Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

HYPER-V で仮想マシンを作成します。

Kathy Davies [MSFT]|最終更新日: 2016/10/28
|
1 投稿者

適用対象: Windows 10 は Windows Server 2016

HYPER-V マネージャーを使用して仮想マシンを作成する方法について説明し、HYPER-V マネージャーで仮想マシンを作成するときである Windows PowerShell およびオプションとします。

HYPER-V マネージャーを使用して仮想マシンの作成します。

  1. 開いている Hyper V マネージャーします。

  2. アクション ] ウィンドウで、をクリックして 新規, 、] をクリックし、 仮想マシンします。

  3. 新しいバーチャル マシン ウィザード, 、クリックして します。

  4. 各ページでは、仮想マシンの適切な選択を行います。 詳細については、次を参照してください。 と Hyper-v マネージャーで既定の仮想マシンの新しいオプション このトピックで後述します。

  5. 選択を確認した後、 概要 ] ページで [ 完了します。

  6. HYPER-V マネージャーでは、仮想マシンを右クリックして 接続します。

  7. 仮想マシン接続] ウィンドウで選択 アクション > 開始します。

Windows PowerShell を使用して仮想マシンを作成します。

  1. Windows デスクトップで [スタート] ボタンをクリックし、名前の一部を入力 Windows PowerShellします。

  2. 右クリック Windows PowerShell 選択 管理者として実行します。

  3. 使用して使用する仮想マシンを仮想スイッチの名前を取得 Get-vmswitchします。 たとえば、

    Get-VMSwitch  * | Format-Table Name  
    
  4. 使用して、 NEW-VM コマンドレットをバーチャル マシンを作成します。 次の例を参照してください。

    メモ

    このバーチャル マシンを Windows Server 2012 R2 を実行している HYPER-V ホストに移動することがありますと、を使用してバージョン パラメーターを指定すると NEW-VM 5 に、バーチャル マシン構成のバージョンを設定します。 Windows Server 2012 R2 または以前のバージョンでは、Windows Server 2016 の既定のバーチャル マシンの構成バージョンはサポートされていません。 仮想マシンを作成した後は、仮想マシンの構成のバージョンを変更できません。 詳細については、次を参照してください。 サポートされている仮想マシンの構成バージョンです。

    • 既存のバーチャル ハード ディスク : で既存のバーチャル ハード ディスク、仮想マシンを作成する次のコマンドを使用することができます、

      • -名前 を作成する仮想マシンに指定される名前を指定します。
      • -MemoryStartupBytes の開始時に仮想マシンで使用可能なメモリの量です。
      • -一 デバイス (ネットワーク アダプター) のネットワーク アダプターまたは仮想ハード_ディスク (VHD) のように開始するときは、仮想マシンを起動です。
      • -VHDPath を使用するバーチャル マシンのディスクへのパスです。
      • パス バーチャル マシン構成ファイルを格納するパスです。
      • 世代 は仮想マシンの世代です。 VHD および VHDX の第 2 世代の第 1 世代を使用します。 参照してください HYPER-V にジェネレーション 1 または 2 仮想マシンを作成する必要があります。
      • -スイッチ を使用して他の仮想マシンまたはネットワークに接続する仮想マシンを仮想スイッチの名前を指定します。 参照してください HYPER-V 仮想マシンの仮想スイッチを作成します。

        New-VM -Name <Name> -MemoryStartupBytes <Memory> -BootDevice <BootDevice> -VHDPath <VHDPath> -Path <Path> -Generation <Generation> -Switch <SwitchName>  
        

        たとえば、次のように入力します。

        New-VM -Name Win10VM -MemoryStartupBytes 4GB -BootDevice VHD -VHDPath .\VMs\Win10.vhdx -Path .\VMData -Generation 2 -Switch ExternalSwitch  
        

        これには、4 GB のメモリで Win10VM という名前の第 2 世代バーチャル マシンが作成されます。 現在のディレクトリにフォルダー VMs\Win10.vhdx から起動し、ExternalSwitch という名前の仮想スイッチを使用します。 バーチャル マシン構成ファイルはおりフォルダーに格納されます。

    • 新しいバーチャル ハード ディスク - を新しい仮想ハード_ディスクに仮想マシンを作成、置換、 - VHDPath パラメーターでは、上記の例から - NewVHDPath を追加し、 - NewVHDSizeBytes パラメーター。 たとえば、

      New-VM -Name Win10VM -MemoryStartupBytes 4GB -BootDevice VHD -NewVHDPath .\VMs\Win10.vhdx -Path .\VMData -NewVHDSizeBytes 20GB -Generation 2 -Switch ExternalSwitch  
      
    • 新しいバーチャル ハード_ディスクをオペレーティング システム イメージをブートする : オペレーティング システム イメージをブートの例では PowerShell に表示される新しい仮想ディスクを使用して仮想マシンを作成する Windows 10 では、HYPER-V の仮想マシンのチュートリアルを作成するです。

  5. 使用してバーチャル マシンの起動、 START-VM コマンドレットです。 名前が作成した仮想マシンの名前をここでは、次のコマンドレットを実行します。

    Start-VM -Name <Name>  
    

    たとえば、次のように入力します。

    Start-VM -Name Win10VM  
    
  6. 仮想マシン接続 (VMConnect) を使用して、仮想マシンに接続します。

    VMConnect.exe  
    

HYPER-V マネージャーの新しいバーチャル マシン ウィザードのオプション

次の表には、HYPER-V マネージャーで、既定の設定ごとに仮想マシンを作成するときに選択するオプションが一覧表示します。

ページWindows Server 2016 および Windows 10 の既定値その他のオプション
名前と場所を指定します。[名前]: 新しいバーチャル マシン。

場所: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\します。
独自の名前を入力し、仮想マシンを別の場所を選択できます。

これは、バーチャル マシン構成ファイルの格納場所です。
世代を指定します。第 1 世代第 2 世代バーチャル マシンを作成することもできます。 詳細については、次を参照してください。 Hyper-v にジェネレーション 1 または 2 仮想マシンを作成する必要があります。
メモリを割り当てる起動メモリ: 1024 MB の

動的メモリ: 選択されていません。
32 MB から起動メモリは、5902 MB に設定できます。

動的メモリを使用することもできます。 詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 動的メモリの概要します。
ネットワークを構成します。接続されていません。既存の仮想スイッチの一覧から使用する仮想マシンのネットワーク接続を選択できます。 参照してください HYPER-V 仮想マシンの仮想スイッチを作成します。
バーチャル ハード ディスクを接続します。仮想ハード_ディスクを作成します。

[名前]: <vmname> .vhdx

場所: C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual ハード_ディスク\

サイズ: 127 GB
既存のバーチャル ハード_ディスクを使用して、待機またはバーチャル ハード_ディスクを後で接続することもできます。
インストール オプション後でオペレーティング システムをインストールします。これらのオプションは、.iso ファイル、起動可能なフロッピー ディスクまたは Windows 展開サービス (WDS) のようにネットワーク インストール サービスからインストールできるように、仮想マシンの起動順序を変更します。
要約正しいことを検証できるように、選択したオプションが表示されます。


世代
メモリ不足
-ネットワーク
ハード ディスク
オペレーティング システム
ヒント: ページから、集計をコピーして、電子メールまたは他の仮想マシンを追跡するための場所に貼り付けます。

関連項目

© 2017 Microsoft