Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Operations Manager でネットワーク デバイスを削除または復元する方法

Matt Goedtel|最終更新日: 2017/03/02
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Operations Manager

System Center 2016 - Operations Manager でネットワーク デバイスの検出後に監視を行っている場合、特定のデバイスの交換が必要なため、あるいは、特定のデバイスを監視する事業価値がないなどの理由で、監視を停止する場合があります。 デバイスの監視を停止するには、メンテナンス モードを使用するか、検出ルールからネットワーク デバイスを削除できます。 再帰的検出ルールにより検出されたデバイスを削除した場合は、そのデバイスを復元することも可能です。

再帰的検出の開始点であるデバイスを削除するには、まず最初に検出ルールを削除するか、デバイスを検出ルールから削除する必要があります。

メモ

[ネットワークデバイス] または [ネットワークデバイスの保留の管理] にあるデバイスを右クリックし、[検出ルールのプロパティ] をクリックして、検出されたネットワーク デバイスに関連付けられた検出ルールを特定できます。

再帰的検出ルールにより検出されたデバイスを削除すると、そのルールの除外リストに追加されます。 デバイスを再度検出し監視する場合は、そのデバイスを再帰的検出ルールのプロパティにある [除外フィルター] ページから削除し、再度検出を実行します。

明示的検出により検出されたネットワーク デバイスを削除するには

  1. オペレーション コンソールで、[管理] ワークスペースを選択します。

  2. [ネットワーク デバイス] をクリックし、削除するデバイスを右クリックして、[削除] をクリックします。

    メモ

    削除するデバイスを複数選択できます。

再帰的検出ルールで指定されたネットワーク デバイスを削除するには

  1. オペレーション コンソールで、[管理] ワークスペースを選択します。

  2. 検出ルールの [プロパティ] を開き、[デバイス] ページからデバイスを削除します。

再帰的検出により検出されたネットワーク デバイスを削除するには

  1. オペレーション コンソールで、[管理] ワークスペースを選択します。

  2. [ネットワーク管理][ネットワーク デバイス] をクリックします。

  3. [ネットワーク デバイス] ウィンドウで、再帰的検出で検出されたデバイスを右クリックし、[削除] を選択します。

  4. 選択したネットワーク デバイスの監視を停止するか確認するメッセージが表示されます。 [はい]のインストールをサポートするコア コンポーネントがいくつか必要です。

  5. [検出ルール] をクリックします。

  6. 再帰的検出ルールを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  7. [除外フィルター] をクリックします。

  8. 削除されたデバイス用に除外フィルターが作成されたことを確認します。 この処理には数分かかる場合があります。

再帰的検出から削除されたネットワーク デバイスを復元するには

  1. オペレーション コンソールで、[管理] ワークスペースを選択します。

  2. [検出ルール] をクリックします。

  3. 再帰的検出ルールを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  4. [除外フィルター] をクリックします。

  5. ネットワーク デバイスをクリックし、[削除] をクリックします。

  6. [概要] をクリックし、[保存] をクリックして検出ルールを保存して閉じます。

  7. 検出ルールを選択した状態で、[アクション] ウィンドウで [実行] をクリックして検出ルールを再実行します。

    ルールの実行中その状態に留意し、空の状態が示されるまで待ちます。

  8. デバイスが再び検出されることを確認します。 環境内のデバイスの数によって、この処理には数分から数時間かかる場合があります。 処理が完了したことを確認するには、検出ルールの状態を表示します。

次のステップ

© 2017 Microsoft