Skip to main content
評価してください: 

AdRestore

作成者: Mark Russinovich

AdRestore のダウンロード
(41.2 KB)

概要

ADRestore は削除された Active Directory オブジェクトを復元するツールです。Active Directory から削除されたオブジェクトは最初から完全削除されるのではなく、180 日間データベースの中に保存されます (Windows 2000 の場合は 60 日)。しかし、Windows Server 2008 R2 を除く Active Directory には削除したオブジェクトを復元する機能がありません。一方、ADRestore は Active Directory のバージョンを問わず、オブジェクトの復元が行えるメリットがあります。
ADRestore.exe はコマンド プロンプトから実行することで、利用開始できます。


使用法

ADRestore はオプションをつけずに実行すると、削除されたものの Active Directory データベースに残されたままのオブジェクトを確認できます。まずは、オプションをつけずに ADRestore を実行し、その内容を確認します。

復元可能なオブジェクトを確認したら、今度は ADRestore コマンドに –r オプション、続けて復元したいオブジェクトを指定して実行します。すると、オブジェクトがもともと格納されていた OU に復元されます。


ダウンロード

AdRestore のダウンロード
(41.2 KB)

ページのトップへ


最新版のダウンロード

AdRestore のダウンロード
(41.2 KB)


動作環境

  • クライアント: Windows XP 以降
  • サーバー: Windows Server 2003 以降