • 再開後にサインインすると、Skype for Business が応答を停止する問題を修正します。
  • 両方の組織の Exchange サーバーで TNEF が無効になっていると、会議のリンクが無効になる問題を修正します。
  • 継続している IM 会話が 1 つだけの場合、ビデオ通話を再開できない問題を修正します。
  • ホワイトボードを PNG ファイルとして保存すると、ホワイトボードのテキスト注釈が失われる問題を修正します。
  • IM ウィンドウで、日本語で 2 行にまたがって入力すると最初の行が表示されない問題を修正します。
  • 名前のアンパサンド文字 (&) がアンダースコア文字で誤って置き換えられる問題を修正します。
  • スケジュールされた会議の "オンライン会議に参加" URL に関する問題を修正します。
  • マウスをウィンドウ上に置くとウィンドウがアクティブになるようにオペレーティング システムを構成していても、ウィンドウがアクティブにならない問題を修正します。
  • 発信の会話履歴項目に、呼び出し先ではなく呼び出し元が表示される問題を修正します。
  • F12 キーで会話がローカルに保存されない問題を修正します。
  • 不在着信した会話の電子メールに最初の IM が含まれない問題を修正します。
  • 発表者が IM への参加を無効にしていても、IM のテキスト領域に絵文字が追加できる問題を修正します。
  • [着信音と効果音のオプション] ダイアログ ボックスのレイアウトに関する問題を修正します。
  • 会話ウィンドウを閉じると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ドメインをバニティ ドメインとして登録すると、DNS レスのサインインが失敗する問題を修正します。
  • 常設チャットの通知設定が正しく保存または読み込まれない問題を修正します。
  • 会話を再度開くように設定されていても、サインインすると既存のピアツーピア会話ウィンドウまたはチャット ルームが表示されない問題を修正します。
  • アクティブな会話をミュートまたはミュートを解除すると、他の会話ウィンドウに未読のメッセージがあるかのように表示される問題を修正します。
  • メディア バイパスに対して構成されているユーザーが PSTN ゲートウェイからの通話を保留にすると、その通話を再開できない問題を修正します。
  • サード パーティによる RDP 実装を使用している場合に URL 経由でミーティングに参加すると、ユーザーにビデオではなく青いボックスが表示される問題を修正します。
  • トースト アラートに表示名ではなく、SIP アドレスのユーザー部分が表示される問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。
  • タブ表示の会話を使用しているときに、タブをダブルクリックして、入力を始めようとすると、フォーカスが別のタブに移動してしまうことがあり、その会話ウィンドウで入力が続いてしまう問題を修正します。
  • インスタント メッセージに含まれている URL を、キーボードを使用してチャット履歴ウィンドウで選択できない問題を修正します。
  • [着信音とサウンド] オプションの下にある [IM 会話を表示する場合、他のユーザーが入力しているときに音で知らせる] チェック ボックスが選択されている場合に、入力音が聞こえるようにする問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーを使用している場合に、表示されるダイアログ ボックスが読み上げられない問題を修正します。
  • 最初の実行時のチュートリアルをキーボードで移動したり、ナレーターなどのスクリーン リーダーで読み上げたりできない問題を修正します。
  • タスク バーのプレゼンス アイコンを高 DPI 設定でスケールできない問題を修正します。
  • 検索ボックスの [フィールドのクリア] ボタンをキーボードで選択できない問題を修正します。
  • 招待状が別のプール内のユーザーからのものである場合、ユーザーが会議を開始できない問題を修正します。
  • 自分自身を会議に追加しているユーザーが別のユーザーとして誤って表示される問題を修正します。
  • 状態変更通知の連絡先のプレゼンス アイコンが上司の着信呼び出しに対して非表示になっていた問題を修正します。
  • IM ウィンドウでのテキスト カーソルの点滅の速さが、Windows で設定しているキーボードのプロパティと一致しない問題を修正します。
  • スクリーン リーダーがグループ会話の誤った連絡先の名前を読み上げる問題を修正します。
  • ユーザーがキーボードを使用して複数の連絡先を選択できない問題を修正します。
  • Exchange からユーザーの写真を取得できない問題を修正します。
  • ユーザーが直接アクセスを使用して接続している場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続せずに、内部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。
  • 会議の所有者の名前を解決しようとすると、Skype for Business クライアントがクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business を起動中、またはシャットダウン中に Windows の設定を変更すると、Skype for Business がクラッシュする原因となる問題を修正します。
  • 常設チャット ルームで参加者リストを開いて、キーボード フォーカスを参加者リストに移動しようとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • ネットワークが使用できない場合、Skype for Business が再開時にクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データベース モデルのアドイン: アドインを使用して、既存のデータベースのデータベースモデルを作成し、新しいデータベースの計画や既存のデータベースの理解に役立てます。 詳細情報 アドインのダウンロード
  • アクセシビリティ機能の向上: キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用して図形を扱ったり、他の対象を編集したりするなどのサポートが改善されました。
  • サード パーティ製のテンプレートやダイアグラム: サード パーティのコンテンツ プロバイダーから入手可能な新しいテンプレートやサンプルのダイアグラムを参照または検索します。サード パーティ プロバイダーの名前は、サムネイルに表示されます。
  • 手描き入力のサポート: ペンや指を使って、新しい描画タブのツールで図を描いたり注釈を入れたりします。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ機能の向上: ドキュメントの読み取りと編集に、キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用するためのサポートが改善されました。 詳細
  • エディター: 高度なコンテキストの校正により文書の作成が改善されます。 詳細情報
  • インク再生: [描画] > [インク再生] で、手書き入力の入力前から入力後へと再生します。これによりコンテンツの表示と非表示を切り替え、ステップ バイ ステップの指示を出し、他のユーザーの考えの流れをより深く理解することができます。 詳細情報
  • 自然なペン ジェスチャで編集する: 円で囲んでの選択や、バツ印をつけての削除によって、ドキュメントに変更を加えます。 詳細
  • 自分と共有: [ファイル] > [開く] > [自分と共有] で、他のユーザーが自分と共有しているのドキュメントを参照します。 詳細
  • 色の変更: 操作アシストを使用して、フォント、強調表示、図形の塗りつぶしなどの色を設定します。 詳細情報

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 1 つの文書を閲覧モードで表示すると、印刷レイアウトで表示中の 2 つ目のドキュメントで Tab キーが機能しない問題を修正します。
  • 複数の文法ライブラリが読み込まれると Word がクラッシュするという問題を修正します。
  • 2 つまたは 3 つのストローク以降、インク ストロークが表示されない問題を修正します。
  • Google Input Method Editor (IME) を使用する場合に引用符が表示されない問題を修正します。
  • ユーザーがコンテンツ コントロールを使用するか、または不連続の選択を行うと、手書き入力が使用できない問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] にアクセスして、新しい機能を提案するか、気に入った点や正しく機能していない点を Microsoft に報告してください。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドイツ語のキーボードで CTRL + ALT + 7、または CTRL + ALT + 8 を使用すると、適切な文字が挿入されず、ユーザー フィードバック ツールが開くという問題を修正します。
  • Office をインストールまたは更新すると、Windows 7 で TraceLogging がクラッシュする問題を修正します。
  • インクを使用して描画し、マウスを使用しているときに、マウス ボタンを放すとインクが若干ずれるという問題を修正します。
  • Office ドキュメントに SVG 画像を挿入し、その後ドキュメントを保存してから再び開くと、SVG 画像が表示されなくなるという問題を修正します。
  • Office で英語以外のユーザーのライセンス認証中に次のエラー メッセージが表示されるという問題を修正します。"プロダクト キーの最大の長さは 25 文字です。"
  • フレームの Z オーダーが機能しなくなる、または正しく表示されなくなる可能性のある VBA フォームに関する問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager でトリガーされる更新によって、レジストリの UpdateChannel 設定が有効な更新チャネルでないものに変更される問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2017 年 1 月 10日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2102)


:マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002 で説明されているセキュリティ更新プログラムは、このチャネル リリースでは、Word のバージョンには適用されません。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [メジャーの編集] ダイアログ ボックスを使用すると Excel がクラッシュする問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 図形の操作によって、PowerPoint がクラッシュすることがある問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • InsertXML メソッドを使用する際に、実際の画像ではなく、画像への壊れたリンクのプレースホルダーが表示される問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 12 月 13 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2095)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 会議の所有者が追跡タブでユーザーの選択を解除できない問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーがファイルを開いたり保存したりしようとすると PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • スライドのサイズをカスタマイズする際の “インチ” の略語に対するタイ語の翻訳が正しくない問題を修正します。 

