Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

実行アカウントと実行プロファイルの管理

Matt Goedtel|最終更新日: 2016/12/01
|
1 投稿者

適用対象: System Center 2016 - Operations Manager

System Center 2016 - ルール、タスク、モニター、および検出などの Operations Manager ワークフローをターゲット エージェントまたはコンピューターで実行するには、資格情報が必要です。 既定では、ワークフローにはエージェントまたはコンピューターの既定のアクション アカウントが使用されます。 既定のアクション アカウントの資格情報は、Operations Manager をインストールするときに構成されます。

既定のアクション アカウントで提供できない権限と特権がワークフローで必要となる場合は、実行プロファイルを使用するようにワークフローを記述できます。 実行プロファイルには、複数の実行アカウントを関連付けることができます。 実行アカウントを使用すると、特定のコンピューターに必要な資格情報を指定できます。 複数のワークフローで同じ実行プロファイルを使用できます。 次のイメージは、ワークフロー、実行プロファイル、および実行アカウントのリレーションシップを説明します。

実行プロファイルを使用して実行アカウントを使用するワークフロー

ここでは、3 つのワークフローが同じ実行プロファイルを使用します。 実行プロファイルには、関連付けられている実行アカウントが 3 つあります。 この例では、同じ実行プロファイルを使用する各ワークフローを実行するのに、コンピューター A では実行アカウント 1 の資格情報、コンピューター B と C では実行アカウント 2 の資格情報、コンピューター D では実行アカウント 3 の資格情報が使用されます。

実行プロファイルは管理パック作成者により、管理パック内で定義されます。 実行プロファイルは、親管理パックがアクティブである場合に使用されます。 たとえば、SQL Server 2014 管理パックには SQL 実行プロファイルが含まれているため、SQL Server 2014 管理パックにより監視されている SQL Server 2014 実行中のサーバーのすべてで SQL 実行プロファイルがアクティブになります。 実行プロファイルは 1 つ以上の実行アカウントと、実行アカウントが適用される必要のある管理オブジェクトの関連付けです。

実行プロファイルを含む管理パックがインポートされると、実行プロファイルが Operations Manager にインポートされる場合があります。 実行プロファイルを手動で作成しなければならない場合もあります。 どちらの場合でも、実行プロファイルを手動で実行アカウントに関連付ける必要があります。

実行アカウントには、Operations Manager オペレーション データベースに格納される単一セットの資格情報が含まれます。 各実行アカウントには、資格情報が配布される方法を制御するためのセキュリティ分類 (高セキュリティまたは低セキュリティ) が割り当てられています。 高セキュリティの資格情報の配布を使用する場合、資格情報の配布先のコンピューターのマッピングを構成する必要があります。

次のステップ

© 2017 Microsoft