Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

保護するデータ ソースを特定する

Mark Galioto|最終更新日: 2016/11/24
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Data Protection Manager

DPM でデータ ソースを保護するには、次のことを行う必要があります。

  • DPM でバックアップできる内容」を読んで、DPM のバックアップで何がサポートされるかを理解します。

  • DPM は、特定の保護グループ内のすべてのデータ ソースにバックアップの設定を適用します。 保護するデータをこれらのグループにまとめる方法を明らかにする必要があります。 その例は次のとおりです。

    • コンピューター別 - コンピューターのすべてのデータ ソースが同じ保護グループに属します。 これはコンピューターのパフォーマンスの負荷に対し、1 つの調整ポイントを提供します。 ただし、すべてのデータ ソースのバックアップと回復の設定が同じになります。

    • ワークロード別 - ファイルおよび各アプリケーション データの種類を異なる保護グループに分けます。 これによりワークロードをグループとして管理することができます。 ただし、複数のアプリケーション サーバーを回復するには、別の保護グループからの複数のテープが必要な場合があります。

    • RPO/RTO 別 - 同様の目標復旧時点 (RPO) と目標復旧時間 (RTO) を持つデータ ソースを収集します。 予期しない障害が発生した場合にデータ損失の可能性の量 (時間) を決定する同期の頻度を保護グループに設定することで、RPO を制御します。 RTO は、保護グループに選択したストレージ方法によってデータが影響を受け、使用不能になる許容時間を測定します。

    • データの特性ごと - たとえば、データの変更頻度、データの増加速度、データのストレージ要件など。

次のステップ

DPM 保護エージェントの展開

© 2017 Microsoft