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [名前を付けて保存] を行う場合に、ファイルを閉じるときに Office ドキュメント キャッシュからファイルを削除するオプションをユーザーが選択すると、Word がクラッシュする問題を修正します。
  • 30,000 を超えるファイルなど、多数のファイルを含まむフォルダーに対して [名前を付けて保存] を行うと、Word がクラッシュする問題を修正します。
  • UK キーボードを使用している場合、CTRL+ALT+4 ショートカットでユーロ記号が入力されない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-148:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3204068)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フレームの Z オーダーが機能しなくなる、または正しく表示されなくなる可能性のある VBA フォームに関する問題を修正します。
  • System Center Configuration Manager でトリガーされる更新によって、レジストリの UpdateChannel 設定が有効な更新チャネルでないものに変更される問題を修正します。
  • OneDrive 同期クライアントを使用して、ファイルを OneDrive for Business サイトからローカル コンピューターに同期する場合に、URL から開いた同期済みのバックアップ ファイルを保存すると、Word、Excel、または PowerPoint がハングする問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 11 月 8 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2055)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-133:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3199168)

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 11 月 2 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2054)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • VBA コードを使用してワークシートをコピーすると、非表示のワークシートが再表示される問題を修正します。
  • ソルバーを使用する場合、ソルバーを選択すると "Solver32.dll ファイルが見つかりません" エラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 高 DPI モニターを使用する場合、リボンのタッチ モードが有効になっていると、Bing 地図アドインのアイコンが表示されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数のフォルダー間で高度な検索を行うと Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 検索の [cc] テキスト ボックスに入力したテキストがメインの検索ボックスに追加されず、検索が実行されない問題を修正します。
  • 添付ファイルのある複数のメッセージとの会話で、これらのメッセージのいずれかの添付ファイルを開こうとする場合、その添付ファイルがオンラインの場所に格納されていると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーが電子メール メッセージの編集を続行できない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 更新されたビジュアル要素: アイコンおよび色の変更によりアクセシビリティが向上しました。 詳細情報
  • UI の [共有] への更新: [デスクトップの表示] を [デスクトップの共有] に、[プログラムの表示] を [ウィンドウ​​の共有] に変更するなど、UI 要素で [表示] を [共有] に変更します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Exchange Online に移行した後、会話の履歴、連絡先、またはボイス メールの情報を取得するために Exchange に接続できない問題を修正します。
  • ホワイトボードのダイヤル パッドまたはテキスト注釈に情報を貼り付けようとすると、チャット入力のテキスト ボックスに情報が誤って貼り付けられるという会話ウィンドウに関する問題を修正します。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 保存済みの Visio ファイルを閉じると、Visio が閉じない問題を修正します。
  • 大規模なメタファイルまたはズームされたメタファイルがぼやけて表示される問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーがドキュメントの編集を続行できない問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • フォーム コントロールを含むマクロ有効ファイルを開こうとすると、透明ラベル コントロールが不透明になる、既存のフォームが表示されなくなるか正しく機能しなくなる、および Office アプリケーションが応答しなくなる原因となる可能性のある VBA フォーム コントロールに関する問題を修正します。
  • 管理されているメタデータ プロパティを使用すると、設定されているメタデータ値ではなく、[詳細の表示] ボタンが [ファイル] > [情報] の下の [プロパティ] セクションに表示される問題を修正します。
  • 操作アシストを使用しているときに [ヘルプの取得] を選択すると、[ヘルプ] ウィンドウが、アプリケーション内ではなく、別のダイアログ ボックスとして表示される問題を修正します。
  • OfficeC2RClient.exe が "チャネル" をオプションの設定として認識しない問題を修正します。
  • 新しいバージョンとビルド形式が [ファイル] > [アカウント] の下の [Office 更新プログラム] セクションに表示されない問題を修正します。
  • 別の更新チャネルに切り替えると、次回の更新プロセスの実行時に、以前のビルドがインストールされる問題を修正します。
  • V3 バージョンの GDI プリンター ドライバーを使用するプリンターに印刷する場合の問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 10 月 11 日
バージョン 1609 (ビルド 7369.2038)


Access:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • dBASE サポート: dBASE データベース (.dbf) に格納されているデータへのインポートまたはリンクに対するサポート。 詳細情報

Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Access アプリで、またはデータ プロバイダーとして Access データベース エンジンを使用するアドインと一緒に、Access データベース エンジンを使用する場合、並べ替えのクエリが実行されるため、アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • 数値データ型のフィールド サイズのドロップダウンに値が表示されないため、テーブルの作成や変更の際にユーザーが数値フィールドの種類を指定できない問題を修正します。

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • データ変換と接続性の機能強化: クエリにパラメーターを追加し、結合または追加操作から新しいクエリを作成し、Web コネクタを使用して Web ページをプレビューします。
  • グラフ用のマクロ記録: ツリーマップ図、ヒストグラム図、パレート図、ウォーターフォール図、箱ひげ図のサポート。
  • Power Query のレイアウトを保持: 取得と変換を使用してインポートしたデータの形式と計算列は、クエリを更新した後も保持されます。
  • データ変換と接続性の向上: 追加の日付/時刻変換、テキストの操作、ブックの別の環境への移行、行のフィルター処理のための 2 つ以上の句のグループ化、およびクエリ エディター ウィンドウ内のドキュメント変換を実行します。
  • Power BI への発行 Power BI サブスクリプションを使用して、ローカルに格納されているファイルを Power BI に発行します。
  • 図形の認識: 自動的に描画を図形に変換します。
  • 新しいコネクタ: SharePoint Online、Exchange、SAP HANA へのコネクタを含む新しい Online Services カテゴリのオプションを使ってクエリを作成します。
  • OLAP 接続でのピボット テーブル: OLAP 接続を使用してピボットテーブルを作成、編集、更新する際のパフォーマンスが向上しました。
  • データ変換の機能強化: 期間値の年への変換、クエリ エディター プレビューでの空白と改行のサポート、クエリ ウィンドウからの直接的なクエリの名前変更が可能になりました。
  • データ接続の機能強化: ジャグ CSV ファイルの検出、Exchange Connector を使用する場合の Microsoft アカウントによる認証のサポート、SharePoint リストに接続しようとする場合のユーザーが指定した URL の検証が可能になりました。

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [メジャーの編集] ダイアログ ボックスを使用すると Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • VBA コードを使用してワークシートをコピーすると、非表示のワークシートが再表示される問題を修正します。
  • ソルバーを使用する場合、ソルバーを選択すると "Solver32.dll ファイルが見つかりません" エラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 高 DPI モニターを使用する場合、リボンのタッチ モードが有効になっていると、Bing 地図アドインのアイコンが表示されない問題を修正します
  • .xls 形式で保存したファイルを開いた後に条件付き書式ルールが機能しなくなるという問題を修正します。
  • 64 ビット バージョンの Excel で、バックエンド サーバーに対する認証のためにパスワード プロンプトを必要とする、リンクされた ODBC テーブルを参照する Access クエリに接続しようとすると、パスワード プロンプトの代わりにエラーが発生する問題を修正します。
  • ドロップダウン リストからアイテムを選ぶときに Excel がクラッシュする問題を修正します。
  • フランス語やドイツ語バージョンの Excel で、INDIRECT 関数に R1C1 の参照形式を使用すると、参照される値や予想される値ではなく、#REF! エラーが発生する問題を修正します。
  • [カスタム リスト] ダイアログ ボックスでのカスタムの並べ替えリストの作成中に、ENTER キーを使用してリストのエントリを区切ることができない問題を修正します。
  • 情報のコピー中や移動中に、"クリップボードを開けません" や "クリップボードを空にできません。別のアプリケーションがクリップボードを使用している可能性があります" などのエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 多数のテキスト ボックスを含むブックを編集しようとすると、Excel がハングする問題を修正します。
  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。
  • 無効な範囲に基づいてピボットテーブルが挿入されるため、正しくないエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • Application.OnUndo を使用することにより、プログラムの [元に戻す] レベルを含むブックを保存すると、ブックへの最後の変更が取り消される問題を修正します。
  • Excel で、条件によってセルの値の変更がナレーターに通知されない問題を修正します。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • レジストリの書き込みを禁止しているコンピューターでレジストリに書き込むと、OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • タグを検索しているときに、テキスト行の複数のタグのうち最初のタグだけが [タグの要約] パネルに表示される問題を修正します。
  • なげなわツールから手描き入力ツールに切り替えるときにインク ストロークのゴーストが表示される問題を修正します。
  • コンテンツをなげなわツールで選んでドラッグ アンド ドロップすると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。
  • ページ上を移動する際に、手のひらツールが消える問題を修正します。
  • テーブルを削除すると、OneNote がクラッシュする問題を修正します。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • @メンション: メールや予定表アイテムの本文で @ 記号の後に人の名前を続けると、入力またはアクションが求められることを受信者が知っていることを確認します。これにより、それらの人は To 行にも自動的に追加されます。 詳細情報
  • 旅行予約とパッケージのサマリー カード: 受信トレイと予定表に自動的に作成されたサマリー カードを使用して、旅行予約およびパッケージの配送を確認して追跡します。 詳細情報
  • 添付された写真のミニ プレビュー:メールに写真が添付されている場合、Outlook ではメッセージに写真の小さなプレビューが表示されます。
  • 削除済みアイテムのリンクの復元: 削除済みアイテム フォルダーで、"このフォルダーから最近削除されたアイテムを復元する" のリンクが削除済みアイテムの一覧の上に表示され、リンクを選択すると [削除済みアイテムの復元] ダイアログ ボックスが表示されます。
  • タップ*: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細情報

