Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

DPM でサポートされる内容とサポートされない内容

Mark Galioto|最終更新日: 2017/04/07
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Data Protection Manager

ここでは、System Center 2016 - Data Protection Manager を展開および管理するときに必要となる可能性のある、いくつかの一般的なサポート情報をまとめます。

インストールと展開に関する問題

DPM の展開オプション

問題: DPM は物理環境および仮想環境にインストールできます。

詳細情報: DPM 2016 は次のようにインストールできます。

  • スタンドアロン物理サーバーとして - DPM を物理クラスターに展開することはできませんが、Operations Manager の中央コンソールを使用すると、複数の DPM サーバーを 1 つの場所から管理できます。

  • オンプレミス仮想マシンとして - DPM を Hyper-V 仮想マシン (1 つのサーバーまたは仮想マシン クラスター) として展開できます。 物理インストールの場合と同じ方法で DPM をインストールします。 詳細については、セットアップの前提条件の表にある Hyper-V VM としてインストールされる DPM の行をご覧ください。

  • Azure の仮想マシンとして - DPM 2012 R2 更新プログラム 3 以降では、DPM を Azure の仮想マシンとしてインストールできるようになりました。 ただし、この展開にはさまざまな制限があります。 詳細については、セットアップの前提条件の表にある Azure 仮想マシンとしての DPM の行をご覧ください。

  • VMWare の Windows 仮想マシンとして - DPM 2012 R2 更新プログラム 5 以降では、VMWare 環境に DPM を Windows 仮想マシンとしてインストールできます。 この構成では、DPM により、VMWare で Windows 仮想マシンとして実行している Microsoft のワークロードをすべて保護できます。

バージョンの異なる DPM 間でのライブラリ共有がサポートされていない

問題: バージョンの異なる DPM (例: DPM 2012 SP1 と DPM 2012 R2) は、同じライブラリを共有するクライアントとして機能しません。

回避策: なし。 ライブラリを共有するすべての DPM サーバーで、同じバージョンの DPM を実行する必要があります。

System Center 2010 から System Center 2016 への直接のアップグレードがサポートされていない

問題: アップグレードがサポートされていません。

回避策: まず DPM 2012 R2 にアップグレードする必要があります。

トルコ語版の Windows 2012 オペレーティング システムで DPM が動作しない

問題: 言語がサポートされていません

回避策: ありません。

32 ビットのオペレーティング システムを実行するサーバーで DPM 2010 以降のバージョンを実行できない

問題: オペレーティング システムの制限です。

回避策: 64 ビットのみにインストールします。 システム要件の一覧については、「 System Center 2012 - DPM のシステム要件」をご覧ください。

SQL Server の名前にアンダースコアを使用できない

問題: DPM のインストール時に、名前にアンダースコアが含まれているリモート SQL Server を指定すると、インストールに失敗する場合があります。

回避策: アンダースコア ("_") 文字を含まない SQL Server の名前を指定します。

DPM ボリュームで NTFS 圧縮がサポートされていない

問題: NTFS がサポートされていません。

回避策: ありません。

DPM サーバー名の変更がサポートされていない

問題: 名前の変更がサポートされていません。

回避策: ありません。

DPM サーバー ドメインの移動がサポートされていない

問題: 展開後に DPM サーバーを別のドメインに移動することはできません。

回避策: ありません。

ドメイン コントローラー上の DPM で保護できるのはローカル データ ソースのみ

問題: 展開がサポートされていません。

回避策: 他のコンピューターを保護するために、そのコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールする必要がある場合は、DPM をドメイン コントローラーにインストールしないでください。

DPM ではドメイン コントローラーで実行する SQL Server を使用できない

問題: データベース展開がサポートされていません。

回避策: SQL Server のリモート インスタンスを DPM データベースとして使用する場合、SQL Server のインスタンスがドメイン コントローラー上で実行されていないことを確認します。

セカンダリ DPM サーバーで保護されたサーバーの移動

二次的な保護が適用されている DPM サーバー間での保護されたサーバーの移動はサポートされていません。 次にこれを説明します。

  • Server1

  • Server2

  • プライマリ DPM サーバーとして機能する DPM1

  • 別のプライマリ DPM サーバーとして機能する DPM2

  • DPM1 と DPM2 のセカンダリ サーバーとして機能する DPM3

この場合、

  • Server1 は DPM1 により保護されています

  • Server2 は DPM2 により保護されています

  • DPM3 は DPM1 と DPM2 のセカンダリ サーバーです (したがって Server1 と Server2 を保護します。)

