Skip to main content

PsKill

作成者: Mark Russinovich

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

概要

PSKill はコンピューターで実行中のプロセスを強制終了するツールです。PSKill は単一のプロセスを強制終了させるほか、プロセス ツリーの強制終了や、他のコンピューターで実行中のプロセスの強制終了も可能です。PSKill.exe はコマンドプロンプトから実行することで、利用開始できます。


使用法

pskill [- ] [-t] [\\<コンピューター> [-u <ユーザー名>] [-p <パスワード>]] <プロセス名またはプロセス ID>

-サポートされているオプションを表示します。
-tプロセスとその子孫プロセスを強制終了します。
\\<コンピューター>強制終了するプロセスを実行しているコンピューターを指定します。リモート コンピューターには、Windows ネットワーク コンピューター経由でアクセスできる必要があります。
-u <ユーザー名>リモート システム上のプロセスを強制終了する必要があり、実行中のアカウントがリモート システムの管理者特権を持たない場合は、このコマンド ライン オプションを使用して、管理者としてログインする必要があります。-p オプションを使用してパスワードを指定しない場合は、パスワードの入力が求められますが、入力したパスワードが画面上に表示されることはありません。
-p <パスワード>このオプションを使用すると、コマンド ラインでログイン パスワードを指定して、バッチ ファイルから PsKill が使用できるようになります。アカウント名を指定した場合に、-p オプションを省略すると、パスワードの入力が求められます。
<プロセス ID>強制終了するプロセスのプロセス ID を指定します。
<プロセス名>強制終了する 1 つ以上のプロセスのプロセス名を指定します。


使用例

PSKill は pskill.exe に続けて強制終了させるプロセスの名前またはプロセス ID を指定し、実行します。

また、他のコンピューターで実行中のプロセスを強制終了する場合、pskill.exe コマンドに続けて、「\\コンピューター名」とプロセス名を入力します。なお、他のコンピューターで実行中のプロセスを強制終了するときは、該当するコンピューターで Remote Registry サービスが起動していることが必要です。


ダウンロード

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

ダウンロード

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

PsTools

PsKill は、PsTools という Sysinternals のコマンド ライン ツールキットの一部です。PsTools は、ローカル システムとリモート システムの管理をサポートするツールキットで、収録されているツールの数は増えています。

 

動作環境

  • クライアント: Windows XP 以上
  • サーバー: Windows Server 2003 以上
ページのトップへ