Skip to main content
評価してください: 

ヒント: 安全策として緊急時のオペレーターを構成する

SQL Server の通知が失敗すると、オペレーターへの通知が行われず、問題がタイムリーに修正されない可能性があります。予防策として、緊急時のオペレーターを指定することができます。緊急時のオペレーターには、SQL Server エージェントが msdb データベース内のシステム テーブル (オペレーター定義と通知リストの格納先) にアクセスできない場合、指定されたオペレーターへのポケットベルによる通知がすべて失敗した場合、または、指定されたオペレーターが (ポケットベル スケジュールによると) 勤務時間外の場合に通知が行われます。

緊急時のオペレーターを構成するには、次の手順を実行します。

  1. SQL Server Management Studio で [SQL Server エージェント] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. プロパティ ダイアログ ボックスで、[警告システム] ページを選択します。
  3. [緊急時のオペレーターを有効にする] チェック ボックスをオンにします。
  4. [オペレーター] ボックスを使用して、緊急時のオペレーターとして指定するオペレーターを選択します。別のオペレーターを選択すると、緊急時のオペレーターを任命し直すことができます。また、[緊急時のオペレーターを有効にする] チェック ボックスをオフにすると、この機能を無効にすることができます。
  5. [通知方法] のチェック ボックスを使用して、緊急時のオペレーターへの通知方法を指定します。
  6. [OK] をクリックします。

ポケットベルによる通知が失敗した場合に緊急時のオペレーターを使用するのは変に思えるかもしれませんが、これは警告が効率的に処理されるようにするための良い方法です。電子メール メッセージや Net Send メッセージはほぼ必ず宛先に届きますが、宛先のユーザーは常に電子メールを見ていたり Net Send メッセージを受け取るためにコンピューターの前に座っていたりするとは限らないので、緊急時のオペレーターは通知を保証する方法として有効なのです。

出典: William R. Stanek 著『 Microsoft SQL Server 2008 Administrator’s Pocket Consultant, Second Edition (英語)』(Microsoft Press、2010 年)