Skip to main content

ファイル共有でファイルを開いている他のユーザーの特定

PSFile を使ってリモートからファイル共有にアクセスしているファイルを特定する方法

更新日: 2011 年 5 月 25 日

使用ツール

  • PsFile
    リモートで開かれているファイルを確認できます。

トラブルの状況

ファイル共有を利用して、ネットワーク経由で Word ファイルを利用しています。ある日、Word ファイルを編集しようとファイルを開いたところ、読み取り専用でしかファイルを開くことができませんでした。しかも、この問題はいつまでも続いています。果たして誰がファイルを開いているのでしょうか?

図 1: 使用中のファイルであることを伝えるメッセージ画面

解決方法

ファイル共有に保存されているファイルに、特定のユーザーがアクセスすると、排他制御 (他のユーザーがアクセスできないようにする機能) がかかり、ほかのユーザーはファイルが開けなくなったり、または読み取り専用でしかファイルが開けなくなったりする現象が起きます。このような問題は既にファイルを開いているユーザーにファイルを閉じてもらうよう、お願いするしかありません。ところが、お願いするためには誰がファイルを開いているか確認する必要があります。
PSFile ではファイル共有からファイルを開いているユーザーを簡単に特定することができます。

図 2: コマンド プロンプトで psfile.exe を実行した画面

PSFile を実行した結果、user01 というユーザーがファイルを開いていることがわかりました。user01 ユーザーにファイルを閉じるようお願いすれば、ファイル共有にあるファイルを開けるようになりますが、user01 ユーザーがファイルを閉じたにも関わらず、ファイルを閉じたと認識されない場合があります。このようなトラブルに見舞われているときには、強制的に user01 ユーザーのファイルへのアクセスを終了させます。強制終了させるときは、psfile コマンドに続けて、psfile コマンドを実行したときに確認できる開いているファイルの番号 (今回のケースでは、142 番)、-c とスペースを空けて順番に入力し、Enter キーを押します。

図 3: コマンド プロンプトで psfile.exe 142 -c を実行した画面

ページのトップへ