Skip to main content

Sysinternals のシステム情報関連のユーティリティ

Autoruns
システムの起動時やユーザーのログイン時に自動的に起動するように構成されているプログラムを確認できます。また、アプリケーションで自動起動の設定を構成できるレジストリとファイルの場所の完全な一覧を確認することもできます。

ClockRes
システム クロックの精度を確認できます。これは、最大タイマー精度でもあります。

Coreinfo
Coreinfo は、論理プロセッサと物理プロセッサの間のマッピング、NUMA ノード、NUMA ノードが存在するソケット、および各論理プロセッサに割り当てられたキャッシュを確認できるコマンド ライン ユーティリティです。

Handle
この便利なコマンド ライン ユーティリティでは、どのファイルがどのプロセスによって開かれているかなどを確認できます。確認できることは他にもたくさんあります。

LiveKd
マイクロソフト カーネル デバッガーを使用して運用システムを調査します。

LoadOrder
Windows NT/2000 システムでデバイスが読み込まれる順序を表示します。

LogonSessions
システム上のアクティブなログオン セッションの一覧を表示します。

PendMoves
次回の起動時に実行されるファイルの名前変更や削除のコマンドの一覧を表示します。

Process Explorer
プロセスが開いたファイル、レジストリ キーなどのオブジェクト、読み込んだ DLL などを調べます。この非常に強力なユーティリティでは、各プロセスの所有者も表示できます。

Process Monitor
ファイル システム、レジストリ、プロセス、スレッド、および DLL の活動をリアルタイムで監視します。

ProcFeatures
このアプレットは、プロセッサおよび Windows が物理アドレス拡張や No Execute バッファー オーバーフロー保護をサポートしているかどうかを報告します。

PsInfo
システムに関する情報を取得します。

PsLoggedOn
システムにログオンしているユーザーを表示します。

PsTools
PsTools スイートには多くのコマンド ライン ユーティリティが収録されています。これらのユーティリティを使用すると、ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターで実行中のプロセスを一覧表示したり、リモートからプロセスを実行したり、コンピューターの再起動やイベント ログのダンプを実行したりすることができます。

RAMMap
高度な物理メモリ利用状況分析ユーティリティです。利用状況の情報はいくつかのタブに異なる方法で表示されます。

WinObj
究極のオブジェクト マネージャーの名前空間ビューアーです。

 

関連リソース