Skip to main content
評価してください: 

ヒント: SQL Server 2008 R2 で新たに導入された SQL Server ユーティリティとユーティリティ コントロール ポイント

SQL Server ユーティリティは、データベース エンジン インスタンスのための中央リポジトリで、パフォーマンス データを収集するのに役立ちます。SQL Server ユーティリティのすべてのインスタンスには、単一のコントロール ポイントを作成する必要があります。

コントロール ポイントは、SQL Server ユーティリティのための一元的な収集ポイントで、マネージ インスタンスや配置されたデータ層アプリケーションから収集したパフォーマンス情報を表示するのに使用されます。この情報を活用して、容量計画を実行し、リソースの使用率が高くなりすぎないようにすることができます。

組織では、複数のコントロール ポイントを作成できます。各コントロール ポイントでは、SQL Server のインスタンスおよびデータ層アプリケーションを管理できます。コントロール ポイントにインスタンスを登録するか、コントロール ポイントにデータ層アプリケーションを配置したら、コントロール ポイントでリソース使用ポリシーを監視して、次のリソースがどのように使用されているかを確認することができます。

  • CPU
  • データ ファイル
  • ログ ファイル
  • ディスク


SQL Server ユーティリティ、コントロール ポイント、およびマネージ インスタンスは、SQL Server 2008 R2 の機能です。R2 を実行している際、コントロール ポイントとマネージ インスタンスを操作するには、SQL Server Management Studio のユーティリティ エクスプローラー ビューを使用します。このビューが表示されていない場合は、任意のビュー ウィンドウの下部にある [ユーティリティ エクスプローラー] タブをクリックするか、[表示] メニューから関連するオプションを選択します。

コントロール ポイントとマネージ インスタンスで SQL Server ユーティリティを構成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. ユーティリティ コントロール ポイントを作成し、そのユーティリティ コントロール ポイントに接続します。
  2. コントロール ポイントに SQL Server のインスタンスを登録します。
  3. コントロール ポイントで使用するデータ層アプリケーションを作成し、登録します。
  4. マネージ インスタンスとデータ層アプリケーションのリソース正常性ポリシーを作成します。
  5. SQL Server ユーティリティのインスタンスの正常性ポリシーを表示または管理する権限をユーザーに与えます。

 

出典: William R. Stanek 著『 Microsoft SQL Server 2008 Administrator’s Pocket Consultant, Second Edition (英語)』(Microsoft Press、2010 年)