Skip to main content
評価してください: 

 

TechNet スクリプト センターにあなたも投稿してみませんか?
MVP が伝授するスクリプト作成のヒントとコツ

このページでは、独自のスクリプトを作成している MVP の方々に登場いただき、スクリプトの紹介をしていただきながら、スクリプトを作成する Tips を共有いただきます。
スクリプトを作ってみたいけど、どこから始めたらよいかわからない方は、是非参考にしてください。

登場 MVP 一覧

マイクロソフトの製品やテクノロジに関する豊富な知識と経験を持つ MVP の方々が、ご自身のカテゴリに関するスクリプトをご紹介いたします。

名前: WIN1、MVP カテゴリ: Virtual Machine

名前: 牟田口 大介、MVP カテゴリ: PowerShell

名前: 国井 傑、MVP カテゴリ: Identity & Access-Directory Services

名前: 村嶋 修一、MVP カテゴリ: Virtual Machin

名前: 高橋 広樹、MVP カテゴリ: PowerShell

名前: 山内 和朗、MVP カテゴリ: Virtual Machin

WIN1

Virtual Machine

Hyper-V を VBScript でどうにかしてみようかと。

投稿スクリプト紹介
  • スクリプト センターにて「WIN1」で検索

    Hype-V 関連のプログラム Tip は、PowerShell は大量に見つけることができるのですが、.NET や VBScript となるとほとんど情報がありません。 趣味と実益を兼ねていろいろ書いてみました。お役に立てれば。

国井 傑

Identity & Access-Directory Services

普段、ブログで紹介しているスクリプトを中心に掲載させてもらいました。

  • MVP カテゴリ: Identity & Access-Directory Services
  • MVP プロファイル: Mr. Suguru Kunii
投稿スクリプト紹介
  • 細かい設定が可能なパスワード ポリシーを一覧表示

    細かい設定が可能なパスワード ポリシー (FGPP) をユーザー/グループに割り当てる方法はよく解説を聞くことがあるけれど、ユーザーに割り当てられた FGPP を参照する方法を見かけることがないですね、という話を MVP (Virtual Machine) の阿部さんとさせていただいたのが作成のきっかけです。

  • BPOS のディレクトリ同期ツールの実行結果を確認する

    BPOS では色々なスクリプティングが可能なのですが、あまりスクリプト センターにはなかったので、作ってみようと思ったのがきっかけです。

  • 仮想マシンのプロセッサ リソースを調整する

    縮退運転などで Hyper-V の CPU リソースを変更する際、簡単に行えるコマンドレットがあれば良いのに、と思ったのがきっかけです。書籍「PowerShell による Windows サーバ管理術」にも掲載したものなのですが、ソフトバンク クリエイティブさんのご厚意で掲載させていただきました。

高橋 広樹

PowerShell

PowerShell from Japan!!外部サイトへ を運営している HIRO です。
PowerShell に関する情報を発信しています。

投稿スクリプト紹介
  • 簡易 XML ビューア

    PowerShell は XML の読み書きが容易に行えるように設計されています。 しかし、取り扱う XML ファイルがどのようなデータを持っているのかを確認するには、テキスト ベースでは限界があります。
    そこで、「グラフィカルな表形式で確認する機能があればいいな」と思い、このスクリプトを作成しました。
    PowerShell は .NET Framework を利用できるので、Form と DataGridView およびDataSet を使用して XML ファイルをグラフィカルに表示できるようにしました。

  • カレンダーを表示する

    Unix には Cal という、テキスト ベースでカレンダーを表示するコマンドがあるのですが、PowerShell にはありません。
    そこで、PowerShell でカレンダーを表示するスクリプトを作成してみました。
    パイプラインを利用して Get-Date コマンドレットからの入力を受け取る機能も持っています。

  • 「ファイルを開く」、「名前をつけて保存」ダイアログを表示する

    このスクリプトはHey, Scripting Guy の Windows PowerShell を使用して [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを開く方法はありますか の記事を参考に作成したものです。
    PowerShell でファイル名を入力する場面はよくあると思うのですが、ダイアログを提供することで簡単にファイルを選択したり保存することを可能とします。様々なパラメータを持たせていますので、表示するダイアログに対して細やかな設定をすることが可能です。

  • ZIP ファイルを作成する

    PowerShell では ZIP ファイルを作成する機能が提供されていません。ZIP ファイルを作成する機能があれば、たまったログ ファイルなどを圧縮しメールで送信するようなスクリプト作成に生かすことが可能となります。
    そこで、 DotNetZip ライブラリを利用して、ZIP ファイルを作成するスクリプトを作成しました。
    単一のファイルやフォルダを圧縮することも、パイプラインを利用して複数のファイルやフォルダを圧縮することもできるようにしています。

