Skip to main content
評価してください: 

セキュリティ TechCenter

セキュリティ TechCenter は、IT プロフェッショナルがマイクロソフトのサーバー、デスクトップ、アプリケーションを最新かつ安全な状態を保持できるように、技術情報、アドバイザリ、ツール、規範となるガイダンス、およびコミュニティのリソースへのリンクを提供します。

最新セキュリティ情報  RSS

最新のセキュリティ更新プログラムを確認する
セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール

マイクロソフト セキュリティ情報は、毎月第 2 火曜日 (日本ではその翌日) に公開しています。

セキュリティ ヘッドライン

  • マイクロソフト プロダクト セキュリティ 警告サービス 配信トラブルのお知らせ

    2018 年 1 月 19 日(金)より弊社のメール配信システムの不具合が発生しており、「マイクロソフト プロダクト セキュリティ 警告サービス」のご案内をお届けすることができない状態です。ご購読のお客様には大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。配信システムが復旧し次第、ご案内を再開します。

  • マイクロソフト セキュリティ脆弱性情報(CVE-2018-0746 ほか複数)を更新

    影響を受ける製品の表を改訂し、サポートされているエディションの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の月例ロールアップを追加しました。月例ロールアップをインストールするお客様は、このアドバイザリで説明されている脆弱性から保護するために、これらの更新プログラムをインストールする必要があります。(CVE-2018-0746, CVE-2018-0744, CVE-2018-0752, CVE-2018-0748, CVE-2018-0753, CVE-2018-0749, CVE-2018-0754, CVE-2018-0751, CVE-2018-0788)
    最終更新日: 2018 年 1 月 23 日

  • ADV180002 | 投機実行サイド チャネルの脆弱性を緩和するガイダンスを更新(英語情報)

    以前のインテル プロセッサーを搭載したデバイスのマイクロコードに関する再起動の問題におけるお客様の懸念に対処するため、よく寄せられる質問 11 を追加しました。影響を受ける製品の表を改訂し、サポートされているエディションの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の月例ロールアップを追加しました。月例ロールアップをインストールするお客様は、このアドバイザリで説明されている脆弱性から保護するために、これらの更新プログラムをインストールする必要があります。日本語情報は、現在更新内容の翻訳中です。近日中に こちらでご覧いただけるようになります。
    最終更新日: 2018 年 1 月 23 日

  • CVE-2018-0793 | Microsoft Office Outlook のメモリ破損の脆弱性を更新
  • CVE-2018-0794 | Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性を更新
  • CVE-2018-0819 | Microsoft Office for MAC のなりすましの脆弱性を更新

    マイクロソフトは、Microsoft Office 2016 for Mac 用の更新プログラム 16.9.18011602 が利用可能になったことをお知らせします。影響を受ける Mac ソフトウェアを実行しているお客様は、この脆弱性から保護するためにこの製品用の更新プログラムをインストールしてください。その他の Microsoft Office ソフトウェアを実行しているお客様は特別な措置を講じる必要はありません。詳細については、リリース ノートおよびダウンロード リンクを参照してください。
    最終更新日: 2018 年 1 月 19 日

  • CVE-2018-0792 | Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性を更新
  • CVE-2018-0797 | Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性を更新

    バージョン 2.0: セキュリティ更新プログラム 4011021 のインストールに関する既知の問題に対処するため、マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラム 4011022 が置き換えとして利用可能になったことをお知らせします。セキュリティ更新プログラム 4011021 のインストールで問題が発生したお客様は、セキュリティ更新プログラム 4011022 をインストールしてください。

    バージョン 3.0: マイクロソフトは、Microsoft Office 2016 for Mac 用の更新プログラム 16.9.18011602 が利用可能になったことをお知らせします。影響を受ける Mac ソフトウェアを実行しているお客様は、この脆弱性から保護するためにこの製品用の更新プログラムをインストールしてください。その他の Microsoft Office ソフトウェアを実行しているお客様は特別な措置を講じる必要はありません。詳細については、リリース ノートおよびダウンロード リンクを参照してください。
    最終更新日: 2018 年 1 月 19 日

  • ADV170021 | Microsoft Office の多層防御機能の更新プログラムを更新(英語情報)

    ADV170021 に、すべてのサポートされるエディションの Microsoft Excel で Dynamic Update Exchange (DDE) プロトコルを無効にするためのサポートが追加されました。
    公開日: 2018 年 1 月 10 日

  • ADV180003 | Microsoft Office の多層防御機能の更新プログラムを公開

    マイクロソフトは、多層防御策としてセキュリティを強化する Microsoft Office 用更新プログラムをリリースしました。
    公開日: 2018 年 1 月 10 日

  • ADV180001 | 2018 年 1 月の Flash セキュリティ更新プログラムを公開

    このセキュリティ更新プログラムは、Adobe Security Bulletin APSB18-01: CVE-2017-11306 に記載されている脆弱性に対処します。
    公開日: 2018 年 1 月 10 日

  • 2018 年 1 月のセキュリティ更新プログラムを定例外で公開

    2018 年 1 月 3 日 (米国時間) に公開のセキュリティ更新プログラムについてお知らせします。
    2018 年 1 月公開のセキュリティ更新プログラムの全情報は、 こちらをご覧ください。
    公開日: 2018 年 1 月 5 日