     

    注:この機能には、次の Office 365 SKU のいずれかが必要です。Business Premium、E3、または E5。

     

    *この機能は、Deferred Channel の最初のリリースで利用可能になります (バージョン 1609 (ビルド 7369.2054) の 2016 年 11 月 2 日時点)。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Application Virtualization (APP-V) を他のアプリケーションと使用する際に AllowJitvInAppvVirtualizedProcess レジストリ キーを設定している場合、コントロール パネルからプロファイルを作成しようとすると、Windows 7 でクラッシュが発生する問題を修正します。
  • 会議の所有者が追跡タブでユーザーの選択を解除できない問題を修正します。
  • 複数のフォルダー間で高度な検索を行うと Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 検索の [cc] テキスト ボックスに入力したテキストがメインの検索ボックスに追加されず、検索が実行されない問題を修正します。
  • 添付ファイルのある複数のメッセージとの会話で、これらのメッセージのいずれかの添付ファイルを開こうとする場合、その添付ファイルがオンラインの場所に格納されていると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 入力方式エディター (IME) を使用して東アジアの文字を入力すると、フォーカスが右上隅の小さなダイアログ ボックスに切り替わり、ユーザーが電子メール メッセージの編集を続行できない問題を修正します。
  • 添付ファイルを含むメール メッセージをデジタル署名または暗号化すると、添付ファイルの内容が失われる問題を修正します。
  • カスタマイズしたひな形を既定のテーマとして使用すると、余分な改行が新しいメール メッセージに追加され、フォントが Calibri に設定される問題を修正します。
  • Windows の表示が 125% に設定されている場合、Outlook を開くとフリーズする問題を修正します。
  • OLE リンクに貼り付けられた Excel のセルが下書きメール メッセージで表示されない問題を修正します。
  • ユーザーが画像の添付ファイルをメッセージでプレビューできない問題を修正します。
  • Outlook 2016 から送信された会議の招待を Outlook 2013 または Outlook 2010 で受信すると、招待に含まれる画像が表示されない問題を修正します。
  • ユーザー設定のフォームのデザイン時にフォームにフィールドをドラッグすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • Outlook を開いたときフォルダー ウィンドウが表示されなくなる問題を修正します。
  • 頻繁に使用するテキスト フィールドで高度な検索を使用してメッセージを検索すると "Outlook では指定した検索を行うことができません" のエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • ナレーターなどの Microsoft UI オートメーションのリスナーの実行時に会議出席依頼が表示され、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 連絡先に新しいメッセージを作成すると、連絡先のメール アドレスが 1 つしかないにもかかわらず、宛先フィールドに受信者の名前が 3 回入力される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コラボレーション機能がリボン上でグループ化されました。 共有、チャット、コメント、ドキュメント アクティビティ、現在ドキュメントを編集しているユーザーなどの機能が、リボン上でグループ化されました。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • スクリーンショットから、キャプチャされたブラウザー ウィンドウの URL に向けて自動的にハイパーリンクする機能が作動しないという問題を修正します。
  • ノート セクションに .gif ファイルを貼り付けると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。
  • プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存すると、他のスライドへのリンクが、正しくないスライドにポイントする問題を修正します。
  • 編集ビューを、異なる画面解像度を持つ別のモニターにドラッグすると、そのビューが正しく表示されない問題を修正します。

Publisher:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ファイルを PDF ファイルとして保存すると、画像の色や透明度への変更が表示されない問題を修正します。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Citrix サポート:HDX RealTime Optimization Pack 2.1 とともに、Citrix ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の環境もサポートします。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3192884)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれる) の特定のモニター構成で、セカンダリ モニターを共有するオプションが表示されない問題を修正します。
  • 共有先がサード パーティ製の RDP 実装を使用している場合に共有コンテンツにズームすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • Skype for Business がポート 443 で SIP サーバーに接続し、プロキシ サーバーが存在している場合、およびプロキシがこのような接続を許可しない場合に、サインイン プロセスで大幅に遅延が発生する問題を修正します。EnableDetectProxyForAllConnections DWORD レジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\UCCPlatform\Lync の下に追加し、値を 1 に設定すると修正は有効になります。
  • ユーザーが Windows 7 を実行している場合に、まずメイン モニターを共有してから、次にセカンド モニターを共有するために切り替えると、ビューアーに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Online に移行した後、会話の履歴、連絡先、またはボイス メールの情報を取得するために Exchange に接続できない問題を修正します。
  • ホワイトボードのダイヤル パッドまたはテキスト注釈に情報を貼り付けようとすると、チャット入力のテキスト ボックスに情報が誤って貼り付けられるという会話ウィンドウに関する問題を修正します。
  • 解像度が異なる複数のモニター (特に高解像度モニター) を使用している場合に、Skype for Business でモニター変更に伴ってスケーリングが更新されない問題を修正します。
  • キーボードを使用して IM 会話の参加者のリストを表示する場合、キーボードのフォーカスが正しく機能せず、参加者のリストを表示するのではなく、チャット履歴に移動してしまう問題を修正します。
  • ハイ コントラストの Windows テーマを使用している場合、[参加者の操作] 画面にヒントが表示されない問題を修正します。
  • 電話番号の場所が会議の招待で表示されない問題を修正します。
  • 高 DPI を使用するリモート制御シナリオでのマウス ポインターの問題を修正します。
  • 表示する共有デスクトップを参加者が切り替えると、他の参加者が共有デスクトップを表示できなくなる問題を修正します。
  • 証明書の問題でサインインが失敗する問題を修正します。
  • ギャラリー ビューからコンテンツ ビューに切り替えて、ギャラリー ビューに戻ると、ホワイトボード ビューが画面の上部に読み込まれない問題を修正します。
  • Exchange 認証中にサインインが失敗する問題を修正します。
  • 共有者がサード パーティ製の RDP 実装を使用しており、共有者の解像度が表示者の解像度よりも低い場合、ビューで Skype ウィンドウを最大化すると Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。
  • [コンテンツ] ボタンが Front of Room ディスプレイで機能しない問題を修正します。
  • 自動構成スクリプトとして Internet Explorer の内部プロキシ pac ファイル URL 用に構成されたコンピューターで、会議の再参加が失敗する問題を修正します。
  • キーボード ショートカットを使用して、ビデオ、ナレーターなどのスクリーン リーダーをミュートまたはオフにすると、変更が読み上げられない問題を修正します。
  • [場所の編集] ダイアログ ボックスに、ナレーターなどのスクリーン リーダーで使用できるラベルがなかった問題を修正します。
  • ナレーターなどのスクリーン リーダーで、リボンのすぐ下に表示されるアラート通知の処理が正しく行われない問題を修正します。
  • 発表者が超高解像度ディスプレイを 1 つ以上使用している場合、ピアツーピアのビデオ ベースの画面共有セッションにより、CPU 使用量が増加して、発表者のコンピューターでのアプリとオペレーティング システムの応答性が低下する問題を修正します。
  • Skype for Business ウィンドウの高さを最小値に変更すると、ボイス メール リストが表示されない問題を修正します。
  • Skype 会議を開くか作成した後に [会議オプション] ボタンをクリックすると、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • 保存されたチャット履歴が Outlook で下書きのメール メッセージとして表示され、返信できない問題を修正します。
  • ユーザーが Office の既定言語を変更しても、メイン ウィンドウのタイトルの言語が変更されない問題を修正します。
  • [リレーションシップ] タブで外部の連絡先が 1 回だけではなく、複数回表示される問題を修正します。
  • 受信者がオフラインのメッセージを受信できない場合、"オフライン メッセージのみ" のメッセージが誤って表示される問題を修正します。
  • ユーザーが Exchange Server で代理人を追加した後、Skype for Business を再起動しても、そこに代理人が表示されない問題を修正します。
  • 会話をもう一度開くオプションが設定されている場合、サインインするときにタブが表示されない問題を修正します。
  • 新しいメッセージが IM の会話に着信したときに、スクリーン リーダーで読み上げることができない問題を修正します。
  • キーボード ナビゲーションとスクリーン リーダーのナレーション付きテキストの問題を修正します。
  • スクリーン共有が開始され、ユーザーがスクリーンを表示できることをスクリーン リーダーが読み上げない問題を修正します。
  • 会議をホストしている組織がフェデレーションしていないアカウントを使用してユーザーが会議に参加している場合、空白の会話ウィンドウが表示される問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • アクセシビリティ チェック: ダイアグラムにアクセシビリティの問題がないかどうかを確認するには、[ファイル] > [情報] > [問題のチェック] > [ユーザー補助のチェック] に進みます。
  • UML テンプレート: 3 つのテンプレート ( コンポーネント 通信、および 展開) は、統一モデリング言語 (UML) 2.5 標準に準拠しています。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • リボンの [描画] タブの場所を移動して、[描画] タブの "タッチで描画" 選択肢の場所を移動します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リサーチ ツール: Word を終了せずに、関連する引用、引用可能なソース、およびイメージを検索します。 詳細情報
  • コラボレーション機能がリボン上でグループ化: 共有、チャット、コメント、ドキュメント アクティビティ、現在ドキュメントを編集しているユーザーなどの機能が、リボン上でグループ化されました。 詳細
  • タップ: 組織の関連するドキュメントからコンテンツを探し、再利用します。 詳細情報

