Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

サービス レベル ダッシュボードの作成

Matt Goedtel|最終更新日: 2017/03/02
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Operations Manager

サービス レベルの目標を構成した後で、サービス レベルの目標を監視するサービス レベル ダッシュボード ビューを作成できます。 サービス レベル ダッシュ ボードのビューには、目標または対象の値を含むさまざまな目標を一覧表示し、成功した場合に現在選択されている SLA/インスタンスの目標値を上回るか、または下回るかを示す、サービス レベルのグリッドと、サービス レベルの目標のグリッドが表示されます。 [サービス レベルの目標] グリッドで目標を選択すると、次の図に示すようなゲージとグラフが表示されます。 ****

サービス レベル ダッシュボードの例

ゲージには、平均の実績値とともに、対象の値と、値および目標の関係が成功 (緑) または失敗 (赤) に対応するかどうかが示されます。 グラフには、実績値の時間履歴が表示されます。これは、データ ウェアハウスの値を集約する関数であり、値が時間単位または日単位のどちらの集約テーブルに基づくものかは構成されたダッシュボードの期間に応じて異なります。

サービス レベル ダッシュボード ビューを作成するには

  1. オペレーション コンソールで、[個人用ワークスペース] をクリックします。 ****

  2. ビューを保存するフォルダーを右クリックし、 [新規]をポイントして、 [ダッシュボード ビュー]をクリックします。

  3. 新しいインスタンス ウィザードの [テンプレート] ページで、 [フロー レイアウト] または [グリッド レイアウト]のどちらかをクリックしてから、 [次へ]をクリックします。

  4. [全般プロパティ] ページで、ダッシュボード ビューの名前を入力します。 必要に応じて説明を入力します。 [次へ]をクリックします。

  5. [スコープの指定] ページで、 [追加]をクリックします。

  6. [SLA の追加] ウィンドウで、作成したサービス レベルの目標を選択して、 [追加][OK]の順にクリックします。 複数のサービス レベルの目標を追加できます。

  7. [スコープを指定] ページの [最終] セクションで、ダッシュ ボード ビューに表示する期間を設定し、 [次へ]をクリックします。

  8. [サマリー] ページで、設定を確認して、 [作成]をクリックします。

  9. [ 閉じる] をクリックします。

次のステップ

  • サービス レベル目標を作成して、サービス レベル ダッシュボードでアプリケーションまたはコンピューター グループのサービス可用性を測定する方法については、「Operations Manager を使用したサービス レベルの目標の監視」をご覧ください。

  • サービス レベル目標を参照して、組織が SLA で定義された可用性の目標を達成していることを確認するには、「Running a Service Level Tracking Report」 (サービス レベル追跡レポートの実行) をご覧ください。

© 2017 Microsoft