Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

コマンド通知チャネルを有効にする方法

Matt Goedtel|最終更新日: 2017/03/02
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Operations Manager

System Center 2016 - Operations Manager のアラート通知を構成するには、まず通知チャネルを有効にします。 このトピックでは、アラートに応答して実行可能プログラムを自動的に実行するチャネルを構成する方法を説明します。

コマンド通知チャネルを作成するには、以下の情報が必要です。

  • コマンド ファイルの完全パス

  • コマンド ライン パラメーター

  • コマンドのスタートアップ フォルダー (実行するプログラムのパス)

重要

コマンド通知チャネルは、他の通知チャネルとは異なり、通知アクション アカウントではなくローカル システムを使用してコマンドを実行します。

コマンド通知を有効にするには

  1. Operations Manager 管理者ロールのメンバーであるユーザー アカウントでコンピューターにログオンします。

  2. オペレーション コンソールで、[管理] ****をクリックします。

  3. ナビゲーション ペインの [通知] の下で、[チャネル] を右クリックします。 [新しいチャネル] をクリックし、[コマンド] をクリックします。

  4. [通知コマンド チャネル名] ボックスにこのコマンド チャネルの一意の名前を入力し、[説明] ボックスに簡単な説明を入力します。 [次へ] をクリックします。 ****

  5. [ファイルへの完全パス] ボックスに、実行する実行可能ファイルへのパスを入力します。 たとえば、"%systemroot%\cmd.exe" または "c:\windows\system32\cscript.exe" と入力します。 [コマンド ライン パラメーター] ボックスに、このコマンドの実行で使用するパラメーターを入力します。 [コマンド ラインのスタートアップ フォルダー] ボックスに、このコマンドのディレクトリを入力します。

  6. [完了] をクリックして、[閉じる] をクリックします。

次のステップ

© 2017 Microsoft