     

    注:この機能には、次の Office 365 SKU のいずれかが必要です。Business Premium、E3、または E5。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3194063)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日本語入力方式エディター (IME) を使用する場合に、2 バイト文字セット (DBCS) の記号文字を入力すると、フォントが Segoe UI Emoji に変更される問題を修正します。
  • ユーザーがブログ投稿を SharePoint に公開しようとすると、ブログ作成者の資格情報が誤って要求される問題を修正します。
  • ユーザーが既定の編集または校正用の言語を変更した場合、次に Word を開いたときにその変更が反映されない問題を修正します。
  • フォーム ベース認証を必要とするサーバーでドキュメントを開くと、Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンの更新: Office は、常時インターネットにアクセスしているわけではないユーザーのために、トークンの期限が 50% になると、共有コンピューターのライセンス認証用のライセンス トークンを定期的に更新しようとします。
  • 共有コンピューターのライセンス認証の機能制限モード: 共有コンピューターのライセンス認証を使用する場合、ユーザーがサインイン ウィンドウを閉じるか、またはユーザーのライセンス トークンの有効期限が切れても、ユーザーは Office アプリを使用できますが、アプリは機能制限モードになります。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • オンラインの修復を実行するときにインストールのユーザー インターフェイス (UI) が表示されない問題を修正します。
  • オンライン テンプレートへのアクセスがグループ ポリシーの設定またはレジストリ設定によって無効になった後も、[オンライン テンプレートの検索] ボックスが有効になったままになる問題を修正します。
  • Office アプリを開いたときに、「このアプリケーションのライセンスが見つかりません。修復は失敗したか、中止されました」というエラー メッセージが表示され、Office アプリが終了する問題を解決します。
  • 以前のビルドの更新プログラムのダウンロード サイズが実際よりも大きくなる原因となるバイナリ差分圧縮に関する問題を修正します。
  • Office Update タスクがあまりに頻繁に実行されることで、CPU 使用率が増加し、デスクトップのアイコンが短く点滅したり表示が更新されたりする問題を修正します。
  • 複数のユーザーが同じコンピューターで同時に特定のアクセス許可の構成で Office を実行した場合、Office アプリがクラッシュする問題を修正します。
  • Office アドイン コマンドを使用すると Excel、Word または PowerPoint がランダムにクラッシュする問題を修正します。
  • Office を更新すると ODBC レジストリ エントリが上書きされ、Microsoft Access データベース エンジン再頒布可能パッケージの再インストールか修復が必要になる問題を修正します。
  • Office ドキュメントを SharePoint などの URL から開くと、そのURL が / 文字で終わる場合に、PowerPoint、Word、Excel がクラッシュする問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 9 月 13 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2084)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OLAP のドリルスルー アクションによって、Excel が動作を停止する問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ナレーターなどの Microsoft UI オートメーションのリスナーの実行時に会議出席依頼が表示され、Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • MAPI/HTTP に対して有効になっている Exchange Server 2013 に接続すると、ユーザーは、ユーザーのデスクトップの資格情報で自動的にログインするのではなく、資格情報の入力が求められる問題を修正します。
  • メール メッセージを PST ファイルのフォルダーにドラッグ アンド ドロップすると、ユーザーは Outlook でファイルに対して修正を実行するよう求められる問題を修正します。
  • Outlook 2016 から送信された会議の招待を Outlook 2013 または Outlook 2010 で受信すると、招待に含まれる画像が表示されない問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SharePoint ドキュメント ライブラリで開いてチェックアウトし、[ドキュメントを編集する前に必ずチェックアウトする] が [はい] に設定されているファイルを保存できない問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Exchange Server で代理人を追加した後、Skype for Business を再起動しても、そこに代理人が表示されない問題を修正します。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 日本語入力方式エディター (IME) を使用する場合に、2 バイト文字セット (DBCS) の記号文字を入力すると、フォントが Segoe UI Emoji に変更される問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-107:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3185852)

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 8 月 9 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2076)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 多数のテキスト ボックスを含むブックを編集しようとすると、Excel がハングする問題を修正します。
  • 最近のセキュリティの更新で発生した問題を修正します。この問題では、ユーザーが信頼できない場所から HTML ファイルを開くと、保護ビューでファイルを開くことができず、代わりにエラーの表示なしでブランク (空の) スクリーンの Excel が開きます。

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3177393)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3177451)

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 7 月 21 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2069)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Access アプリで、またはデータ プロバイダーとして Access データベース エンジンを使用するアドインと一緒に、Access データベース エンジンを使用する場合、並べ替えのクエリが実行されるため、アプリがクラッシュする問題を修正します。

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 1 分後に OLAP データ ソースのタイムアウト時間を更新する問題を修正します。
  • Application.OnUndo を使用することにより、プログラムの [元に戻す] レベルを含むブックを保存すると、ブックへの最後の変更が取り消される問題を修正します。

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 韓国語などの東アジア言語のキーボードが選択されている場合でも、入力した文字が英語で表示される問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 7 月 12 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2066)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Excel で、条件によってセルの値の変更がナレーターに通知されない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-088:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3170008)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office を更新すると ODBC レジストリ エントリが上書きされ、Microsoft Access データベース エンジン再頒布可能パッケージの再インストールか修復が必要になる問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 6 月 30 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2063)


Access:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 数値型のフィールド サイズのドロップダウンに値が表示されないため、テーブルの作成や変更の際にユーザーが数値フィールドの種類を指定できない問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 高 DPI を使用する場合に、テーブルを含むメッセージの外観を改善します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • グラフを含むプレゼンテーションを自動的に保存すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 内部の企業ネットワークが利用可能な場合に、Skype for Business クライアントが外部ネットワークの Skype for Business Server に接続する問題を修正します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ファイルから作成する] を使用してオブジェクトを挿入し、.jpg、.gif.、.png ファイルを選択すると、OLE オブジェクトを表すアイコンが挿入される代わりに、htmlfile に関するエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • 画像を画像コンテンツ コントロールに挿入すると失敗する問題を修正します。
  • PowerPoint スライドへのリンクを含むドキュメントで作業すると、Word が応答不能になる問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • テレメトリ ダッシュボードに情報がアップロードされる前に情報がログに上書きされる原因であり、またアップロードされるファイルのサイズが大きくなる原因でもある、テレメトリ ダッシュボードのログ情報に関する問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 6 月 14 日
バージョン 1605 (ビルド 6965.2058)


Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 機能強化の取得と変換: Power Query のデータ変換とデータ接続の機能が新たにされたか、強化されました。 詳細情報
  • 追加のデータ接続: JSON と Azure SQL データ ウェアハウス ソースからのデータのクエリを実行します。
  • Power Query の機能強化: データ変換とデータ接続の機能が強化され新しくなりました。 詳細情報
  • ラージ アドレス認識サポート: 使用可能な場合、32 ビット バージョンの Excel ではより多くのメモリを使うことができます。 詳細情報
  • Power Query の機能強化。 接続機能が強化され、新しい変換が追加されました。 詳細情報