次のようになります。

  • シナリオ 1

    • DPM1 が失敗したか、またはインフラストラクチャから削除されています。

    • DPM2 で Server1 を保護します (DPM3 はセカンダリ サーバーとして機能)。

  • シナリオ 2

    • DPM1 が失敗したか、またはインフラストラクチャから削除されています。

    • DPM3 で Server1 を保護します。

これら両方のシナリオはサポートされていません。 次のオプションのうち 1 つだけ選択できます。

  • オプション 1 - Server1 の DPM3 で、"保護の切り替え" オプションを使用して、DPM3 は今後このモードのままにします。 このシナリオでは、切り替えた保護モードを使用している場合、別の DPM サーバー上の Server1 に二次的な保護を追加できません。

  • オプション 2 - 同じ名前の DPM1 を再構築して DPM データベースを復元します。 これにより、DPM のプライマリ保護を再開できます。

  • オプション 3 - Server1 の保護を DPM3 が把握していない新しい DPM サーバー (DPM4) に移動します。

記憶域に関する問題

古いテープ ライブラリの参照が DPM データベースから削除されない

問題: 古いテープ ライブラリが引き続き get-dpmlibrary などの DPM PowerShell コマンドレットで列挙され、一覧表示されます。

回避策: ありません。

仮想テープ ライブラリのサポート

問題: 仮想テープ ライブラリはサポートされていますか。

回避策: 仮想ファイバー チャネル アダプターで構成された仮想テープ ライブラリは、認定ハードウェアで Data Protection Manager 2012 R2 UR3 以降を実行している場合にのみサポートされます。 現在サポートされているハードウェアの一覧については、「System Center 2012 DPM の互換テープ ライブラリ」を参照してください。 仮想ファイバー チャネル アダプターがテープ ライブラリをサポートするかどうかを確認するには、テープ ハードウェア製造元に問い合わせて、テープ ライブラリの互換性の確認を依頼してください。

USB ドライブまたはリムーバブル ドライブを DPM 記憶域プールで使用できない

問題: USB や Firewire などのリムーバブル記憶域。

回避策: なし。 これは、Windows ダイナミック ディスクの制限によりサポートされていません。

CSV 上のデータ

問題: DPM では、クラスター共有ボリューム (CSV) 上の Hyper-V 仮想マシンの保護のみがサポートされています。 CSV でホストされる他のワークロードの保護はサポートされていません。

回避策: なし。

重複除去に関する問題

重複除去されたボリュームのサポート

問題: DPM の重複除去のサポートは、オペレーティング システムのサポートによって異なります。

保護されたサーバーのオペレーティング システムDPM サーバーのオペレーティング システムDPM のバージョン重複除去のサポート
Windows 2012Windows Server 2012DPM 2012 SP1、DPM 2012 R2
Windows 2012Windows Server 2012 R2DPM 2012 R2
Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2DPM 2012 R2
Windows Server 2012 R2Windows Server 2012DPM 2012 SP1、DPM 2012 R2N

回避策: サポートの制限の範囲内で使用します。

.VHD ファイルまたは .VHDX ファイルをホストするボリュームで Windows の重複除去が必ずしもサポートされていない

問題: 重複除去のサポート

回避策: DPM を仮想マシンとして展開します。

DPM 記憶域が Hyper-V 仮想マシンで実行されており、データ重複除去が有効な Windows ファイル サーバー上の共有フォルダーに VHD のバックアップ データが格納されている場合は、DPM 記憶域の重複除去を有効にできます。 このシナリオの詳細については、「DPM 記憶域の重複除去」をご覧ください。

重複除去されたファイル システムをセカンダリ DPM サーバーに対して保護できない

問題: 重複除去されたファイル システムはプライマリ DPM サーバーにより保護されているため、セカンダリ DPM サーバーに対しては保護できません。

回避策: なし。

項目レベルの回復がサポートされていない

問題: 重複除去されたボリュームを含む仮想マシンを保護している場合、それらの VHD/VHDX ファイルから項目レベルの回復 (ILR) を実行できません。

回避策: 重複除去されたボリュームを含む .VHD/VHDX ファイルを、データ重複除去役割がインストールされた Windows 2012 R2 に復元します。 ディスク管理で .VHD ファイルをマウントし、必要なファイルをコピーします。

