Skip to main content

 

Microsoft Active Protections Program


Microsoft Active Protections Program (MAPP) とは、セキュリティ ソフトウェア プロバイダーのためのプログラムで、彼らが更新された保護策をより早くお客様に提供できるように、早期に脆弱性情報に利用できるものです。


MAPP パートナーはマイクロソフト セキュリティ レスポンスセンター (MSRC) からマイクロソフトの 月例のセキュリティ更新プログラムが公開される前に、セキュリティ上の脆弱性に関する情報を受け取ります。MAPP パートナーが早期に脆弱性に関する情報を受け取ることにより、各 MAPP パートナーは、ウイルス対策、ネットワーク ベースの侵入検知システムまたはホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアやデバイスの更新された保護策をお客様に提供することができます。


これらの保護策が提供されても、マイクロソフトはお客様に脆弱性の悪用を阻止するセキュリティ更新プログラムを可能な限り早期に適用することを推奨します。


MAPP パートナーがお客様をよりよく保護するための強化された保護策をどのように確立しているかに関する詳細情報は、ホワイト ペーパー Building a Safer, More Trusted Internet through Information Sharing (英語情報) をご覧ください。



MAPP のメンバーになることに興味をお持ちですか? プログラムの参加基準 (英語情報) を満たすセキュリティ ソフトウェア プロバイダーのご応募をお待ちしています。 詳細情報は、 よく寄せられる質問をご覧ください。