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [データの入力規則] ドロップダウン リストが破損し、複数のワークシートを含むブックで複製されるという問題の修正。
  • Office の以前のバージョンをコンピューターからアンインストールするときに Excel からファイルの関連付けが失われるという問題の修正。
  • Excel でファイルが保存された後に、一時ファイルがときどき残されたままであるという問題の修正。
  • 削除されたワークシートでメソッドやプロパティを呼び出すと、そのワークシートにオブジェクトが見つからなかったことを示すエラーが表示されるのではなく、Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • Excel が開いたときにスタート画面が表示されないように構成しているにも関わらず、アドインが有効にされたときにスタート画面が表示されるという問題の修正。
  • [データ] > [取得と変換] > [テーブルから] を使うときに、名前付き範囲が正しくインポートされないという問題の修正。
  • テレメトリ ダッシュボードのログが有効になっているコンピューターでマクロの実行速度が著しく遅い問題を修正します。
  • 小計を作成した後、小計を含めるように選択範囲が拡張されないという問題の修正。
  • FTP サーバー上のファイルを開くことができない問題を修正します。

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ランダムなストロークが選択され、選択解除できない状態で手書き入力するときに起こる問題の修正。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 簡略化されたプロファイルの作成: Office 365 アカウントを使ってログインした状態で、Office 365 メールボックスの他の Outlook プロファイルを設定するためのユーザー インターフェイス (UI) の操作が簡略化されました。

     

    注: この機能はある期間にわたって段階的にサブスクライバーにロールアウトされるため、この機能がすぐに表示されない可能性があります。この機能が表示されるタイミングは、組織が Office を更新する方法によっても異なります。

     

  • 会話の添付ファイルの一覧: Office 365 のグループ内の会話のすべての添付ファイルは、閲覧ウィンドウの右上隅のドロップダウン リストで確認できます。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [ファイル] > [オプション] > [メール] > [ひな形およびフォント] で [返信または転送時に新しい色を適用する] が選択されていても、新しい色が選択されずに、返信や転送に黒のフォントの色が使用される問題を修正します。
  • 間もなく発生する可能性のある PST の破損の検出を改善し、破損の発生を防止するための手順を追加します。
  • .rtf 形式の電子メールを送信するときに、拡張記号文字が "1" に変更されるという問題の修正。
  • サーバー上の古いメール メッセージを表示するためのリンクが、[受信トレイ] や [削除済みアイテム] フォルダーなど、フォルダー内のメッセージのリストの下部に表示されないという問題の修正。
  • .msg ファイルを使ってメールを送信するときに、Outlook でメッセージ コンテンツを送信できない問題の修正。
  • 受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を更新して、.pst ファイルがインデックス付けおよび検索される方法に関連してファイルの破損問題を検出し、修正します。この種類の破損により、.pst ファイルを読み込めなくなるため、Outlook がクラッシュし、CPU 使用率が高まります。
  • メッセージ分類がプレーンテキスト メッセージに常に表示されないという問題の修正。
  • [会話の設定] > [クラシック ビューを使用する] オプションが有効になっているときに、Outlook の検索が重複する結果を返す問題を修正します。
  • スペイン語版の Outlook で新しいメッセージを作成するときに、フィールドのタブ ナビゲーションに関する問題を修正します。
  • 新しいメッセージの送信、または返信のとき、HTML 署名に含まれる画像が灰色のボックスとして表示される問題の修正。
  • 既読の項目の検索フォルダーに未読の項目も表示される問題を修正します。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Smart グラフィックの共同編集: 複数のユーザーが、SmartArt グラフィックのさまざまな要素を同時に編集できます。
  • PowerPoint Designer の機能強化: 複数の画像、色の抽出、顔認識に関するデザインの提案。 詳細情報

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • コンテンツ アドインを含むプレゼンテーションでリアルタイムの共同編集を行っているときに、ドキュメントを更新できないことを示すエラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • クラッシュした後に PowerPoint が再起動し、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使っている場合、回復されたファイルを保存するか、元のファイルを開くときにエラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • 以前の PowerPoint のクラッシュ時に作成された回復ファイルを保存しようとするときに PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • テーブルを含むプレゼンテーションを PDF として保存すると、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • プレゼンテーションを .rtf 形式で保存するか、テキストをリッチテキスト エディター (WordPad など) にコピーするときに、数字とスペースが失われる問題の修正。
  • 箇条書き項目をカスタマイズするとき、一部のフォント オプションが表示されないという問題の修正。

Skype for Business:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オフライン メッセージ: サインインしていない連絡先に対してもメッセージを送信します。 詳細
  • 事前に会議の添付ファイルをアップロードする: Outlook でオンライン会議をセットアップするときに添付ファイルを追加します。 詳細

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3148522)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 30 を超える参加者のいる会議などの大規模な会議において、一部のユーザーの Skype がクラッシュするという問題の修正。
  • Malwarebytes ソフトウェアがインストールされているコンピューターで、デスクトップ共有や会議のオーディオ部分の使用など、ユーザーがオーディオ シナリオやビジュアル シナリオを開始しようとするときに Skype が切断されるという問題の修正。 この問題に関する詳細情報
  • ユーザーがホワイトボードやノートの共有などの会議機能を使用するときに、エラー メッセージを受信するという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • Skype ユーザーの連絡先カードを開こうとすると、Skype for Business がクラッシュする問題を修正します。

Visio:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • AutoCAD サポート: オーバーレイの図形、テキスト、データ グラフィックに加え、AutoCAD 2010 ファイルと AutoCAD 2013 ファイルをインポートします。 詳細
  • 改善された AutoCAD スケーリング: AutoCAD ファイルをインポートするときのスケーリングが改善されました。 詳細
  • AutoCAD パフォーマンスの向上: AutoCAD ファイルのインポートが高速化し、AutoCAD 図面上での図形の操作が改善されました。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • CAD 図面上に配置した図形が正しいサイズでエクスポートされない問題を修正します。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • コメント用吹き出し: ボタンはコメント用吹き出しに表示され、コメントへの返信、解決、コメントを再度開くことが容易になります。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • SmartArt グラフィックを貼り付けるときに、ユーザーが [元の形式を保持] オプションを選択すると Word がクラッシュするという問題の修正。
  • ドラッグ操作で SmartArt グラフィックを移動した後に元に戻す操作を実行した場合、Word がクラッシュするか、SmartArt グラフィックが空白になって選択できなくなるという問題の修正。
  • ペルシャ語、アラビア語、ヒンディー語、ヘブライ語のコンテキスト番号付けリストの問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • AD RMS 権利ポリシー テンプレートの設定: 新しい Word、Excel、PowerPoint ドキュメントに適用する際に、[所有者 (作成者) に無期限のフル コントロールの権利を付与します] の設定が (特にこの設定を無効にする場合) 優先されるようにします。この設定を無効にする場合、テンプレートを適用するとドキュメントへのアクセスが制限される可能性があることを示す警告が表示されます。

     

    注: この設定が構成されているテンプレートを使用して既に保護されている既存のドキュメントは、変更されません。引き続き所有者が、これらのドキュメントに対する無期限のフル コントロールを持ちます。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-070:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3163610)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。
  • Word、Excel、PowerPoint で、手書き入力のペンの太さを設定すると、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • クラッシュした後に初めて Office アプリを開くとき (特に、クラッシュした直後に再度開く場合) に、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示されない問題の修正。
  • コマンド ライン オプションとして "ブランチ" ではなく、"チャネル" を使うよう OfficeC2RClient.exe を更新します。
  • Word、Excel、および PowerPoint のリボンに [選択] ボタンを追加し、ペンをインク注釈のために使うか、マウスのエミュレーションのために使うかをユーザーが切り替えられるようにします。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 6 月 7 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2047)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 間もなく発生する可能性のある PST の破損の検出を改善し、破損の発生を防止するための手順を追加します。

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドラッグ操作で SmartArt グラフィックを移動した後に元に戻す操作を実行した場合、Word がクラッシュするか、SmartArt グラフィックが空白になって選択できなくなる問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office 365 ProPlus など、Office 2013 バージョンの Office 365 クライアントから Office 2016 バージョンへの Microsoft によるアップグレードの前に、一部の Office 2013 のライセンスとプログラムのインストール情報が削除される原因となった、キャッシュの問題の修正。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 5 月 23 日
バージョン 1602 (ビルド6741.2042)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を更新して、.pst ファイルがインデックス付けおよび検索される方法に関連してファイルの破損問題を検出し、修正します。この種類の破損により、.pst ファイルを読み込めなくなるため、Outlook がクラッシュし、CPU 使用率が高まります。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クラッシュした後に PowerPoint が再起動し、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使用している場合、回復されたファイルを保存するか、元のファイルを開くときにエラー メッセージが表示される問題の修正。
  • 以前の PowerPoint のクラッシュ時に作成された回復ファイルを保存しようとするときに PowerPoint がクラッシュする問題の修正。
  • プレゼンテーションを .rtf 形式で保存するか、テキストをリッチテキスト エディター (WordPad など) にコピーするときに、数字とスペースが失われる問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • クラッシュした後に初めて Office アプリを開くとき (特に、クラッシュした直後に再度開く場合) に、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示されない問題の修正。
  • コマンド ライン オプションとして "ブランチ" ではなく、"チャネル" を使うよう OfficeC2RClient.exe を更新します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 5 月 10 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2037)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ブックにハイパーリンクを追加して、ブックを Windows 10 のコンピューターに保存すると、次にブックを開いたときに、ブックが誤って保護ビューで開く問題を修正します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • サーバー上の古いメール メッセージを表示するためのリンクが、[受信トレイ] や [削除済みアイテム] フォルダーなど、フォルダー内のメッセージのリストの下部に表示されない問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • テーブルを含むプレゼンテーションを PDF として保存すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Project:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 書式のコピー/貼り付けを使って、タスクに書式を適用すると、画面が別の場所にスクロールされたり、Project がクラッシュしたりする問題を修正します。
  • ガント チャートで 1 つのタスクを別のタスクにドラッグすると、2 つのタスク間のリンクを作成できない問題を修正します。
  • ドラッグしてタスクを移動すると、タスクが正しい場所に移動しない問題を修正します。
  • ガント チャートで列をドラッグして移動すると、列が正しい場所に移動しない問題を修正します。
  • マスター プロジェクトからサブプロジェクトを保存すると、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • プロジェクト間のリンクを含むプロジェクトを開くと、Project がクラッシュする問題を修正します。
  • プロジェクトを保存して閉じるときに基本カレンダーが削除される場合、プロジェクトをもう一度開こうとすると Project がクラッシュする問題を修正します。