クライアントとサーバーの保護に関する問題

クライアント オペレーティング システムを実行するコンピューターの DPM 2012 での保護のサポート パラメーター

問題: 次の保護シナリオがサポートされています。

  • Windows 8.1 クライアントは、DPM 2012 R2 または DPM 2012 SP1 で保護できます。

  • Windows 8 クライアントは、DPM 2012、DPM 2012 SP1、および DPM 2012 R2 で保護できます。

  • Windows 7 クライアントは、DPM 2012、DPM 2012 SP1、DPM 2012 R2 で保護できます。

  • Windows Vista SP2 クライアントは、DPM 2012 および DPM 2012 SP1 で保護できます。

  • Windows Vista または Windows Vista SP1 クライアントは、DPM 2012 でのみ保護できます。

  • Windows XP SP2 クライアントは、DPM 2012 でのみ保護できます。

回避策: 正しいバージョンの DPM を実行していることを確認します。

サーバー オペレーティング システムを実行するコンピューターの DPM 2012 での保護のサポート

問題: 次の保護シナリオがサポートされています。

  • Windows Server 2012 R2 は、DPM 2012 R2 でのみ保護できます。

  • Windows Server 2012 または Windows Server 2012 SP1 は、DPM 2012 R2 および DPM 2012 SP1 で保護できます。

  • Windows Server 2008 R2 SP1 および Windows Server 2008 R2 は、DPM 2012、DPM 2012 SP1、および DPM 2012 R2 で保護できます。

  • Windows Server 2008 および Storage Server 2008 は、更新プログラムのロールアップ 2 以降を実行する DPM 2012 R2、DPM 2012 SP1、および DPM 2012 で保護できます。

  • Windows 2003 Server SP2, Windows 2003 Server R2, Windows 2003 Server R2 SP2 は、更新プログラムのロールアップ 2 以降を実行する DPM 2012 R2、DPM 2012 SP1、および DPM 2012 で保護できます。

回避策: 正しいバージョンの DPM を実行していることを確認します。

DPM で SOFS 共有を保護できない

問題: DPM では SOFS 上の共有を保護できません。

回避策: 保護する共有が SOFS 上にないことを確認します。

データ保護に関する問題

データ ソースのパスを変更すると保護に失敗する場合がある

問題: 共有フォルダーを保護するときに、共有フォルダーへのパスにはボリュームの論理パスが含まれます。 共有フォルダーを移動すると、保護は失敗します。 また、暗号化ファイル システム (EFS) を使用するボリューム上にある保護対象のデータ ソースのパスを変更して、新しいファイル パスが 5120 文字を超えると、データ保護は失敗します。

回避策: 保護された共有フォルダーを移動する必要がある場合は、保護グループからその共有フォルダーを削除し、移動後に保護に追加します。 暗号化されたボリュームの場合、保護対象のデータ ソースの新しいファイル パスが 5120 文字未満であることを確認します。

保護されたリソースのドメインの変更

問題: 保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを変更し、保護を中断せずに継続することはできません。 また、保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを変更し、そのコンピューターを再保護するときに既存のレプリカと回復ポイントを関連付けることもできません。

回避策: 保護されたコンピューターのタイム ゾーンは変更しないことをお勧めします。 保護されたコンピューターの名前を変更しなければならない場合は、まずそのコンピューターにあるデータ ソースの保護を解除します。 次に、新しい名前を付けてからそのコンピューターのデータ ソースを保護します。

保護されたリソースのタイム ゾーンの変更

問題: 保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを変更し、保護を中断せずに継続することはできません。 また、保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを変更し、そのコンピューターを再保護するときに既存のレプリカと回復ポイントを関連付けることもできません。

回避策: 保護されたコンピューターのタイム ゾーンは変更しないことをお勧めします。 保護されたコンピューターの名前を変更しなければならない場合は、まずそのコンピューターにあるデータ ソースの保護を解除します。 次に、新しい名前を付けてからそのコンピューターのデータ ソースを保護します。

