Skip to main content
評価してください: 

Desktops

作成者: Mark Russinovich、Bryce Cogswell

Desktops のダウンロード
(60.1 KB)


概要

Desktops を使用すると、最大で 4 つの仮想デスクトップ上でアプリケーションを整理できます。たとえば、使用していないウィンドウが散乱することなく、1 つ目の仮想デスクトップで電子メールを読み、2 つ目で Web を閲覧し、3 つ目で生産性を向上するソフトウェアで作業することが可能です。デスクトップのプレビューを開くトレイ アイコンをクリックしてウィンドウを切り替えると、デスクトップの作成や切り替えを行えます。また、デスクトップを切り替えるホットキーを構成すると、これらの操作にホットキーを使用することもできます。

Desktops の使用法

デスクトップにアクティブなウィンドウを表示して、それ以外のウィンドウを隠すことでデスクトップを実装する他の仮想デスクトップ ユーティリティとは異なり、Sysinternals の Desktops では Windows のデスクトップ オブジェクトを各デスクトップに使用します。アプリケーションのウィンドウは、作成されるとデスクトップ オブジェクトにバインドされるので、Windows ではウィンドウとデスクトップ間の接続が維持され、デスクトップを切り替えたときに、どのデスクトップを表示するかが認識されます。このため、Sysinternals の Desktops は非常に軽量です。また、他のユーティリティに有りがちな、アクティブなウィンドウのビューと可視ウィンドウとの一貫性が保たれないという問題がありません。

ただし、Desktops では Windows のデスクトップ オブジェクトを使用しているので、他の仮想デスクトップ ユーティリティに備わっている機能がいくつか欠けています。たとえば、Windows にはデスクトップ オブジェクト間でウィンドウを移動する方法がありません。また、タスク バーとスタート メニューを表示するのに、各デスクトップで異なるエクスプローラーのプロセスが実行されている必要があるので、多くのトレイ アプリケーションは 1 つ目のデスクトップにしか表示されません。さらに、デスクトップ オブジェクトを削除する方法がないので、Desktops ではデスクトップを終了することができません。これは、デスクトップを終了するとウィンドウとプロセスが孤立してしまうためです。そのため、Desktops を終了するにはログオフすることをお勧めします。

スクリーンショット

構成ダイアログ ボックス
構成ダイアログ ボックス

 

ウィンドウを切り替えるデスクトップのトレイ アイコン
ウィンドウを切り替えるデスクトップのトレイ アイコン

 

ダウンロード

Desktops のダウンロード
(60.1 KB)

 

Live.Sysinternals.com から直接 Desktops を実行する

ダウンロード

ダウンロード

Desktops のダウンロード
(60.1 KB)

 

Live.Sysinternals.com から直接 Desktops を実行する

動作環境

  • クライアント: Windows XP 以降
  • サーバー: Windows Server 2003 以降