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 上方向キーを使ってチャット履歴内の過去の IM メッセージをスクロールすると、選択したアイテムが予期せずにチャット履歴の下部のアイテムに移動する問題を修正します。
  • Skype で連絡先の代わりに契約グループが作成される問題を修正します。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 無効なフォント ファイルを読み込もうとすると、Word がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-054:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3155544)

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 5 月 3 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2033)


Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [データ] > [取得と変換] > [テーブルから] を使うときに、名前付き範囲が正しくインポートされない問題を修正します。
  • テレメトリ ダッシュボードのログが有効になっているコンピューターでマクロの実行速度が著しく遅い問題を修正します。

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ドキュメントを印刷すると、PowerPoint がクラッシュする問題を修正します。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Office アプリで共有を使って、OneDrive for Business と同期済みのローカル コンピューター上の Office ファイルを共有すると「まだファイルをアップロードしています。完了次第、もう一度やり直してください」というメッセージがユーザーに表示されて、ドキュメントが共有できない問題を修正します。
  • インストールしてから初めて開くとき、ドキュメントを印刷するとき、編集操作をやり直すときに、リソース DLL が原因で Office アプリがクラッシュする問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 4 月 12 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2026)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-042:Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (3148775)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-039:Microsoft グラフィック コンポーネントのセキュリティ更新プログラム (3148522)

段階的提供チャネルの最初のリリース

2016 年 4 月 4 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2025)


Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 主に Windows 7 で、画面を共有しているときに、画面の共有セッションが約 10 分後にフリーズし、Skype がユーザー入力に応答しなくなることがあるという問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 3 月 23 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2021)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • キーボード ショートカットを使用して電子メールの添付ファイルにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 3 月 16 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2017)


Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Exchange Server 上の非実体化されたパブリック フォルダーにアクセスすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 3 月 14 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2015)


Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [オプション] > [詳細設定] に、ペンをインク注釈ではなくマウス エミュレーション用に使用するように既定の動作を設定するためのオプションを追加。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 3 月 8 日
バージョン 1602 (ビルド 6741.2014)


Access:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • Power BI への発行:グラフ、範囲、表などのブック アイテムを保存して powerbi.com に公開し、ダッシュボード形式でそれらのデータを扱うことができます。Power BI へのサブスクリプションが必要です。 詳細情報
  • じょうごグラフ:割合を段階的に減少させて、値を表示することができます。 詳細
  • 数式オートコンプリート機能の向上:関数名を入力する際に、Excel は、文字列の先頭から完全に一致する関数名だけではなく、入力されたすべての文字と部分的に一致するすべての関数名を返すようになりました。
  • 新しい文字列操作関数:次の 2 つの新しい文字列操作関数が利用できるようになりました。 CONCAT 関数 および TEXTJOIN 関数
  • 新しい論理関数:次の 2 つの新しい論理関数が利用できるようになりました。 IFS 関数 および SWITCH 関数
  • 新しい統計関数:次の 2 つの新しい統計関数が利用できるようになりました。 MAXIFS 関数 および MINIFS 関数
  • [送信形式] オプション:[共有] ウィンドウからドキュメントを添付ファイルとして、または PDF として送信できるようになりました。 詳細
  • BI テンプレート:Excel のビジネス インテリジェンス (BI) 機能を活用する 3 つの新しいテンプレートです。 Calendar Insights Stock Analysis My Cashflow

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-110:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3096440)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Excel:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • テーマの色を使用してマクロまたはアドインを実行する場合に、ステータス バーが緑地に灰色のテキストに変更され、ユーザーがステータス バーでステータスの更新情報を読み取りづらいという問題の修正。
  • Inquire アドインを有効にした後、Inquire リボンが表示されないという問題の修正。
  • Application.OnKey() を使用して、キーボード操作をインターセプトすると、Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 日付 (詳細) の数値で書式設定されたセルのフィル ハンドルをドラッグすると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • ピボットテーブルまたはピボットグラフをデータ接続から作成して新しいシートに配置すると Excel がクラッシュするという問題の修正。
  • 基になるピボットテーブル フィールドでフィルターが適用されていない場合、ピボットグラフのフィルター ボタンが表示されないという問題の修正。
  • 非表示の個人用マクロ ブックがある場合、保存せずに Excel を閉じるとデータ モデルが失われるという問題の修正。
  • ツリーマップ図が作成された時点より前のバージョンの Excel 2016 でツリーマップ図があるワークシートを編集すると、ツリーマップ図のデータが失われるという問題の修正。
  • クエリ作成用マクロを記録するとコンパイル エラーになるという問題の修正。
  • クエリ エディター内の列を削除した後にクエリを更新すると、テーブルの末尾に空白列が表示されるという問題の修正。
  • クエリ テーブルの [クイック分析] にある [スパークライン] タブを選択すると、予期しないエラーが発生するという問題の修正。
  • クエリ テーブルで切り取り/貼り付け操作を実行後、[ブック クエリ] ウィンドウを使用してクエリを更新できないという問題の修正。
  • クエリを更新すると、関連付けられているクエリ テーブルのシートにフォーカスが移動するという問題の修正。
  • サポートされている OData バージョンに関するエラー メッセージから、Power Query という文言を削除。
  • 製品がまだアクティブ化されていないうちに Power Query 機能が使用可能として表示されるが使用はできないという問題の修正。
  • [ファイル] > [アカウント] > [Excel について] の Dotlesscss の URL の更新。

OneDrive for Business:セキュリティ関連ではない更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • OneDrive for Business のスペイン語版が開けず、代わりにイメージを読み込めないというエラー メッセージが表示される問題の修正。

OneNote:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • オンライン ビデオの挿入: YouTube、OfficeMix、または Vimeo のビデオをページに埋め込みます。 詳細

OneNote:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • [再生部分を表示] オプションを使っているときにコンテンツの強調表示が表示されない問題を修正します。
  • Office 365 Business で、OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があるというエラー メッセージが表示される問題を修正します。
  • Windows 以外のデスクトップ クライアントではネイティブの XPS レンダリングがサポートされていないため、Windows クライアントを使用して作成した XPS または印刷イメージが、Windows 以外のデスクトップ クライアントで赤の X 印として表示されるという問題の修正。
  • カラー ピッカーで境界線に同じ色を 2 回選択すると、OneNote がクラッシュするという問題の修正。
  • Office 365 Business の問題の修正。OneNote を SharePoint と併用しようとすると、別のバージョンの Office にアップグレードする必要があることを示すエラー メッセージが表示されました。
  • Surface Pro 3 の問題の修正。ビデオ録画のプレビューで録画中の内容が表示されませんでした。