保護されたリソースの名前の変更

問題: 保護されたリソースのタイム ゾーンを変更する場合、必ずタイム ゾーンを正しく更新します。

回避策: DPM では、保護エージェントのインストール時に保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを自動的に特定されます。 保護の構成後に保護対象のコンピューターのタイム ゾーンを変更する場合は、必ずコントロール パネルでコンピューターの時刻を変更します。 その後、DPM データベースでタイム ゾーンを更新します。

一部のデータの種類がサポートされていない

問題: DPM では、次のデータの種類がサポートされていません。

  • ハード リンク

  • DFS リンクと結合ポイントを含めた再解析ポイント

  • マウント ポイント メタデータ - 保護グループにはマウント ポイントを持つデータを含めることができます。 この場合、DPM はマウント ポイントのターゲットであるマウントされたボリュームを保護しますが、マウント ポイント メタデータを保護しません。 マウント ポイントを含むデータを回復する場合は、マウント ポイント階層を手動で再作成する必要があります。

  • マウントされたボリューム内のマウントされたボリュームのデータ

  • ごみ箱

  • ページング ファイル

  • システム ボリューム情報フォルダー。 コンピューターのシステム情報を保護するためには、保護グループのメンバーとしてコンピューターのシステム状態を選択する必要があります。

  • 非 NTFS ボリューム

  • Windows Vista からのハード リンクまたはシンボリック リンクを含むファイル。

  • 次の属性のいずれかを持つファイル。

    • 暗号化および再解析

    • 暗号化および単一インスタンス記憶域 (SIS)

    • 暗号化および大文字と小文字の区別

    • 暗号化およびスパース

    • 大文字と小文字の区別および SIS

    • 圧縮および SIS

回避策: ありません。

ワークグループおよび信頼されていないドメイン内のコンピューターの保護に関する制限事項

問題: DPM は、DPM サーバーと同じドメインや、子ドメインおよび信頼されたドメイン内のワークロードを保護できます。 また、NTLM または証明書の認証を使用すると、ワークグループおよび信頼されていないドメインでも次のワークロードを保護できます。

  • SQL Server

  • ファイル サーバー

  • Hyper-V

これらのワークロードは、1 台のサーバーまたはクラスター構成で実行できます。

回避策: 信頼されたドメインにないワークロードを保護する場合、サポートの詳細および必要な認証については、「Prepare computers in workgroups and untrusted domains」 (ワークグループおよび信頼されていないドメインでのコンピューターの準備) をご覧ください。

テープへの短期的なバックアップがサポートされていない

問題: DPM は、ワークロード データ (Exchange、SQL Server、SharePoint、Hyper-V) のテープへの短期的なバックアップ (増分バックアップ) をサポートしていません。 増分バックアップができるのは、ファイル データ (ボリューム、共有、フォルダー) だけです。

回避策: これらのワークロードを短期的にバックアップする場合は、ディスクのみ、またはディスクとクラウド記憶域 (Azure Backup) の組み合わせを使用します。

テープ ドライブが 1 つのみの場合、dataset-copy ジョブを使用する複数の長期的なテープの目標を達成できない

問題: テープ ドライブが 1 つのみの場合、DPM は複数の長期的なバックアップの目標をサポートしていません。

回避策: 2 つ目のテープ ドライブを DPM またはテープ ライブラリに追加します。

UPD (ユーザー プロファイル ディスク) 上のデータのバックアップがサポートされていない

問題: DPM では、UPD (ユーザー プロファイル ディスク) をホストするファイル共有のデータを保護できません。

回避策: なし。

Exchange の保護に関する問題

Exchange DAG の Disk-to-Tape バックアップがサポートされていない

問題: DPM では、Exchange DAG ワークロードの長期的または短期的な Disk-to-Tape (D2T) バックアップがサポートされていません。

回避策: Exchange DAG ワークロードには、Disk-to-Disk-to-Tape (D2D2T) を使用します。

SharePoint の保護に関する問題

AlwaysOn がサポートされていない

問題: DPM 2012 R2 更新プログラム 5 以降では、DPM は AlwaysOn が有効な SharePoint ファームの SQL Server データベースを保護できます。

