Skip to main content

Streams

作成者: Mark Russinovich

 Streams のダウンロード
(41 KB)

概要

NTFS ファイル システム上では、アプリケーションは情報の代替データ ストリームを作成することができます。既定では、すべてのデータは、ファイルの、名前が付けられていないメイン データ ストリームに格納されます。ただし、"file:stream" という構文を使用すると、代替データ ストリームの読み取りと代替データ ストリームへの書き込みが可能になります。すべてのアプリケーションが代替ストリームにアクセスできるように作られているわけではありませんが、非常に簡単にストリームのデモンストレーションを行うことができます。まず、コマンド プロンプトで、NTFS ドライブ上のディレクトリに移動します。次に、「echo hello > test:stream」と入力します。これで、"test" というファイルに関連付けられた "stream" という名前のストリームが作成されました。test ファイルのサイズを確認すると 0 となっており、このファイルをテキスト エディターで開くと、空のように見えます。ストリームを確認するには、「more < test:stream」と入力します (type コマンドは stream 構文をサポートしていないので、more を使用する必要があります)。

Windows NT には、関連付けられたストリームを持つ NTFS ファイルを確認できるツールが用意されていないため、私が自分で作成しました。Streams は、指定されたファイルとディレクトリを調査し (ディレクトリも代替データ ストリームを持つことができます)、こうしたファイルの中で確認された、名前が付けられているストリームの名前とサイズを通知します。Streams は、ファイル ストリームの情報を取得する際、文書化されていないネイティブ関数を利用します。

 

Streams の使用

使用法: streams [-s] [-d] <ファイルまたはディレクトリ>

-sサブディレクトリを再帰処理します。
-dストリームを削除します。
Streams では、"streams *.txt" のようにワイルドカードを使用できます。

 

ダウンロード

Streams のダウンロード
(41 KB)

ダウンロード

ダウンロード

Streams のダウンロード
(41 KB)

動作環境

  • クライアント: Windows XP 以上
  • サーバー: Windows Server 2003 以上