Outlook:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リボン上の [アーカイブ] コマンド: 受信トレイまたはその他のフォルダに保存されているアイテムを、保存フォルダにすばやく移動できます。 詳細情報
  • グループの操作: グループの表示、参加、作成を Outlook 内で行い、最も活発にフォローするグループを [お気に入り] に追加できます。 詳細情報
  • 連絡先候補の画像: Outlook で名前を使って検索しているとき、連絡先候補の一覧中で名前の横にその人の画像を表示できるようになりました。
  • トラブルシューティング ツール: 最も頻繁に発生する Outlook の問題の幾つかを、[ファイル] > [トラブルシューティング] から Office Support and Recovery Assistant ツールを実行して診断し解決できるようになりました。
  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。
  • フィードバックの提供: [ファイル] > [フィードバック] で、UserVoice サイトに移動し、Outlook の機能や改善についてご提案いただけます。
  • ペルシャ暦: ペルシャ暦をプライマリまたは代替カレンダーとして追加します。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • プロファイルを作成すると Outlook がクラッシュする問題を修正します。 この問題についての詳細情報
  • メッセージをスクロールすると Outlook がクラッシュする問題を修正します。
  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかない問題を修正します。
  • 本文または署名にインライン イメージを含む HTML メールに対する返信メッセージに、送信者がファイルを添付した場合、メッセージの受信者はメッセージを取得できるが添付ファイルは取得できないという問題を修正します。
  • [すべて貼り付け] を使って予定表のクリップボードから新しい会議にアドレスをコピーするときの問題を修正します。
  • ハイ コントラスト モードで [差出人] ドロップダウン内のアイテムが完全には強調表示されない問題を修正します。
  • Shift キーを押しながらクリックして複数の添付ファイルを選択した場合に最初の添付ファイルのみが選択される問題を修正します。
  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、Outlook がメール メッセージをダウンロードした後、サーバー上のすべてのメール メッセージが受信トレイから削除されるという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • POP3 を使用するよう構成されている場合に、メール メッセージが複数回ダウンロードされ、項目の重複が発生するという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • ユーザーが Exchange Server 2010 でホストされているパブリック フォルダーにアクセスできないという問題を修正。
  • 高 DPI デバイスと通常の DPI のモニター間でメール送信を行う場合、イメージが間違ったサイズで表示されるという問題の修正。
  • メッセージ一覧でスクロール バーをドラッグすると、一覧の末尾にジャンプするという問題の修正。
  • 複数の段落にまたがっているブックマークを作成しても、そのメールを受信して [移動] を使用するとブックマークの最初の段落のみが選ばれているという問題の修正。
  • Outlook にテキストを貼り付ける場合、貼り付けるテキストのサイズがウィンドウの高さを超えるとテキスト全体が表示されないという問題の修正。
  • 電子メールの署名を編集する際に、電子メールの署名に段落が複数あると、スクリーン リーダーに最初の段落しか読み込まれないという問題の修正。
  • 電子メールに書き込みまたは返信するときにカーソルが正しい位置にないという問題の修正。

PowerPoint:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • リアルタイムのプレゼンス: プレゼンテーションの作業を行っているのはだれか、およびそれぞれのユーザーが作業しているスライドを確認できます。 詳細
  • 変形の移行: スライド間のシームレスな移行を生み出し、プレゼンテーションにモーションを表示して概念や情報をより効果的に伝えます。 詳細
  • PowerPoint デザイナー: ユーザーのコンテンツを取得し、さまざまなアイデアを自動的に生成できる新しいサービス。ユーザーはそこからアイデアを選択して、スライドの出来栄えをより良いものにできます。 詳細

    このサービスには、インターネット接続が必要です。この機能を無効にするには、 最新のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイルを使用して、 PowerPoint デザイナー オプションの設定を有効にします。このポリシー設定は、ユーザー構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2016\ツール | オプション | 全般 | サービス オプション…\PowerPoint デザイナーにあります。

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

PowerPoint:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • マスター スライドのテキスト ボックス内に # を使用してスライド番号を挿入すると、スライド番号が表示されないという問題の修正。
  • [背景の書式設定] > [図の修整] で [リセット] を選ぶと PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • 重複するスライド上のグラフのデータを編集するために選ぶ際、元のスライドのグラフ データのグリッドが開いたままだと、PowerPoint がクラッシュするという問題の修正。
  • ビデオ形式でエクスポートされたプレゼンテーションを再生しているとき、スライド ショーの実行中にオーディオのアイコンを表示しないように設定しているにもかかわらず、表示されてしまうという問題の修正。
  • [デザイン アイデア] ダイアログで、ユーザーが [いいえ、結構です] を選んだ後に画像を挿入すると、ダイアログが継続して表示されるという問題の修正。
  • 発表者ツールのスライド ショー ビューにアニメーションを含む SmartArt が想定されている順番で表示されないという問題の修正。
  • スライド ショー ビューで数字キーによる移動が動作しないという問題の修正。

Project:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Publisher:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-123:情報漏えいに対処する Skype for Business および Microsoft Lync 用のセキュリティ更新プログラム (3105872)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-128:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 新しい会話ウィンドウを表示しようとしてタスク バーでプレビュー画像をクリックすると、Skype for Business がクラッシュするという問題の修正。
  • アプリ共有セッションが特にトラフィックの集中時に失敗するという問題の修正。
  • Office 2016 のインストール後に最初に起動するアプリが Skype for Business であった場合に、Skype for Business が クラッシュするという問題の修正。
  • 2 つの入力用マイクがあるデバイス上におけるオーディオ ノイズの問題の修正。
  • ノート PC をスリープ モードから再開した後、Skype クライアントに再びサインインするまでの間、ユーザーが正常に会議に参加できないという問題の修正。
  • ユーザーが利用できる機能を把握できるようにするための、コンテキスト メッセージのサポートの追加。
  • [音声会議への参加方法] ダイアログ ボックス内のテキストの更新。設定を変更するための UI 内の場所が正しく示されるようになりました。
  • 送信および受信の両方のネットワークの問題がある場合にユーザーに表示される通知に関する問題の修正。
  • メモリ不足の状態で、共有のデスクトップまたはアプリを表示しようとすると、接続が切断され、自動的に共有のデスクトップまたはアプリに再び参加して表示しようと繰り返すという問題の修正。
  • 参加者数が増加すると、共有デスクトップの操作性が悪化するという問題の修正。
  • 多要素認証が構成されていると、1 日中何度も電話認証のプロンプトを受け取るという問題の修正。
  • 共有者が RDP で画面をロックしたときに閲覧者に表示される内容の変更。RDP の一時停止のイメージではなく、通知が閲覧者に表示されるようになりました。

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Visio:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Visio で AutoCAD ファイルがぼやけて表示されるという問題の修正。
  • Visio を終了して再び開くと、アイコンとして表示するために挿入された Word オブジェクトが空白であるという問題の修正。

Word:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 文章チェッカーのオプション: フランス語、ノルウェー語、デンマーク語の文章チェッカーに、追加または更新されたオプションがあります。文法エラーが強調表示されるようになりました。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-131:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3116111)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • カーソルがユーザーの入力位置に追いつかない問題を修正します。
  • Outlook の連絡先を使って差し込み印刷を実行すると、エラー メッセージが表示されるという問題の修正。
  • Windows 10 の仮想デスクトップで Word を使用する場合の問題の修正。
  • Word で文書を編集するときに、文書の書式設定が正しく表示されないという問題の修正。 この問題についての詳細情報
  • 必須の列を含むドキュメント ライブラリにドキュメントを保存できないという問題の修正。
  • 使用するフォントによっては、改行なしハイフンが四角形として表示されるという問題の修正。
  • 脚注が [ページごとに振り直し] に設定されているドキュメントをバックグラウンドで印刷すると、脚注の番号が、Word 上で表示される番号と、印刷される番号で異なるという問題の修正。
  • リアルタイムの共同編集において、ユーザーがリアルタイム編集時に他のユーザーに表示されなかったり、使用可能な情報が表示されなかったりするなどという、OneDrive 上に格納されているファイルのリアルタイム共同編集での問題の修正。
  • SharePoint または OneDrive から開いたドキュメントのリアルタイム共同編集中に Word がクラッシュするという問題の修正。
  • 表を Outlook の HTML メールに配置し、ウィンドウのサイズを変更すると、表が正しく表示されないという書式設定の問題の修正。
  • ドキュメントが SharePoint Server 2013 にあると、共同編集が利用できず、ドキュメントがロックされるという問題の修正。
  • テーブル内のコンテンツのスタイルに [非表示] オプションを含むものが適用されていても、テーブルが表示されるという docx ドキュメントでの問題の修正
  • 自動修正の実行後、相対ハイパーリンクを含むドキュメントが保存できないという問題の修正。
  • 見開きページのインデント幅を設定しているドキュメントの段落編集中に、行が移動するという問題の修正。
  • 部分ピクセルが無効になっていると、編集中に行の表示に一貫性がないという問題の修正。
  • 複数のコメントのうち最初のコメントが [完了] としてマークされている場合、コメントのポップアップをクリックすると、クラッシュするという問題の修正。
  • 誤った改行に関する問題の修正。
  • ヘッダーかフッターにテキストボックスを含むドキュメントで TransformDocument 関数を使用するマクロを実行すると、クラッシュするという問題の修正。
  • .docm ドキュメントで、すべての ActiveX コントロールを削除するとドキュメントを開いたときにエラーが発生するという問題の修正。
  • ヘッダー内をクリックしたとき、ContentControlOnExit イベントがトリガーされないという問題の修正。
  • 変更履歴の記録に同じ名前を持つ校閲者の削除が表示されるという問題の修正。
  • 個人情報を削除するよう構成されているドキュメントでリアルタイムの共同編集を行うと、ドキュメントが保存される度に変更が変更履歴として表示されるという問題の修正。