回避策: なし。

SQL Server の保護に関する問題

SQL Server 2014 のサポート

問題: DPM 2012 R2 更新プログラムのロールアップ 4 以降では、SQL Server 2014 および SQL Server 2012 SP2 を保護できます。

回避策: 正しいバージョンの DPM を実行します。

AlwaysOn のサポート

問題: AlwaysOn は、SQL Server 2012 で導入されました。 「DPM による保護とサポートの一覧」に記載されているように DPM 2012 SP1 以降でサポートされています。

回避策: なし。

元の場所への AlwaysOn の回復がサポートされていない

問題: AlwaysOn が有効な SQL Server を DPM で保護している場合、元の場所へのデータ回復はサポートされていません。

回避策: なし。

DPM でスケールアウト ファイル サーバー (SOFS) の SQL Server を保護できない

問題: DPM では、Windows Server 2012 SOFS でホストされる SQL Server データベースを保護できません。

回避策: SQL Server データベースを SOFS から移動します。

Hyper-V および仮想マシンの保護に関する問題

ファイルの整合性があるスナップショットのみを使用した Linux 仮想マシンのバックアップ

問題: DPM 2012 R2 を使用して、Linux 仮想マシンをバックアップすることができます。 ファイルの整合性があるスナップショットのみがサポートされます。

回避策: なし。

信頼されたドメインおよび信頼されていないドメインでの Hyper-V サーバーおよびクラスターのバックアップ

問題: Hyper-V サーバー クラスターをバックアップするには、サーバー クラスターが DPM サーバーと同じドメインか、信頼されたドメインまたは子ドメインに配置されている必要があります。 1 台のサーバーの場合は NTLM または証明書の認証を、クラスターの場合は証明書の認証のみを使用することにより、信頼されていないドメインにあるサーバーおよびクラスターまたはワークロードをバックアップできます。

回避策: ありません。

パススルー ディスクの仮想マシン データのバックアップがサポートされていない

問題: DPM では、ボリュームが仮想マシンで使用されるパススルー ディスクやリモート VHD を使用するパススルー ディスクの仮想マシン データのバックアップをサポートしていません。

対応策:このシナリオでは、DPM を使用して VHD ファイルをホストレベルでバックアップし、仮想マシンにエージェントをインストールしてホストで認識できないデータをバックアップすることをお勧めします。

スケールアウト DPM サーバー展開で Hyper-V クラスターの DPM の二次的な保護がサポートされていない

問題: スケールアウト DPM 保護を使用して Hyper-V クラスターを保護する場合、保護されている Hyper-V ワークロードに対して二次的な保護を追加することはできません。

回避策: ありません。

Hyper-V レプリカ サーバーでのバックアップ

問題: プライマリ仮想マシンおよびレプリカ (セカンダリ) 仮想マシンのバックアップのサポートは、次の表にまとめるとおり、DPM のバージョンによって異なります。

レプリカ (セカンダリ/第 3) サーバーの
Windows Server 2012
- ホスト オペレーティング システム
レプリカ (セカンダリ/第 3) サーバーの
Windows Server 2012 R2
- ホスト オペレーティング システム
Windows Server 2012
プライマリ サーバー上のホスト オペレーティング システム
Windows Server 2012 R2
プライマリ サーバー上のホスト オペレーティング システム
DPM 2012、DPM 2012 SP1サポートされていませんサポートされていませんサポートされていますサポートされていません
DPM 2012 R2サポートされていませんサポートされていますサポートされていますサポートされています

回避策: シナリオでサポートされている DPM のバージョンを実行します。

DPM および Azure

Azure の仮想マシンとしての DPM

問題: DPM 2012 R2 更新プログラム 3 以降では、DPM を Azure の仮想マシンとして実行できます。 注:

  • オンプレミス DPM サーバーは Azure ベースのワークロードを保護できません。

  • Azure で Iaas 仮想マシンとして実行される DPM は、Azure の仮想マシンとして実行される一部のワークロードを保護できます。 詳細については、「DPM による保護とサポートの一覧」をご覧ください。

  • Azure の仮想マシンとして実行される DPM では、オンプレミス ワークロードは保護できません。

回避策: このシナリオの詳細については、「Azure Virtual Machine として DPM をインストールする」をご覧ください。

© 2017 Microsoft