Skip to main content
評価してください: 

PsSuspend

作成者: Mark Russinovich

 

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

概要

PsSuspend を使用すると、ローカル システムまたはリモート システムのプロセスを中断できます。このユーティリティは、特定のプロセスが使用しているリソース (ネットワーク、CPU、ディスクなど) を別のプロセスで使用できるようにしたい場合に便利です。リソースを使用しているプロセスを強制終了ではなく、中断することで、そのプロセスが後で操作を続行できるようにすることが可能です。

 

インストール

PsSuspend を実行可能なパスにコピーして、下記のコマンド ライン オプションを指定して「pssuspend」と入力します。

 

PsSuspend の使用

プロセス ID を指定して PsSuspend を実行すると、ローカル コンピューターで、指定した ID のプロセスが中断または再開されます。プロセス名を指定すると、その名前を持つプロセスがすべて中断または再開されます。中断したプロセスを再開するには -r スイッチを指定します。

使用法: pssuspend [- ] [-r] [\\<コンピューター> [-u <ユーザー名>] [-p <パスワード>]] <プロセス名またはプロセス ID>

-サポートされているオプションを表示します。
-r指定のプロセスが中断されている場合にプロセスを再開します。
\\<コンピューター>中断または再開するプロセスを実行しているコンピューターを指定します。リモート コンピューターは、Windows NT ネットワーク コンピューター経由でアクセスできる必要があります。
-u <ユーザー名>リモート システム上のプロセスを中断する必要があり、実行中のアカウントがリモート システムの管理者特権を持たない場合は、このコマンド ライン オプションを使用して、管理者としてログインする必要があります。-p オプションを使用してパスワードを指定しない場合は、パスワードの入力を求められますが、入力したパスワードが画面上に表示されることはありません。
-p <パスワード>このオプションを使用すると、コマンド ラインでログイン パスワードを指定して、バッチ ファイルから PsSuspend が使用できるようになります。アカウント名を指定した場合に、-p オプションを省略すると、パスワードの入力を求められます。
<プロセス ID>中断または再開するプロセスのプロセス ID を指定します。
<プロセス名>中断または再開するプロセスの名前を指定します。


PsSuspend は、PsTools という Sysinternals のコマンド ライン ツールキットの一部です。PsTools は、ローカル システムとリモート システムの管理をサポートするツールキットで、収録されているツールの数は増えています。

ダウンロード

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

 


最新版のダウンロード

ダウンロード


PsTools のダウンロード

(1.60 MB)


PsTools

PsSuspend は、PsTools という Sysinternals のコマンド ライン ツールキットの一部です。PsTools は、ローカル システムとリモート システムの管理をサポートするツールキットで、収録されているツールの数は増えています。

動作環境

  • クライアント: Windows XP 以降
  • サーバー: Windows Server 2003 以降