Office スイート:機能の更新

このチャネル リリースには、以下の機能の更新が含まれています。

  • 小さいオブジェクト選択ハンドル: 特にタッチ対応のデバイスを使用している場合に、ユーザーが Word、Excel、PowerPoint、および Outlook で小さいオブジェクトを操作しやすくなるように選択ハンドルを変更しました。
  • 黒のテーマ: Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の画面を最もハイコントラストにする新しいテーマです。 詳細情報
  • インク注釈: 指またはペンを使用して、Word、Excel、または PowerPoint で書き込みおよび描画を行うことができます。特に重要なコンテンツをハイライト表示するには、新しい [描画] タブのツールを使用できます。 詳細情報
  • [ファイル] > [開く] の並べ替え機能: Outlook 以外のすべてのアプリでは、[ファイル] > [開く] で、変更された名前または日付で並べ替えできるようになりました。Word、Excel、PowerPoint の場合、並べ替え機能は、[ファイル] > [名前を付けて保存] でも使用できるようになりました。
  • [ファイル] > [名前を付けて保存] のフォルダー参照機能: Word、Excel、PowerPoint の [ファイル] > [名前を付けて保存] は、OneDrive フォルダー、OneDrive for Business フォルダー、この PC で、完璧なフォルダーのナビゲーションを提供します。
  • [送信形式] オプション: Word または PowerPoint で、[共有] ウィンドウから添付ファイルまたは PDF のいずれかとしてドキュメントを送信します。
  • 画像 API の挿入: 共通 office.js ライブラリの document.setSelectedDataAsync メソッド を使用して、Word、Excel、または PowerPoint にイメージを挿入します。Word JavaScript API には、insertInlinePictureFromBase64() と呼ばれるホスト固有のメソッドが用意され、 本文 ContentControl 段落、および 範囲 の各オブジェクトにインライン画像を設定できます。

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-081:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3080790)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-099:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3089664)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-029:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3141806)

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • ユーザーが Adobe Acrobat PDFMaker を使用してファイルを PDF に変換しようとすると、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • カスタム UI で指定された imageMSO 属性を持つアイコンが Word、Excel、PowerPoint で表示されないという問題を修正。
  • Office.com から Office をインストールした後でアプリを開くと、コンピューターにインターネット アクセスがない場合、またはインターネット上の Office Licensing Service に接続できない場合、アプリがクラッシュするという問題の修正。
  • [開く] または [名前を付けて保存] を行うときに表示される更新日時の情報が一部見えないという問題の修正。
  • SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウ内をダブルクリックするとアプリがクラッシュするという問題の修正。
  • インストール中に再生されるビデオが終了してから "インストールが完了しました" ダイアログ ボックスが閉じられるまで、再生画面が黒いまま残るという問題の修正。
  • 保護されたドキュメントの "保護ビュー" の通知の上にマウスを移動させると、スクロール ボタンが非常に幅広くなり、通知が隠れるという問題の修正。
  • Office の更新がスケジュールされていることの通知がカザフ語とハンガリー語では一部表示されない問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • 更新プログラムをバックグラウンドでダウンロードするための既定のトランスポートを、Cached/BITS から HTTP に変更。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。
  • SharePoint Online からファイルをユーザーが開こうとすると、繰り返しサインインを求めるプロンプトが表示されるという問題の修正。
  • 手動アップグレードのときに、タスク バーに固定されているショートカットがすべてのユーザーで削除されないという問題の修正。
  • クイック実行の手動アップグレード処理において、アップグレードに関して生じる可能性がある問題をユーザーに警告するために、Outlook が Exchange Server 2007 に接続されているかどうか、または Business Contact Manager がインストールされているかどうかを検出する機能の追加。
  • アンインストールまたはアップグレード中に処理を終了させるためのダイアログの見やすさの改善。このダイアログは、開かれているアプリや他の UI に隠れてユーザーから見えなくなることがありました。
  • ドメインとクラウド ドメインの両方に参加していると識別されているコンピューターを使用していると、ユーザーが Office アプリに自動的にサインインされないという問題の修正。
  • Office 2016 へのアップグレード後、最初に Office アプリを開くと、アプリが機能制限モードで起動され、フル機能を取得するにはアプリの再起動が必要になるという問題の修正。
  • リモート デスクトップ サービスを実行しているコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office を実行している場合、アプリを開くと、ユーザーにボリューム ライセンス版の Office を使用する必要があることを示すエラーが発生する問題の修正。
  • インストールが約 90% 完了した時点で滞るという問題の修正。
  • 製品名が不必要にローカライズされている問題の修正。
  • "操作アシスト" の ToolTip と KeyTip が一致せず、さまざまなローカライズされたバージョンのリボンにある他の KeyTip と競合するという問題の修正。
  • Office 2013 から Office 2016 へのアップグレード後、Windows が Outlook を新しいアプリとして表示しているという問題の修正。
  • Office 2013 バージョン 15.0.4615.1002 (2014年 5 月) から Office 2016 へアップグレードすると、0x80041015 エラーが発生するという問題の修正。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新がエラーまたはユーザーのキャンセルによって完了しない場合、Office 2013 のクイック実行サービスが復元されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新中にエラーが生じると更新が失敗し、Office 2013 アプリを使用することもアンインストールすることもできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する自動更新の試行中に再起動して再び自動更新を試行すると、更新エラーになり、シャットダウンできなくなりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。コンピューターが再起動された場合、インストール時のストリーム タスクが復元できませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 に対する手動更新中に再起動すると、タスクが "実行中" 状態のままになりました。
  • クイック実行に関する問題の修正。新しくインストールするアプリをそのインストール処理中に開始すると、「インターネット接続が失われました」というダイアログ ボックスが表示されました。
  • クイック実行に関する問題の修正。インストールがアクティブではないときにアプリ タイルが表示され、ユーザーがそのアプリ タイルをクリックしても起動しませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。Office 2016 (Sr-latn-cr インストール) に対する自動更新の実行で、クライアントの言語が sr-latn-cr に変換されませんでした。
  • クイック実行に関する問題の修正。同一コンピューター上に複数の SKU の Office がインストールされている場合、自動更新が更新の準備中に失敗しました。
  • クイック実行に関する問題の修正。自動更新の実行中に手動更新を開始すると、エラー ダイアログが表示されました。
  • 製品 UI の中の「アドイン (Add-ins)」という単語の更新。この単語の大文字/小文字の使い方が正しくありませんでした。

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 2 月 9 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1061)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS 16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

Deferred Channel の最初のリリース

2016 年 1 月 12 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1054)


Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

PowerPoint:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Visio:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Office スイート:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)

Deferred Channel の最初のリリース

2015 年 12 月 8 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1043)


OneNote:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • Windows 以外のデスクトップ クライアントではネイティブの XPS レンダリングがサポートされていないため、Windows クライアントを使用して作成した XPS または印刷イメージが、Windows 以外のデスクトップ クライアントで赤の X 印として表示されるという問題の修正。

Outlook:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 複数の段落にまたがっているブックマークを作成しても、そのメールを受信して [移動] を使用するとブックマークの最初の段落のみが選ばれているという問題の修正。

Skype for Business:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-128:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503)

Skype for Business:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • アプリ共有セッションが特にトラフィックの集中時に失敗するという問題の修正。
  • Office 2016 のインストール後に最初に起動するアプリが Skype for Business であった場合に、Skype for Business が クラッシュするという問題の修正。

Word:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-131:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3116111)

Word:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 使用するフォントによっては、改行なしハイフンが四角形として表示されるという問題の修正。

Office スイート:セキュリティ以外の更新プログラム

このチャネル リリースには、セキュリティ関連ではない以下の更新プログラムが含まれています。

  • 更新プログラムをバックグラウンドでダウンロードするための既定のトランスポートが、Cached/BITS から HTTP に変更。
  • 自動アップグレードの際にライセンス関連の操作によるエラーが発生し、Office がインストールされないという問題の修正。
  • Office プレインストール キットを監査モードで実行している Windows 7 OEM コンピューターで Office 2016 にアップグレードすると、ライセンス認証時にエラー 0x80070005 が発生するという問題の修正。

Deferred Channel の最初のリリース

2015 年 11 月 10 日
バージョン 1509 (ビルド 6001.1038)


Access:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116:リモートでのコード実行に対応する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3104540)

Excel:セキュリティ更新プログラム

このチャネル リリースには、次のセキュリティ情報で説明されているセキュリティ更新プログラムが含まれています。

  • マイクロソフ