  • ZIP ファイルを解凍する

    PowerShell では ZIP ファイルを解凍する機能が提供されていません。せっかく ZIP ファイルを作成するスクリプトを作成したので、解凍するスクリプトを作成してみました。
    こちらも DotNetZip ライブラリを利用しています。
    解凍先を省略した場合は、ZIP ファイルのある場所へ自動でフォルダを作成し解凍が行われるようにしています。

  • Word ファイルから PDF や XPS を作成する

    Word ではファイルを保存するときに、PDF ドキュメントや XPS ドキュメントとして保存することができます。しかし、いくつものファイルを Word で開いて保存し直すのは大変です。
    そこで Word を立ち上げなくても PDF や XPS ファイルに変換するスクリプトを作成しました。
    このスクリプトでは単一の Word ファイルも複数の Word ファイルでも、一度に変換することができます。
    New-Object コマンドレットで Word.Application オブジェクトを作成することで PowerShell から Word ドキュメントを操作しています。

  • Excel ファイルから PDF や XPS を作成する

    Excel ではファイルを保存するときに、PDF ドキュメントや XPS ドキュメントとして保存することができます。しかし、いくつものファイルを Excel で開いて保存し直すのは大変です。
    そこで Excel を立ち上げなくても PDF や XPS ファイルに変換するスクリプトを作成しました。
    このスクリプトでは単一の Excel ファイルも複数の Excel ファイルでも、一度に変換することができます。
    New-Object コマンドレットで Excel.Application オブジェクトを作成することで PowerShell から Excel ドキュメントを操作しています。

  • PowerPoint ファイルから PDF や XPS を作成する

    PowerPoint ではファイルを保存するときに、PDF ドキュメントや XPS ドキュメントとして保存することができます。しかし、いくつものファイルを PowerPoint で開いて保存し直すのは大変です。
    そこで PowerPoint を立ち上げなくても PDF や XPS ファイルに変換するスクリプトを作成しました。
    このスクリプトでは単一の PowerPoint ファイルも複数の Excel ファイルでも、一度に変換することができます。
    New-Object コマンドレットで PowerPoint.Application オブジェクトを作成することで PowerShell から PowerPoint ドキュメントを操作しています。

牟田口 大介

PowerShell

winscript.jp外部サイトへ というサイトで PowerShell や WSH などの情報を公開しています。

投稿スクリプト紹介
  • ジョブが完了したらメッセージボックスを表示する

    PowerShell 2.0 で追加されたバック グラウンド ジョブ機能を補強するスクリプトです。同じく 2.0 の新機能であるイベンティング機能を併用し、ジョブの実行完了を監視するようにしました。エラーのリダイレクト(2>&1 演算子)、global ラベルによるグローバル変数の使用などのテクニックも用いています。

  • サブ フォルダのサイズを表示する

    PowerShell の Get-ChildItem コマンドレットはサブ フォルダのサイズを表示しないので、できるようにしてみました。Add-Member コマンドレットはオブジェクトに対して未定義のプロパティやメソッドを追加できることを利用し、FileInfo オブジェクトと同様に DirectoryInfo オブジェクトに Length プロパティを追加しています。

  • gmail の新着メールをバルーン チップで通知する

    PowerShell では Windows Forms を用いて GUI を使った表示が可能です。Application クラスの Run メソッドでメッセージ ループを実行します。$control.Add_イベント名({スクリプト})とすることでイベント ハンドラの記述が可能です。XML 型アダプタを使用すれば RSS から情報取得するのも容易です。

村嶋 修一

Virtual Machine

サラリーマンとライターの二束草鞋しています。

投稿スクリプト紹介
  • VHD boot 登録をする PowerShell

    VHD 環境を頻繁に作っていた時に、BCDEdit での GUID 入力が面倒だったのでスクリプト化しました。

  • AD CS でコード証明書を発行する

    最近 PowerShell を書き始めたので、署名をしたいなぁ... と思って AD CS からコード証明書を発行させるようにしました。ドメイン環境であれば AD CS からコード署名証明書を発行できます。(スタンドアローン AD CS ではコード証明の発行はできません)

山内 和朗

Virtual Machine

山市良という名前で活動しているテクニカル ライターです。雑誌、書籍、Web のほか、ホワイト ペーパーなども。

投稿スクリプト紹介
  • Text-based Event Viewer

    Windows Server 2008 の Server Core 環境向けに、雑誌の企画のため作成した CUI 版イベント ビューアーです。Windows 2008/Vista RTM の Win32_NTLogEvent が返すレコード順が、2003/XP と異なり当時は苦労しました。2008 SP1/Vista SP1 で元のレコード順に戻りました。このスクリプトは、2008/Vista RTM を除く Windows で動きます。

関連リンク

スクリプトの基礎を学ぶ

スクリプト初心者の方はこちらから

スクリプト一覧
MVP プログラムとは

スクリプト ギャラリー


ページのトップへ